空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

輪廻転生の意味

zeraniumのブログより


輪廻転生の意味


  Q. 転生して新しい人生を始めるときに、過去世の記憶が消されるのはなぜですか?

   そんな昔からの記憶を持っていると、頭の中がいっぱいで生活することができないのではありませんか? 新しい人生を始めるにあたって、過去世の記憶が残っていては、どうしてもそれに縛られたり、影響されたりしてしまいます。ですから新しい人生では、これまでとは違ったいろいろな経験をするために、すべての記憶が消されるのです。しかし実際には、消されるというよりはしまいこまれるという感じなので、ヒプノセラピー(退行催眠)などを通して、過去世の記憶をわりと簡単に呼び出すことができます。転生すると、まったく新しい経験をすると思われるかもしれませんが、実際には過去世と似通った人生を、違う立場で再体験しているといってもいいのです。


  Q. 別に理由もなく不安を感じたり、心配するのは、過去世の記憶からきていることはありますか?

   もちろんあります。
   閉所恐怖症などはまさにそうです。理由もなくただ狭いところが怖いと言う人は、過去世での死を、洞窟の中などの狭い場所で苦痛を感じながら迎えたのかもしれません。あるいは過去世にではなく、子供のころに狭い場所に閉じ込められた恐怖体験があったのに、思い出したくない出来事として、その記憶を閉じ込めて潜在意識の中にしまいこんでいる場合もあります。

   どちらの場合もヒプノセラピー(退行催眠)などにより、怖れの理由を調べることで克服できるものです。理由を知ることで、閉所恐怖症が自然の成り行きであると認識できるので、不安が軽減されます。怖れの理由が過去世からであれ、子供のころの閉じ込めた記憶であれ、その「怖れ」の理由を知り、理解することで、謎が解けて不安が開放されていくので楽になります。しかしまだ狭い場所にいくときには注意しなければなりませんが、恐怖は前ほどには感じないはずです。


   Q. 転生するとき、過去生の記憶は意識から消えるのに、そのような恐怖の記憶が、自覚できないところに残されてしまうのはなぜですか?

   あなた方は死を迎え肉体を離れると、4次元に行って終わったばかりの人生を振り返ります。そしてガイドしてくれる存在とともに、次の転生で学ぶべき課題やカリキュラムを立てます。そのとき終わったばかりの人生でやり損ねたことや、その次の人生のために保留する価値のあるものを契約のなかに入れます。しかしこのような恐怖などの経験からくる危機管理に関する課題は、次の人生においていかに自分の身を守るかという課題として、むしろ自分自身への戒めの契約として残されます。

   たとえば過去世で、洞窟に迷い込んでしまい窒息死した経験をしますが、今のあなたにはその記憶はありませんが、ただ狭いところは危ない! という感覚だけは持っています。それは生命維持の学びの中に、洞窟や狭いところに不用意に入らないという契約を入れているからです。あなたはそれらの契約のことも記憶していませんが、あなたの課題は、その理由を知り、その恐怖心を克服することが目的の一つになっているのです。


 Q. 私たちが大きな罪を犯し、大きなカルマを作ってしまった場合、神は私たちを罰しますか? 天罰はありますか?

   天罰というのは大変興味深い概念ですが、神が人を罰することはありません。
   地球にある特徴は二元性で、正しいか間違いか、善か悪かというように、すべてに二つの正反対のものが共存しています。しかしカルマの概念とは、「与えることと受け取ること」に基づいています。つまり、あなたがある行為を誰かにすれば、(良い悪いに関わりなく)それと同じようなことが巡り巡って、自分に戻ってくるということです。

   神は愛を与える存在であり、あなた方に課題を与えます。
   先生は、もし自分の生徒が、不快な経験をする必要に陥った場合どうするでしょうか?
   先生はそれを見守りながら、生徒が成長し学んでいくのを待ち続けるでしょう。
   たとえば、誰かが銀行強盗をして殺人を犯しました。神はその人に向かって、「お前は罪滅ぼしとして地獄に落ちるだろう」とは言いません。しかし彼はおそらく捕まって刑務所に入れられ、罪滅ぼしをすることになるでしょう。たとえ捕まらなかったとしても、いつかは自責の念に苦しむことになるはずです。そうなったとき、彼は神に助けと慰めを求め、謝罪し、罪の償いをし、自分の犯した間違いを克服することができるのです。これは決して天罰ではありません。神の教えは、結果的に、その人が本当に幸せになるための「鍵」を握っているのです。


  Q. 人間は何度も輪廻転生をしているのですが、それぞれの転生の指針になるようなものはあるのでしょうか?

   あなた方は何度も輪廻転生を繰り返しており、そのすべての転生の指針として書かれているものに、「生命の書」があります。この書の中には、あなた方が地球で学ぶべき課題が何千と記されています。これらの課題は、肉体を持つことでしか経験することができません。

   人間は、肉体を持つ者だけが体験することができる、日常の出来事を通して、愛や希望、喜び、また嫉妬や怒り、悲しみや苦しみなどの感情を味わい、経験し、そこから気づきを得ていきます。あなた方はそれにより、大きく成長します。その成長のために学ぶべき課題が、「生命」の書」に記されています。あなた方は転生するたびに、「生命の書」にある精神的、肉体的、感情的なレッスンを経験によって学び、達成していきます。

   あなた方は、始めて地球にやってきて転生して以来、どの転生においても「生命の書」にある課題を学び続けています。

   転生を始める前に、自分の「生命の書」にあるまだ達成されていないページを見て、次の転生で目標とする課題を決めます。決められた課題はファイルに入れられ、あなたが肉体に転生している間、保管されています。そしてあなたが肉体を去るとき、無事にその課題を終了していたら、ファイルの中の課題は「生命の書」から消されます。このようにして、転生においてこのプロセスを何度も繰り返すうちに、「生命の書」に書かれてある課題がいつしか完了します。

   また「生命の書」と同じく、「カルマのファイル」というものもあります。そこには、あなたの転生を通して作られたカルマが保存されています。このファイルにある課題も、「生命の書」にあるレッスンの手順で消化され、消されていきます。こうして輪廻転を続けていくうちに、やがて「生命の書」のすべての課題が達成済みになり、「カルマのファイル」を開けても何も残っていない状態になります。そしてこのときが、輪廻のサイクルからの卒業になります。


   Q. 「生命の書」の課題とはどんなものですか? また輪廻転生の卒業に近づくと本人の意識や生活スタイルはどう変わりますか?

   魂が最初の人生において、始めて地球に転生しようとするとき、魂は純粋でカルマはありません。その純粋な魂は最初の人生でまず、地球で人間として生きることがどういうことであるかを学びます。そして次からの転生では、前の転生での経験を踏まえて、肉体を持つ人間としての経験の領域を広げていくことになります。この経験を積んでいく過程で、地球でもっと楽しみたい、と希望することもあるでしょう。楽しむのはよいことですが、娯楽だけに浸って羽目(はめ)を外しすぎると、問題の多い人生になってカルマを作ることもあります。

   次のステップでは、カルマを作りやすい人生の間違いを認識することで、それを直して正しいものにする方法を学びます。また、出来事や経験から痛みや喜びを感じることで気づきを得て、魂を成長させ、自分を高めていくことができます。こうして転生において、人間が感情を手がかりとすることで成長していくことができるのは、地球には「二元性」というものが存在するからです。それはつまり、良いことがあれば悪いことがあり、人生には常に善悪や損得、優劣、苦楽などの裏表がついて回るからです。

   あなた方は二元性を体験することで、自分のしていることに気づくことができ、それを認識することができるのです。自分を知るためには、自分を映し出す他人という鏡が必要で、それが自分の生き方や考え方を見直し、改善することにつながっていくのです。ですから二元性は、学びの貴重な経験をさせてくれる重要な要素なのです。

   二元性は、あなた方の思考や価値観、気づきというものを育ててくれます。
   しかし実は、間違いというものは存在しないのです。間違いは正しいことの別の顔で、それは選択し直すために必要な気づきを与えてくれるものと考えれば、間違いも必要であることがわかるでしょう。このことをよく覚えておいてください。

   このように間違っては気づき、気づいては改めるという経験を積みながら、成長の階段を上がっていきます。何度も何度も転生の旅を繰り返しながら、経験を積み、成長のレベルが進むと、やがて自ら教師になることで他の人々の成長を助けるようになり、人々を導く役目を担うようになります。

   そしていよいよ次の段階で、霊的なリーダーになります。
   人々を助け、彼らの霊性を高められるようにサポートすることができます。
   ここまで達すると、あなたは自分自身の在り方や人生の歩み方を、人々に見せる段階にきており、人々はあなたの生き方を見て学ぶことになります。もう人々に教訓を説くだけの教師ではなく、自分の生き方そのものが教えになっているのです。この段階に達した人は、自分のドラマから自由になり、自分を解き放ちます。あなたにエゴや損得はもう存在せず、神、または宇宙の意志にすべてをまかせるようになります。そして神に向かって、「どうぞわたしをお使いください」、と言うようになるでしょう。

   そして「生命の書」のすべての課題を達成し、カルマの清算も終え、完璧にクリアしたとき、その人は次元上昇した(アセンディッド)ということになります。


                    「こうしてアセンションしよう」
            宇宙連合司令官アシュターからの次元変革アドバイス

             ドクターテリーサイモンズ&アシュタープロジェクト著
                          徳間書店
関連記事
スポンサーサイト

続続・前世を思い出す人びと

卵子の時の記憶?

692 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 04:30:19.68 ID:+XbcM/6bO
前世?ってゆうか、卵子?の時の記憶に思えるようなもの?が幼い頃からあります。
拙い話ですが、聞いていただけると幸いです。

そこはまるで、小学校の先生が答案に書く花丸が視界いっぱいに広がる場所でした。
そこに、よくわからんのですが、うさんくさい指令塔みたいなオッサンがいたんです。


693 :続き:2012/04/11(水) 04:34:23.65 ID:+XbcM/6bO
「はい、次のだよ~」なんて飄々とした語り口で指示を飛ばしてる。
そしたら、女性の声で「4、5、ぐらいです」などと数字のオペレーションが流れ出す。
んでしまいには「合いませんでした」と、その女性の無機質な声が流れる。
そしたらオッサンは、「んじゃ~まあ、次」っていとも平気そうに答える。

それを、何度も何度も繰り返し見た記憶があるんです。
花丸は時々ぐるぐる廻ったり、高速で丸の間隔が狭くなったり変化してた。

その時の雰囲気は、自分という概念というものがない感じだったんだけど、
かなり長い時間を過ごしてるみたいで、「もう、無理ならいいじゃん…」と諦めていたフシがある。

なんか、よくわかんないんですどね。


694 :続き:2012/04/11(水) 04:37:55.46 ID:+XbcM/6bO
そして、ある時オペレーションが「9、9、9」と唱える時が来たんです。
その時、急に目の前が明るくなってきた上に、さらに感情が溢れてきて、
「えええ~もう!?もう出番なの?!また繰り返すの!?」って焦り出した記憶がある。
んで、しまいには「あーあ、嫌だなまた生きるのめんどくさい…」とため息まじりに呟いて、そこで記憶終了。

かなり謎なんですけど、女の人の声が最後まで冷静なのが妙に癪にさわった記憶まである。


701 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 10:59:23.01 ID:REv+i5dL0
>>694 はもっと評価されていい。
生まれる前の記憶面白いな。
4、5って4ヶ月、5ヶ月で流産ってことで、9は9ヶ月かなとか想像をかきたてる。
現世がめんどくさいなら死後は楽しいのかな。死ぬのがいやじゃなくなるな。


712 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 16:20:09.11 ID:+XbcM/6bO
>>701
ああ、コメントありがとうございます。そうですね、何ヶ月目とか流産経験だとも考えられますね。
母はもう事故で若くで亡くなってしまってるので聞けないのですが、父に聞けそうなら尋ねてみます。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


落ち着いた雰囲気のある子供

49 :本当にあった怖い名無し:2012/04/29(日) 07:54:34.89 ID:k11eSBzT0
医者の友達から聞いた話なんだけど、まぁ嘘か本当かはわからないが。

友達は小児科医で、昔入院中のある男の子と仲良くなったんだと。7歳の男の子で、ませてた子だったらしい。
普通子供って注射一つでもギャーギャー騒ぐらしいが、その子はいつも静かで、落ち着いた雰囲気があったと。
友達はあんまり子供に懐かれないタイプらしいが、その子は懐いてくれて、よく話相手になってあげてたって。

そしてその子が退院する前日に、いつものように話相手になってあげてると、世話になったお礼に面白い話をするって。
そしたら今までの口調と一気に変わって、突然、
「俺、前世というか、別の人生の記憶があるんだ」「毎年あやふやになってきてるけど、アンタより年上だったはずだよ」
って、ポツリって言ったらしい。
んで、次の日そのまま退院してったって。

友達は今も半信半疑らしい。
ただ友達曰く、「7歳の子供とは思えない口調だった」と。


51 :本当にあった怖い名無し:2012/04/29(日) 10:02:06.76 ID:LZSLmF2Q0
>>49
その友達は具体的な内容は聞かなかったの?
いくらかでも聞いたのなら書いておくれ


52 :本当にあった怖い名無し:2012/04/29(日) 10:09:30.84 ID:k11eSBzT0
>>51
友達が半信半疑だったのは、その内容がどこにでもありえる内容だったからんだと。
「元は福岡に住んでた」とか、「たしか30代中盤だった」とか。
その子が言うには、「とめどなく忘れていく」って。
前の名前もありきたりな名前だった。
ただ、話す内容や口調はとても子供とは思えないから、ますます謎らしい。


------------------------------------------------------------------------------------------------------


母ちゃん?

773 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 11:22:12.55 ID:2AE97QjK0!
うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれてた。
親父が何してた人だったかは知らないけど会った記憶もない、
気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で母ちゃんと二人暮らしてた。
俺は重度の小児喘息の持ち主で、毎晩寝入りばなと夜明けの体温と空気の温度差が激しくなる頃に発作が出て、
吸入器をくわえさせられ、おさまるまで母ちゃんが背中をさすってくれていた覚えがある。
時々泡を吹いて息が出来なくなって、でも母ちゃんがそんな俺を抱えて救急病院までタクシーで行ったこともあった。


774 :2:2013/05/29(水) 11:26:09.42 ID:2AE97QjK0!
とある、まだ小学校に上がる頃の日、
自分の激しい咳で目が覚めて、母ちゃんが部屋の電気つけて、俺はあまりの息苦しさと咳の激しさで意識が飛んだ。


それから暫くしてある日、家族で隣の市の有名な祭りを見に行こうという話になった。
俺と両親、それに4歳になったばかりの悪戯な妹と4人で車に乗り込んだ。
土曜の午後をお祭りを見て楽しみ、日も落ちたので帰ろうとなった。
高速に乗る前に、何か夜食べるものを買って帰ろうと、高速入り口近くのスーパーに車を止めた。


776 :3:2013/05/29(水) 11:32:01.30 ID:2AE97QjK0!
妹がうきゃーと店内に向けて走り出したので、両親はおいおいと追いかけた。
俺はもう小学生だったので、自分の食べるものを選ぼうと惣菜コーナーへ行ってみた。
すると三角巾をつけたおばさんが値札のシールを張り替えてる。
俺は何気にその横顔を見て、はっと気付いた。
・・・・・・母ちゃん・・・?白髪交じりの疲れたおばさんがこっちを見た。
母ちゃん・・・?自分の状況を理解出来ず声を出せないでいると、おばさんは大丈夫?と言う顔で笑った。
母ちゃん?俺だよ、名前なんだったっけ?あなたの息子です。背中をよくさすってもらってた。


777 :4:2013/05/29(水) 11:34:56.16 ID:2AE97QjK0!
でもこれどう言おう?なんて言えば伝わるんだろう?分からないままあうあうとしてた。
おばさんは、どうしたの僕?迷子?おばさんはしゃがみ目線を合わせ聞いてきた。
懐かしい顔が目の前にあった。何年も会いたかった母ちゃんの顔が。
子供心に、いいんだ今の世界がどう混乱しても、母ちゃんにお礼言いたい、背中さすってもらいたい、
ただ、母ちゃんありがとうと言いたい、と覚悟を決めて、呼びかけようとした時に、不意に後ろから抱きつかれた。
「お兄ちゃん~いた~」
驚いて振り向くと、妹が無邪気な笑みで笑いかけてきた。


778 :5:2013/05/29(水) 11:37:46.43 ID:2AE97QjK0!
その後を両親がきて、「食うもん何か選んだか?」と父さんが聞いてきた。
母ちゃんは「あら見つかった?良かったね」と笑い、立ち上がり両親に会釈をすると奥へ消えて言った。
お母さんが頭をくしゃっと触り、お菓子も買っとこうかと言った。
俺は母ちゃんの消えた方を見送りながら、「うん、そうだね」と答えた。


全て実話です。前世ってあるんだなと思った出来事でした。その人とはそれきり会ってません。
高校生になった頃、スーパーへ行ってみましたが潰れてなくなってました。



怖い話まとめブログより
関連記事

カルマ

zeraniumのブログ より


カルマの意味

 マシュー・ワード

   魂の目的はバランスを成就することにある。
   「カルマ」はその条件と状況の取り決めで、それが結果的に魂の多くの転生経験にバランスをもたらすことになる。魂は「コインの裏側」である失われた鎖の輪を補うために、それぞれの転生においてカルマの学習を選ぶ。学習には、非常に受け入れ難く、辛いものがある。楽しいことを選ぶこともできるが、それでは魂はそれ以上には成長できない。

   あなた方が残酷な行為を見てそれを憎み、苦しむ人たちをあわれに思う気持ちは充分わかる。しかしそれはあなた方が、それらの行為を超えた向こう側にあるものを知らないからであるといえる。同性愛は自然なことで、バランスを達成するために必要な経験であると、以前に話したように、他のあらゆる人間的な感情との関係も同じく必要なことである。

   「苦しんでいる」魂は、他の転生において故意に人を傷つけたことのカルマの債務のバランスをとっているのかもしれないし、「苦しめている」魂はかつて「犠牲」であった転生のバランスをとっているのいるのかもしれないからである。


   これが現在のどのような場合でもそうだという訳ではない。
   あなた方の惑星のこの未曾有(みぞう・未だかつてなかったこと)の時に、恐怖と貧困と病気の中に生きている何百万もの人たちは、その状況をつくり出した加害者たちによって、自分が選択した経験を学ぶ機会を奪われているのである。その加害者たちとは、自由意志の濫用で、光から遥か遠くに堕ちてしまったために、自分自身が選んだ学びを完全に無視してしまった人間たちである。

   他人に苦痛を与えることが、関わっているすべての魂たちの生前の合意になければ、その加害者と被害を受けた者の両者によって否定的エネルギーが生まれることになる。バランスのために、どちらもその経験を選ばなかったし、必要ともしていないからである。つまり、あなた方にはそこにカルマが働いているのか、そうではないのかを知ることはできない。だからこそ、誰をも裁くことはできないのである。ただ、苦しんでいる人たちに同情を寄せ、それを引き起こしている状況を厭うべきであろう。


   カルマは魂がバランスを得るための機会であるだけではなく、魂と地球との間の象徴的な関係でもある。地球の小宇宙としての人類は、それぞれのカルマ経験を通して進化することで、彼女(地球)のバランスを増している。そしてこのことが、母なる地球により多くの光を与えてその住民たちを照らしている。そうやってあなた方が、バランスを達成する後押しをしているのである。

   カルマの学習はこの宇宙のどこででもすることができる。
   さまざまな形の生命存在や世界での転生も、創造主に再統合するための成長には欠かせないが、あなた方にとっての地球は、惑星における人類発生から始まるあらゆる感情を経験するための、校舎であるということである。これを習得すると、魂は、知性と霊的な覚醒が、現在の地球人類の能力を超えて、他の生命体に進化して行くことになる。あなた方の「上に」いる神という概念からすれば、知性と霊性は地球に「降りて」きたことがはっきりとわかるであろう。― それは海から始まって、やがて陸に上がって行ったのではないのである。


   感覚を学ぶということでは、感情の範囲はそれぞれに異なってくる。
   魂は、前世で経験したことは、どのようなことであれすべてを埋め合わせる、すなわちバランスをとる必要がある。たとえばあなたが誰かを殺したとすると、あなたの魂は、同じように殺されて終わる転生が必要になるということである。そうやって殺人者と犠牲者の両方の感情を感じる経験ができて、その意味でバランスが成就される。その魂が、殺人者であったことが一度もなければ、殺される犠牲者としての埋め合わせによる経験は必要ないことになる。なぜならその魂の感情領域には、そのような極端なものが存在しないからである。


   今地球で進行中のカルマ経験は、文明社会がそこで生まれる遥か以前から始まっている。この惑星に住んでいた地球外生命体たちは、彼らの細胞に入っている戦争の記憶が、新しい人類に苦悩を負わせるようにはしたくなかった。そもそも新しい人類はそんな残酷なことを経験したこともなければ、また経験する必要もまったくなかったのである。

   しかし、細胞レベルの記憶を消すことができるのは、唯一、創造主だけである。DNAの祖先の記憶を完全に消すことはできないのである。もしそれらの元になる極端な人間の痕跡がわずかでもあると、それらの細胞記憶が地球人類に受け継がれて、その肉体的や精神的な性質の一部になる。しかし、祖先たちの歴史すべてに宇宙での戦争があったわけではないし、その子孫たちが、そのような極端なものを受け継いだわけでもない。


   今、地球上のほとんどの人間たちは、他の宇宙文明から何百万の魂たちが、あなた方の惑星を取り囲んでその生命を守る助けをしていることや、その多くがあなた方の中にいること、ましてや「ET]たちがあなた方の祖先であることなどにまったく気づいていない。キリスト教徒たちは、彼らの「神の子」という概念で言えば、イエスが地球外生命体であるとは思ってもみないであろう。


    「新しい時代への啓示」スザンヌ・ワード著 (株)ナチュラルスピリット


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------



自分の蒔いたものを刈り取るのが「カルマ」


   何が人生に起ころうとも、たとえば事故で片足を切断したとしても、たとえ小さなことでも、大きなことでも、怒り、落胆し、憤慨する代わりに、こう言ったらどうだろう? 

   「ここから何を学んで癒せるか?」 

   それを素早く通り抜ける「鍵」は、その学びに挑戦し、それから得られる学びに身をゆだねることである。その時、あなたの人生は変わり、その後の人生で、同じ学びを引き寄せることはもうないだろう。

   神があなたを悩ませるために、すべての学びを送っているわけではなく、そもそも「あなた」が自分のために作ったチャンスなのである。「自由意志」の適切な使用か、誤用によって、あなたが意識的、あるいは無意識的に自分の現実を作っているのである。


   動物を虐待したり、傷つけたりするとき、動物のあるがままが、根源的な創造主から、「電子」という同じ材料で創造されていることを否定しているのだ。あなたの体も、机やイス、パソコンも、すべて同じエネルギーから作られている。

   存在するすべてのものが、神のエネルギーで作られ、生きている。
   根本的なエネルギーがみな同じである事を十分理解すれば、生き物を傷つけることは、自分自身を傷つけることと同じであると理解し、そのようなことは絶対に出来ないと気がつくのだ。

   自分自身や何かの生き物に害を与えるとき、それは、あなた自身の創造になるので、その創造に使われたエネルギーが、あなたの周りに、暗い場を発生させる。あなたはいつかその場を、自分で浄化しなければならず、これがカルマとして、あなたの人生に戻って来るものである。


   あなたが生命の一部を傷つけるときはいつでも、何を傷つけるかの問題ではなく、あなたはむしろ、自分自身を傷つけているのである。

   いったん人類がこの原則を理解すれば、人類は分裂した意識から創造するのをやめるようになり、愛による創造を始めるはずである。

   誰もが皆、自分が作り出したものの報いを受けるのである。
   誰一人、神聖な正義の偉大な法則から逃れることは出来ない。本当に、誰も逃げられないのだ ! 誰もがみな一人残らず、 自分で蒔いた種は、自分で刈り取るのである。


   「レムリアの真実「レムリアの叡智」「新しいレムリア」太陽出版  オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著
関連記事

続・前世を思い出す人びと

死んだ息子の生まれ変わりだと信じてる

53 :息子?:2013/06/13(木) 21:23:01.95
義父母のせい?で嫁から離婚してくれて言われてるんだが状況が特殊(オカルトじみてる)んで書くの躊躇してたんだが
そうも言ってられない状況なので相談させて欲しいんだが。


54 :息子?:2013/06/13(木) 21:28:28.57
俺27 会社員 300万
嫁25 パート 60万 結婚2年目の小梨
賃貸アパート暮らしで借金とかは無し
親とは別居
◆離婚危機の原因の詳細
というのも義父母、特に義母が俺の事を子供の頃死んだ息子の生まれ変わりだと信じてるみたいで、
義父も義母ほど盲目的ではないが信じてる、
で嫁としては俺が兄だとすると近親相姦になるので好きだし愛してるけど別れたいといってる。
義父母は猛反対、どうも俺との縁が切れるのがイヤらしい


55 :息子? ◆S4LrsktjEA :2013/06/13(木) 21:31:38.45
誰もいないようだが吐き出してみる
ただし嫁(妹)と前世での俺?(兄)とは面識はない 一応説明しとくと
まず、前世の俺?生まれる→6歳の時交通事故で死亡→命日に現俺生誕→2年後嫁生誕
→18年後出会って付き合い始めるという流れ
勿論 俺が義母の隠し子だとかではなく遠縁にあたるわけでもなくDNA的にも戸籍上も全くの赤の他人。
当然嫁と出会うまで義父母とはお互いに全く面識が無かった当たり前だが・・
最初に彼女(嫁)の家に付き合ってるの挨拶に行った時に雰囲気とか仕草でなんとなく懐かしい感じがしたそうだ、
なんかすぐに義父母と仲良くなって嫁の事じゃなくても色々世間話や相談とかもするようになっていった。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 21:35:37.85
>>54
フシアナとトリップよろしく
フシアナは名前欄にfusianasan
トリップは名前欄に半角#の後に54が決めた文字列


58 :softbank221071109048.bbtec.net ◆S4LrsktjEA :2013/06/13(木) 21:43:29.46
>>57
スイマセンこれで


59 :softbank221071109048.bbtec.net ◆S4LrsktjEA :2013/06/13(木) 21:45:23.49
続き書きます
実は俺は昔から悪夢というか車に跳ねられる夢をよく見んだが、
それが白の軽トラで運転手がヒゲ生やした40ぐらいのおっさんで
一部おぼえてる車ナンバーとかが加害者と一致するんだ、
それ聞いて完全に息子に違いない、よく戻ってきてくれたって泣いて抱きしめられたんだ、
全力で否定したが、他にもこの子のおもちゃの金庫、単純に2桁の数字を合わすだけの簡単なものだが
中何が入ってるにかな?て聞くから適当にシールでしょ。
試しに開けてみてって言われて思いつた数字に合わせたら一発で開いたw
中身はビックリマンのシールww、そんなこんなで俺を娘である嫁よりよっぽど溺愛している。
結婚してからはまあ義理とはいえ息子になったんだし息子扱いされても変じゃないしなあとかかるーく考えてたんだけど
嫁の精神の方がおかしくなってきたようだ、
俺くんはわたしのお兄ちゃんなの?だったら子供作れないね・・とか泣きながら言ってきたりするんだ。
俺はどういう態度を取ればいいのだろうか?嫁の事愛してるし別れたくない、義父母も本当にいい人なんだ
悲しませたくない・・・


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 21:47:29.07
命日と誕生日が一緒だってことに気付いて後付したんだろうけど……
母親の腹の中にいた10ヶ月の間は嫁兄と息子?は二重に存在したことになるんだろうかw

よくよく調べたら嫁兄の死亡時刻より息子?の出生時刻の方が早かったとか
そんなオチはないのかな


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 21:48:05.45
離婚して養子になれば解決
兄妹として生きていけばいいじゃん


62 :softbank221071109048.bbtec.net ◆S4LrsktjEA :2013/06/13(木) 21:54:20.36
>>60
説明が足りませんでした息子死亡の2年後の命日に俺が生まれたんです。

>>61
全然解決してませんっ(>_<) 嫁は嫁であって妹とかありえませんよ。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 22:10:47.42
子を失うのはなにより悲しい事だけど
こんな風に赤の他人に惜し気もなくぶつけるトメが癌。
ウトを使って排除すべし。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 22:43:21.34
相当異常なことを言われてるのに
「一発で開いたw」とか「中身はビックリマンのシールww」とか
ここまでの事態になったのは本人の態度にも問題あるだろ。
結構ノリノリだったんじゃね?


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 22:52:37.80
>>83
だよなあ。
夢だのナンバーだのの部分、なんで書いたの?って感じがする。
息子?氏自身も義両親の言うことを肯定したいわけじゃないよな?
まあ、そういう意図はなくて、本当にそんな気がしただけだというならいいけどさ。
なんにせよ、67が一番適切だと思われる。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/13(木) 22:54:43.16
否定しないのは生まれ変わりだって心酔してる義両親の対応が心地いいんだろ
実の両親の気持ちなんて考えてない心ない奴としか思えないわ


92 :softbank221071109048.bbtec.net ◆S4LrsktjEA :2013/06/14(金) 00:11:31.24
皆さん色々と親身な意見ありがとうございます、返信できなくてスイマセン。
あのあと嫁に呼ばれて話し合いをしていました。
自分は嫁の兄の生まれ変わりではないしあなたの事は嫁として愛していると何度もハグしながらいいました。
義父母に対しても実の息子としてじゃなくて義理の息子として見るように強く言うよと言いました、
今までも同じことは度々行ってきたのですが、これからは毅然と強い態度でいうようにします、
ただ嫁にとっては実の両親であるし虐待とかもなく愛情をもって育てられた良親だったので
絶縁のような事にはならないように注意しながら意見をいおうと思います。

>>71
残念ながら義父も息子だと思ってるようです、今度こそ幸せになってくれよと言われますorz

>>83
これについては反省してます、ただ本当に開いたり中身が当たるとは思いませんでしたorz

>>85
自分でも義父母にあった時、懐かしい感じがしたし家の間取りも何故か分かったり一時期悩みました。
でも今はただの気の迷いとして自己解決する事ができました

>>86
自分を産み育ててくれた両親が間違いなく自分の両親です、この考えに変わりはありません。
生まれ変わりの件については両親には一切話してません


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/14(金) 00:22:45.76
オカルト的なことは信じてないが
もし万が一生まれ変わりというものがあるにしても
そこんちの家族に戻りたいんじゃなくて
そこんちの娘を嫁にもらって新しい家族を作りたいというのが今の人生なんだから
明らかに別人でしかないわな


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/14(金) 00:26:34.14
>>92
実両親に相談するとしたら「生まれ変わりの件」じゃなく「義両親の頭がちょっとおかしい件」な

自分でも完全には否定できないかもしれない、みたいな微妙に甘いスタンスが嫁をじわじわと追いつめるから気をつけろ


95 :softbank221071109048.bbtec.net ◆S4LrsktjEA :2013/06/14(金) 00:40:44.13
>>93
そうですよね!多分俺はだれかにこういって貰いたかったのかもしれません
ありがとう(__)

>>94
自分でも完全には否定できないかもしれない>これが俺を最近まで悩ましていた事です。
詳細は書きませんが気味が悪いほど一致点が多すぎました。
でももう迷いません、俺にとって嫁が一番大事です。そして子供も欲しいと考えています。
これで落ちます、アドバイスを頂き本当にありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



ふーん、そうなんだ

155 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/06/07 01:09
これから書く話は、僕が25年間つきあっていた友達の話です。
これからも続けて彼の話を載せていきたいと思っているので、これはその序文とも言えるでしょう。

彼は映画『シックス・センス』を地でいく人でした。死んでいる人、いわゆる霊が見える人です。
他にもちょっと変わったやつでしたが・・・
そんな彼も、去年病気で死んでしまいました。

彼が死ぬ前の日、夜に電話をかけてきて、『明日必ずきてくれないか』と言いだしたのです。
僕もちょうど暇だったけど、今日彼を見舞いに行って来たばっかりだったので、
「何だよ、今日会ったばっかりじゃないか」と言うと、
『明日はどうしてもきてほしいんだ』と何度も頼むので、
「わかった。会社が終わったらすぐいくから」と返事をし、彼も安心したようでした。


156 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/06/07 01:11
次の日、彼を見舞いにいくととても喜んでくれて、
あのときは怖かったよなとか、馬鹿みたいな事もしたよねって、昔話ばかりしていました。
彼とは小学校時代からの付き合いで、クラスも別だったけど、
初めて会ったとき「よぉ!」って彼がいきなり声をかけてきて、
それにつられるように僕も「おお!」と返事をしたのを覚えています。
初めて会ったのに昔からの友達。そんな感覚だったのを覚えています。

そんな思いに耽っていると、彼が「俺、明日死ぬんだ」と言い出しました。
僕は「なに言ってんだよ。縁起でもない」と言うと、彼は、
「前から30才くらいで死ぬことはわかってたけど、やっとはっきりわかったんだ」
とても冗談とは思えない感じでした。


157 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/06/07 01:11
「馬鹿なこといってんなよ」と言うと、
「大丈夫。君とはまた会えるから」と言い出しました。
彼の話によると、今彼と出う前、つまり前世からの付き合いで、
互いにいつも親友としてつきあって、それは気の遠くなるような昔から何代も何代も続いているそうです。
僕も何となくそんな気になって、「ふーん、そうなんだ」と相づちを打つと、彼はいきなり笑い始めました。
ほんとに楽しそうに・・・
ちょっとムッときて、「何で笑うんだよ」と言うと、
「君はいっつもそう言うんだよな」と言います。


158 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/06/07 01:12
彼にははっきりと前世の記憶があるようで、(もっとも2・3世代前くらいまでと言ってましたが)
いつも彼が死ぬ間際に今みたいな事を話すと、僕は決まって「ふーん、そうなんだ」と言い出すそうで、
それがいつもおかしいと言います。
また、彼には僕という存在がとても大事だとも言いました。
この世で正気を保つのに、僕の存在が必要だと言うのです。
彼は毎回物心が付くような頃から霊が見え始め、
それらから話しかけられたり、ちょっかいをいろいろかけられて気が狂いそうになると、僕と会うそうです。


159 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/06/07 01:13
すると、今まで毎日と言うより1分ごとに見えていた霊やその他の物が減りだして、
少なくても月一位間で減るそうです。
「君は全く霊という存在を感じないだろ。って言うより、霊をはじいてるような感じだよ。
 それが俺にも作用してきて、あまり見なくなるんだよ。
 また今度会ったらよろしく頼むよ」
僕は「もう面会時間もとっくに過ぎてる!」って怒りにきた看護婦さんに、つまみ出されるように病院をあとにしました。

次の日の明け方、電話がかかってきて彼が死んだのを知りました。
でも、あまり悲しさを感じません。
なぜなら彼が別れ際に、
「僕は死ぬけど、今回はすぐに会えるそうだよ。それも君の血縁になってると思う。
 君の孫あたりになるんじゃないかな?今回は君もすぐ僕だって事がわかるよ」
と言っていたのです。
私は彼にまた会える日を楽しみにしています。


『怖い話まとめブログ』より
関連記事

前世を思い出す人びと

前世の記憶

111 :(=゚ω゚)ノ ぃょぅ [age] :02/01/26 09:05
幼稚園いってた頃だけど、その日は俺の誕生日だったんだ。
お母さんが誕生日おめでとう! 5歳になったねってニコニコしてたんだ。
その言葉を聴いた瞬間なんだか全てが矛盾してる様な気がしたんだ。
自分の年齢が5歳?? 何で5歳? そんな訳ないじゃん?
それと自分の目線の位置の低さ、手の大きさ、体の大きさ、何なんだこの体
の小ささは?っておかしいじゃん? 一体どうなってんだ?って思ったんだ。
そう思った時にちょっと恥ずかしいけどオネエ言葉でそう感じたんだ。
そしたらはっきりと自分が生まれ変わったんだと解ったんだ。
それで色々思い出そうとしたけど、何か大変な事になっちゃいそうで
怖くなってやめたんだ。
でもはっきりと感じたね、生まれ変わったんだって。
今でも前世の事を思い出せそうな気もするけど何と無くしないんだ。
前世は女でけっこう悪い事して若くして死んじゃったっていうのは
何と無くわかるんだよね、、、。

うまく書けてないけどごめんなさい。
(ちなみに今生は同性愛者ではありません。)

自分だけですか?


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


友人次郎

851 :本当にあった怖い名無し:2008/12/08(月) 13:33:46 ID:VqZ49OMM0
私自身が半信半疑な上、友人次郎がアホな為、わけわからん出来事をわけわからんまま書いちゃいます。

高校の頃の友人次郎が、大学を卒業して地元へ帰って来た。(友人と言っても、クラスが同じで軽く話す程度の間柄)
『一緒に飯でも食べないか』といきなり誘われた。
「他に誰か来るのか?」と聞いたが、『二人で話したい』と言われたので、wktkしながら二人で合う約束をした。

当日、こ汚い居酒屋のカウンターで、おでんをつつきながら世間話をしていると、
「今日のメインディッシュトークになるんだけどさぁ…」
ちょっとどきどきしながら聞いていたのに出てきた言葉は、
「俺お前の母ちゃんなんだわ」(意味不明)
思わず口からおでんが出る。
「あ~わかりにくいな、今の。
 俺の前世がババァで、お前が息子で、お前の母ちゃんが俺なんだよ!」(さらに意味不明)
どうやら、前世で私達は母親とその息子だった、と言っているようだった。
ある日突然夢に、貧しくもお互い助け合い、懸命に生きる親子がでて来た(次郎は母親目線)。それも毎晩。
独裁政治や人種差別や格差社会などなど散々な目に遭い、最後は殺されてしまうそうだ。
「お前は俺の息子なんだ!魂のオーラが一緒なんだよ!!」と熱弁されたが、私ドン引き…。
ここまでならただのおかしい人なんだが、次郎が母親として目覚めてからは不思議な能力がそなわっていた。

カミングアウトしてからと言うもの、次郎は何かと私にかまいたがり、(母性本能だそうだ)
何処へ行くにもついて来たがった。
恋愛感情が無いとわかると、正直本当にウザイ。
「腰が冷えるからミニスカートははくな」「ちゃんと野菜を食え」だの…
仕舞いには、一人暮らしの私の家に入り込んで、ご飯や掃除までしてくる始末…。


852 :本当にあった怖い名無し:2008/12/08(月) 13:34:48 ID:VqZ49OMM0
そんなある日のバイト帰り、【夜中の田舎道、ガス欠、携帯忘れた】最悪三拍子の真っ直中、
対向車線から次郎のオンボロ原付がやってきた。
「???なんでこんな所にいるの?」
不思議がる私を見ないで小さなオイルタンクを取り出し、手際よく私の車にガソリンを入れながら、
「あぁ虫の知らせ、みたいな?」とだけ言うと軽く説教。
「何でお前はいっつも忘れっぽいんだ!?…グチグチ(ry 親の顔がみたいわぁ…って俺か!?」とか言われた。

タクシーに乗って下りようとしたら財布が空っぽ…目の前に次郎がお金用意して立ってる。

仕事で移動中、『○○の道は使うな。面倒な事になってプレゼンに間に合わなくなる』と忠告電話。
後日、その道でその時間帯、玉突き事故があった事を知る。

そんな感じで次郎は、私が困っているとちょうど現れると言う、予知能力に近い千里眼(私に関して)を持っていた。
正直ありがたかったが、空気読まない次郎は、
友人に真顔で「俺の息子」と紹介したり、(私の友達には母ですと名乗る)
子供の日に、本気で鯉のぼりを買おうとしたり、(アパートに取り付けれないので断念してくれた)
いろいろ困る。

今一番困っているのは、私が彼のことが好きになってしまったと言う事。
告る→「は?ありえなくね?wおれ母だしww」 私→orz
風呂上がりにバスタオル一枚で髪を乾かす、色仕掛け戦法(次郎はしょっちゅう私の家にいる)
→「風邪ひく!」と説教 私→泣
一緒に寝ようと誘う→「えっマジで(嬉しそう)。しゃぁねぇな~」本当に何もない… 朝までwktkした私→orz

どう取り繕っていいかまじでわかんない。まぁ、ここから先は別板に行きます。シツレイシマシタ。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


レイミーさん

553 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/11/29(土) 03:21:38 ID:GXx0yKkX0
去年オーストラリアに海外旅行に行ったときの話。
ケアンズの郊外の、それこそ自然イッパイのところをレンタカーで走ってた。

………あれ。ん? これ、ここ、来たことあるよな。

と思ったんです。デジャブって言うヤツかなぁと思った。
あぁ、そこを曲がって車で20分で海岸があって……。
と思って、曲がって、……あぁ、そうそう。ここのね。この店……。

そういえば、オーストラリアの交差点は独特のロータリー方式だけれど、
初めてなのにすんごくなじんでるわ。

で、あぁ、ここ、この家、あら、隣……変わってるわぁ。
って昔懐かしいーって感じにさいなまれた。

降りてみて、うろついてみてたら、家から白髪のおばあちゃんが出てきて、
「あっ!」って二人とも声を上げた。

554 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/11/29(土) 03:22:20 ID:GXx0yKkX0
おばあちゃんは、レイミーさんっていって、その名前も聞き覚えがある気がした。
家に上げてもらって、そして飾ってある写真を見てびっくりした。
レイミーさんいわく「これは私のお母さんの若い頃」といった。
見てみると、外人さんなんだけれど、私そっくりの人が白黒写真に写っていた。

レイミーさんは二階に誘って、昔、自分の母がつかっていたという、
ミシンのある部屋を見せてくれた。

私は、あ、そうだ……あなたに、あげようと思って忘れていた……と、
ミシン台の横の引き出しを開けて、フタの裏の封筒を取り出した。
中には、古ぼけた小切手が一枚。
私は、ほんとうに、ここにいたんだな……って実感できた。

今も、たびたびレイミーさんとは文通をしています。




続・レイミーさん

以前、レイミーさんという話をしたことがあります。
その後日談としてレイミー・エリオットというある女性の話をしたいと
思います。

彼女は、やはり私の前世の娘なのだと思います。

不思議な話ですが、レイミー・シルビアスという、私より50も年上の娘が、
やはり娘であるなと思えます。
私の作るホットケーキを何よりもおねだりをしてくるのです。
そのときの感覚が「まったく、この子はもう……」みたいな、
既視感を覚えます。

彼女の話によれば、私はアイルランドから1969年に当時娘のシルビアスから
オーストラリアに移民をしたそうです。
それから約10年の間若干の苦労にもめげず、小さな喫茶店というかカフェを
経営していました。

とにかく裁縫が好きで、たまたま懸賞で当たったミシンを使って、
アップリケを作るのが大好きだったそうです。

しかし、30歳の夏の頃にマラリアにかかってしまい、
本来なら快癒するはずがこじらせて永眠したそうです。

513 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/17(日) 01:38:58 ID:jVFm0n9I0
シルビアスの大好きだったのは、私が作るフィッシュ・アンド・
チップスだったそうで、逆にレシピ教えられる始末でした。
ただ、そこには日本的なセンスも入り交じり、私のF&Cはより
おいしいものとして、シルビアスの舌を悦ばせることとなりました。

そんなシルビアスが昨日永眠をしました。

おかしな話です。
私はまだ未婚で子供もいないのに、自分の娘を看取ったという
涙が流れるのを抑えきれませんでした。

夫に先立たれたシルビアスですが、近隣の人たちの温かいサポート
に支えられていました。驚いたのは老衰したエリオットに仲間達が
まるで「さも元気なように」普通に話をし、そして笑ってジョーク
を飛ばすところです。

「天国ってのはずいぶんいいところだぜ、それが証拠に誰もこっち
にもどってこないんだ。シル、お前がただでそこに行けるなんて、
いきなはからいじゃないか」

本来なら日本の方がもっと人情にたけていると思っただけに、なん
となく日本社会の劣化というか、崩壊をひしと感じました。

ほどなく娘は……永眠しました。
墓地にレイミー・シルビアスの棺を埋めました。
そのそばには私の前世であるエリオットの墓がありました。
そこには「風の中でいつかまた会える(I can see in the window)」
と一文が刻んでありました。

514 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/17(日) 01:40:14 ID:jVFm0n9I0
私の本名は『風会<かえ>』といいます。それが、あまりにできす
ぎていて、輪廻を信じざるを得ませんでした。
シルビアスは遺言を残していました。
ケアンズの郊外にある小さな家を私に贈与すると弁護士さんから教
えられました。国と国との境もあり、手続きは大変そうです。

私はまだ独身なのですが、実は近々結婚をします。
婚約者はまったく関係のないどう見ても日本人ですが、彼と私が知り合ったのは、アップリケの教室でした。

前世というものを信じる信じ無いかは別として、私の場合はやはり
前世めいたものはあるのだと思います。

先日、私は懐妊をしました。私は本当の意味で母となります。
もし、それがシルビアスの生まれ変わりであったとしても、
なかったとしても、私は人の心の継承を強く思っています。

515 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/17(日) 01:43:05 ID:jVFm0n9I0
★連投すみません
×彼女の話によれば、私はアイルランドから1969年に当時娘のシルビアスから
オーストラリアに移民をしたそうです。
○彼女の話によれば、私はアイルランドから1969年に当時娘のシルビアスを
つれだってオーストラリアに移民をしたそうです。



『怖い話まとめブログ』
不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】より
関連記事

自殺

zeraniumのブログより


自殺

 自分の命を絶つ行為は、宇宙の法則に反する行為である。
 それに関して神が審判を下すことは断じてないが、本人はバルドの最初の段階での、神のまばゆい光との融合を逃すことになる。自分の体を殺した、神の「魂の延長」である当人は、肉体にあった時とまったく同じ課題に向き合うことになるのであるが、ただそれが将来の転生のときまで延期されるだけの話である。自殺をしてみても、そのようにして死んだ後でも自分は同じ意識状態にあり、同じ課題を背負った同じ人間である。よって自殺してみたところで、何も変わるものはなく、以前の状況から放免され、解放されるわけではないのである。

「アセンション・マニュアル」 ジョシュア・D・ストーン博士著 ナチュラルスピリット刊


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


Q、 自殺行為は霊的進歩の妨げになりますか?
   自殺に追いやられる人は、やはり耐え切れない苦しみを受けるからではないでしょうか?


   妨げになるのはもちろんです。
   まず自殺には例外があることから、順序立てて話を進めますが、その行為へ駆り立てる力はいわゆる精神的異常者、つまり霊的に言えば憑依霊の仕業による場合がありますが、今はこの問題は置いておきます。そうしたケースはごく少数ですが、ほとんどの場合の自殺は逃避行為に過ぎません。つまり当面の義務に取り組むことができず、今自分が考えていること、つまり死んでこの状況から消えることが、その苦しみから逃れる一番ラクな方法だと考えるわけです。

   ところが実際には死んでも、というより死んだはずなのに、相変わらず自分がいる。
   しかも、逃げて来たはずの責任と義務の苦悩と観念が、相変わらず自分につきまとう。そしてその精神的錯乱が黒いオーラを自分の回りに作り出し、それが外部との接触を遮断することになります。そのために外部からの呼びかけを一切拒否する結果、そうした状態のまま何十年も何百年も苦しみの中に留まる者がいます。

   しかしすでに述べましたが、一番大切なのは動機であり、何が動機で自殺したのかということです。つまり自分の思うようにならない事情から逃れるための自殺は、今述べたようにそう思惑どおりにはいかないのです。いずれにせよ、あなたの魂はあなた自身の行為によって処罰を受けることになります。みんな自分自身の手で自分の人生を書き綴っているからです。そして1度書いたものは書き換えることはできず、ごまかすことはできません。ゆえに自分を処罰するのは、他でもなく自分なのです。

   どのような事態であっても、本人が思っているほど暗いものではありません。
   その気になれば必ず光が見えてきます。そして魂の奥深くに潜んでいる勇気が湧いてきます。その時、あなたはその分だけ魂を開発したのであり、宇宙からの援助のチャンスが増えるでしょう。あなた方には、背負いきれないほどの荷が負わされることは決してありません。なぜならその荷は、自らの悪業がつくり上げたものだからです。

   宇宙の絶対的な法則は、人間がそれまでの人生に犯してき法則違反に対して、きっちりと正確に、その重さと同じだけの荷を背負うように采配します。ということは、自分が作り出した荷であるので、それを取り除くことも可能である道理なはずです。ですから間違ったことをした時のエネルギーを正しく使うならば、それを元通りにすることができるはずなのです。

   確かにノイローゼ気味になって自殺するケースもありますが、そういう事態に至るまでの経過を正直に見てみるならば、やはりスタートの時点において、私が先ほどから言っている”責任からの逃避”の心理が働いているのです。もしもその人が何かにつまづいた時点で、”自分は間違っていた。やり直そう。それでどんな責めを受けても立ち向かう。絶対に逃げない”と覚悟していたなら、不幸をつぼみの小さいうちに摘み取ることができたはずなのです。

   しかし人間というものは窮地に陥るとついさまざまな姑息な手段を取ろうとするものです。それが事態を大きくしてしまい、そこで神経的に参って正常な判断力が失われてしまいます。そしてノイローゼとなり、自分で自分がわからなくなってしまいます。問題はその始まりのスタートの時点の心構えにあったのです。

『古代霊は語る』シルバー・バーチの霊訓より  潮文社


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


自殺について

 ひとつだけ例外があります。
 あなた方の言葉でいえば、「意識的な自殺」です。「意識的な自殺」というものは、そのトンネルの向こうに目が眩んで進むことをやめてしまうことです。それは自分の「大いなる自己」が決めたテーマに反することになり、逆行することになります。自殺をすると、自殺の過程でも否定的な想念が残りますが、大体がすぐに、一番最初に始めたときと同じところに戻って、また同じような人生を生きることになります。もちろんすべての死というものは自分自身で選んでいますから、そう言う意味では自殺も同じといえます。しかし普通に死ぬというのはトンネルの向こう側に進んでいくことですが、自殺というのは、そこから逃げて行くことです。

「BASHAR 」 チャネル ダリル・アンカ VOICE新書


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


  Q. では、自殺はどうなのですか?

 転生する前に他の魂と交わした契約による死がありますが、自殺行為は契約によるものではありません。相手に愛を知らしめようとして自殺する行為は、それに関わる人に与える痛み以外には何もありません。相手に自分の愛を証明するために、自分の命を絶つことは、愛どころか自分のことしか考えない人のする、精神的虐待になります。

  Q. 自殺行為が、転生前の契約であれば容認できますか?

   自殺にはさまざまなレベルがあり、契約された自殺がないとはいえませんが、ほとんどの自殺行為は、99.99%が契約によるものではありません。

   その人生を苦しすぎると感じ、苦痛から逃れるために自殺した場合は、その人は次の人生でも、また同じように苦痛を味わうことになります。どんなに苦しくても、自分で決めてきた寿命を生きる人生を送らない限り、途中で逃げてきた苦しい人生を何度も繰り返すことになります。つまり次の転生でも、自分を自殺に追いやりたくなるほどの、苦しい出来事の連続になるのです。ですから自殺を考える人は、「また次の人生でも同じような経験を繰り返したいか?」、と自分に聴いてみるといいでしょう。

   もし自殺を考えているとしたら、それは人生に失望しているからでしょう。
   あなたはとても孤独で絶望を感じ、戸惑い、これから先どうしてよいかわからないと思っているのでしょう。でも命を絶ってはいけません。もし自殺を考えている人がいたら、専門家のところに行って助けを求めてください。

   あなたが心から願い求めれば、必ず助けは与えられます。
   その人が熟練している人であれば、何が自殺願望の原因になっているかを探り、適切な医者やカウンセラーを紹介してくれるでしょう。人間として生きている限り、精神的なサポートだけでなく、人に頼り、助けを求めるのは大切なことです。

「こうしてアセンションしよう」 宇宙連合司令官アシュターからの次元変革アドバイス ドクターテリーサイモンズ&アシュタープロジェクト著
 


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


*自殺について話されることはありますか?

 自殺は自分自身を殺すことに等しく、霊的には魂の成長の機会を無駄にすることになるので、否定的なことだ。それはまた、試験を欠席してしまうのと同じであるが、今回中断してしまったことは、次の転生で、再び立ち向かわねばならなくなるのだ。


*自殺者は霊的な次元で、どういう運命を辿るのですか?

 一般的には、混乱した状態で、繰り返し自分が命を絶った瞬間を思い出し、近親者の悲しみを自分のことのように感じるものだ。再体験を繰り返すうちに、自分の取った行動がいかに無意味なものであったかを意識するに至る。自覚して後悔し始めた兆しが見えると、彼らには新しい転生が準備される。それほど時間をおかないで生まれ変わることが多く、中断してしまった人生で越えなければならなかった試練と同じものに直面することになる。

「魂の法則」 ヴィンセント・ギリェム著






『ユースケ君』

127 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 17:28:21 ID:3cqZhetn0
僕は自殺しに樹海に入る前に不思議なことが起こり、樹海に入ることなく自宅に帰った。

鬱が酷く、薬と酒とロープと片道切符、少しの金(5kくらい)、普段着で家を出た。
電車に揺られ、『景色が綺麗だ、樹海はどうだろう』とか思いながら。
関連記事

因果応報~プラス編~

魂の法則より

霊的裁きの法則

●他者にすることは、自分自身にもすることになる。
●魂が自分の過ち(万物の生命に反する行為)を自覚し、それを償えれば、霊的に進歩できる。





紫のお花

192 名前: sage 投稿日: 2007/03/10(土) 02:01:03 ID:ayNSbM8a0
友人のお話。
道端で死にかけたノラの子猫(事故じゃなく多分病気)を見捨てることができず家に連れて帰り、寝る事もできずに看病していたんだけど、2.3日後に看病の甲斐無く友人の腕の中で死んでしまったんだって。
友人は悲しくて悲しくて、自分の看病の仕方が悪かったと自己嫌悪もあり、泣きながらいつの間にか眠ってしまったらしい。翌日 裏の殺風景な空き地に埋めお墓を作ってあげてでも忘れられなくて
そんな日が数日続いたある日、夢にその子猫が出てきて「一生懸命看病してくれてありがとうあまり悲しまないでね。お礼に紫のお花を。。。。」という所で目覚め、でも内容はしっかりと覚えていたんだって。
それから春がきてその子猫を埋めたいつも殺風景な裏の空き地には満開の紫のお花が咲いて、友人はあの子猫のお礼なんだってはっきり分かったらしいよ。

本当にあったお話でした。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


猫の恩返し?

ちょっとスレ違いかもだが、まとめに似た話があったので。コンビニの帰り道、目の前で猫が撥ねられた。鈍い音がして、車が走り去る。
猫がものすごい声で鳴いた。一音一音に濁点がついてるような凄まじい声。
もう何か考える前に道路飛び出した。夜中で交通量なかったし。
猫はとんでもないことになってた。まず助からないと直感できる程。
それでも放っておけなくて、目と鼻の先にあるかかりつけの獣医に連れて行くことにした。
全力疾走してる間も猫は聞いたこともないような叫びをあげる。
数分もせず病院について、先生は猫を見るなり言った。
「可哀想だけど僕には何もできない。苦しくないように安楽死させるくらいしか」
俺は迷わず頭を下げて、先生に頼んだ。殺してあげなきゃって思った。
猫は注射されてほどなくして息を引き取った。可愛いトラ猫だった。
涙とか鼻水とか血とかいろんなもんで顔と服をぐちゃぐちゃにしたまま帰った。
何しても眠れなくて、明け方やっとうとうとしかけた頃に声が聞こえた。
「ミャッ!ビャッ!」みたいな声が家の外から近くなったり遠くなったりして聞こえる。
初めは得体がしれなくてドキッとしたけど、もしやあの猫か?と思ったら無視できなくて
恐る恐る外に出た。そんで「痛かったよな。助けられなくてごめんな」って謝った。
暗がりに合掌して中に戻ろうとしたら、玄関のノブにコンビニの袋が引っ掛かってた。
弁当とタバコとお茶。間違いなく事故現場に忘れてきたもの。
もう一度暗がりに礼言って、家に入ると声は止んだ。俺は泣きながら弁当食った。
ふと思い出して書いてみた。唯一の体験。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


お礼に来た

366 :おさかなくわえた名無しさん:2010/11/22(月) 15:31:51 ID:9D9E9deU
自分の住んでるアパートの2軒隣の家の子供(3~7歳3人)とばあさんが、閉め出されて玄関前で長時間待っているので、その家の人が帰ってくるまでウチに入れてやった、ということが数週間前にあったのだが、昨夜そのばあさんがあらためてお礼に来た。
それで、「お世話になったのに何も差し上げる物がないのですが」と鞄から何か出そうとしていたので、「いえいえ、おかまいなく」と断ろうとしたら、出した物は数枚の葉っぱ(特にキレイとかではく、虫食ったりしてる普通の落ち葉)だった。
「これ、柿の葉なんです」と手渡された。
葉っぱなら断る理由が無いのでもらったんだが…。
「桜の葉っぱもあったんだけど持って来るの忘れたみたい。今度ポストに入れときますね」と言って帰って行った。
ポストに桜の枯れ葉を入れられるらしいw
お礼に来たのはうれしいが、葉っぱはいらないです。

368 :おさかなくわえた名無しさん:2010/11/22(月) 15:36:44 ID:/+Re81xt
タヌキだかキツネだかだったんだろうね。
気が付いたら2軒隣の家も空き地だったりするんだよ。

373 :おさかなくわえた名無しさん:2010/11/22(月) 17:03:35 ID:339rpiHY
狐のくれた葉っぱは高熱の時にオデコに乗せると熱が下がるって、楳図かずお先生の昔の漫画にあったよ
一枚で小判1枚分の価値があるって

374 :おさかなくわえた名無しさん:2010/11/22(月) 17:30:11 ID:ibgqB7ju
狐だと思うと一気にいい話になる!不思議!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


タヌキの恩返し

345 :本当にあった怖い名無し[sage] :2010/03/09(火) 21:53:48 ID:WI+/xF7t0
一昨日箱根に出張させられたんだけど、鶴の恩返しみたいな出来事があった
仕事終わってホテルに帰る為に山道を車で走ってたけど、霧で視界悪くて飛び出してきた子供のタヌキを轢いちゃった
「死んじゃったか!?」と思って車から出て見たら、生きてるけどぐったりしてた
そんで慌てて動物病院をナビで探して連れてったけどタヌキは頭に掠り傷してるだけで他は何ともなかったでも凄くやせ細ってたからなんか可哀想だと思って、いけないと解りつつも餌あげたりナデナデしたりしてタヌキが元気になるまで看病(?)した
(獣医さんに怒られると思ったけど大目に見てもらった。イイ人だった)
その後轢いちゃった所まで車で戻ってタヌキを山に帰した。そんでホテルに帰ってテレビ見てたら部屋の呼び鈴がなって「従業員さんか?」と思ってドア開けたらオッサンが立ってた
なんか凄いニコニコ顔のオッサンで正直きもいと思った
そしたらオッサンが「つまらない物ですが」とか言って葉っぱに包まった丸い何かを二つくれた
俺が戸惑ってると「助けて貰ったお礼ですので」て言ってオッサンはどっかに帰って行った
葉っぱの包みを開けたらまん丸の白い饅頭が入ってて、皮がモチモチしてて餡子が甘くて凄い美味しかった。こし餡だった
あのオッサン頭にテープで留めたガーゼが貼ってあったし、やっぱりあのタヌキだったのかな
でも子供のタヌキだと思ったらオッサンタヌキだったのな
あと帰りに土産屋行ってタヌキから貰った饅頭探し回ったけど何処にも売ってなかった
饅頭美味かったなぁ…


動物は、自分に優しくしてくれた人、意地悪をした人のことをずっと覚えている。あの世に逝っても。。。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


正直嬉しかったドン♪

494 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 14:19:43.36 ID:I/YKGc/gO
仕事中、便所でさぼりながらの貼り付け今は社会人なんだが、ガキの頃~大学の時の話ね
俺が生まれる前から近所に変なおじさんが居んのね
何が変かと言うとまず見た目。いつもニコニコしてて、いつもヨレヨレジャンパーかヨレヨレシャツにピエロが首にしてる、ラフっていうワシャワシャしてるやつをつけてる、あくまでみたいなやつね
近所では露骨にではないけれど、確かにあまり関わらない方がいいぞ、的な感じはあったけど、まだ物心もついてないようなガキんちょだったし、俺は全然平気で特に避ける訳もなく、ご近所に挨拶するように普通に挨拶してた。
挨拶をするといつも言葉で返す訳でもなく、ニコニコしてうんうんってうなずいてたっけな。
俺が中学、高校と歳を重ねて物心がついてくるにつれて、やっぱりちょっと怖いな、という思いや近寄らない方がいいよな、って意識は強まっていったけど、ガキの頃から挨拶してるのをいきなりやめて無視とかしたらそれこそ人としてどうだろって思って、変わらず挨拶はしてた
そんで大学生になった時、友達が家に遊びにくる事になったんだよ

495 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 14:22:41.88 ID:I/YKGc/gO
正直あまり呼びたくなかった、理由は地元の連中ならあのおじさんの存在を知ってるからいいんだけど
知らない人が見たら絶対何かのネタにしたり、何あれ~って軽蔑した目でみたりすると思ってたんだよ。
それが嫌で今まで地元以外の友達を家に呼んだ事はなかった。仕方なく友達を家に呼んで、流れでコンビニに買い出しに行くときに出くわしてしまったんだよね。
友達がえっなにあの人?みたいな空気になったから俺がその空気をかき消すかのように、さっさと行こうぜ
的な感じでおじさんを尻目に挨拶しないでさっさと先に行ってしまったんだよ。
挨拶しなかった事がなんか妙に心に引っ掛かっててさ、すっきりしなかったんだよな。
その出来事から数日経った時に、夢にあのおじさんが出てきた。真っ暗闇の中、スポットライトで一点だけ照らされてるような空間におじさんが、でかでかと”17″と数字が書かれた大きな玉の上で玉乗りをしていた。
今にも倒れそうなよぼよぼした足使いで玉乗りをしながらおじさんが「正直嬉しかったドン♪正直嬉しかったドン♪」と言って暗闇に消えていった。
目覚めた時、なんか恋愛の夢を見た後みたいな清々しい感じと妙な胸騒ぎがした。

496 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 14:23:23.87 ID:I/YKGc/gO
察しが付いてるかもしれんが、その日を境におじさんを見なくなってそれから間もなく親におじさんが亡くなった事を知らされた。
一人暮らしで身寄りもなかったらしい
不思議な出来事?はまだ続いてるんだけど、大学に入ってからずっと毎週土曜日にロト6を買ってんのよ俺
今でも鮮明に覚えてるんだが、おじさんが亡くなったのを知らされたのが水曜日で、その週と次の週の土曜日はなんとなくロトは買わなかった
2週あいてロトをいつも通り土曜日に買ったらなんと2等が当たった
知ってる人はわかると思うけど2等は自分が選んだ数字5つとボーナス数字で当たるんだけど、そのボーナス数字が”17″だった
ただの偶然かわかんないけど、俺はあのおじさんがしてくれたサプライズなんだと今でも思ってる。

497 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/11/28(月) 14:43:29.22 ID:I7tJ8iBZ0
二回挨拶?していったのも意味があったんですな(二週ロト購入見送れ)
500 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 16:36:47.54 ID:tfca3ivm0
ん~これカキコしようかどうしようか迷ったけどあえてカキコしよう!
>>493
で、いくら当たったの?
スマソ

501 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 17:11:36.46 ID:I/YKGc/gO
仕事中トイレの個室からの書き込みナウ
>>497
ホント大学1年から毎週買ってるんだけど、なんか不思議と買う気にならず、買わなかったのがその2週なんだよね>>500
聞かれると思ったよ、まぁ何億とか夢のような額じゃないぜ?
バイクやら買って割りと早く無くなったけどね


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ホームレスのおっさん

494 :1[sage] :2007/10/30(火) 00:46:32 ID:BJC4Encr0
さっきあった話です。会社の仕事が忙しく、十時過ぎになってやっと帰れた。
何か作る気にもなれなかったから、途中でコンビニに寄って、適当な食べ物を買った。
余りにも疲れていたからうっかり寄ってしまったが私はここ半年ほど、実はそのコンビニを避けていた。
そのコンビニには時々、ホームレスと思しきおっさんが来ている。
牛乳を一本だけ買うと、コンビニの外の、ぎりぎり光が当たる隅っこに立って牛乳を飲んでいる。ホームレス狩りが恐いのかもしれない。
いつも物凄くおどおどびくびくしていて、一度私が彼の隣に止めておいた自転車を取るために近寄った所のけぞって逃げ出した挙げ句後頭部からすっ転んだ事がある。
私は申し訳なく思い、直ぐさま、コンビニの中に入り牛乳をあるだけ買うと外に出てビニールに包んだまま、目もあわせずホームレスおっさんの横に置き自転車を立ち漕ぎしてその場から去った。
申し訳なく思っていたとは言え、私は彼と何かの関係を持ちたい訳でもなかった。
次に会った時、その事で話しかけられでもしたら面倒だと思い自然、そこのコンビニから足が遠のくようになっていたのだ。
で、さっきの話に戻る。半年ぶりにコンビニに行ったら、そのおっさんがいた。
しかも私をじっと見ている。
私は買うものを買うと、急いで外に出て、そのまま彼の横を擦り抜けて走って立ち去ろうとした。
すると彼は出し抜けに、「とらちゃん(仮名)は天国にいるよ」と言った。

495 :2[sage] :2007/10/30(火) 00:47:36 ID:BJC4Encr0
とらちゃんと言うのは、私の母の猫だ。
母は数年前死に、残された猫を私が引き取った。
年老いた猫というのは中々面倒で、歯磨きしてやっても口臭はひどいわトイレ以外に粗相をするわ、しかも粗相をする時踏ん張るからついでに吐くわ、最後の二年間は、普通に介護していたようなものだった。
けれど、父も母ももう死んだ私にとってただ一人の家族だったから私はとらちゃんを大事にし続けた。
私は余り器用ではなく、友達も恋人もいないからとらちゃんだけが愛情を注げる相手だった。
自由になれるお金は全部とらちゃんに使った。
ネットで調べたベストと思われるペットフードを買いに遠征したり頻繁に病院に行ったり、部屋をあったかく改装したが年には勝てずに、とらちゃんは去年死んだ。
家族が死んだときと同じくらい悲しかったが、誰にも言えなかった。
私以外に取ってはたかだが猫だからだ。ホームレスのおっさんは、その私の猫の名前を私に言った。

496 :3[sage] :2007/10/30(火) 00:49:04 ID:BJC4Encr0
何かの間違いかと思ったが、(こういう言い方は失礼だけど)強烈な口臭といっしょに聞こえたので
ホームレスのおっさんが何かの発言をした事はまちがいないと思う。
疲れていたし、へこんでいたので聞き間違いかもしれない。
だけど「とらちゃん」という名前は耳馴染んでいたので中々聞き間違えないと思う。
ちなみにチキンなので、おっさんの方を見る事もせずそのままダッシュで帰って来た。
そして2ちゃんで、この話を聞いてもらえそうな所を探し今こうやって書いている。
聞いてくれる家族なり友達なりがいれば良いと思うのだがどっちもいないので、誰かに聞いてほしかった。
泣きながら書いているので、破綻があったら申し訳ない。不思議と言うか、不思議なんだけど、聞き間違いの可能性が高い事は分かっているんだけど、今しばらくぶりに幸せな気分でいます。
以上です。


ちょっと変わった人とかホームレスの人って、実は神様が私たちをテストするために送ってきた存在なのかもって思うことがたまにある。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


昔ばーちゃんから聞いた話

931 :本当にあった怖い名無し[sage] :2005/10/22(土) 11:34:10 ID:VjYZZPsx0
昔ばーちゃんから聞いた話を一つ。
第二次世界大戦中うちのばーちゃん(サノ)が10歳のころお姉さんと避難のために親元を離れ田舎の遠い親戚の家に預けられていた。しかしこの村にも爆弾が落とされたくさんの人が死に親戚の人も亡くなってしまった。
サノとねーさんはそこにはいられなくなりその日のうちに隣の県にあるもう一つの親戚の家に行くことになりました、空襲で線路は壊され歩いて行く事になりましたが道は険しく、食料不足のため治安も最悪でした、人気の無い山道を選んだがとても寒く、そんなときは「新聞紙を服の中に挟むと暖かいよ」とねーさんが優しくサノを守ってくれました。何とか県境へ入りそこからバスで親戚の家へ向かいました。バスの中でサノはいつの間にか寝てしまい、起きると親戚のおばさんに起こされていました「よく一人できたね、サノちゃんはホントにえらいわー」と言われた、起きると姉はいなくなっていたのだ、それどころか姉は実家にいたときサノが9歳の頃にすでに肺炎で亡くなっていたのだった。
この1年間共に過ごした姉はこの世の人では無かったのでした。

純粋な気持ちを持っている人は純粋なエネルギーによって守られる。



『怖い話まとめブログ』
不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】より
関連記事

因果応報~マイナス編~

魂の法則より

霊的裁きの法則

●他者にすることは、自分自身にもすることになる。
●魂が自分の過ち(万物の生命に反する行為)を自覚し、それを償えれば、霊的に進歩できる。






恨み

45 :可愛い奥様:2009/06/13(土) 10:37:33 ID:n7iD5FjrO
昔居た会社の上司にひどいセクハラうけた。
顔見たら吐き気催すほど嫌悪感感じる様になり、こちらが会社辞めて泣き寝入り。
ずる賢い奴で、訴えにくい様に先にいろいろ根も葉も無い噂回されてた。

数年後すっかり忘れて平和に暮らしていたある日、ふいにそいつの記憶がよみがえり全身鳥肌。
その直後、当時の同僚からメールで、
『あの人事故で片腕になったよ』
しばらく震えが止まらなかった…。
一瞬自分の恨みのせいかと思った。
それくらい一時はうらんでたからなぁ。


94 :可愛い奥様:2009/06/13(土) 21:34:50 ID:7wLCvhh/0
因果応報、言霊、呪い?ってあると思うよ。
私はお局で、気に入らない後輩をいじめまくっていた。
部下、同僚、上司ともにいじめて退職させて、10年以上君臨?していた。

数年前、原因不明の病気で全く片腕動かず、仕事も出来なくなった。
やむなく退社したけど、誰にも心配されず、送別会もなしw
最初は「何で私が…」と悲劇のヒロインになりきっていたけど、
療養中に過去の自分のしてきた事が毎夜夢に出てくるようになって、うつ状態になり心療内科へ。
過去に自分がやってきた事、言った事を思い出す、認めるのが本当に怖かった。
でも因果応報なんだなと思ったら腑に落ちた。
心霊とはちょっと違うけれど、皆は私を憎んでいたんだなと正直に思う。
憎まれても、恨まれても仕方のない事をしたんだし。
だから>>45の上司の件は、因果応報と思う。


96 :可愛い奥様:2009/06/13(土) 21:52:19 ID:p2MCAZXP0
>>94
でもさ、なんで人を虐めていて平気だったの?
当時なぜそういう不思議な精神状態だったの?

いじめっ子ってよくわからないのよ……


98 :94:2009/06/13(土) 22:15:28 ID:7wLCvhh/0
>>96
心療内科でのカウンセリングで気付いたのは、情けないけど「親に認めて欲しい」という事だった。
仕事で頑張る、お金を稼ぐ、役職が付く、誰にも文句を言わさない!
という自分を認めてくれるだろう、と本気で思っていた。
実際は認めてくれる事もなく、病気になったら絶縁されたけど。
自分がしてきた事を自分の身体で受け止めなくては、というのは分かっている。
実際、医師にも「あなたが苦しめた人の心の痛みを忘れてはいけない」と言われた。
これを書いても言い訳にもならない、というのは分かっている。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------


祖母の話

数年前に亡くなった私の祖母は、孫の私からみても怖い人でした。
私が小学生の時に、祖母が自分の姉について語ったことは、子供心にもとても嫌な記憶として残っています。

祖母の姉は15~16歳の時に、自ら井戸に身を投げて死んでしまったそうです。
私は「なんで?」と祖母に聞きました。
すると祖母は、
「あいつは馬鹿で、ちょっといじめたら井戸に飛び込んで死んでしまった」と、こともなげに言い放ったのです。
悲しんでる様子もなければ、悔やんでる様子もありませんでした。
私は何だか怖くなり、その日から祖母とほとんど話さなくなりました。


817 :祖母の話 2/2:03/03/30 03:58
そして、数年前に祖母が亡くなったとき、私の姉から聞いた話は、
「ひいおじいちゃん(祖父の父。祖母にとっては舅)って、海で入水自殺したらしいよ。
 おばあちゃんに、ひどくいびられてたんだって」
私はゾっとしました。
祖母は生前、いったい何人の人間を追い込んでいったのだろうと思うと、本当にゾっとしました。

この世に呪いや祟りというものが、実際にあるのかどうかはわかりませんが、
祖母が生んだ5人の子供(全員男)のうち、末っ子だった私の父以外の4人は、
10歳になるかならないかで、みんな死んでしまったそうです。
たった一人生き残った父は、人並みに結婚もして5人の子供もできました。
でも、5人とも全員女でした。
それぞれ嫁に行ったので、跡を継ぐものはいません。
こういうのって、因果応報っていうんでしょうかね。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


子連れの

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/25 21:24
因果応報に近い体験だが、2年前毎朝すごくうるさかった親ネコ1匹子猫2匹を
大きな石で怪我させた。
その日自転車で走ってたら真っ黒な和服を着て3列にならんだ子連れの女性が前にいて、
しかたなくベルを 鳴らしたが一向にどかなかった。
で、車道に降りて抜かして歩道に上がって走ったら舗装された道なのに見事転んだ。。
顔や足に怪我を負い散乱した荷物を整えてると後からあの子連れの黒服の女性が来て
「もう変なことしないでね」と俺を見て言って わき道に入ってった。
女性も子供も顔が恐ろしく狐のようであざ笑ってる感じで恐かった。
どうもあの子連れのネコがあの女性のような気がしてならない。。。
普通は転んだ他人に「変なことしないで」なんて言わないだろうし。
それとも飼い主だったのかな・・・・?思い出すたび恐いが気になる。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------


恨まれる女

285 :本当にあった怖い名無し:2009/06/22(月) 23:35:01 ID:NP5qUhyx0
某板からのコピペ

そんなに仲良くなかったし、学生当時も嫌われていた同級生の話。

学生時代からよく友人の彼氏を寝取る子で、近所に住んでいるが故に腐れ縁だった。
私は彼女に、「恨まれるような事は止めなよ」とたまに注意していた。

大人になった彼女はやっぱりと言うか、為るべくして為ったと言うか、不倫女になってしまって、
2人の子供がいる男性を奥さんから奪い、男性の家庭を崩壊させ、離婚させ、その後件の男性と出来婚した。
不倫の末の結婚だったけど、堂々と式も挙げて、家も新しく買って、
端から見ると、祝福はされないものの幸せそうではあった。

ところが、結婚して子供が生まれた頃に、男性の会社が事件を起こしやむを得ず倒産。
その直後、男性の元奥さんが、男性と彼女の家の玄関で首吊り自殺。
第一発見者は早朝散歩の近所の人で、近所中の噂に。
悪評と嫌がらせに耐え切れなくなった彼女ら一家が、引越しようとした矢先、
男性の会社倒産で煽り倒産した会社の社長が、先の元奥さんと全く同じ場所、同じ方法で自殺。
その後、男性の両親(地方に住んでいた)が殺人事件の被害に遭い死亡。
強盗殺人で、かなり惨い殺され方だったそう。

その後、男性は帰宅途中に失踪して今も行方不明。
夜の仕事しながら一人で子供を育ててた彼女だけど、数年前に子供が知障だと発覚。
で、彼女自身も、この前元奥さんの子供に家を放火されて右半身に大火傷。
夫婦揃って怨霊憑き過ぎだろ……。

しょっちゅう「子供捨てたい」「金貸して」とうちに来るけど、
いつか本人も殺されるんだろうなと、なんとなく思ってる。
学生時代の同級生らは、皆口を揃えて「因果応報でしょ」と笑ってる。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


因果応報

247 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/12(火) 18:26:28 ID:SdgdM6Ey0
俺が高校3年の春に、うちの実家のはす向かいのビルで 同じ高校の同じ学年のN君が飛び降りてしまった。
学校では各クラスの朝礼で「亡くなりました」としか説明しなかった。
N君そのものとは面識がほとんどなかったためによく知らないし、 不謹慎だと思ったので、現場については誰にも言わなかった。
どうやら、亡くなった場所を知る生徒は俺だけだったらしい。
自殺の原因にはいくつか噂はあったんだけど、結局わからずに、 あっという間に風化してしまった。
高校の卒業式の日。帰宅後、外が何やらうるさい。
出て行くと、事故だった。いろいろと発動して人だかりができ、 ぎゃあぎゃあとわめていているのもいた。
人の群れの中に見たことのある顔があった。同じ高校のヤツ。 俺は地元面をして、すぐに声をかけてみた。

すると、これからこのへんで「卒業パーティ」みたいな 飲み会を何名かでやる予定で、集まってきた矢先の事故だった。
その中の1人で、金田(仮名)という生徒が事故った。
「このへん初めて来たんだよ。車多いから気をつけようって 言ってたんだけど、金田がふらふらしてっから…」と聞いた。
うちの実家は市の中心部の繁華街(歓楽街)で、高校は市街地。 ほとんどの生徒はうちの近所には用がなく、来たことがない。
どうやら、うちのはす向かいのビルの前でうろついており、 誰かが「行くぞー」と声をかけても金田には聞こえなくて、事故ったとか。

248 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/12(火) 18:26:59 ID:SdgdM6Ey0
その日の夜。うちにも友達が3名来ることになっていた。
すぐに東京へ出ることになっているヤツのお別れ会だった。
友達が集まったんで、俺はさっきの事故の話をした。
「金田って知ってる?理系の○組なんだけど」と言うと、 友達の1人が「知ってるよ。マジで金田なの?ざまあ!www
俺、美術部で一緒だったけど金田がうざすぎてさあ。 顧問に頼んでやめさせてもらったよ」と。
いつもあまりしゃべらないヤツが話し始めた。

「あいつ、2年の途中で怪我して野球できなくなってから いきなり女目当てに美術部入ってきてさ、絵なんか興味ないんだよ。 部室に運動部の友達連れてきてしゃべってばっかでなぁ。 んで、春に誰か自殺した生徒いたべ?あれ、いじめが原因なんだよ。
いじめてたのは数名で、その主犯格が金田だって有名だよ。 それ担任も知ってるはずなんだけど、何も証拠がないから
結局、勉強が苦で、みたいなことで終わったんだよな。 進学校でマンモス校だと怖いよなそういうところ。 とにかく金田が事故ったなら、ざまあみろって感じだよ」
そいつは、そんな感じでぶわーっと悪口を吐き出した。

それを聞いて俺は、ぞぞぞぞっとした。そんで、 「みんな知らないと思うんだけどさ、 Nって人、すぐはす向かいのビルで死んだんだよ…。 俺、あえて言わなかったんだけど。Nって知らないしさ俺。 んで金田ってのが事故ったのはそのビルの前だよ」と言った。
そしてみんなでびびりまくって、奇声をあげまくった。 怖くなって、みんな明るくなるまでうちにいた。

249 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/12(火) 18:27:34 ID:SdgdM6Ey0
それからしばらくしてわかったこと。
金田が主犯格ってのは間違いない。
2年3年と、N君と同じクラスで、なにかと暴力をはたらいていたとか。
N君が亡くなった直後、数日間学校を休んだという事実も聞いた。
担任は遠くの高校へあからさまな格下げ赴任をしたので、 学校側やその上の機関も事情は知っていたんだろう。
金田はよくN君(確かにいじめられる要素は強かったらしい)に 「おまえはほんと暗いわ。じっとしてるし、虫みてえだよ。
生きてるか死んでるかわからねえよ」みたいなことを言っていたとか。

その金田は、N君が亡くなった場所は知らなかったんだが、 そこを初めて通ったときにそこで事故って、健常者ではなくなった。 金田こそ、動けない状態の虫みたいになってしまったらしい。

その後、町内会の役員をしている父に事の顛末を話し、 父からそのビルのオーナーに話しがいき、お祓いをした。

おわり



『怖い話まとめブログ』
不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】
より




霊的裁きの法則

●他者にすることは、自分自身にもすることになる。
●魂が自分の過ち(万物の生命に反する行為)を自覚し、それを償えれば、霊的に進歩できる。
●自分で撒いた種は自分で刈り取ることになる。
●与えるものが受け取るもの

関連記事

前世からの影響

『怖い夢』

124 :可愛い奥様:2008/10/21(火) 06:51:07 ID:eH+Oa+100
幼稚園児くらいのときからずっと同じ夢を何十回とみていて、特定の人物に殺されそうになる夢でした。
とにかく怖くて、見終わったときは汗びっしょりになる位。
それがある年齢になったとき、とうとう夢の中で殺されました。
夢の中で自分は胸を刺されて殺されるんですけど、その夢を見てから二度とその夢を見なくなった。

その後社会人となり、友人の縁もあって霊能者に前世を視てもらったら、
前世は外国でキリスト教徒してたらしいが、その国での迫害がひどくて、
仲間が次々と殺されていく姿に恐怖し、最後に私も剣で胸を刺されて井戸に投げ込まれているらしい。
霊能者が前世での私の死んだ年齢を言ったんだが、
殺された夢を見た年齢(霊能者には言ってない)と一緒でした。
私の殺された年齢14~15歳。
私が中学二年生の時に最後に見た夢でした。
霊能者いわく、前世での恐怖が凄まじくて魂が傷ついて、生まれ変わったあとも夢にでてたっぽい。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


『会わない土地』

154 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 21:17:06 ID:8KAU4awl0
オレの話は怖いと言うより不思議な話なんだが、
どうして『合わない』土地・場所があって、それは以前の仕事で出張していた東北のある田舎町なんだ。
出張先だから訪れる回数は多いのだが、そこへ行くと、
突然の発熱・腹痛は数多く、嘔吐・目にできもの・肌に原因不明のアザが出る、気象的な要因での大きな交通事故と、
その土地だけが異常に何かが起きる、とにかく『合わない』土地だった。

今は仕事を変え、行く事は無いが、振り返って見ても不思議な場所だった。
怖くない話ですまん。


163 :本当にあった怖い名無し:2009/05/11(月) 06:18:48 ID:du6bo2WS0
>>154
合わない土地の話はよく聞くなー

俺が知ってる話だと、ある子供さんがある場所にだけはどうしても行きたがらない。
しかし、都合上行かないわけには行かなかったので、「我侭言うな」と叱り付けて強引に連れて行った。
すると子供さんは、その場所に行ったとたん痙攣を起して意識がなくなったんだと。
で、入院となったが、特に異常らしきものはなく、ほどなく回復して退院。

暫く経ってから、占い師だか霊能者だかに縁あって出会い、その話をしてみた。
曰く、その子供さんは前世でその場所にて悲劇的な死に方をしたので、その場所は良くない場所なんだと。
その場所っていうのは下関なんだけどね。
俺も行ったことあるけど特に何もなく、その数日後駅に車が突っ込んで無差別殺人事件起こってビビッた。

あと、横山やすしも似たようなエピソードが伝あるとか。
横山やすしの前世は、村上水軍の一員だったそうだ。
そのかつての村上水軍の拠点後に訪れることが何度かあったらしく、訪れるとかならず悪いことが起こったとか。

まあ、見たわけじゃないから、本当かどうかは知らんけどな。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


『刻まれた前世の記憶』

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/11/09 23:59
これは絶対ネタにしか思われないだろうが、一応・・・

オレはときどき、『人を刀で突く』という夢をみる。
胸から背中に突き刺すんだ。
感触が生生しくて、前世の記憶?とか思ってたんだけど。

しかしつい最近、カミさんの胸と背中にアザを見つけたんだよ。
それについて聞いてみたところ、生まれつきついてて、ときどき『刀で刺される夢』を見るんだって・・・
で、カミさんも、前世で殺された記憶じゃないか?って言うんだよな。

ホントだって。どう思います?


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


『無限ループ』

493 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 11:49:47 ID:r3vdowv7O
「右目を見ると前世が分かる」って言う女子がいた。
瞳を見ていると、その子のヒタイの前あたりに、その人の前世の映像が見えてくるらしい。
瞬きはして良いけど、目は逸らしちゃ駄目。
その子曰く、前世と今の生き方や知り合い家族はリンクしていることが多く、
また、立場が逆転したり同じ事を繰り返す傾向があるらしい。
たとえば、前世の親子が今では逆に子と親みたいな。

で、半信半疑だったけど、面白いので俺も見てもらった。
その子は結構美人で、見つめ合うのは気恥ずかしかったけど…
どうやら俺は、前世ではインドあたりの兵士で、
何人か部下を引き連れて、町を流れる川の上流の堤防が敵に壊されないように見張ってる役目を負ってた。
ある時。故郷に帰って、部下の一人の奥さんと恋仲になり、それが部下にばれて殺されたそうだ。
いつの時代かは分からないが、100年くらい前ではないかとのこと。
もっと具体的に人の名前や土地名を言われたと思うけど忘れた。

その話を聞いたのが高校時代。今は社会人。
俺は、うちの嫁が同期の一人と浮気してるのを知ってる。
冷めた仲だし殺人の意思はない。
そのうち証拠をつかんで、離婚と同時に上に報告。同僚ごと社会的に抹殺してやるつもり。

人の魂は、無限ループみたいな世界らしい。
良いループを作るのも悪いループを断ち切るのも、本人次第だってさ。


494 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 12:27:52 ID:TbWyWKVd0
>>493
それだと、また次回に同じ事を繰り返してしまうんじゃないだろうか
社会的に抹殺してやる、のくだりがちょっとこわい
なんていうか、必要以上の報復をする必要はないのではないかな?
もちろん、あんまり憎むなとか、できれば穏便になんて、浮気された側にとっては難しいと思うけどね
ちょっと心配でカキコしてしまった


495 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 13:48:32 ID:+PW+fRisO
邪気眼に右目を見つめさせたりなんかするから人生狂うんだよ


496 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 14:02:51 ID:ye/v5pnH0
>>493
その女の子と結婚させてください。


498 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 15:05:02 ID:r3vdowv7O
>>496
卒業してからは会ったこと無い。

女子から人気あったけど、なぜか男子には人気無かった。
というより、本人が避けてたのかも。
俺が見てもらったのも、同じ部活の女の子が見てもらうのについていって、ついでだからって感じだったし。

今でもそんな感じならフリーかもね。
がんがれ。連絡先知らんけどw


499 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 15:19:53 ID:r3vdowv7O
>>494,495
たまに一緒に飲むと、「奥さん元気?」なんて白々しく聞くんだぜ?
平然と俺に接してる同期に殺意を覚えるのは事実だが、実行には移さない。
もし前世の話を聞いてなかったら、刺したくなったかもしれない。
そうならないように、高校時代に釘を刺された気分だよ。

社会的に抹殺することも、確かにループなのかもしれない。
でも、知らぬ顔で放置するなんて俺には無理。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


『ばったり』

629 :本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土) 23:35:00.32 ID:Jwt1W9370
前世の話で、笑えると言うか、へええええっと思った我が姉の話。

一生独身貴族を貫くと決めていた姉が結婚した。しかもかなりの遠距離恋愛。
親も「嫁いでくれるなら喜んで!」と深くなれ初めを聞いていなかったが、
結婚式でいざそれが発表されたらどよめいていた。
ちなみに相手→甲信越地方在住。姉→北部九州在住。

出会い→相手の住む県に姉が旅行に行き、タクシー乗り場でちょこっと話したらしい。
当然お互い名前も知らず、そのまま別れるl。
二度目→羽田空港・手荷物を預ける時に、姉の次に並んだのが相手だった。
「すごい偶然ですね」と言い合ったものの、そのまま別れる。
三度目→四国旅行中の姉。ローカル線で移動中、相手がひょっこり乗ってきた。
出張中だったらしく、そこでようやく自己紹介。
四度目→南部九州に出張していた姉、ホテルのロビーでばったり。
その晩は食事を一緒にし、メアド交換をした。

こんな『ばったり』を数回くり返して、お付き合いを始めたらしい。
(しかも、お互い「ストーカーか?」と訝しんで声をかけなかったこともあるらしいので、
 実際はもっと回数をふんでいると思われる)


630 :本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土) 23:39:30.99 ID:Jwt1W9370
見える人の叔母によると、姉と相手は前世で夫婦だったそうで、
前世で所縁のあった二人の守護霊さんたちが、必死になって『ばったり』を演出していたらしい。
「名前ぐらい聞けー!」「そこでもっと会話を発展させろお!」とかなり悶々としてたそう。
なんで分かるの?と聞いたら、
結婚式、姉と相手が座っているその後ろで、手を取り合って大号泣してたんだって。
「後ろの人も大変よねえ…」と、叔母はしみじみしていた。



『怖い話まとめブログ』より
関連記事

霊的裁きの法則

今日は、魂の法則より「霊的裁き」という誰もが知っておくべき重要な法則について転載したいと思います。
そもそも、『魂の法則』とは何かというと、スペインの化学博士、ヴィセント・ギリェムさんが体外離脱体験で出逢ったイザヤという老人から受け取った霊的メッセージをまとめたものです。
そのヴィンセントさんは現在、本業の傍ら、無償でレイキ治療を行ったり、感情と健康や病気との関係の理解を広めるための講演活動をやはり無償で実施しているそうです。

df941f66d24aaac1e53d02a96ed9ee43.png

また、ヴィンセントさんは今のスピリチュアルというものについてこんなことを話されています↓

霊性に関することでは、1%が真実であり、残りは迷信や誤解です。例えばタロットなどは、お金を儲けるためのものであり、そのようなものが全てを台無しにしてしまうのです。

霊的だというレッテルが貼られているものの全てが真実ではありません。そこにも充分エゴが介在していて、正しくないことも沢山あります。全てが一緒くたにされてしまって、深く掘り下げてみなかった人は全部をごちゃまぜにしてしまうのです。そのせいで、霊的なものはどれも眉をひそめられてしまうのですが、実際に詐欺的なものの混ざってしまっているのです。「カードで占うから私も精神的なことを行っているわ」という人がいても、私にとっては「それが霊性とどういう関係があるの?」ということなのですが、多くの人は混同してしまっています。

次の本で目標にしたいことは、私にとっての霊性とそうではないものとを区別していくことです。なぜなら、多くの人が誤解をしていて、表面的にどれもいいものだと認めてしまっていますし、人々を混乱させてしまう余りにも多くの物事があるからです。

多くの人が霊性とは、魅力的な名称の新しい物事を習うための講習に参加することだと考えています。でもそれでは、見かけだけの表面的な変容しかもたらしません。 レイキやヨガを行うことによって、全てがなされていると思い込むのです。しかし、霊性というものは、内面の変革であり、それはつまり、我欲を克服して愛情を深めるということなのです。ヨガを行ったとしても、その後でいつものように我がままに行動し続けるのならば、それが一体何の役に立つのでしょう?



・・・と。
しっかりと肝に銘じておきたい話です。
では、今日の本題『霊的裁きの法則』じっくりとお読みください。





<霊的裁きの法則>

• 他者にすることは、自分自身にもすることになる。
• 魂が自分の過ち(万物の生命に反する行為)を自覚し、それを償えれば、霊的に進歩できる。
(以下、概略)


*この世は理不尽だと思いませんか。

 今生はこれまでの連載ものの続編で、ふさわしい結末であると考えられれば、不公平に思えた事柄を次第に理解できるだろう。各人の今生の環境の違いは宿命の産物に思えるが、実は、これまでの前世に起因するのだ。
 宇宙的な因果の法則があり、魂は与えたものと同じものを受け取る。魂は自らが創り出した状況に立ち向かってそれらを解決しない限り前進できず幸せになれないので、人生で直面する逆境の多くは、前世で自分が作り出した原因の帰結なのだ。行為の一つ一つがそれぞれの結果をもたらし、遅かれ早かれそれらが自分に影響することを知らねばならない。他者にすることは、私たち自身にもすることになるのだ。
 各人がそれぞれの行為と向き合うことになるというのが霊的裁きの基本であり、自分の行為の結果を経験した後で、それを修正するかを決めるのは本人だ。


*行為が、霊的進化にどう反映されるのですか。

 「愛の法則」に賛同する行為は魂の波動を高め、高いアストラル界域まで上昇することを可能とするが、「愛の法則」に反するものなら、上昇を阻むおもりとなる。
 特定の行為の結果は直ぐには顕れないので、犯罪者が生存中に罪を償わなければ、裁きがないような印象を与える。しかし人帳尻が合わされなかった借金は、以後の転生に持ち越され、死刑執行人が犠牲者となり得るのだ。地上での裁きが解決せずに残したものは、霊的な裁きが解決するということに、疑問の余地はないが、これは懲らしめのためではなく、教えるためのものだ。


*なぜ行為とその結果との間に、時間のズレがあるのですか。

 反作用は行為の瞬間に起動するが、直ちに効果を発揮しない。「魂の法則」に賛同するものなら、「霊的な褒美」を受け取り、反するものなら「霊的な負債」を負うことになる。
 「魂の法則」に則った行為の「収穫」は、自分を試す人生が終わるまで延期されても、いつかは妥当な代償を授かり、高い次元まで昇って行くことを可能とする。
 負債の場合には、償いは魂が自己の言動を自覚し自発的に損害を決意するまで延期されるが、進歩するには遅かれ早かれそれに立ち向かい、罪業を償わなければならない。


*どう自覚するのでしょうか。

 死後、最後の転生中に起こったことを徹底的に振り返らされ、自分の気持ちのみならず、自分の行為に影響を受けた他の人たちの感情や情緒も感じ取る。生存中の決断の重要性に気づいて、進化に役立てるためだ。愛を持って行動したのか、我欲で行動したのかを振り返り、取り組んだ科目のどれに合格し、どれに落第したのかを知る。
 高次の霊の助けを得て、自分自身で判定するのだ。魂は霊的に明晰な状態にいるので、自分をえこひいきするような行動はとらない。その状態で、現実をありのままに完全に公平に見れるのだ。
 そして、自分の悪い言動を修正してその後の転生で克服できるように準備をして、能力に応じた償いのための試練を選ぶのだ。それは、魂が選びたい方法による。ゆっくりだが時間がかかる修復もある一方で、試練はきついがもっと速く進化するために役立つものもある。


*直ぐ次の生で、前世の行為の修復に取り組むのですか。

 矯正する意図の全くない魂が沢山いるので、そうとは限らない。
 また、初めは意志力が弱いので、厳しい試練には耐えられない。きつい試練に立ち向かう本当の贖罪のための転生は、魂に充分用意が整って、確固とした改善の意志を持った時にやって来る。


*「負債を持つ」魂には、どんな試練が待っていますか。

 一般に、前世で自分が生み出したのと類似した状況を、自分が身を持って体験し自覚して、罪の償いに尽くす。自分がまいた種を刈り取るのだ。
 正しい行いを確信できるのなら、全く怖くはなく、報酬を待ち望むであろう。
 しかし我欲で他者を足蹴にしたのだったら、収穫する気にはならない。
 これは、違反者を罰する「目には目を」ではなく、魂の進化を促進させるのが目的だ。「霊的裁きの法則」は、我々が学び取れるような方法で、各人をそれぞれの行為と向き合わせてくれる。文字通り同じ状態を経験する必要はないものの、それが速い習得法なので多くがそうしている。
 試練の厳しさは、本人がどれだけ早く借金を返済したいのかと、試練を乗り越える力があるかどうかによる。試練は、魂にそれを乗り越える準備が整った時にだけ訪れる。
 負債を支払うための選択肢の中からどれを選ぶかは、自分の決定による。時間はかからないが高額な分割金で返済することも、時間はかかるが低額な分割金で払い戻すことも可能だ。
 霊的世界では、いつも次のチャンスがある、更生の機会は無数にある。


*キリスト教義の永遠の刑罰や懲戒の信念はどこから生まれたのでしょうか。

 永遠の懲罰の概念は、神聖な源から発したものでない。根拠に欠け、霊的な真相に一致していない。不合理な怖れで人びとを支配しようとした、聖職階層が導入した誤った教えの一つに過ぎない。
 他者の霊道の探求に寄与する指導役を自負する者が、そうするどころか、人びとをさらに混乱させ、思考を操作して愚かにし、弱点を利用して自らの地位を上げたのだ。


*人生の悲惨な出来事は、事前の打診もなく強制されたものだ、と感じるのはなぜでしょう。

 生まれ変わる前に決めたことで肉体に宿ると過去を忘れてしまうので、自分ではその決断に関与していないと思ってしまうのだ。
 理解できないだろうが、進化の決意をした多くの魂は、非常に困難な状況に立ち向うのだ。その人たちは、更生しようと深く肯定的に改心した魂であり、それほどの試練に直面すること自体がかなり進んだレベルに達したということだ。

*否定的な状況の全てが、過去の行為の結果ですか。

 そうではなく、多くは今生の行為の直接的な結果だ。自分が生まれ変わった惑星の進化レベルに特有のものもある。
 負債がない魂でも、贖罪とは関係のない逆境を経験することは頻繁にあるが、そうするかは魂が自由に選択する。苦しむのが楽しいからそうするのではなく、それによって霊的な進歩ができるのだ。このような選択は進化した魂特有のもので、後進の同胞を助けるために転生して導き、同時に、自分自身もさらに速い進歩を遂げようとする。無償の愛の能力が試されるいい機会だからだ。


*飢餓や貧困や戦争など 許せない物事があります。

 非人道的なことは数多くあるが、それらは地球に転生した魂たちが生み出したもので、撲滅する努力をするのは、人間自身でなくてはならない。
 霊的な進歩は、何の強制も強要もされず、魂自身の自由意志と努力で決断されて、内面に取り入れられた時にだけに起こる。 
 ある問題を解決しようと全能の存在がこの世に現れたとしても、その決断が全ての者の意向に沿う訳ではないので、損をしたと思う不平分子は、常にいることだろう。
 全ての災いを根絶する唯一の方法は、一人ひとりの心から我欲を一掃することだが、エゴの毒を解毒できるのは、愛だけなのだ。
 高次の魂は、いつでも応援するために傍にいるのだが、君たち自身の意志で、率先して行わなければならない。決断しさえすれば、運命の方向を変える力があるのだ。


*もっと大きな災いを避けるためには仕方がない、と戦争を正当化することはどうですか。

 本当に平和や自由を愛するならば、自分が主張することと反対のことをしてはならないだろう。手段は求める目的と合致しているべきで、目的によってその手段が正当化されることなどあり得ない。戦争によって平和は実現できないし、強制によって自由を得たり、不正によって正義を得ることも不可能だ。


*人びとは平和を望んでいるのに、一部の権力者たちが戦争を決定してしまいます。

 なぜ望むことと反対のことをする者に権力を渡すのか?
 君たちの世界の腹黒い支配者たちが、国民を戦争に招集したとしても、銃を取る者も他者に強要する者も一人もいないとしたら、何できない筈だ。しかし、もしそれが可能なら、それは君たちのエゴがそそのかされてしまうからだ。自分が同類の命を奪う権利があると納得させられてしまう者の問題なのだ。
 霊的世界では、出来事自体はそれほど重要ではなく、その時の意図が重要なのだ。殺すつもりのなかった者を、殺意を抱いていた者と、同じように裁くことはできないが、人が戦争に赴く時には、いつかは他の人間を殺したり、自分が死ぬ羽目になると、完全に自覚している。
 「愛の法則」の信奉者ならば、絶対に自ら進んで入隊などしない。殺人を正当化し得るほど高尚な理念や信仰は、何一つ存在しないからだ。


*多くの人びとが前線に赴くように強要されます。

 進退窮まることなので、自分の信念が試される、大変厳しい試練である。
 霊的世界では、勇敢なのは、平和主義者であり、兵役忌避者である。見知らぬ者の命を守るために、死ぬまで自軍に迫害されることになるだろうと知りつつ自らの命を危険にさらすので、勇者なのだ。
 どちらを選ぶかを決めるのは魂だ。兄弟の殺害を拒んだために、利己主義者に報復されて地上で一時的に苦しむが、霊界で報酬を授かるのか。それとも、ヒーローとして地上で報われるが、兄弟を傷つけたために、後で霊界で苦しむのか。


*ナチスが世界を征服するがままにさせておくべきだったのですか。

 君たちが知り得る人類の歴史の知識は、過大に操作されたものだ。
 多くの者が未だに、戦争には善い陣営と悪い陣営があると思っている。戦争は、一朝一夕にはでき上がらないのだ。実際には武力抗争が始まるずっと以前から練り上げられるもので、嘆かわしいことに、二つの勢力は武装するために予め協力し合い、それから破壊し合うために敵対するのだ。
 大規模な戦争は、国民が極度の困窮に陥るような、深刻な経済危機の後に起こってきた。これらの経済危機は偶然に派生したのではなく、他者の犠牲の上に私腹を肥やして、さらに大きな力を得ようするごく少数のグループによって意図的に誘発されたものだ。
 彼らは、悪の根源は、人種・宗教・信仰・文化などの違いがある人たちなのだと吹聴するために、自分たちの広報メディアに極端な理念を流布させるのだが、そうできるのは、君たちの我欲をそそのかすことに成功するからだ。


*戦争の主犯者たちは、霊的に莫大な借金を負いますね。

 彼らは、侵略や戦争を企てて、躊躇せずに不和や憎しみを国民の間にばらまき、おまけに厚顔にもそれを、神や民主主義や自由やその他の高尚な名目の下に行って、それらの理念を汚がしているのだ。
 物質界で権力があっても、霊界での地位は、お金や権力ではなく、どれだけ愛の能力を開発できたかだけで決まる。霊界で、自分のせいで死んだり苦しんだりした者たちが、自分よりも上のレベルにいるのを見れば、なんという失望を味わうことだろう! 自分が招いた苦しみの分だけ、苦しみを受けるのだ!


*犠牲者には何と言ってあげますか。

 物質的なもの肉体の命を失うことに執着してはならない。それらは全て、仮初めなものだ。
 君たちは不死なので、誰にも君たちを殺すことができない。君たちが本当の生である霊界に戻った時には、全ての苦しみが癒されて、全ての傷も治されるのだ。
 災いの全てが、同胞の苦悩に敏感になることに役立ち、同じ経験を誰もくりかえさないようにと願えるのであれば、それは愛せるようになったということで、無駄ではなかった。






the PLANET from NEBULAより

バシャール:ピュアな思い

貴方は、気の遠くなる程の時間をかけて何度も輪廻転生を繰り返し、”今の貴方”が出来上がっているのだと、バシャールは話します。詰まり、”今”の貴方こそが、全ての再結集であると、バシャールは話します。今までの世界では、数回の輪廻転生を経てやっと、次のレベルへ(3次元内)とゆっくりと上昇してきましたが、新しい時代を生きる私達は、以前のように輪廻転生を繰り返さずとも、今のままでスピーディーにシフトが出来るまでに、意識が成長しています。よって、貴方の意識の持ち方で、新たなエネルギーを最大限活かす事が可能なのです。

貴方の”思考/思い”が、物質界最初の物質化であると、バシャールは話します。もっと簡単に言うと、貴方の”思考/思い”という”種”が、貴方によって物質界に蒔かれる、という事を意味しています。という事は、全ての”思考/思い”が成長して芽を出す可能性がある、という事を意味しているのです。

貴方の”思考/思い”を、出来るだけピュア(抵抗感無し)に保って下さいと、バシャールは話します。朝起きた時の15-20分の瞑想で、貴方の意識の”トーン”を調律し、一日を初めて下さいと、話します。最初は、ピュアな”思考/思い”を保つのに、大変なフォーカスが必要となるでしょうと、バシャールは話します。しかし、何週間も続けてゆくうちに、今度は”思考/思い”に雑念を入れる事の方が、難しくなってくるようになります。こうする事で、貴方の波動の”トーン”を調整し、調律された貴方の波動から、思考→言葉又は行動を取るようにしてみて下さい、とバシャールは話しています。こうする事で、驚く程のシンクロが起きるようになり、ベストなタイミングを呼びよせる事が出来るようになるのです。

関連記事