空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

すべては思い。思いですべてが変えられる!

デービッド・アイク著・『ムーンマトリックス (覚醒編⑥)』


年を取るのも錯覚

 政府のマインド・コントロール計画で精神的奴隷となり、それから回復しつつある人に何人も会ったことがある。彼らは洗脳(プログラミング)の一環として、時計を持つことを許可されず、「時間」を意識することを禁止されたが、その期間、同年齢の人々と比べて、わずかしか年を取っていない。彼らのDNA・細胞システムは、時間という錯覚にそれほど接続されていなかったため、年を取るという思い込み(プログラム)とそれに相当する経験をすることがなかったのである。爬虫類人たちは、かつての人類がそうであったように、信じられないほど長く人々が生きることを望んではいない。
 爬虫類人から見ると、死そのもの、死の苦痛、愛する人々の悲嘆から生成される低い振動の感情を伴う死のプロセスには莫大な「おいしい」エネルギーが潜んでいる。また、死ぬ人が多いほど、死の恐怖も蔓延することになる。これは支配メカニズムの核心であるとともに、主要なエネルギー源でもある。
 私は全ての人に、腕時計を外し、部屋の時計にも覆いを被せるべきだと勧めているわけではない。それができる人ならば、よい選択かもしれない。だが、我々には時間に関する認識を変えることができる。時間は錯覚であるという本来の認識をすればよい。この時間に縛られた社会では、「時間」を確認することで、確実に誰かに会うこともできる。遅れていったらもう相手がいなかったということもない。だが、そうするときにも、「時間」は、この現実の構造物であり、実在するわけではないと認識することはできる。海に引かれた目に見えない線(日付変更線)で、飛行機がどっちに向かっているかによって明日になったり昨日になったりする程度にしか「実在」していないのである。この認識は強力である。
 時間という錯覚を、無意識から追い出し、「ここ」の覚醒に持ち込むことができるからである。意識下(サブリミナル)、心理的な閾(しきい)のもとで時間の錯覚が働くことがなくなり、以前のように現実感覚を左右する力を失うことになる。と言いながら、私も「以前」という言葉を使ってしまった。このように我々の言語そのものが「時間」という概念を基盤としており、これもまた、常に「時間」の存在を我々に思い込ませる根拠になっている。
 現代人が使っている言語は、心(マインド)に支配され、時間に取り憑かれた者が開発したため、「時間は存在しない」ということを適切に表現する言葉を我々は持ち合わせていない。意識は時間のない状態にある一方で、心(マインド)は「時間」という錯覚の認識に我々を閉じ込めている。そうしてみると、「時間」という思い込みが、いかに我々を意識から切り離す上で、大きな要素になっているかが分かるだろう。
 過去・未来という錯覚への隷従から脱却し、意識的に「今、ここ」に生きるようにすると、いろいろな変化が生じる。一つには、今何をしているか、今どんな状態であるかに集中できるようになり、過去や未来のこととして認知することに引っ張られたり、集中を乱されたりすることがなくなる。「あぁ、あんなことをしなければよかったのに」、「これからどうなるか不安でたまらない」というように、後悔したり(過去)、何かをしなければならないと考えたり(未来)する必要がなくなる。どれほど多くの人生が、どれほど多くの「今」が、こうした後悔や不安で無駄になっているだろうか?多くの人々は、「過去」の記憶や、「未来」の予測として自らの「人生」を生きている。
 だが、「今、ここ」だけが存在する唯一の「時」であり、我々が何かを変える行動をすることのできる「時」である。過去や未来といった錯覚に囚われていると、そのチャンスを逃すことになる。ジョン・レノンが書いているように、「人生とは、あなたが忙しく何かを計画している最中に、起きていること」である。


--------------------------------------------


zeraniumの掲示板より


・人間の肉体は本来、何十万年も生きられるようプログラムされている


Q、今度、子どもが生まれます。
    それについてですが、まず、なぜこの子が私のところに来ることを選んだのか、それと、私たちはどうやって自分の親を選ぶのか知りたいのですが。


ラムサ   地上に転生して自己表現の媒体(肉体)を持つために、人間はいったいどうやって自分の親を選ぶのでしょうか? それには多くの理由と答えがあります。肉体の死によってこの次元を離れ、再びこのレベルに戻りたいと望む者たちは誰でも、子どもをつくろうとしている人々を待っています。前世で子ども、つまり子孫をつくった者は、その子孫にあなたが「親」と呼ぶところの生命の遺伝的パターンがあるので、それを通じて戻って来ることもできます。

   このようにほとんどの場合、人は自分の知っている者たちを親として選びます。
   つまり前世で、子どもであったり親であった存在たちです。ですがそれとは別に、この地上世界に転生するための媒体を提供してくれるという理由だけで、自分の知らない人を親に選ぶ人もいます。ですが自分が地上に戻りたいのに、そのための媒体がないこともよくあり、場合によっては自分にふさわしい肉体を見つけるために、何百年と待たなければならないこともあるのです。

   真の意味で、人の母親であったり父親である者は誰もいません。
   なぜならすべての人間は、創造主という神の生命の父母原理から生まれた息子であり、娘であるからです。ですからここにいる者はすべて兄弟姉妹であり、互いに同じ親から生まれた子どもなのです。現時点でのあなたの子どもであれ親であれ、すべてが兄弟姉妹であり、皆が等しく神の精神の一部なのです。

   地上に戻ることを願う1人1人の存在は、ただ理由なくこの場所に戻って来るわけではないことは、前から自分にわかっています。ここに戻るのはこの場所で生きたいからであり、このレベルにおける体験を通して、感情を学ぶという課題と積極的に取り組みたいからなのです。それが、自分の存在の内なる心を満たすべき感情面での理解であり、それを得たいためなのです。

   そしてこの理解こそが、他のいかなる次元や世界であれ、感情を通して得る叡智こそが、人生という体験がもたらす真の宝物なのです。なぜならそれこそが、時を越えて永遠にあなたとともにあり続けるものだからです。

   今度あなたのところに生まれることを選んだ存在は、あなたの父の父の父に当たる人です。彼は1世紀前に始めた血統を通して、ここに戻って来ようとしています。子どもが欲しいというあなたの望みが、この存在に戻って来るチャンスを与えたのです。その人は言うならば、多くの者たちと同じように「列に並んで」、あなたがもたらす果実を待っているのです。ここにいる人々の中にも、受胎が起きるのを「列に並んで待っている」者たちが、光の場から周りを取り囲んでいるという人がたくさんいます。

Q、もう一つの質問ですが、ここに戻って来るには、私たちは必ず産道を通って生まれてこなければならないのですか?

ラムサ   その質問に答える前に、まずこの地上世界が三次元の知覚の次元であることをわかる必要があります。ここは物質的三次元世界であり、物質を通して思考を見る次元です。この次元が物質の密度を持つのは、思考がある特定の周波数の波動まで拡張され、それが減速されて電磁場となり、さらにそれが物質の全体となり、この次元の固体となるに至ったのです。つまり、この次元の物質というのは、光の周波数が減速し、それを最大物質的密度の形態まで落としたものだということです。

   ここにあるものが同じ密度を持つためには、すべてのものが同じ周波数で振動しなくてはなりません。ですからあなたの身体は、あなたが今座っている椅子と同じ周波数で振動しているということです。つまり、あなたがこのレベルに存在しているというのは、あなたの肉体の感覚器官が、光の周波数の中でももっとも低い物質レベルを、感知するようにつくられているからなのです。

   あなたの本質の部分は、物質の密度よりも高い周波数を持つ光であるエネルギーなので、もし物質的肉体を持っていないならば、あなたの本質はこの次元の物質の中をすり抜けてしまうでしょう。つまり物質の肉体があるのでその密度と感覚器官を通して、この次元の物質を知覚したり、体験することができ、それと関わっていくことを可能にしているのです。ゆえにこの次元の波動の一部でいるためには、物質的肉体に宿ることで、その一部となる必要があります。そのための肉体を持つ一つの方法が、産道を通って生まれて来ることなのです。

   もう一つのの方法は、「昇華」と呼ばれている方法です。(略)
   昇華を体得してしまうと、あなたは自分の肉体を永遠に保つことができ、自分自身の肉体のままで自由に行き来ができます。つまり、またこの次元に来たいときは、ただ自分の波動をこの次元の周波数で振動するところまで下げるならば、もうその瞬間、あなたはここにいるのです。

   ここにいる人達だけでなく誰もがみな、昇華できる力を備えています。
   なぜならあなた方がまとっている肉体という幻影の陰には、すべてである創造主が隠れているからです。あなたは自分の意志で、限界のない想念を通してこの現象を起こすことができます。自分自身の思考を批判したり審いたりせず、すべての想念を受け入れることを許すならば、自分の夢見る理想の姿になる力と能力を持つことができます。

Q、すると、もう死を体験することはないのですか?

ラムサ   そうです。すでに超越したものを体験することはありません。
       死というのは大いなる幻想なのです。この次元では死は、当然のこととして受け入れられた現実であり、誰もがそれを絶対と考えています。だから現実となったのです。

   お聞きなさい。
   ただ一つの現実とは、”生命”です。それ以外はすべてが幻想です。幻想とは、本来単なるゲームであった想念が現実のもとなったものなのです。死はこの世界の絶対的な法則ではありません。それに自分の体を持っていく(昇華)のほうが、はるかにやさしいことです。そうすれば再び産道を通って生まれる必要はなく、残念なことにあなたの本来の記憶を受け入れてくれない肉体的意識の中へ、再び生まれて来ることもありません。

Q、すると、私たちは死ぬ必要もないのですか?

ラムサ   誰も”死ななければいけない”、ということはないのです。
       あなたが死ぬ理由はただ一つ、それは自分は死ぬと信じているからです。肉体をつくった神々は、ほんの限られた時間の一瞬だけを生きるようにそれをつくったわけではありません。

   肉体は内臓によってではなく、分泌腺からの滋養で生きるようにつくられています。
   つまり分泌腺からのホルモンで、肉体は何十万年と生きることができ、本来決して老いることのないようにつくられているのです。肉体の細胞組織にはそういうプログラムが施されています。そしてあなた方の歴史の中にも、それほど遠くない昔に、何千年と生きた存在たちが確かにいたのです。

   あなた方の言う死というのは、肉体の終わりに過ぎず、それは人格=自己の終わりではありません。ですが肉体の生命力が衰退し、死と呼ばれるものへと肉体をあわせていくのもまた、自分自身が持つ価値観のあらわれなのです。

   あなたの肉体は、指示されたとおりにしか反応しません。
   心臓のそばに宿っている魂が、感情というシステムを通して肉体をすべて管理しています。この魂が、肉体の生命を維持するために全身にホルモンを分泌させています。しかも魂はこのことを独自にではなく、あなたの価値観や思考過程の指示のもとに行なっています。

   今この次元で生きている、誰もがみな持っているそれぞれの価値観のために、思春期を過ぎると体内での各種のホルモンの生成は止まってしまいます。これらのホルモンの生成が止まると、ある種の死のホルモンが体内で起動し始め、肉体が衰退する方向へ向かい、老いて死んでいく過程が始まります。そして体内で死のホルモンがつくられるのは、あなたの持つ罪悪感と自分に対する審きと批判、そして死の恐怖の中に生きているからに他なりません。

   あなた方にとっての美、美しさとは、人の内面的なものではなく、すべてが外面的な若さだけにもとづいたものです。あなた方は自分が死ぬときのことを考えて保険をかけ、死を予期します。自分が病気になったりした時のために、財産を守るために保険をかけます。そのようにしてあなたは、自分の肉体の老化と死を確実なものにするために、あらゆる努力をしているようなものです。なぜならあなたはそれを、まったく当然のこととして予測しているからです。(略)

   あなたはたったいま、この瞬間にも、もし自分がそうするなら、時間を完全に止め、今というこの瞬間の永遠の中を生きることができます。なぜなら時間は幻なのではありませんか? いったい誰が時間を見たことがあるというのでしょうか? ここには大いなる欺瞞があります。あなた方は目に見えないものは拒否するというのに、時間だけは完全に崇拝しており、その奴隷にまでなっています。

   あなたは今のそのままの状態で、自分の肉体の老化のプロセスを逆転させて、若いときへ戻し、本来いつまでも生きられる力を自分の内側に備えています。どのようにしてでしょうか? それはただ、自分の考え方を通してです。自分の肉体が老いて死ぬことを望まないのであれば、あなたの考え方を変えることです。肉体は永遠に生きるのだと態度で示すのです。そうすればそのとおりになります。
(略)

 常に今を生きることです。自分を愛しなさい。不死は、死ぬという考えをなくしたときにはじめて、達成可能になります。あなた方人類が死という共通の常識を生きるのをやめ、今現在という、この瞬間の繰り返しの中に生きるようになり、生きるという考えが死よりも強いものになるならば、死という茶番は消滅させられるでしょう。将来、それは必ず消滅します。なぜなら時間はもはや存在しなくなり、ここで話した叡智は、この地上に生きるすべての人々にとっての生きた現実となるからです。そうなれば、死はまったく意味のないものになります。

Q、昇華についてですが、イエスも昇華したのですか?

ラムサ   そうです。イエシュア・ベン・ヨゼフがしたのもそれであり、私もそうです。
       釈迦もそうです。そしてあなたの知らない何千、何万という人々がそうしました。ですが現在の地上では、昇華する人はほとんどいないでしょう。それはいまここで私が話したことの意味を悟り、それを理解する人があまりいないからです。

   ほとんどの人の肉体は死ぬことでしょう。
   それは老いること、衰えていくことを真実として認めているからであり、自分を運んでくれているこの乗り物という機械も、きちんと世話をしないからなのです。そして肉体は衰弱し、死を迎え、魂は肉体との繋がりから解放されます。ですがまた戻って来ようとすれば、再びそのための肉体が必要となり、このようにして再びたくさんの人間が生まれてくるというわけです。

Q、子どものために何かできることがありますか?

ラムサ   肉体についてあなたがするべきことはただ一つです。
       それは外見について気にしないということです! いつの時も、それは美しいということを知りなさい。そうすれば生まれてきた子どもも、同じように思うことでしょう。それにより、子どもは幸せな魂を持つことでしょう。それにもう一つ言っておきたいことは、子どもを育てる時、大人になれば人生はもっと楽しくなるなどと決して言わないことです。

   それは一人の生きる存在に対し、大きな限界を課すことになるからです。
   人生というのは、一瞬一瞬のあらゆる瞬間が大切なのだという考え方をつくり出すことです。子どもがゆっくり成長できるようにしてあげることです。そして、好きなだけ子どもでいさせてあげることです。そうすれば、あなたはこの一人の愛しい兄弟に対し、計り知れない祝福となり、この地上世界で生きる喜びを共に分かち合うことができるでしょう。


『ラムサ―真・聖なる予言』 ラムサ著 角川春樹事務所  抜粋


-----------------------

爬虫類人のご馳走のために死を恐れるように仕向けられてるなんて、まったくバカバカしい話ですよね。
爬虫類人のご馳走のため…たったそれだけの理由でですよ!
私たちはもっと自分たちの思考に注意深くなるべきですね。それがどれほどのパワーを持ってるかを知らないと、ほんと恐いですよ。
爬虫類人の支配は人間の思い(集合意識)を操って行われてるのだから!
彼らは知ってるわけですよ。思考さえ操れればこっちのもんだって(`Д´)ノ‼
思考の力で惑星規模の宇宙船だって造ることができるって、アラーエさんも言ってましたよ。それほど思いの力ってスゴいんですよ!\(◎o◎)/
自分が普段何を考えて生きてるかを冷静に見つめることが願いを叶える第一歩。分かってるようで分かってないって人が殆どだから。

思いが鍵。
思いが作る。
思いが変える。
思いがすべて。
スポンサーサイト

見える世界と見えない世界

以下は夏目友人帳二期のOPのアニメーションなのですが、同じシチュエーションなんだけど、上の方は人間しか映っていない人間目線の日常バージョンで、下の方はその日常バージョンに加え、妖怪と呼ばれるような異形の存在が映り込んでいる非日常バージョン。

スクリーンショット (400)
スクリーンショット (411)



スクリーンショット (401)
スクリーンショット (412)



スクリーンショット (402)
スクリーンショット (413)




スクリーンショット (407)
スクリーンショット (417)



スクリーンショット (408)
スクリーンショット (418)



スクリーンショット (410)
スクリーンショット (420)



夏目友人帳 op2〔あの日タイムマシン〕


これ、間違いなくメッセージですね。こんな存在たちがあなたたちの周りにいるんだよっていう。
低層4次元という人間の目には見えない世界が私たち人間が住む3次元世界と重なるようにして存在していて、そこには宇宙人、妖怪、妖精などと呼ばれる生き物が住んでるんだよって。


いただいたコメントより・・・

「真実を伝えたいならば、笑い話にするほうがいい。そうしないと殺される。」
オスカー・ワイルド(イギリスの作家)

という事はフィクション物(日本だとアニメ・ゲーム・マンガ)の中に真実の情報があると思う。


そういうこと。


爬虫類人の存在についてもさりげなーく暴露しています。
主人公、夏目貴志の目に注目!ι(`・-・´)/
スクリーンショット (424)

爬虫類の縦線目。
つまり、夏目の正体が爬虫類ハイブリッドであることを伝えているわけです(話の中で縦線目について触れることはない)。
スクリーンショット (426)


画面いっぱいにわざわざ爬虫類アイを映すなんて、もう伝えたい気満々じゃない?ヾ(≧∀≦ )ノ
因みに、一通り調べたところ、夏目の登場人物の中で縦線の爬虫類アイなのは、夏目と夏目の祖母レイコさんだけで、他の人は普通に丸目だった。
一般の人間の中にこういったハイブリット人間が紛れていることを示唆しているのだろう。
スクリーンショット (427)


※この縦線目どアップシーンは、第2期9話『桜並木の彼』で見られますm(_ _)m
切なくてすごくステキなお話です(๑>◡<๑)/キューン!
img_13_20170918151352162.jpg


----------------------------------------


過去記事「鬼体験談」より
霊感の強い人が低層四次元の世界にアクセスして、そこで見聞きしたことをその知人が投稿したもの。

●鬼の寄り合い

126 :117[sage] :04/10/17 23:31:30 ID:CC++ARdW
その姉さんの友達である霊感一家の話なんですが。他スレに書いた奴のコピペですが。
で、そのご友人一家の兄妹、兄貴(弟?)さんが精神集中すると簡単に幽体離脱するそうで。
すると、何処か知らんが鬼が集まって 「今日は何処其処の何某を事故らせよう」 とか悪巧みの相談をしているのを見るそうな。 実際に、その通りにご近所さんが事故ったとか、怪我したとか。

それを聞いた親戚のお友達が、和尚さんに相談したら 「それは魂が地獄に近いから、鬼の寄り合いへ行ってるんだ。
今の内に悔い改めないと、極楽には行けんぞ」と言われたとか何とか。

この話を聞いてから件の親戚姉さんとは会ってないんで判らないんだけども。
何とも無いんだべか、その人。


--------------------------------------------

私たちの身に起こることって、私たちは偶然起こるものだと思っているけれど、実はこういった見えない世界からの干渉があるのかも知れない。
でも、向こう(低層四次元)からはこっちが見えるけど、こっち(三次元世界)からは向こうを見ることができない。それって、こちらは何の武器も持たない無抵抗状態で、あっちはいつも最新鋭の武器を使ってこちらに色々仕掛けてくることができる、みたいなもんだよね。それズルいよね。卑怯だよね。フェアじゃないよね。
きっと、そんな風にこっちが見えないのをいいことに向こうはやりたい放題やってきたんでしょうね。
でも本当は、私たち人間も物質世界を超えた世界を見ることができてたんですよ。宇宙のネガティブ勢力に地球が乗っ取られるまでは。ネガティブ勢力によって私たちは遺伝子操作で周波数カットをされてしまい、見える範囲をグーーーーーーーン(≧□≦)!!!と狭められてしまったのです(見える範囲が100だとしたら、そのうちの10も見えていないのだとか)。
そんな状態が今に至るまで続き、支配者たちは低層四次元の世界から自分たちがやっている悪事を私たちに知られないように、徹底的に隠蔽工作を図ってきました。見えない世界について公に話す者がいたらその人をバカにするように仕向けたり、貶めるようなことをしたり、逆に自分たちの息のかかった霊能者や占い師、スピカウンセラーなんかに見えない世界に関する無難な話やトンチンカンな話をさせたり、学者かなんかに幽霊、宇宙人などいないと言わせたり、とにかく私たちにインチキ情報を信じさせようと躍起です。

皆さん!学校の(意味のない)勉強や、資格試験などの(どうでもいい)勉強なんてしてる暇があったら、目に見えないエネルギー、波動についての勉強をしませんか?
向こうのやりたい放題を阻止するためにも!٩(○`ε´○)و
世の中的にバカにされてるようなこと、怪しい、インチキ扱いされてるようなことほど人間にとって重要なことなんですから!\_(`・д・)ココ ジュウヨウ!
alaje10_20160719122604712.gif


教科書、参考書、ポイ~!
13776-300x300.jpg


さざ波の原因は・・・
スクリーンショット (406)

妖怪が水面を渡っていったからかも知れない。
スクリーンショット (416)
スクリーンショット (422)


家庭内の災いも、見えない世界からの干渉だった?
20170917215825404.jpg

201709181430142e2.jpg



201709180836361eb.jpg

20170918152232015.jpg


※低層四次元からのネガティブな干渉を防ぐには・・・
アラーエさん動画part7~ダークサイドは高周波に耐えられない

○○系

9/15≪追記≫
この記事にいただいたコメントを最後の方に追加しました。




ヘビ系
o01.jpgmig_201709111456087fe.jpg
USw9ChJ2JjJ1oFv_IXZJR_101.jpg40d39423.jpg
2078112_201609080249014001473322913c.jpgprofile_im.jpg
20170914095845153.jpg20170914101215bd7.jpg

blog_import_54aa9ee1db683.jpg58170_200809160692262001221553804c.jpg
USw9ChJ2JjJ1oFv_E4zjX_148.jpg
2080879_201611020503673001478058966c.jpg9f7a2d65.jpg





カメ系
o0483064020161103_130724_size640wh_7674.jpgWHTPT9qH_20170315170937.jpg
d52f48b43e886a041993.jpg2033561_201401310517765001391136006c.jpg
20170914091617b7b.jpg201709140919352ea.jpg
2017091409211479a.jpg20170915152155644.jpg





カエル系
singo-katori-kimtaku-discord01.jpgoo2.jpg
201709140928542a5.jpg20170914091146087.jpg
20160223_150758_size640wh_9523.jpg201709140913364e3.jpg





恐竜、トカゲ系
kannno.jpgkatoai.jpg
鈴木杏樹tanger-400x26420170914093247907.jpg
20170914093246285.jpg2017091515290178b.jpg

20170915130600d8f.jpg20170915130601beb.jpg





ワニ、ドラゴン系
nagase.jpg4ca1c1c94935298a2e2fa24242a95736_6721-e1453884906182.jpg
201709140939302a2.jpgfd_en_02.jpg
20170914094721279.jpg2017091409393276d.jpg
20170915135159445.jpg20170915163407775.jpg



いただいたコメントより・・・

yu-miさんがブログで書いていらっしゃる『有名人が一般人からエネルギーを奪っている』、『人の波長をさげる』という話、私も事実だと思っています。そして、もっと早くこのブログに書いて下さっていることを知っていたら、気づいていたら、◯◯系のコンサートになど、絶対に行かなかったと思います。
今回のブログに載っていた、ある爬虫類芸能人は、コンサートやイベントを通じて、エネルギーや金品を奪うだけでなく、そこに参加しているファンの方達へ想念を送り、支配し、操っているようでした。その想念は邪悪で、卑劣で、残忍です。その強力な想念を受けた人は、自分の意思などなくなってしまっているようでしたし、様々な災いがもたらされてもいるようでした。しかも、この爬虫類芸能人、闇側でない人を執拗に憎み、闇側でない人に苦しみを味わわせ、その人の人としての尊厳を奪い、人生を壊そうとします。
人からエネルギーを奪ったり、波動をさげるようなことをしないと、闇の世界の力が得られず、売れないから、エネルギーを奪ったり、人の波動をさげるようなことをするのかもしれませんが、この爬虫類芸能人、自分の念で人を支配し、不幸にすることを心底楽しんでいるようでしたし、自分の想念の力に酔いしれてもいるようでした。
今回の◯◯系のブログに顔写真が載っているのを見て驚きましたし、やっぱりかと思いにかられ、コメントさせていただきました。闇の支配が終わること、切に、願います。



エネルギーヴァンパイアって、こちらのエネルギーを奪うだけじゃなく、自分たちのネガティブエネルギーを投げつけてくることよくあるんですよね。
奪いたい相手と何らかの形でエネルギーコードを繋いで相手からエネルギーを奪ったあと、自分たちの不必要なゴミみたいなエネルギーをこちらに送ってくる。そうやってこちらの波動を下げたあと、コントロール(洗脳)してきたりすることもあるんですよね。相手を自分より下だと思わせてね。
全員ではないと思いますが、まあ有名著名人と言われる者の多くは吸血鬼だと私は思っています。あの人たちの輝き、カリスマ性って、どっかから奪ってきたが故のものだと思いますね。そういう人たちにキャーキャー言ったり、すごーい!なんて憧れたりしてお金、感情、時間を捧げるなんて勿体ないっていうか、バカバカしいと思いませんか?

闇側でない人を執拗に憎み、闇側でない人に苦しみを味わわせ、その人の人としての尊厳を奪い、人生を壊そうとします。

エネルギーヴァンパイアって、「普通の人間」たちに憎しみや妬みの感情があると思うんですよね。
だって奪うのは無いからでしょ?自分の中にパワーを感じられないからパワーを持ってる人間から奪おうとするわけで。自分が持っていないことへの無力感、悲しみ、怒りが根底にあって、やがて持っている者への嫉妬、憎しみが生まれ、奪いたい欲求に駆られる・・・。まあ、一般ピープルの私たちでもそういうことってあると思いますが、生粋ヴァンパイアはその何倍、何十倍、いや、何百倍もその思いが強いんでしょうね。
有名著名人だけでなく、ヴァンパイアは一般ピープルの中にもあちこち紛れてるので、注意!(`・д・´)/

※過去記事「カリスマとファン


----------------------------------------------------------



20160821214531c35.jpg

20160821214534e2a.jpg

201608212145359a7.jpg

20160821214827285.jpg

20160821214830749.jpg

ツギハマエハラ

m_sankei-plt1709010024.jpg
【民進党代表選】前原誠司新代表、枝野幸男氏を要職起用へ 

 民進党の前原誠司新代表は1日、東京都内で記者会見し、代表選で争った枝野幸男元官房長官を党の要職に起用する考えを明らかにした。「しっかりと枝野氏に党運営に関わってもらうことが、ノーサイドの挙党一致態勢を作ることになる」と述べた。代表選は国会議員票で前原氏83票に対し枝野氏が51票だった。枝野氏が一定の票を獲得したことから要職への起用が必要だと判断した。

 執行部人事については、前原氏は今後検討し、来週早々にも正式決定する方針を示した。





私、前原さんが代表になること、少し前から分かってました。
何でかと言うと、アニメ『夏目友人帳・第六期』(今年4月~7月まで放送)にそれが暗示されていたからです。
0001531916.jpg



私はアニマックスの再放送を撮り溜めておいて、つい最近見始めたんですけどね、第三話の『二体さま』という回のほんの数秒間のシーンにそれが示されていたのでした。
201709020242335da.jpg



それがこのシーン。
201709020245355b8.jpg

最初はボーっと見てたんだけど、突然ハッと思ったんです。「“前原家之墓”って墓石に刻まれてる。これ、次の代表が前原さんだってメッセージじゃない?」って。「ツギハマエハラ」という暗示。
で、いつ代表が決まるか調べたら、何と次の日だった・・・(;・∀・)
第三話は4月に放送されてるはずだから、その時点で決まっていたのだとしても、私が見たのは偶然にも代表が決まる前日だったのでした。
そして当日、勝ったのはやっぱり前原さんだった(´-ω-`;)
で、その後またハッと思ったんです。「良く考えたらこれ墓石じゃない」って。
つまり、前原さんの「死」を暗示してるのではないか?と。前原さんが新代表になった後、暗殺されるかスキャンダルで政界から、世間から抹殺されるという暗示ではないかと・・・( ̄Д ̄;)
そうでなければ別に街中の風景の看板とかに「前原医院」みたいに入れ込んでもいいわけで。わざわざ墓石に入れるっていうのが何か意味深・・・。

しかもこの『二体さま』の回、いつもの夏目のホンワカ雰囲気と違って、ちょっと不気味だったんですよね。
二体さまっていうのは、たくさんの人形を密室で何日か戦わせ、最終的に無傷だった二体の人形を呪術に使うとかそんな話だった。
20170902143132791.jpg

「政治家は操り人形に過ぎない、有権者に呪術をかける者たち」という暗示か?
maehara_420.jpg edano_420.jpg

で、この二体さまの話の元になっているのが「蟲毒(こどく)」という呪術で、wikiによると・・・
古代において用いられた、虫を使った呪術のこと。蠱道(こどう)、蠱術(こじゅつ)、巫蠱(ふこ)などともいう。
犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。代表的な術式として『医学綱目』巻25の記載では「ヘビ、ムカデ、ゲジ、カエルなどの百虫を同じ容器で飼育し、互いに共食いさせ、勝ち残ったものが神霊となるためこれを祀る。この毒を採取して飲食物に混ぜ、人に害を加えたり、思い通りに福を得たり、富貴を図ったりする。人がこの毒に当たると、症状はさまざまであるが、「一定期間のうちにその人は大抵死ぬ。」と記載されている。


一定期間のうちにその人は大抵・・・死ぬ?・・・(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
或は前原さんは勝ち残った「蟲」だから、前原さんの周囲の誰かが死ぬ、とか?(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
前原代表の今後を見守りたいと思いますm(_ _;)m
まあでも、別に前原さん自体に興味があるわけではないんですけどね(前原さんに限らず、誰が代表になろうと総理大臣になろうと興味はない(。-_-。)/)
ただ、今回夏目を見ていてインスピレーションを受け取った気がしたので記事にしてみたというわけです。暗示やメッセージに興味があるのです。


≪追記≫
代表選は国会議員票で前原氏83票に対し枝野氏が51票だった。

8+3=11
5+1=6

…なるほど。


以上

人間たちの波動をダダ下がりにするミッションを持った人たち ②

スクリーンショット (322)


先日の記事『人間たちの波動をダダ下がりにするミッションを持った人たち』にいただいたコメントより・・・

今、恵比寿で開催されているア○ーキー写真展も波動低いです。写真の内容は女性器や男性器を連想させるような代物がメイン。若くして亡くなった奥さんとの結婚から棺桶の死に顔までの写真でも、奥さんの裸はもとより、夫婦生活と思われる場面まであり、マジでうんざりです。ア○ーキーって、天才げ~じつ家とか過剰に持ち上げられてますが、これも爬虫類系ゆえでしょう。もともと電○出身だしね。おなじく電○出身の奥さん、彼にエネルギーヴァンパイアされたか生け贄にされて早死にしたんでしょう。最近、その写真家が性被害で訴えられてるっていう話をネットで発見しましたよ。詳しくは「孤立無縁のブログ」の「ア○ーキーが性的虐待で告発される」に書いてあります。

DSC_2286-300x200.jpg



で、その孤立無援のブログさん、早速読んでみました。
以下、そのままの表現で転載させていただきます。

--------------------------------------------------------------------

アラーキーが性的虐待で告発される

 アラーキーこと荒木経惟は電通出身を鼻にかけたエリート意識のかたまりで、女は下等な虫けらくらいにしか思っておらず、だからこそモデルの人格を無視したあんな薄汚い下劣なヌード写真を撮れるのである。そんなただのポルノ写真を芸術だと誉めそやしてきたバカどもはみんな腹切って詫びろ。
 こんなクソ写真家なんかさっさと死ねばいいが、生きているうちに責任を取らせないといけない。
 湯沢薫さんがFacebookで、荒木経惟から受けた性的虐待を告発している。

 荒木経惟の性犯罪を知っていて黙認してきた美術関係者は、この問いに答える義務がある。


-------------------------------

その告発をした湯沢薫さんという方のFace bookの内容がこちら。

スクリーンショット (324)
この話は真実です。告白しようかと迷いましたが、現実に起こった出来事であり、Artとは何か?という事を沢山考えました。今が告白するタイミングだと感じたので、投稿します。長文ですが、是非、読んで頂けたら、幸いです。

私は若い頃、ファッション雑誌、テレビコマーシャル、ファッションショーなどのモデルをしていました。19歳の時、有名な写真家である荒木経惟氏と雑誌の仕事を一緒にしなければなりませんでした。その時、私は荒木経惟氏から性的虐待を受けました。その行為はレイプではありません。細かい詳細をここでお話しするのは辛いですが、これは、私にとっては本当に恐ろしい経験でした。この事件が起こった後、私は精神病院に行かなければならない精神状態になり、何度もセラピーを受け、モデル業を休業しなければならない状態になりました。私は彼の性的虐待によって、想像以上にとても傷つきました。もし私がお金持ちなら、私は彼を訴えたいと思っていましたが、その時は訴える気力もなく、それを実行するエネルギーもありませんでした。

美術館やギャラリーのキュレーターに会う機会があるとき、私はできるだけ、必ずこの話をしてきました。
彼の大きな展覧会は現在、東京都写真美術館で行われています。
彼の顔の写真と彼の作品を見た後、私は未だに、嘔吐してしまいます。荒木氏の投稿をfacebookで偶然見てしまい、その後、急速に具合が悪くなり、ここ数日間、発熱と嘔吐という病状に襲われ、寝たきりの情況に陥りました。
この恐ろしい思い出は、私の頭と私の心の中でまだ深く生きています。
私は荒木経惟氏の性的虐待の犠牲者が他にもいることを知っています。これは本当の話です。
彼は現実には刑務所にいなければならず、彼は犯罪者です
が、多くの人々が彼の作品を愛しています。
私はもし、あなたが彼の作品が好きであれば否定するつもりはありません。ですが、できるだけ多くの人に彼の犯罪行為を伝えたいと強く想い、私はこの真実の話を投稿することに決めました。
この真実の告白は勇気のいることでしたが、皆さんに芸術とは何か?ということを、改めて考えて頂けるきっかけになれば幸いです。有名だからといって、罪を犯してもいいのでしょうか?私はそうは思いません。

※赤字強調は空色ノート管理人による




孤立無縁のブログコメント欄より

20170828150440f94.png

スクリーンショット (327)

スクリーンショット (328)



この湯沢さんの告発記事を読んだとき、昔、何かの雑誌だったと思うのだけど、荒木氏のインタビュー記事で、撮影するモデルの女の子とは信頼関係を築くためだかなんだかで、仕事を始める前に必ずセックスをする。そして奥さんはそれを嫌がっているとか書いてあったのを思い出しました。だから、今回の告発文を読んでも「ああ、やっぱりね」というのが正直な感想です。
そして、いただいたコメントにもあるように、荒木氏(と亡くなった奥さん)は電通出身とのこと。電通って、世界最大手とも言われる広告代理店ですね。



simatyan2のブログ」より

下の五芒星を紋所とする、おどろおどろしい異様な外観の建物が一体
何の建物かわかるでしょうか?
Dentsu_Ginza_bldg,Entrance
t02200213_0232022513635226723.png

上の写真は建物の玄関で、そして下の写真は、この建物の内部です。
ゾッとするほど床一面に睨みつけるような眼が描かれています。

24673.jpg

farmacia3.jpg

201605190526290cds.jpg

しかしすごいですねー。
年間売り上げはおよそ2兆575億円もありますし、これはもう広告代理店なんてものじゃないですね。
僕も昔に広告代理店に勤めたことはありますけど、そんなレベルじゃなく、第一、何で広告会社が五芒星や眼、キンキラキンなんですか。
全く意味がわかりません。

この電通なんですが、日本の全テレビCMを支配しています。
民放テレビ局の経営は大半をスポンサー企業からの広告収入に頼っています。
ということは電通なくして放送局は成り立たないと言うことです。
そのためテレビ局は人事権さえ電通に握られているといいます。
逆らうテレビ局からはスポンサーを引き上げさせ、逆らうタレントは干されたりしています。
例えばトヨタに依頼され愛知万博批判封じたり、ミサワホーム元社長の発言をマスコミから排斥したりしています。
僕が以前勤めていた広告代理店は弱小でしたが、それでも業界の裏側の汚さが生に合わず辞めてしまったのですから・・・。
独占企業の電力会社、テレビ界を支配する電通、政界財界を操る官僚、法律を支配する最高裁事務総局、今の日本を動かしてるのはこうした一部の悪魔のような人達ばかりのような気がします。



電通の戦略十訓
o0500034313768512886.jpg

荒木氏がこの電通退社後、あれよあれよ言う間に「天才アラーキー」の異名を取る人気カメラマンになっていったのはもちろん、彼の実力、才能、努力の賜物であり・・・て、んなわけないだろ!ってことで、もちろんそれは、悪魔崇拝大企業・電通からの強力なバックアップあってのことでしょう。
数々の賞を受賞できたのも、たくさんの写真集を出版できたのも、大きな写真展を途切れることなく開催できるのも、ぜ~んぶ、お膳立てあってのこと。
ただ、人間たちの波動をダダ下がりにするのに打ってつけの人物だったということで、そういう才能はあるってことですねw


チヤホヤチヤホヤ
topics_170707_1.jpg


そしてそして彼は、自身の作品の中でちゃんと正体を明かしてくれています。

supreme-araki.jpg

CwGhqNoUIAA8xA6.jpg

7562_30225623_1.jpg

NA_02_72dpi_1200px.jpg

20160202-arakinobuyoshi02_20170828145648c46.jpg

150721_araki_01.jpg

araki2_20170828144133d95.png


彼が何者であるか、もうお分かりですね?
arakinobuyosi1.jpg
この髪形も角っぽくない?



≪追加≫
読者さん情報より。
アラーキー、正体見たり、爬虫類。
rakuen.jpg
裸で縛られ横たわる無抵抗な女性の人形。彼が女性というものをどう見ているか、扱っているかが良く分かる。



int-67793.jpg

kakomi_photo01.jpg

img_1_20170828153507736.jpg


もう少し書いてみたいことあるのですが、思いのほか長くなってしまったので続きは次の記事で




空色ノート管理人よりコメントをくださる方へ・・・

いつもコメントいただきありがとうございます。
コメントに関してですが、どうぞブログ主の返信コメントを待たずとも、読者さん同士で自由にやり取りしてくださいね。
スレチの話題でも結構です。
皆さんの交流の場にもお使いください。
記事のアイディアにさせてもらうこともあるかも知れませんのでよろしくどうぞ。
コメントを下さる際は、HNを付けてくださると嬉しいです。
できましたら「名無し」「通りすがり」などの捨てハンでないもので。

よろしくお願いします。