空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

隠れたメッセージ

映画『ゼイリブ』より
img_20140223-160128.jpg

私たちが日々目にし耳にするテレビ、雑誌、ラジオ、ネット、街の看板などには、その表向きのメッセージとは異なる人々を催眠状態にしておくための指示メッセージが隠されている。
上のように、「服従しろ」 「消費しろ」 「8時間働き、8時間眠り、8時間遊べ」 「何も考えるな」「眠っていろ」 「結婚して出産しろ」「テレビを観てろ」など。。。
自分の意志で選択、行動、発言しているつもりでも、実はこういったサブリミナルメッセージに強く影響されての選択、言動である可能性もある。
夢や目標も、自分の本当の思いからではなく、そういう夢を持つように指示されているだけかも知れない。
ボーっとテレビやネットや雑誌を見ていたり、ボケーっと街を歩いていたりすると、知らないうちに潜在意識の中にサブリミナルメッセージが入ってきて根付いてしまい、やがてそのメッセージに忠実な言動を取るようになってしまう。
だから、自分の行動、発言、夢などが「自分の内側から」のものなのか、「外からの指示から」のものなのかよく考えてみないといけない。
でも、みんな忙しくてそんなこと考えてる時間なんてないって人が大半なんだよねorz...
スポンサーサイト

有名人=ただの広告塔②

日本や世界や宇宙の動向」より

ロビン・ウィリアムズはコメディで成功するために悪霊とチャネリングをしていました。
※赤字強調は空色ノート管理人による

大抵は、アメリカも日本もどこの国も、芸能界はろくでもない連中に支配されているのは確かです。欧米の芸能界を支配しているのはユダヤ人ですが、日本の芸能界を支配しているのはユダヤ組織の配下の在日半島人です。
アメリカでは有名なハリウッドスターは、必ず悪魔崇拝集団のイルミナティのメンバーになっています。
ガガやビヨンセのように、世界的に有名なミュージッシャンもイルミナティのメンバーであり、世界中に悪魔の影響力を拡大しています。そして、アメリカの有名なコメディアンであり俳優(私はこの人のことを知りませんでしたが)である、ロビン・ウィリアムズも同様に悪魔に支配されてしまった人物だったようです。その結果、自己破壊しか道が残されなくなってしまいました。
多くの場合、特にアメリカでは、一般人が芸能界に入り世界的な富と名声を獲得するには、(女性なら)芸能界のボスの愛人になるか、奴隷になるか、悪魔の支配下になるか、なのでしょうね。有名な人たちは必ずイルミナティのメンバーにならなければなりませんから、富と名声を得る代わりに、魂を悪魔に売ってしまったということです。彼らは麻薬常習、酒浸り、気が狂った末に自殺するか、イルミナティの悪魔の生贄儀式の犠牲になってしまうのでしょうね。芸能界とは恐ろしい場所です。日本の芸能人も麻薬常習者が多いと思いますし。。。

http://beforeitsnews.com/home/featuredlist/featured.html
(概要)

8月14日付け:
他人を笑わすコメディーアクターのロビン・ウィリアムズがなぜ自殺しなけらばならなかったのかについて誰もが疑問に思っています。
しかし彼を苦しませ自殺に追い込んだ影の支配者を知る人はあまりいません。
ロビン・ウィリアムズは、生前、姿を変えることができる悪霊を呼び込み、ステージの演技に助力してもらっていたことを認めました。
ウィリアムズは、他の有名なセレブと同様に、悪霊の助力なしには、これほど有名にはなれなかったでしょう。
robin-williams-demon-possession-hollywood-medium-channelling-spirits-beyonce-illuminati.jpg
(ロビン・ウィリアムズ)

さらに悪魔勢力は彼の演技にかなりの悪影響を与え、その結果、彼は悪魔に高い代償を払う結果となりました。1999年に行われたUSウィークリーのインタビューに答えたウィリアムズは:
「まさに、私は悪魔に憑依された。突然、ステージで悪魔が私に憑依した。そして、演技中にとてつもないエネルギーを得た。私は悪魔に支配されてしまった。昔は悪魔を呼び込みたくて仕方がなかった。悪魔は自分に力を与えてくれる。憑依されると人格がガラッと変わる。まるでジキルとハイドのようだ。以下省略」と語っています。

なぜこのように悪魔は芸能人を使いたがるのか。。。悪魔の最終目的は。。。神に反逆する人間を増やすことです。そのために、芸能人を介して悪魔の力や闇の世界を世界に拡大しようとしているのです。
ウィリアムズが敬服したジョナサン・ウィンターズも死去しています。彼が払わなけらばならない代償は大き過ぎました。ウィリアムズのアイドルだったウィンターズが死去したように、ウィリアムズも同じような原因で死去してしまいました。ウィンターズも富と名声を得るために悪魔の力を活用しました。その結果、彼は常に悪魔に支配され苦しむことになったのです。
ウィンターズは耳元で常に消えうせろと叫ぶ悪魔の金切り声を聞き、悪魔に24時間付きまとわれていたそうです。ウィンターズは、人気絶頂期に、自らの意志で8ヶ月間精神病院に入院しました。彼は重度の鬱病を患い、酒浸りになりました。
ロビン・ウィリアムズはホームドラマの俳優として有名でしたが、下品な舞台コメディアンとして最も有名な存在でした。悪魔に憑依された彼が舞台に立つと、ジキルとハイドの状態になり、コメディーという名を借り、観客を闇の世界に招き入れました。
彼は、舞台に立つと躁病になり、ひわいな言葉を使って暴言を吐き続けました。また、道理に反する性行為、違法麻薬、アルコール依存を賞賛していました。
ウィリアムズの演技が悪魔に支配された結果だということを知らない多くの観客は、彼の演技を観た後に大変なショックを受けました。
多くの有名なミュージッシャンと同じように、多くのコメディアンも名声を得た後に、彼らを苦しめ続ける悪魔の奴隷となり、高い代償を払わなければならなくまります。
1960年代にアメリカでもっとも有名になったバンド(ドアーズ)のリーダーでありボーカリストのジム・モリソンは、四六時中、頭の中で叫び続ける悪魔、幽霊、悪霊の声を遮るために酒浸りになった、と語っていました。
beyonce-sasha-fierce-demon-possession-super-bowl-2013.jpg

ビヨンセも、ステージに立つともう一人の自分(本当の私)が出現し私を守ってくれる、と言っています。写真内のビヨンセは悪魔崇拝のシンボルであるヤギの頭を描いた衣装を着ています。


音楽の天才と称賛されたビーチボーイズのブライアン・ウィルソンも、複数の悪魔の生命体から嫌がらせを受け苦しみ続けた後に何年間も寝たきりの状態となってしまいました。
ウィルソンの状態は、映画、エクソシストのリンダ・ブレアのシーンを連想させるものでした。
ワーナーブラザーレコードの元社長のラリー・ワロンカーは:
「ブライアン・ウィルソンは悪魔たちの声が聞こえた。悪魔たちは彼に話しか、彼を怖がらせ、心をかき乱させ、混乱させた。悪魔たちの声は彼を呼んでいた。彼はうつろな目で天井を見ていた。彼は額に皺を寄せてしかめっ面をし、静かに意識を失った。彼は上を向きながら、数秒間、頭を前後に振り、悪魔の声を振り払っているかのようだった。」と語っていました。
スーパースターのビヨンセも、サーシャ・フィアスと呼ばれる悪霊とチャネリングをしていることを認めています。悪霊のサーシャはビヨンセが舞台に上がると彼女に憑依します。
(その他、オジー・オズモンド、ヒース・レジャーなども同様の体験をしています。)
中略
ロビン・ウィリアムズも、モリソン、ウィンターズ、レジャーなど、他の多くの有名人と同様に、彼を苦しめている悪魔の声を遮るために、麻薬にのめり込んだり酒に溺れてしまいました。しかしそれがいかに危険かということに気が付いた時には既に手遅れなのです。麻薬を使用するということは悪魔の陰湿な罠により深く嵌ってしまうからです。
ロビン・ウィリアムズは敗北を感じたことでしょう。彼は悪魔の声を遮るために酒浸りになり自分の身体を痛めつけ、ついには断末魔の苦しみを味わいました。そして、何回も専門家の助けを求めましたが、誰も彼を悪魔の世界から助け出すことができませんでした。


-------------------------------------------------------------------


2017042112182300b.jpg
201704251150189a9.jpg


×売れている=実力
○売れている=悪魔に魂を売った
・・・が真実なのでしょう。
この間の記事にも書いたように、有名人とはレプティリアン組織の広告塔です。
名声、地位、富を求め、悪魔崇拝儀式に参加し、そういった存在に憑依されている者がたくさんいると思います。それ故の活躍、ということなのでしょう。
不審死を遂げる芸能人が多いのも、悪魔との契約の関係で命を持っていかれた、なんてこともあるかも知れません。
華やかな世界に憧れる気持ちも分からなくもないですが、それは表面だけのことで、内情はまさに「魑魅魍魎が跋扈する」恐ろしい世界なのでしょう。


みなさんちゃんと悪魔に忠誠誓ってますねー。
これ、ふざけてるんじゃないんですよー。
72a97a7c.png
851.jpg
無題


※外部リンク
芸能界が「イルミナティ」と「フリーメイソン」に汚染されてる件 悪魔崇拝組織に魂を売った芸能人
イルミナティ ハンドサインを出す国会議員。撮影する時のピースサインは、原爆2つ投下したという意味

≪再掲≫大いなる秘密より

デーヴィッド・アイク著『大いなる秘密・下』(三交社)


誰も死なない、クローン王室の皇太后は「ヒキガエルの親玉」

diana3_2015082817142333b.gif

 ダイアナがクリスティーン・フィッツジェラルド※1に語ったところでは、皇太后※2が、フィリップ※3と並んでウィンザー家の陰の権力者なのだそうだ。

e.gif  e4.gif
※1ダイアナ妃と10年近く親交があり、彼女が信頼を寄せていたヒーラーの女性
※2写真左。エリザベス女王の母親で、2002年101歳で死去
※3写真右。エリザベス女王の夫


ただし、フィリップは、位階としては皇太后の下位にくるという。皇太后は、数限りないほどのさまざまなブラザーフッドの組織や結社とつながりがある。自らその長を務める「奥の神殿(インナー・テンプル)」は、超特権層のための超秘密結社で、法律関係の専門職についている上流階級から構成され、「旧」テンプル騎士団領であるロンドンのテンプルバーにある。
 皇太后は、親しかったダイアナの祖母ルース・レディ・ファーモイと一緒になって、ダイアナがチャールズと結婚するように裏で画策した。そういう事情があったので、皇太后はダイアナに、自分の住むクラレンスハウスの部屋を与えて何週間か住まわせたのだ。
 結婚式の当日、ダイアナはここからセント・ポール大聖堂へ向かい、チャールズと式を挙げた。
「ダイアナはよく、皇太后は邪悪だ、と言っていました」と、クリスティーン・フィッツジェラルドは語ってくれた。「実際に『邪悪』という言葉を使っていました。皇太后が大嫌いだと言い、皇太后からも嫌われていると言っていました」
 これを知れば、大半のイギリス人はひどく驚くだろう。皇太后は大衆向けの宣伝によって、「国中で最も愛されているおばあちゃん」になっているからだ。「ああ、皇太后さまね。かわいらしくて、優しくて、親切そうなおばあちゃん」と。だが、この女は言われているような人間ではない。これは何度言っても、強調しすぎることなどない。

elizabeth.gif

 結婚式までクラレンスハウスにいるあいだダイアナは、拒食症の治療のためにバリアムか何か、抗鬱剤のようなものを飲まされたと言っている。だが、他にも何か飲まされたのではないのか。「薬づけです。間違いありません。初めから薬中毒にしていたのです」とクリスティーンは言う。彼女はダイアナと何度も話し合い、心を開いてウィンザー家との悪夢のような生活を語らせている。だが、クリスティーンは職業柄、接する人たちから、イギリス王家の内実を知るほかの情報源にもルートを持つようになった。
 以下は、クリスティーンがダイアナとの経験や、レプティリアンのアジェンダについて知っていることを初めて公に語ったものだ。
 「皇太后は・・・・本当に魔術師のようです。皇太后は一般に思っているよりずっと歳をとっています。実を言うと、王室ではずっと誰も死んでいません。ただ姿形が変わるだけです。
 ある種のクローンとも言えますが、少し違います。肉体のかけらを使って、ほんの少しの肉片から身体がもう一度出来上がるのです。それはあの人たちがトカゲだから、冷血動物だからです。私たちと違って、フランケンシュタインのような姿になるのもずっと簡単なのです。

elizabeth3_20150829154647ab5.gif

 肉体が違うというのは、ただ電子的な振動数が違うだけで、その秘密を・・・・微量電流の秘密を彼らは知っているのです。とても微量で、とても特殊な、そういう電波が実際に肉体を作っています。こういうエネルギーは、私がヒーリングを行うときに使うものです。彼らは生命の振動を知っているのですが、冷血動物で爬虫類ですから、地球を完全な調和状態にしようとか、地球に与えられたダメージを癒そうとかいうことはいっさい考えません。やろうと思えばできるのですが。
 地球はこれまで、『ゼオン』を求めるさまざまな地球外生物の攻撃にさらされてきました。まるで選手たちが群がるサッカーボールのような状態が続いてきたのです。この星をバスの停留所のようにして、さまざまな異星人がやって来ました。こういうエイリアンはみな、毒性のガスも含めてどんなものでも扱うことができます。いつでもやって来て、地球の内部から飛び出してきます。本来は爬虫類のような姿なのですが、内部から出てくるときはあの電子の振動を使って私たちと同じような姿になります。それは、さっき言った『生命のカギ』によるものです。彼らは、自分が望むようなやり方を現実のものにすることができます。皇太后は、ヨーロッパのこの地域での『ヒキガエルの親玉』で、各大陸に同じような者がいます。でも、取り巻きの連中は、大半が知りません・・・・・この爬虫類のことを。彼らがあまりに力を持っているので、そんな詮索ができないのです」




この優雅さ、爽やかさが一層恐怖心を掻き立てる
royal.gif

diana3.gif

kate.gif



キャー!!
5151.jpg

世界は黒魔術によって支配されている

スクリーンショット (242)


日本や世界や宇宙の動向」より

世界を支配しているのはほんの一部のエリート(イルミナティ=ハザール・マフィア=シオニスト=金融エリート=グローバル企業家など)と言われていますが、彼らは黒魔術や悪魔崇拝を通して悪魔からパワーを得ています。
悪は悪なりに彼らを守護しているのでしょう。そのかわり悪は彼らから何かを得ているはずです。生贄を通して人間の子供たちを悪魔に捧げ、悪魔は生贄からパワーを得ているのかもしれません。
また、人間を餌にしているのかもしれません。さらには地球の天然資源を奪っているのかもしれません。
悪魔は異次元の存在でありエイリアンです。ペンタゴンはエイリアンと共同作業を行っていると言われていますが、エイリアンはエリートらに高度のテクノロジーを提供する代わりに、人間から何かを得ているのです。悪魔は地球を非常に重要な住処と考えているようで、どうしても地球を完全に支配したいようです。そのため、エリートらを使って悪魔のためにその土台を築かせているのかもしれません。その一環としてNWOがあるのでしょう。

しかし、そうはさせないのが人間です。騙されないことです。
悪魔側に付く人間はサイコパスかサイコパスになるでしょう。サイコパスは魂を持っていませんから、死んだら、底なし沼に落ちるのかもしれません。


http://beforeitsnews.com/alternative/2015/08/black-magic-rules-the-world-not-politicians-bankers-or-the-military-2-3204160.html
(概要)
8月25日付け

黒魔術が世界を支配しています。

Pentagram-Satanic-Occult-Fire-300x225.jpg
黒魔術が世界を支配しています。従って、サタン(悪魔)崇拝の黒魔術師こそが地球の真の支配者なのです。

悪魔崇拝の黒魔術師が黒幕なのです。地球の支配者は、政治家でも、企業のトップでも、金融エリートでも、軍のトップでも、諜報機関のトップでもありません。
ただし、彼らも黒魔術師の配下でそれぞれの役割を果たしています。
NWOのエリートらは、実践部隊として秘密の任務を遂行すると同時に、表向きは社会的な任務を果たしています。。
ただし、悪魔崇拝の黒魔術師の多くが金融エリート或いはビジネスマンだったりします。彼らは悪魔崇拝及び黒魔術(人間が創造するパワー)を巧みに利用し巨大なパワーを得ています。彼らは、長い間、一般社会にて黒魔術のパワーを悪用してきたのです。

シンボル(象徴や記号)が世界を支配しています。
老子曰く、「規則や法律が世界を支配しているのではない。シンボルが世界を支配している。」と。
シンボルは言葉よりもより深いレベルで脳に伝わります。なぜなら、シンボルは右脳によって解読されるからです。
一方、言葉は左脳によって解読されます。シンボルは我々の潜在意識の中まで入り込みます。
このようなことから、エリートらは企業や政府機関のロゴとして、必ず、オカルトのシンボル(赤い十字架、朝日、全能の目、ピラミッド、666、土星のリング、反転した五芒星など)を使います。言葉が世界を支配しているかのように見えますが、言葉はシンボルほどパワフルな存在ではありません。
black-magic-occult-corporate-logos-300x225.jpg
(企業のロゴはオカルトのシンボルで溢れています。)

実際は、黒魔術が世界を支配しています。政府や企業が世界を支配しようとしても、黒魔術のような力があるわけではありません。

悪魔崇拝とは。。。あらゆるものを反転させることです。例えば、黒が白になり、悪が善になり、間違いが正しい、となります。
悪魔のシンボルとして、反転した五芒星が頻繁に使われるのはそのためです。
ジョージ・オーウェルは彼の著書(1984年)でこのことについて言及しています。彼は、支配層のプロパガンダについて、戦争は平和であり、自由は奴隷制度であり、無知は力であると説いていると書いています。
マインドコントロールの手法が、ドイツのナチスによって最初に開発されました。その後、CIAもその手法を開発しました。彼らは悪魔の法則(苦痛は歓びであり、歓びは苦痛であると洗脳するなど。。)を使って被害者を困惑させ、最後には被害者を精神的に狂わせ、自分が誰なのか分からなくさせるのです。

秘密結社の中には単に政治的、経済的な目的で結成されたものもあります。三極委員会やCFR外交問題評議会などがそうです。これらの組織は、グローバル化(権力の一極集中)の恩恵を説き、地球政治やTPPなどの自由貿易協定を強引に推し進めています。
しかし、乱交、呪物崇拝、生贄儀式、悪魔儀式など、黒魔術や悪魔崇拝を行っている秘密結社も多く存在します。
サンフランシスコにあるボヘミアン・クラブがその1つです。毎夏、アメリカのエリートらがボヘミアングローブに集まります。ヘンリー・キッシンジャー、ジョージ・ブッシュ、リチャード・ニクソン、ロナルド・レーガン及び他の米大統領らがこれに参加していました。
アレックス・ジョーンズ氏はグローブの中に侵入することに成功し、彼らが行っていた悪魔儀式を撮影することができました。。
さらに、コネチカットのエール大学には、1832年にウィリアム・ハンティングトン・ラッセルとアルファンソ・タフトが創設したスカルアンドボーンズと呼ばれる秘密結社が存在しています。メンバーはボーンズメンと呼ばれ、入会時に奇妙な入会儀式(例:お墓の前で性に関する懺悔をするなど。。)を体験しなければなりません。さらに、窓のない穴蔵からぞーっとするようなうめき声や叫び声が聞こえてきたとも言われています。さらに、窓のない穴蔵からぞーっとするようなうめき声や叫び声が聞こえてきたとも言われています。
black-magic-skull-n-bones.jpg
権力に取りつかれたエリートらはなぜこのような秘密結社のメンバーとなり悪魔儀式や黒魔術と関わり合いを持つのでしょうか。見返り(更なる権力を得るなど)がないのであればこのような組織に関心を持たないはずです。

エリートらはメディアを支配しています。一生のうちに使い切れないほどのお金を持っているエリートもいます。彼らは絶大な権力が欲しいのです。お金はそのための道具です。
2004年の大統領選ではジョージ・ブッシュとジョン・ケリーが戦っていましたが、彼らはどちらもボーンズメンなのです。アメリカでは300人のスカルアンドボーンズのメンバーがいると言われています。


一般人は、悪魔崇拝の秘密結社に入会することはもちろん近寄ることすらできません。
米政府と共に(エリートらのために)アポロ月面着陸のねつ造に加担していたとされる映画製作者のスタンリー・カブリックは悪魔と契約を結んだ可能性があります。
なぜなら、彼は、それまで非常に元気だったのにもかかわらず、Eyes Wide Shutという映画の収録テープを手渡した4日後に心臓発作で亡くなったからです。
彼は映画の中で、黒魔術のシーン(リーダーの周りを裸の女達が囲み、激しい乱交を行う)を映したのです。さらに悪魔崇拝の性的黒魔術には生贄や殺人も伴うことを映画で示したのです。

黒魔術とは悪魔に憑依されることです。世界は物質ではなくエネルギーで満ちています。エネルギーの波動には周波数があります。悪魔儀式を行うことで、儀式の参加者と悪霊或いは悪魔のエネルギーの周波数が同調するようになります。
つまり参加者の周波数(振動)が悪霊或いは悪魔のそれと同じになるのです。
そうなると悪魔や悪霊が知る情報や考えを共有することになります。また次元を移動することもできます。 参加者は悪霊或いは悪魔から情報を受け取る代わりに、悪霊或いは悪魔は参加者から何かを得るのです。ヒットラーも悪魔に憑依されていたと言われています。

世界中で多くの子供たちが消息を絶っていますが、これも黒魔術が関与しています。子供たちは故意に拉致され、エリートらが所有する地下施設に送り込まれます。そこで子供たちはマインドコントロールを受け、奴隷として利用されるか、生贄儀式として使われます。


社会全体を脅かすもの(例:政治腐敗、主要メディアの偽報道、スマートメーター、遺伝子組み換え、有毒ワクチン、地球工学、警察の軍隊化、偽旗テロ、偽旗攻撃、国連アジェンダ21、トランスヒューマニズム、人体に埋め込むICチップなど)を其々暴くことは重要ですが、根本的にこれらは全て背後でつながっているのです。
これらの背後にあるものは悪魔崇拝の黒魔術なのです。
ボヘミアングローブで秘密の儀式(黒魔術)を行っているエリートらが世界を支配しており、政治シンクタンクや金融カルテルが世界を支配しているのではありません。もちろん、政治シンクタンクも金融カルテルもボヘミアングローブの悪魔儀式(黒魔術)に関わっていますが。

我々人類が彼らの陰謀に打ち勝つためには、悪の根(枝ではなく)を削ぐ事に意識を集中しなければなりません。
そのためには、黒魔術よりもパワフルな白魔術を使う必要があります。我々の創造力で平和で自由で愛に満ちた世界を作りましょう。エリートらは、我々の思考、感情、パワーを吸い取り、彼らのための悪夢のような世界を作り上げているのです。我々は我々の持つエネルギーを使いながら、常にプラス思考で我々が望む意識の世界を作り上げなければなりません。



------------------------------------------------------------------


映画「マトリックス」より
matrix1.gif



英語「ゼイリブ」より
theylive14.gif




2016112814315183e.jpg
20161128143522b2a.jpg
20161128145140444.jpg
20161128145137e2e.jpg
20161128145135d84.jpg
20161128145134cb9.jpg

ドラコニアンのミイラ画像

以下は先日の記事にコメントをくださった方からの情報。


>やはり実物の写真や映像が少ないのが一番の難点だと思っていますが、私が今まで見たもので信憑性を感じたのが、以下の画像です。
(グロいというか怖いので閲覧注意です)

>これは、日本のアパレル業者が中国から買い付けたドラコニアンのミイラ(白骨体)だそうです。

>トカゲのような頭部、鱗状の皮膚、牙、爪、角、尾、背中には翼の付け根まであります。



これすごくリアル!私は本物ではないかと見ていますが、皆さんはどう思いますか?
きっとエリザベス女王の本当の姿もこのミイラのように鋭い牙に爪を持っていて、性格も凶暴で冷酷で残酷なんでしょうね。
あのよぼよぼの老婆の姿に騙されてはいけない!絶対に近づかないように!

Reptilian Conspiracy: Tracking Down The Mysterious Fossilized Remains of an Ancient “Dragon Man”
dragonmanfossil.jpg
dragon_man_side.jpg


これは何か愛嬌あって可愛くないですか?
img_0_20170511114329b8b.jpg
https://blogs.yahoo.co.jp/kyo910yagi/9710999.html
中には小さな牙と爪、そして尻尾と白い表皮を持つ小さな龍が収められているのである。ホルムアルデヒドらしき液体に漬けられたこの龍の標本は、ドイツと英国が緊張状態にあった1890年代、ドイツの科学者が英国の科学者を驚かそうとして捏造したものではないか、と推測されているが、真相は定かではない。この標本と共に発見された文書によれば、当時、この龍の標本は巡りめぐって英国の自然史博物館に送られたが、博物館の責任者がこの標本を偽者である疑って、破棄処分にしようとしたのである。しかし、運搬した人間がどうせ破棄処分ならば、と標本をくすねて持ち帰り、最近になり、英国のある郊外のガレージからこの龍の標本が発見されたのである。



アラーエさんQ&A② 宇宙種族編

レプティリアンは実在しますか?

Question:信愛なるアラーエさん、
レプティリアンが私たちの政府を支配しているというのは本当ですか?
プレアデス人はオカルト信仰についてどう考えますか?
呪文や魔法を行い続けるのは良くないことですか?
Answer:はい、レプティリアンは存在します。
私は会ったことがあり、光のエネルギーにより彼らを退けました。
彼らは愛と光のエネルギーに対抗することができません。しかし、そのことに集中しないでください。
彼らが最も重要なことではありません。
最も重要なことは、彼らではなく、自身の内なる霊性の開発です。
あなたのエネルギーをその重要なことに向けてください。



ポジティブなレプティリアンは存在しますか?

Question:Jo Conradのbewusstという番組で、女性インタビュアー(Brigitte Walter)が
Nagと名乗る一人のある種族に接触を求めていました。
彼らは自分たちを光のレプティリアンであると言い、
人々と共に働くために地球の内部に住む許可を受けている答えました。
ポジティブなレプティリアンについて聞いた時、私はとても疑い、
ゆえに、もしあなたがそのことで更なる情報を持っているのなら、知りたいのです。
Adonai※
Answer:そうですね、心を入れ替え霊性を開発したような爬虫類(型生命)も存在します。
しかし地球に関係するドラコニアンに関しては、私は常に細心の注意を払います。

※Adonai=アドナイ。ヤハウェの別の呼び方だそうです。



デーヴィッド・アイク レプティリアンの地球乗っ取り計画


※関連過去記事
頭に角が生えてきた人々
レプは死んでから本来の姿を現す?体験談