空色ノート

頭がおかしくなった方がいい?

さて、今回もバシャさんの動画紹介です。
あ、バシャさんてバシャールのことね。
今回は、仕事がうまくいっていなくてお金がないという女性との対話。
大体の内容、書き起こしてみました。



------------------------------------------------------------------------------


この状況(仕事もお金もない)は、あなたにとって本当にワクワクする方向に行動できるチャンスです。
必要なものがないという幻想を作り出しているのはあなた自身であり、必要なものが何なのかを自分で決め付けてしまっています。

---バシャールは、ある人に実際に起こった出来事を話す---

ある女性がいて、その人にとって一番ワクワクすることは、世界中の聖地を撮影するというものでした。でも、彼女にはそれを実行するためのお金は全くありませんでした。
大抵の人は何かをするにはお金が必要だと思い込んでいるが、彼女にはそういう決め付けはありませんでした。
彼女はただ、自分がこうありたいと望む波動状態をキープするようにして、恐れの波動に負けませんでした。
多くの人は、この女性がお金もないのに夢みたいなことを話すのを聞いたらこう言うでしょう。「頭がおかしい」「正気じゃない」「不可能だ」「できるわけない」と。でも、彼女はそれらの声に注意を払いませんでした。
“頭がおかしい”というのは悪いことではありません。むしろ人々はもう少し頭がおかしくなる必要があるでしょう。
そして女性はその後、望む波動をキープし続け、その結果、ついにインスピレーションを受け取ることになりました。
それは、航空会社に行って「美しい聖地の写真を撮るのが私の情熱なので、世界中へ無料で連れて行ってください」と頼むというもの。そして、「無料で行かせてくれたら、自分がそこで撮影した素晴らしく美しい写真を旅行のパンフレットに載せてもいいですよ。多くの旅行客がそこに行きたくなるように」という公平なエネルギーのやりとりを申し出ました。航空会社は、「もちろん!素晴らしい考えですね」と言って、無料で彼女を聖地へと連れて行く約束をしてくれました。その上、彼女のために最高級のホテルまで用意してくれたのでした。
結局彼女は、1円のお金も使わず夢を叶えてしまいました。
ひらめきは、彼女のように自分が望む波動をキープしないと得ることはできません。心配はひらめきを受け取れなくするだけです。




夢を叶える方法!無料で世界の聖地巡りを実現させた人の話-バシャール




-----------------------------------------------------------------------------------



彼女は恐れの波動に負けなかった ・・・私も含め、多くの人がつまづくのはここだと思います。
「どうせ無理に決まってる」「いつも失敗に終わるのが自分のパターンだから」・・・そんな恐れの波動=過去(から学び得た思考、感情)に負けてしまうのです。この強固な信念に縛られて、うまくいっていない現状ばかりに焦点を当て、そこから抜け出せなくなってしまうのです。起こっている望まない現状(外側)に意識を向け続けても、虚しく現状維持が続くだけです。
そこにストップをかけるには、やはり常日頃、自分の思考・感情を観察する(エゴに好き勝手させない)ことが大事なのです。同時に、自分のハートからくる声に耳を傾ける習慣を持つことが大事なのです。
つまり、内面に意識を向けるということです。
その結果、望む波動をキープできるようになるのです。

そんなわけで、「心地良い(自分らしい)波動でいるために、できること(インスピレーションで感じたこと)は待ったなしで何でもやってみよう!」と思っている最近の私です。






自分の中に寄生する“カコオバケ”から逃げ続けるか?
sasha.gif



どんなタイプの“カコオバケ”に囚われているかを見る勇気を持つか?
巨人エレン

選択するのはあなたです。




ハートの声に耳を傾けることも忘れずに!
今私がやっている習慣の一つが、「好きなものリスト」・・・別名「ハートにキターッ!リスト」の作成です。
自分が安らかな気持ちになるもの、優しい気持ちになるもの、ワクワク、ときめきを感じるものをメモしていくというもの。
memo.gif
nyanko.gif





balucymove.gif
ハッピールーシーのセッションの目的は、あなたの
内奥にある本当の思い、望みを思い出し、あなた
がそれと共に生きていくことができるよう、お手伝い
をすることです。
自分の本当の思いを知りたい方、いつでも歓迎いた
します!


関連記事
スポンサーサイト

好きなものリストの効用

好きなものリスト・・・最近私が始めたちょっとした習慣です。
何のことはありません。自分の好きなもの、人、言葉なんかをただメモ帳に書いていくというもの。

始めた理由は、過去から自由になりたいから、です。
私たちの殆どは過去というお化けに取り憑かれた状態で生きています。それは、今回の人生での過去、過去世の過去どちらもです。
楽しく愉快な過去なら大歓迎ですが、大抵は苦しみ、悲しみ、怒り等のネガティブなものを背負って生きています。本人にその自覚がなくても、その言動などから影響を受けていることは容易に理解できます。
多くの人は、過去というお化けと自分を同一化してしまい、過去(から受けた思考、感情)=自分だと思い込んでいます。つまり、本来の自分ではない状態で生きているわけです。
もちろん、過去という荷物が軽めの人もいれば、重~い人もいるでしょう。個人差はあります。でも、全くその影響を受けていないという人ははまずいないのではないでしょうか?(因みに私は象5頭分くらいの重さの過去を背負って生まれてきた気がします ・・・重ッ!)。

で、ここで「好きなものリスト」の登場です・・・好きなものと言うより、“ハートにキターッ!ものリスト”という方がしっくりくるかな。
あなたがいいなと感じたもの、ワクワクするもの、自然と涙が出てくるものなどをとにかく書いていくのです。
これこれこういう理由で好きという、頭で考えた好きではなく、理由は分からないけど何か好きというのがポイントです。それは、ハートが反応している可能性が大だからです。
ハートが反応することを大事にするということは、過去ではなく、“今”の自分に焦点を当てることになります。ハートという場所は、“カコオバケ”が決して立ち入ることができないところです。“ハートにキターッ!リスト”に意識を集中すればするほど、“カコオバケ”の影響も薄れていくというわけです(また、ハートという場所は、年齢とか性別などの制約からも自由なので、ここで感じたことを信頼し、大事にする人は、70代であろうが80代、90代であろうが、フレッシュな気持ちで生きることができるのだと思います)。
もちろん、これをやるだけで全てが解決されるわけではないけれど、私にとってこのささやかな作業は、自分本来の波動を感じる助けになってくれている気がします。
無理にやる必要はありませんが、もしあなたが「楽しそう♪やってみたい!」と思ったなら、是非、今すぐやってみてください





どうせ好きなもの書くならメモ帳も気に入ったものがいいと思い、これを
memo.gif



こんな風に好きなものをどんどん書いていく 
(やっぱ夏目は外せない^^ 下手ながらニャンコ先生も書いてみた!

nyanko.gif


 



balucymove.gif
ハッピールーシーのセッションの目的は、あなたの
内奥にある本当の思い、望みを思い出し、あなた
がそれと共に生きていくことができるよう、お手伝い
をすることです。
自分の本当の思いを知りたい方、いつでも歓迎いた
します!


関連記事

これはワクワクっていうよりホッ・・・かな

アメブロの方に以前書きましたが、昨年の10月だったか11月にひょんなことがきっかけで出合ったアニメ、『夏目友人帳』。
以来、すっかり夏目ファンになってしまった私です
んーでも、ファンっていうより、一生の“友人”に出あえたっていう方がしっくりくるかな。
夏目を観てると私のインナーチャイルドが喜ぶのがすごくよく分かる。
ハートの辺りがあったか~くなるのがよく分かる。


一応公式サイトよりストーリーをおさらいしておきましょう。



小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。
彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継ぎ、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返す日々。
ようやく手に入れた大切な場所で、友人達との深まる絆を感じながら、夏目は妖怪達との出会いや別れを繰り返していく…。



でも夏目はストーリーだけじゃなくて、音楽もとってもとってもいいんです!
OP曲、ED曲、そしてBGMも素敵すぎ。
お風呂に入ると体があったまるように、夏目の音楽を聴くとハートがあったまる感じがするんです。
昨日の記事で紹介したバシャールの「ワクワクを選択する」っていう話があったけど、夏目の曲を聴くことは私にとって、簡単ですぐにできるワクワク・・・というかホッな選択です。
こういうことでいいんだよね、バシャール?
いいこと教えてくれてありがとう

夏目のBGM、目を閉じて聴いてみて欲しい
※色文字のところは動画に寄せられたコメントです。




春を知らせるもの ~ 続 夏目友人帳のテーマ

●このBGMは涙を誘う。最終話のカイが涙を流すシーンは本当やばかった
●はぁぁぁぁぁぁ落ち着く
●3月11日になりましたね。なんだか寒いので少しでも春が来ますように。
●やばい。。。聞くだけで感動シーンが思い出され泣ける
● 自分も同じです。ブルーレイBOX買い夏目友人帳の良さを共感したいと思ったのですが何度見ても自分泣いてしまうので親に薦めて見せました。影に隠れて見てると泣いてる親の姿。なぜかその光景に涙する自分がいました。親の世代なんて特に急激な時代の変化の中生きてきて私より懐かしさを思い返したことだろうと思うとどうしてもね。
●@8010hori 自分もそう思います。私たちが忘れかけている人の本当の温かさを目で耳で心で感じさせてくれるものだと思います。ぜひ一度は見て感じ入ってもらいたい作品ですね。
●@8010hori さんその通りですね。どの年齢層がみても一緒に感動できて、心があったまって、優しい気持ちになれて、こんなに人気があるから今も第4期までつつ゛いているんだとおもいます。確かにゴールデンタイムに放送してもいいアニメですししてほしいアニメですよね!長文失礼しました。
●感動--ING!
●失われゆく日本の美意識
●このBGM聴いてると切なくなります・・・。夏目友人帳のお話に凄いぴったりで泣かされます・・・(p_;)ノ
●夏目友人帳見ると涙とまらないんだよな…本当にまたやらないかなーアニメ





続 夏目友人帳 音楽集 「桜の咲く頃に」

●夏目見てる人なら分かるだろうけどこの曲聞いてると色んな場面思い出して泣ける( ;ω;)
●これはただの塩水、決して涙じゃない。
●久々に好きな音楽に出会った気がする
●夏目の中でも愛してやまない一曲です。
●桜やべー
●夏目はストーリーも素晴らしいけど それを盛り上げる音楽も素晴らしいと思う
●ほっこりする・・・




夏目友人帳BGM ~君が呼ぶ名前~

●夏目のBGMはどうしてこうも素敵なのか・・・
●BGMまで感動しますよー...(T^T)
●この曲を、聞くとなぜか田舎を思い出します。 いま、俺の親が亡くなってしまいました。
もうすこし、仲良くしとけばよかったな・・・・
●夏目友人帳のあの独特の雰囲気、世界感にぴったりですね。すごく綺麗な曲です^^
●分からないけど何故か涙が出てくる・・・悲しくもない分からないけど嬉しいような気がするありがとう
●このアニメには救われたなあ。癒された。
●アニメの中でこの曲が流れてくると、ついつい涙が流れてしまいます
●いつ五期やるのかなぁー。アニメなのに心にくるなぁー。すきだなぁー
●この曲をきくと、優しい気持ちになります。良い曲だ!! 五期やって欲しい(*^-^*)
●この曲は「夏目友人帳」そのものですね。物語もBGMも本当に素晴らしい作品です
●いいですね。なんか、ゆったりと時間が流れる感じです。

関連記事

ワクワクを基準に

最近、バシャールの動画でとても楽しい気持ちになるものがありました。
大まかな内容をメモしたので、よろしければお読みになってみてください。
ある女性が「どうしたら自分がワクワクすることを見つけられるか?」という質問をバシャールにし、それに対しての答えです↓


たった今自分の持っているすべての可能な選択肢の中で一番ワクワクすることを選ぶことが私たちのやるべきことである。それは例えばドライブをするとか、散歩をする、友人に電話をするといった単純なことかも知れない。こういったことは一見遠回りに感じるかも知れないが、実際はこの選択こそが最短コースとなり、次の大きなワクワクにつながってくる。
だから、毎瞬毎瞬シンプルにワクワクすることを選択し行動すること。そしてそこでやることがなくなったら、次にワクワクすることを探し、実行する。人生の重大なことに関係がないように見えても、小さなワクワクを選択することが大きなことに繋がっている
一度この通りに実行し、そのパターンを身につけると、何がワクワクして何がそうじゃないのかを自分自身が見分ける優れたセンサーになれる。そうすると、頭であーでもないこーでもないと考えることが減り、シンプルにワクワクすることを行動できるようになる。
このことを信頼すればするほど、このように生きれば生きるほど、その通りであることが分かるだろう。実証されるだろう。
しかし、私たちがそのための最初の一歩を踏み出す必要がある。
信じることが見ること。見ることが信じることではない。
常にできる限りワクワクを基準に行動するようになると、余計なことを考える必要もなくなってくる。ワクワクしないことに時間を費やす必要もない。
ワクワクは前へと進んでいくための灯りとなる。
この瞬間この状況で一番ワクワクする行動をし、他のことで頭をいっぱいにすることはない。
一番ワクワクすることこそが自分であると行動ではっきり示すほど宇宙はもっとそれを自分へ返してくれる。
しかし!ワクワクに従って行動を始めたときに周りがすぐに変わると期待しないようにすること。
それは確かに可能で、よくそうなるし、時には非常に早く変わる。自分の波動を変えると自分の周りもよく変わる。しかし、もし すぐにそうならなかったとしても、自分が何か間違ったことをしたとは考えないように。自分のワクワクが反映されたものが外側に見えないなどと思わないこと。
ワクワクに従っているのが分かっているとき、それでもまだ全く同じシナリオが自分の周りで続いているのを見るかも知れない。でもそのとき、自分が以前とは違ったようにそれに反応するということ、それこそが自分の現実が変わったということを教えてくれている。




この文章を読んだり、以下の動画を観ていて、あなたはこんな風に思うかも知れない。
「ワクワクを基準に選べばハッピーになる?なわけないじゃん!人生そんな甘くないっての!」なんて。
でも、そんなときこそ自分に聞いて欲しいのです。
「これを言ってるのは誰なのか?」と。
そう、それはあなたではないのです。あなたの中に寄生しているエゴがそう言っているのです。エゴはあなたに幸せになって欲しくないのです。だってあなたが幸せになってしまったら、エゴはあなたの中でぬくぬくしていられなくなってしまうから。強制退去させられてしまうから。だからエゴは生き残るため、あの手この手であなたを誘惑したり、不安にさせるようなことをあなたに囁きます。だからこそ、頭の中でおしゃべりが始まったら、「これを言っているのは誰なのか?」と問うて欲しいのです。これはとてもパワフルな行為です。エゴにとっては脅威となります。今まで「頭の中のおしゃべり=自分」と思い込んでいたのが、「頭の中のおしゃべり≠自分」ということが分かってくるでしょう。
ワクワクを基準に日々を生きていいんだと自分に許してあげましょうよ!
単純なワクワクの選択、始めましょうよ!




バシャール-自分が1番ワクワクするもの見つける





関連記事