空色ノート

キモカワ?

このブログではいっつも爬虫類爬虫類言って悪者扱いしてますが、今日はその爬虫類のカメレオンのキモ?可愛い動画のご紹介。
この子たちには罪はありませんm(__)m


まるで童話の挿絵のよう・・・シャボン玉にはしゃぐカメレオンが可愛いすぎるw




可愛すぎる カメレオン!初めての水道水の巻




カメレオンの赤ちゃん群が可愛すぎる(Chameleon babies)




カメレオンが孵化する瞬間が衝撃的 生命の神秘 [爬虫類] How to born the Chameleon



スポンサーサイト

٩( ‘ω’ )و

林檎舎ニュース』より

٩( ‘ω’ )و ←この顔文字にソックリなハリネズミが可愛すぎる!史上最高のドヤ顔ハリネズミが話題に!


女の人が良く使っているイメージの顔文字「 ٩( ‘ω’ )و 」にソックリなポーズを決めるハリネズミが可愛すぎる!とツイッターで大きな注目を集めています!
タイトルは「史上最高にドヤ顔のハリネズミ」とあり、見事な完全勝利ポーズが素敵な写真です!
20161116191544de9.jpg
ハリネズミってこんなに綺麗なポーズを取るんですね!
やる気マンマンな感じが伝わってくる、素晴らしい1枚です。

思い続ける動物たち

怖い話まとめブログ』より


『死んでしまった猫』

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/03/10(土) 19:13
小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら、痩せてガリガリの子猫が庭にいた。
両親にせがんで家に連れて帰った。思い切り可愛がった。
猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来てくれるようになった。
いつも一緒に帰っていたけれど、六年生の林間学校に泊りがけで行っているときに、車に轢かれて死んでしまった。
もう、猫は飼わないと思った。

年月が過ぎ、私は就職してバス通勤をするようになった。
仕事がうまくいかず、やめようかどうしようか迷っていた。
バスを降りるといつも我慢していた仕事の悩みが噴出して、泣きながら暗い夜道を歩いていた。

そんなある日、バスを降りて歩いていると、少し先に白い猫がいた。
その猫は振り返りながら、距離をとりながら私の前を歩く。
坂を上がり、いくつもの曲がり道を曲がって行く。私の家に向かって。
家の前に出る最後の曲がり角を曲がると、その猫の姿はなかった。
数日そうやって、猫に先導されるように家に帰る毎日が過ぎた。

ある日、いつものように待っていてくれる猫を見て気が付いた。
しっぽをぱたん、ぱたんとゆっくり上げて下ろす仕草。
小学生の時に飼っていた猫と同じ。思わず猫の名を呼んだ。
振り返った猫は一声鳴いて、また家に向かって歩いた。
涙が出てしかたがなかった。心配して出てきてくれたんだね、ありがとう、ごめんね。
大丈夫だから、もう、安心しているべき所に帰ってね……。
後ろ姿に向かってつぶやいた。

最後の曲がり角を曲がる前に猫は振り返った。
近づいて撫でたかったけど、近寄ったら消えてしまいそうで、もう一度つぶやいた。
ありがとうね、大丈夫だからね。

そして、猫は曲がり角をまがった。
なぜかふと後ろが気になって振り返ると、白い小さな塊がふっと消えて行く所だった。
そこは、林間学校に行って帰らない私を待ち続けて、猫が車に轢かれた場所だった。



『愛犬ヤギ』

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/09/04 07:51 ID:QR6TbJFo
私の姉は、中学3年のときに突然の病気で亡くなりました。
生まれつき心臓に欠陥を持っていたようで、それが突然悪化しての本当に急な死でした。
私は当時11歳だったんですが、死というものが実感できず、ただ姉に二度と会えなくなるという事だけしかわからず、
しばらくの間ウツ状態だったそうです。

さて、当時私の家では犬を飼っていて、
道端で車に轢かれたか、カラスに襲われたか、怪我をして動けなくなっていた所を姉が見つけ拾ってきて、
懸命に二人で看病しているうちに、何時の間にか「ヤギ」なんて変な名前もついて、
私たち家族の一員になっていました。
特に姉には恩を感じてか、やさしかった姉の性格のためか、ずいぶんのラブラブぶりで、
学校から帰ってくる時間になると、家の前の通りの曲がり角までいつも迎えに行って待っていたり、
といった感じでした。
私は動物は嫌いではなかったけど、特に好きでもなかったのと、姉に対するコンプレックスのようなものだったのか、
ヤギに対しては特にかわいがるような事もしませんでした。


869 :868:01/09/04 08:03 ID:QR6TbJFo
そんなある日の突然の姉の死。
家の中も日が落ちたように暗い毎日が続き、
母親が私に聞こえないように夜中に泣いているのを時々聞いてしまったりと、
本当に辛い、寂しい日が続いていました。
そんな中、ヤギだけはなぜか元気で、
いつもどおり学校から姉が帰ってくる時間になると、毎日家の前の通りまで迎えに行くそぶりをみせ、
私は「バカ犬!」と、気持ちを逆なでられるような気分で憎々しく思っていました。

ただ、不思議な事がひとつだけあって、
いつもは姉が帰ってくるまでずっと大人しくいつもの通りの角で待っていたヤギですが、
(姉がいつもどおりでないときは、私がつれて帰ったりしていました)
死んだ後には、当然姉が帰ってきていないのに、誰もヤギを迎えに行っていないのに、
嬉しそうに一人で(一匹で)戻ってくるです。

そんな日が2週間ほど続いて、気味が悪いのと、一匹で外に出て行くのは危ないとの事で、
うちの父が、いつも家の外にヤギが出て行けるようにしてあった小さい窓のようなものを塞いでしまいました。


870 :868:01/09/04 08:24 ID:QR6TbJFo
それからまたしばらくして、姉の49日の日、いろいろと法要のようなことをばたばたとしているうちに、
ヤギが何時の間にか家から出ていってしまったようで、でもいつか戻ってくるだろうと思っていたのですが、
夜になってもヤギは戻ってきませんでした。
私も、なんとなく冷たくしていた事への罪悪感か、その夜はいつもの散歩道等を一生懸命探したのですが、
見つかりません。

家にいったん戻ろうかと考えていたとき、向うからヤギがとぼとぼと私の方に近づいてきました。
とても寂しそうとしか言いようのない目つきで私を見上げたときに、
なぜだかふと『姉を見送っていったのだな』と感じて、
そう思ったとたん、私はヤギを抱いてわんわん泣いてしまいました。

それからはヤギに対して、姉の分もかわいがってやろうと、
実家を出た今でも大切にいっしょに暮らしています。



※関連過去記事『猫の気持ち

猫の気持ち

先日の記事で、動物園のことを取り上げましたが、当然のことながら、動物にも気持ちや感情っていうのはあるわけです。
ただ喋れないってだけで、私たち人間とな~んにも変わらないんですよネ。



怖い話をまとめブロク』より


●母親の実家は猫を飼ってた

663 :名無しさん@おーぷん :2016/05/01(日)15:18:28 ID:h5p ×
俺の伯母さん(俺の母親の姉)の話。

母親の実家は猫を飼ってたんだ。
母猫に置き去りにされた子猫で、当時世話をしていたのが実家にまだ住んでいた伯母さんだった。
避妊の手術の時や寂しくて夜泣きするときとか、ずっと伯母さんが世話してた。

やがて伯母さんも結婚して他県へ嫁いだ。
それからも猫は実家に住んでる。
猫は13歳くらいになっておばあちゃん猫になったけど、
それでも可愛くて、伯母さんも実家に帰省するたび猫を何かと可愛がっていた。


664 :名無しさん@おーぷん :2016/05/01(日)15:26:55 ID:h5p
その伯母さん、去年の暮れに亡くなったんだ。事故だったよ。
突然すぎて俺はもちろん家族全員大号泣。悲しくて寂しくて大変だった。
伯母さんの葬式の時、その猫ずっと伯母さんの遺体から離れなかった。
田舎だったってこともあって、遺体は葬儀場に持っていくまで実家に寝かせてたんだけど、
その間ずっと猫は伯母さんに寄り添ってた。

それから半年後、俺はひょんなことから、友人を連れて母親の実家に行くことになったんだよね。
たまたま実家に行く用事ができて、母親が一緒に行くのに俺の友人も連れて行きましょって感じだった。
友人とは小学生のころからの仲だし気心しれているから、本人も行くってんで実家へGO。
母親自体は父親母親(俺からしたら祖父と祖母)に話があり、待ってる間、俺と友人は猫と遊ぶことにした。
もうおばあちゃん猫だから激しい遊びはしないけど、とても可愛くて話しかけると返事してくれる。
すると友人が突然「伯母さんの写真どこ?」って言ってきた。
友人がそんな話をするのもびっくりしたが、何故突然写真?とか思った。
友人いわく、「猫が伯母さんを見たがってる」。
俺は知らなかったのだが友人はいわゆる見える人で、霊感とか普通にあるんだって。
で、たまに動物と話しができるとか言われた。
猫が「伯母さんの写真があれば見たいからだして」って要求してきたんだって。
俺は携帯に以前撮ったおばさんの写メが残ってたから、それを猫に見せてみた。
猫はそれから俺達が帰るまで、ずーっと伯母さんの写真を見ながら座ってた。


665 :名無しさん@おーぷん :2016/05/01(日)15:32:46 ID:h5p
母親の用事が終わって帰る時、俺の携帯も充電切れちゃって、猫に次帰るときは写真もってくるって伝えておいた。
帰りの車の中で友人は猫の話をしてくれた。
伯母さんは色々猫に話をしてたんだって。
好き嫌いせず食べなさいとか、どこそこへ行く時は気をつけるんだよとか色々。
本当に小さい子供を育てるように伯母さんは猫に色々教えてて、死ぬってことも教えてたんだって。
猫も人もいつか死ぬって。
やがて私もお前(猫ね)と会えなくなる時が来るだろう。
それはいつ来るかわからなくて、ずっと先かもしれないし、もしかしてすぐかもしれない。
猫が先に死んだら私が見送ってあげる。だから私が死んだらあなたが見送ってねってさ。
だから猫は葬式の時、伯母さんの側にずっといたんだって。
いつかみんな死んだら同じ所に行く。
いつか多分会えるから、それまでまたねって教えて貰ったって。
ただ会えなくなった理由はわかるけど、会えるその日まで結構寂しいから猫が写真を見たがったって聞かされた。
猫が人の死を理解して寂しいと感じるなんて驚いたし、
伯母さんが猫と本当に色んな話をしてたんだなって知れてよかったよ。

GWの後半に実家に行く予定なんだけど、写真持っていくんだ。猫へのお土産。
そして猫と話そうと思う。
俺も伯母さんと会えなくてさみしいよって。

解放

大摩邇(おおまに)』より


動物園の在り方:ブエノスアイレス動物園閉鎖


ひかたま(光の魂たち)さんのサイトより
http://shindenforest.blog.jp/archives/62239888.html



この動物園の
140年の歴史に幕が閉じます。

352760e4.jpg

45エーカーという広い敷地に
約2500 匹の動物たちが飼育されています。

開園当初の目的は、
アルゼンチンの人々に
できる限りたくさんの珍しい動物を見せることでした。

年間 300 万人以上の来園者数があり、
アルゼンチンで人気のある観光地の一つだそうです。

ところが、
最近になって
野生動物を動物園のような不自由な場所に閉じ込めていいのか
見世物としていいのかという
動物園の在り方を問う議論が出てきました。
そこで下した決断は
動物たちを
もっと動物らしく
もっと自由に暮らすことのできる
保護地区へと移動させることにしたのです。


鳥は
自由に空を飛べるように
864エーカーという広大な保護地区に放鳥される予定です。


移動が不可能な動物たちには
より良い環境を作る計画になっています。




写真はオランウータンのサンドラちゃんです。

ドイツの動物園で生まれ、
20数年前にアルゼンチンへと送られてから
ずっと狭いコンクリートに中で生きてきました。

2年前に
アルゼンチンの裁判所で
権利が議論されました。

動物擁護団体「動物の権利を守るための公務員と弁護士の会」(AFADA)が、
サンドラちゃんが不当な監禁から解放される権利を認めるよう訴えたのです。

そして
裁判所は、
サンドラちゃんを
「人間ではない人」として認め、
「不当な監禁から解放されるべき」という
基本的”人権”を認める判決がくだされました。

ee819c86-s.jpg

今後、
ブエノスアイレス動物園の敷地には
子供たちが環境や共生について考えることのできる
エコパークになる構想です。

さらに
密猟から保護された動物などを保護し
リハビリする施設も併設される計画です。


この決定は
世界中の動物園にも影響することでしょう。


こちらも
ひかたま:コスタリカがすべての動物園閉鎖

<転載終了>







都会というコンクリートジャングルの中に、本来なら大自然の中で生きるはずのゾウやトラやライオンやイルカなどがいるって、よく考えると異常極まりないことなんですよね。
彼らはどれだけのストレスを抱えて生きているのでしょうか?いや、もうストレスなんて言葉では表せないような苦痛なのではないでしょうか?
私も昔は動物園や水族館に行って、「楽し~♪」「カワイ~♪」なんてはしゃいでいたときがありましたが、今思うと、もう本当に恥ずかしくて仕方ないですね。
幼稚園や小学校の遠足や写生大会などで動物園に行った思い出、皆さんもあると思いますが、教育機関が率先してこういう所に子どもたちを連れて行くって、恐ろしい話です。





人間たちの一方的な娯楽とお金儲けのために檻に閉じ込められた動物達。
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

dobutu.gif



人間側が楽しいのは分かるけど、動物たちは楽しんでやっているのでしょうか?
suizokukan.gif

saru.gif



しかし・・・

ところが、
最近になって
野生動物を動物園のような不自由な場所に閉じ込めていいのか
見世物としていいのかという
動物園の在り方を問う議論が出てきました。


と、今回の記事にもあるように、こういった娯楽施設の存在そのものに疑問に持つ人が増えているようです。
これはやはり、地球のエネルギー上昇に伴い、人々の意識にも変化が起こっている証拠ではないでしょうか。

・・・ていうかですねぇ、檻の中に閉じ込められてるのは、実のところ動物だけじゃないんですよ。私たち人間たちもずっと檻の中に閉じ込められてきたんですよ!信じられないって思うかも知れませんが、もうこの地球自体がずっとずっとずーーーっと檻の中だったんですよ!ヽ(>0<)ノ
宇宙の友人達は、そんな地球を外からずっと哀れんだ目で見てきたわけですよ!
知らぬは人間ばかりなり・・・てやつです( ̄Д ̄;;


earthn.gif


pp.gif


prison planet


131209_kyojn_01_20141209131924e5a.jpg


で、先ほども言いましたように、地球の波動の変化などにより、この長きに渡り続いてきた“動物園状態”から今、人類は解放されつつあるわけです(気は抜けないですけど)。
だから、この動物園閉鎖のニュースや、多くの人が動物園という存在そのものに疑問を持つようになったというのは、自然の流れと言っていいでしょう。
最近あったイギリスのEU離脱なんかもそうだと思いますね(・・・と言っても、EUのこと、難しいことはよく分かんないんだけどね(;^_^A アセアセ・・・)。
あれは、長きに渡り、99%の人間を家畜として扱い、支配してきた1%の富裕層の足元がグラつき始めているということだと思います(1%のエリートたちは、99%の人間たちに長時間労働を強いて、そこからガバガバと徴収したお金で悠々自適な生活を送ってきたのです。私たちは、人生の貴重な時間を彼らに奉げてきたようなものなのです)。

99.gif

紙幣の不思議2』より

EUが解体されて困るのは、NWOを企む1%です。貧困国労働者が、英に出稼ぎに行きたいと云う気持ちは分かりますが、1%が権力の座から落ちれば貧困問題も解決され、自然と豊かな国に生まれ変わります。貧困=伸びしろがありますから、色んな規制、概念が変われば豊かな国に生まれ変わります。それまで多少時間は掛かりますが、今の辛い時期を乗り越えれば、明るい未来が待っています。

EU連合軍などと云う物騒な作戦が隠れていたようです。これはNWO世界警察の走りですね。こう云うのを見ると、EU解体切っ掛けの可能性のある、今回の英国民投票は正解だとつくづく思います。

今回の離脱選挙勝利は1%の目論見通りだとする意見もありますが、色んな事を見てみると1%の計算外に起きた、99%の目覚めだと感じます。

反グローバル主義の広がり、反日銀デモ、アイスランド、ハンガリー(中央銀行国有化)等の事例などを見ますと、1%の目論見に気付いた99%が確実に増えています。何時までも1%の目論見通り行く事は考えにくい状況です。


イギリスEU離脱・・・これ、やっぱりスゴイことなんですよ。
キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!!案件ですよ!(よろしければコチラお読みください。今回はSMAPどころの問題じゃないけど)
つまり、今地球で起こっていることというのは…
ピラミッド型社会の崩壊のはじまりはじまり~!
ってことみたいです。



matrix1.gif



syuju2.gif




chain.gif

freedom.gif

もちろん動物たちもね!