空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

ブログ名変更!

お久しぶりです!
今日からブログ名、ニコニコ日和から“空色(そらいろ)ノート”に変わりました。

空色(水色)は私の好きな色でもあるのですが、それ以上に、この空と色って文字にはとっても深~い意味があるようなんです。この世の真実が込められているらしいんですよ!
「色即是空・空即是色(しきそくぜくう・くうそくぜしき)」という仏教の有名な言葉があります。私も言葉自体は前から知っていましたが、その意味を知ったのは、3年くらい前ですかね・・・゛(6 ̄  ̄)ポリポリ


色即是空空即是色とは、この世にあるすべてのものは因と縁によって存在しているだけで、その本質は空であるということ。また、その空がそのままこの世に存在するすべてのものの姿であるということ。

「色」とは、宇宙のすべての形ある物質のこと。
「空」とは、実体がなく空虚であるということ。
「即是」とは、二つのものが全く一体不二であること。
すべてのものは、永劫不変の実体ではないという、仏教の根本教理で『般若心経』にある言葉。


故事ことわざ辞典」より



この世に存在するあらゆる“色”---人間、動物、植物、建物etc...といった形あるものはすべて幻想だといいます。それは、生まれては消え、生まれては消えを繰り返す儚く無常なものであると。私たちが宇宙と呼んでいるものでさえ幻想であるといいます。
では、確かなもの、真実はどこにあるのかと言うと、それはこの幻想を生み出している大元、つまり“空”(無、意識、大いなる一、真我)だと言います。
これは、インドの聖人ラマナ・マハルシやエックハルト・トール、デービッド・アイクなども一貫して言っていることですね。

ラマナ・マハルシ
34802088f886ffd567fc5f91e800cc52.jpg

マハルシは、この色と空の関係を映画とそれを映し出すスクリーンに置き換えてよく人々に説明していたそうです。映画(ストーリー)には始まりと終わりが必ずあるが、それを後ろで支えているスクリーンの方は映画が終わってもずっと在り続ける。あなたの本質は映画の方(色)ではなく、このスクリーンの方(空)なのだと。しかし、人々は映画の方にばかりに集中してしまい、肝心なスクリーンの存在を忘れてしまっている、と。
・・・私自身、まだこの真理を頭で理解している段階でして、悟るところまでは至っていませんorz(しかし、マハルシは「あなたは既に悟っているのに悟っていないと錯覚しているだけだ」って言ってるんですよね。(´Д`;)フゥ…)。
で、デービッド・アイク曰く、地球を乗っ取り、支配している爬虫類人たちは、この真実を人間たちに知られないようにあの手この手を使って騙しているとのこと。霊性や意識などについての話題を人間自らがバカにするように仕向けているんだそうです。自分たちを映画に出演しているキャラの方だと思わせたいのだそうです。何千年、何万年に渡って人間たちをそんな風に操作し続けてきたんだそうです!!
このことは、プレアデス星人のアラーエさんも言っていますね。人間を無知で愚かな状態にしておきたいのだって。
しかし今、地球自身の波動上昇により、こういったスピリチュアルなことに興味や理解を示す人が増えているようです(私もあなたもそうですよね!)。だから、爬虫類組織の方も今、アイクやアラーエさんのような真実情報を伝える人に対抗すべく、真実“っぽい”ことを語るヒーラーや霊能者、カウンセラーや占い師なんかをテレビ、雑誌、本、ネットなどでバンバン出すのに必死なんだろうなって思います(“あの人”や“この人”や“その人”や~笑)。
真実の一歩、二歩手前で人々を留まらせる作戦、ご苦労さまです!

・・・とまあ、そんなわけで、深~い意味の込められた“空と色”をブログ名にしちゃいましたよって話でした。チャンチャン!(なんて雑すぎる締め方!)
久しぶりのブログ更新ですが、次の記事までまた少し間が開くような予感がしています(;^ω^)
“空色”だから、なんか5月中に変えたいなって思いまして( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
ではまた!

P.S. くれぐれも “っぽい”人注意ですよ!(笑)





パパジ、本当の私
※字幕機能ONに!
スポンサーサイト