空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

周波数の形

音にはそれぞれ固有の振動数(周波数)があり、それを金属板に撒いた粒子によって形にした動画。
私たちも、いつも思考・感情の周波数を発していて、その性質に合った形(現実)を目の前に出現させているとのこと。
「今この形(現実)が現われているのは、自分のどの周波数(思考・感情)が活性化しているからだろう?逆に、自分の望む形を出現させるためにはどういう周波数を発すればいいのだろう?」という問いかけの仕方をしてみると、色々なことが分かってきそうですね。




Amazing Resonance Experiment!






Cymatics Experiment Mozart "Una Donna a Quindici Anni"






エヴァン グラント:サイマティックスで音を可視化する
エヴァン グラントが音波を可視化するサイマティックスのサイエンスやアートの世界を紹介します­。イルカの鳴き声などといった複雑な音の解析に有用であるばかりか、複雑で美しいデザ­インを創出することも可能です。
※字幕機能オンにしてください。
関連記事
スポンサーサイト

SMAP解散報道→パラレルシフト、キタ━( ゚∀゚ )━━!!

(注)今回の記事は、SMAPファンの方は読まないよう、お願いいたします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
たぶん・・・ムッとします。



・・・・と、ちゃんと断りを入れたので、ここから先を読む方たちはファンの方ではないですね?大丈夫ですね?・・・本当に大丈夫ですね?

mig_20160115120547ac3.jpg


スマップ解散騒動、確かに最初聞いたときは、「え?解散?」てちょっと驚いたけど、よくよく考えたら、彼らももう40代なわけで、今さらアイドルも何もないよね。それに、SMAPやってることに彼ら自身、心底疲れてそうに見える。「あ~、マジタリ~。ナンバーワンよりオンリーワンとか、ないわ~」みたいな。
ギャラの問題がどうとか、マネージャーと事務所の確執がどうとか、オリンピック利権がどうとか、炎上商法がどうとか色々言われてるけど、いづれにせよ、SMAPの背後が真っ黒けってことは確かだね。
あと、こういう芸能ネタなんかでマスコミが大騒ぎしてるときって、裏で何か大きな出来事が動いているときで、その目くらましのためにやっているとかも言われるし、実際今回もそんな要素もあるようですね。
ま、解散してもしなくても、私には興味のない話です。。。
ただ!ただね、数日前の朝(10時ごろ)、突然ビビッときたんですよ。今回のSMAP解散騒動、「これパラレルシフトだ!」って。本当に宇宙から情報を受け取るような感じでビビっと感じましたね。

以前からこのブログでも言ってることですが、この世界は“低波動アゲ”の世界なんですね。私たちにとってちっともプラスにならないもの、どころか害悪にさえなるものを「素晴らしい!ためになる!」って宣伝をして騙すんですよ。それは主に、政治、教育、医療、宗教という分野で行われていますが、芸能という世界も同じです。
もう10年くらい前になるけれど、ラジオである曲がかかっていたんですが、それがはっきり言って下手っぴだったんですよ。「なにこれ!誰が歌ってんの?」って思ったら(感じからして、ジャニーズの新人グループか何かかなって思ったのですが)、曲が終わったあとDJが、「ただ今お聞きいただいたのは、SMAPの新曲で○○でした」なんて言うではありませんか。びっくりでしたね。今までもSMAPが歌がうまいと思ったことはないけれど、SMAPってフィルターがかかってたため、何となく受け入れちゃってたんですね。でも、誰が歌ってるのか分からない状態で聞くと、まあヒドイ!これで何十万、何百万とCD売り上げるっていうんだから、恐ろしい話です。

人々のハートに響くような歌、演技、ダンスをするようなホンモノは表舞台には絶対に出てきません。はっきり言ってまがい物ばかりです。もちろん、歌、ダンス、演技自体がうまい人という人はたくさんいると思いますが、“ハートに響く”っていうのが大事なんです。それじゃなきゃ意味がないんです。ハートに響く歌や演技やダンス=その演者の波動も高いということを意味します。
ほら、よく、「あの役者(歌手)は私生活では色々問題があるが、素晴らしい演技、歌を歌うからそのくらいは許してあげようよ」的な風潮あるじゃないですか。酒、ギャンブル、薬、女遊び、浮気だ不倫だ暴力沙汰だってやってても、むしろその破天荒さもその芸人の魅力になっているっていうね。
歌そのものが良ければそれを歌っている人間の波動状態などどうでも良いっていうのは、旧地球(=低波動)だからこそ通用する話。新地球は、波動、周波数、エネルギー、気が良い状態でないと、どんなにうまい歌、演技、ダンスをしたところで意味がないのです。
で、SMAPという存在は、私には“旧地球”の象徴に見えるんですね。彼らの波動状態がどうとかなど全くの無視で、大衆を催眠・洗脳・操作することによって人気を獲得し、その人気を利用して更に人間を催眠・洗脳・操作するというループ。これはSMAPに限ったことではないですが、その象徴のような存在にこういった問題が持ち上がったわけです。
だからこれ、私たちが新地球に移行しているよっていうメッセージのような気がして仕方ないんですよ。まだSMAPは人気があって、こんな問題すら浮上していないタイムラインもあるはずですから。


以前このブログでも紹介したアニメ『シュタインズ・ゲート』(これ結構勉強なるんだよね)の中で、世界的に大きな出来事が起きるときというのは、タイムラインが大きく分岐するときだっていうような説明があったんですね。まあ、SMAPの解散騒ぎは世界的ではないけれど、国民的アイドルグループなんて言われているだけあって、やはりそれなりに大きな出来事と言っていいと思います。


『STEINS;GATE シュタインズ・ゲート まとめwiki』より

sg14-179.jpg


鈴羽(真ん中の女の子)は世界の構造の説明を始めて、世界線とはロープのような構造なのだと例える。
一見1本に見えるロープでも、実際は細い紐の集まりで、そのヒモは更に細い糸の集まりになっている。
images (4)
この細い糸が世界線で、1つ1つが干渉しあうことはないが伝って行った先の辿り着く結果(まゆりの死など)は変わらない。
しかし世界線が大きく変動して、今いるα世界線からβ世界線へ変われば、辿り着く結果も別のものになる。
α世界線とβ世界線は大幅に未来が異なる世界線
の為、本来はDメールやタイムリープで世界線を変動させても移ることはできない。
ただし、世界に大きな事件が起きてその選択によって未来が変わる分岐点のようなものが出来る年がいくつかある。
最近だと湾岸戦争があった1991年、2000年問題があった2000年。そしてタイムマシンが開発された2010年。
そうした大きな分岐が起きる時なら、世界線の大きな移動が可能になり、β世界線へと移動することができる。



ここでいうα世界線を旧地球、β世界線を新地球として、同じα世界線、同じβ世界線の中でも無数のパラレルワールドが存在するとのこと。で、α世界線内でのパラレルシフトなら、同じロープ内なので、それほど難しくはないということですね。でも、α世界線からβ世界線へシフト(左のロープから右のロープへ)となると、大がかりな周波数転換が必要になり、簡単にというわけにはいかないようです。
私たちは今、α世界線からβ世界線へとシフトしようとしています(みなさん、それを希望してますよね?ならシフト中です)。
しかし、α世界線の周波数(恐れ、苦しみ、不安)に慣れきってしまっている私たちが、β世界線の周波数(ハート、調和、平和)へと変換していくっていうのはかなりのチャレンジです。移行する過程においては努力や忍耐も必要になってくると思います(移行させまいと足を引っ張る存在もいっぱいいるし)。β世界線にはα世界線の波動は持っていけないので、ネガティブな観念の浄化をしなくてはいけないのです。これがね、大変なんですよ。私自身、今身をもって体験してますよorz。。。
でも、今回のSMAP解散報道にあるように、少しずつではあるけれど、私たちはβ世界線へと移行していることが分かります。宇宙が私の直感を通して教えてくれたのだと思います(本当にビビッ!って感じできたからね)。
だからみなさん、周波数転換、一緒に頑張りましょう!私たち、いい線いってますよ!

SMAP、ありがとう!

関連記事

時間という幻想

時間て、過去から現在、そして未来へと直線に流れていくものだってずっと信じてました。大半の人もそうだと思います。
タイムトラベル、タイムスリップなんていうのは映画や漫画の世界の話で、こうだったらいいなっていう人間の願望をあらわしたものに過ぎないって思ってましたね。しかし、パラレルワールドについて色々勉強したり、過去や未来や異世界に行ったという人のたくさんの体験談を読んでいるうちに(作り話ももちろんあると思うけど)、時間が直線なんてのはまったくのウソっぱちで、過去・現在・未来はすべて“今ここ”に存在しているということが分かってきました。
魂が今回の人生を終えて次の転生先を選ぶとき、古代マヤ時代とか江戸時代を選ぶなんてこともあるというから面白い。逆に、次は300年後の地球にしよう!なんてこともあるんでしょうね。
そう、タイムマシンとかどこでもドアとかもしもボックスっていうあのドラえもんの世界はファンタジーなんかじゃないってことです。本当のことなんです。もちろん作者もそのことをちゃんと分かってて描いていたのでしょう。秘密組織から情報提供を受けながら。

jigs-000568.jpg


9f630ef4.gif



タイムパトロールって時空のおっさんのことかな?
※時空のおっさんについて知りたい方はブログ内検索してネ

img_13.jpg

77bf7b1a.jpg



デーヴィッド・アイク著『ハイジャックされた地球を99%の人が知らない・上』(ヒカルランド)

「時間」はDVDで映画を観るようなものだ。人は、今見ている(経験している)シーンを「現在」として知覚する。見てしまったものは「過去」であり、これから見るものは「未来」になる。だが、映画全体が存在しているのは同じ「時間」、つまり<今>だ。自分が「いつ」「どこに」いるかという感覚は、レーザー光がディスクのどの情報を読み取るかによって決まる。


the PLANET from NEBULAより

バシャール:

私達の脳には”時間”を感じる機能が備わっています。この時間の経過を察知する機能は私達の総合意識体が決定した項目の一つであり、時間という”足枷”をつける事で物質世界を十分に味わう事を目的としたのです。

一方、ササニ人は私達と違って”時間”によって束縛されるような生活方法はとっていません。もちろん、彼等にも時間の経過を察知する機能が備わっていますが”時間”に対する彼等の考え方は私達と全く異っているという事が言えます。彼等は過去にポッと出現したり未来へ出向いたりする事が日常茶飯事に出来るのだと言います。例えば、夜7時からの番組を見逃したので7時へ戻って番組を見るという事が出来るという事なのです。

新しい地球ではこの”時間”がどんどん曖昧化してゆき5分が本当の5分ではなくなってくると、バシャールは話しています。そして私達の進化した脳はもっと精巧且つ精密になりそれこそ何も見えなかった事実が目の前に鮮明に現れるようになってくるのです。






怖い話まとめブログより


●繰り返す昨日

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part30

371 :shotacom:2006/01/05(木) 23:53:15 ID:5Kdfu4QQ0
小6の時の話。

一番仲の良かった子が転校することを自分に隠してた事でケンカしてしまった。
結局仲直り出来ずに、友達が転校してしまった。
その夜は仲直りしなかったことを後悔しながら寝ました。

次の日起きたら、昨日のままだった。
思わずその友達の家に行ったけど、間に合わなかた。

それが3日続いた。

4日目に思わず泣いてたら、父親が起きてきた。
信用してもらえないのを承知で話したら、すぐに車で送ってくれて、
ちょうど間に合って、友達に謝って仲直りすることができました。

その日は安心して寝て、起きたらちゃんと明日になってました。

-----------------------------------------------------------------------------


●巻き戻しの感覚

時空の歪み(実質10)

171 :本当にあった怖い名無し:2010/06/12(土) 08:08:19 ID:fqq8B8i80
自分には巻き戻しの感覚がたびたび起こる。
一度目は、保育園から脱走したとたんにトラックにはねられた筈なのに、その少し前に戻っていた事。
二度目は、今年初めの事だ。
会社で作業中、有機溶剤を使っていて、横にはコンクリート切断の火花。
いつものことなんで、さっさと終わらせようと手を動かしていたら突然引火。
手元から自分の顔へ炎が噴き上がって顔をヤケド。眉毛がじゃりじゃりになって、顔全体が火ぶくれ。
同僚に連れられて病院へ。
医者で手当てしてもらいながら、だんだん息ができなくなって、気が遠くなって、
「酸素マスク!」とか医者が叫んでいて、『あ~ドジったな、ここまでか』なんてぼうっと考えてて…。

と思ったら、何事も起きていなくて、その作業を始める前の工程に戻っていた。一日分やった作業が消えている。
火傷した夢?と思ったが、記憶通りに作業工程が進み、別工程のやつが、近くでコンクリートカッタ―を使いだした。
やべっと思って、作業中断。
監督に「すいません、腹が急に痛くなって」とばっくれた。

今、自分はここで何事もなくカキコんでいるが、
もしかしたら、一度目の自分と二度目の自分はもう、別次元の自分はもう、
あのまま死んだんじゃないか?と思っている。
三度目の正直が怖いので、注意深く生きてくつもりだ。


172 :本当にあった怖い名無し:2010/06/12(土) 14:36:28 ID:0Xpz+3DG0
>>171
すげえw
ちなみに、過去に起こったこと(歴史など)は今の世界と同じ?


175 :本当にあった怖い名無し:2010/06/12(土) 20:17:41 ID:fqq8B8i80
>>172
勉強嫌いなんで、歴史が同じか違うかは全然わからない。
なにも違いは感じられない。
思うに、自分なんてごくごく小さな点にすぎないというか、地球規模だとカビと同じぐらいの存在だから、
いてもいなくても大局は変わらないのかもしれない。
巻き戻しの起きた前も後も、自分の記憶がおかしいだけで、世間にはなんの影響もなさそう。
でも、何かにもてあそばれているような気もしている。
『きっと、この次は無い』という予感がひしひしとしている。


------------------------------------------------------------------------


●一度死んだことがある

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part31

351 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 15:43:06 ID:0UI7+CN90

190 :本当にあった怖い名無し :04/08/06 10:52 ID:ZqaX10hk
亀レスになるが、俺も一度死んだことがある。
これだけだとただの電波なので、詳細を説明する。

小一の頃、夏休みが終わり二学期がはじった。
運動会やら遠足もあったし、毎日普通に生活してた。

ところが、12月のある日のこと。
その日天気がとても悪く、(俺の住んでいたのは当時香川だったんだけど、雨がほんと少ない)雷もすごかった。
信じられないことに、なんと雷が俺の家に落ちた。
その時、一緒に家にいた姉(当時17)と俺は、火事で死んでしまった(と思われる)。

そして、それから俺と姉は真っ暗な空間にいて、俺は何がなんだかわからなかった。
しかし姉が、「死んでしもたけん、やり直しするやろ?」と意味不明なことを言う。
俺はとりあえず、「うん」と返事をした。
すると、そこは自分のベッドのうえ。
しかも何故か、そのときは夏休みであるという認識までできている。

それからまた俺は、二学期の生活を過ごした。
はじめはぼけーっとしていて誰にもこの話をできないし、(してはいけないと思っていた)
そのままの生活をつづけた。

それから俺が中一になったころ、そのことを思い出し、勇気をだして姉にその話をした。
すると姉は「もうその話はえーやろ」と半笑い。
つられて俺も「そやな」と笑って普通に返した。

これはどー考えても夢ではない。
上で誰かが地震で死んだとか書いていたが、そのレスとほぼ一緒。
さっきそのレス読んで、何故だか涙がでた。
同じ経験をした人がいるという恐い反面、うれしい思いと神秘さで・・・


--------------------------------------------------------------------------------


●1月17日

外国人ですが日本の恐ろしい話が分かりたいです

990 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 10:37:20 ID:7VkTxyf20

話変わって、外国人さんへ。
15年前の今日、日本では、近来にない災厄が降りかかっていました。
1995年 1月17日 午前5時46分52秒からそれは始まりました。
「阪神・淡路大震災」です。
地震による家の倒壊25万棟。一部損壊数知れず。
地震による火災、7500棟。
避難民、30万人以上。
死者、6434名。行方不明者、3名。負傷者43792名。
この世の地獄だったそうです。

被害者の冥福と、ご家族の復興を祈りつつ、合掌。もって瞑目す。


992 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 12:53:45 ID:z4lifaeQ0
いやいや、まだ9日なんだけど。
17日は来週の日曜日だよ。

でも、合掌。


993 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 13:01:52 ID:7VkTxyf20
え、まだ9日? ああっ!
ホントだ。…さっき、自分はどこにいたんだろう?


994 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 13:30:35 ID:yf32Xgx40
>>993
あんたのレスを見ていた全員が全員そう思っただろうが
取り敢えず時空の歪みスレにでも行っておいで。


時空の歪み(実質9)

833 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 16:03:41 ID:7VkTxyf20
どこから説明していいかわからないけど、ほんの少しスリップした感覚がある。
確かに今朝、阪神・淡路大震災の15年目ってことで、消防団の(民間)訓練に朝出たんだな。
で、帰ってきて、オカルト板某スレに『15年前の今日が大震災の日…』みたいなこと書いた。
そしたら、みんなして違うよ~と教えてくれて…。
オレ、周りの人間に確かめた。
なんでだ? ほんとに今日はまだ1月9日だった。
新聞の日付も9日だし…。
あのしんどい自宅から某避難場所までの自力歩行参集訓練、もう一遍やらなあかんのか…。
ビル倒壊で、交通機関マヒの想定。
この丸一週間の仕事も、もう一回せにゃーならんのか…。
もう一回同じ事になるんだろうか?
それとも、おれは一週間分の長い夢を見ていたんだろうか…。


834 :本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 16:46:10 ID:M5ztCnPG0
>>833
それが本当なら来週の株価と為替の動きをおしえてくれ!!


853 :本当にあった怖い名無し:2010/01/16(土) 17:47:28 ID:Cyk7kwxV0
>>833
どの板に書いたの?


854 :本当にあった怖い名無し:2010/01/16(土) 20:41:38 ID:Qyv0ZbTK0
833です。
書き込んだのはオカルト板の『外国人ですが日本の恐ろしい話が分かりたいです』。
もう、スレは落ちてしまったけど。
気持ち悪いくらい同じ一週間を過ごしてしまった。
上司の寒いギャグまで同じ。
自分のミスまで同じ。なぜかミスが起こると判っているのに回避できない。
株には興味が無いので、全然記憶になし。
17日の朝はものすごく道が凍結してて、車道から歩道へ下りた瞬間に思いっきりすっ転んだ記憶あり。
大雪や、外国の地震は記憶にあった通りなので、
気味が悪くてずっと冷や汗が出てて、気持ちの悪い感覚が続いています。
不謹慎な事なので、阪神淡路大震災の日の近くに大きな地震が起こるなんて言ってはいけないと思ったし。
いつからいつまでが本当にあったことなのか、夢なのかわからなくなっている。
明日の朝は、転んでも大丈夫なよう厚めのアノラックを着るつもり。


------------------------------------------------------------------------------------


●子供にしては大人びてる

750 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 21:11:30.55 ID:5wIWNO1h0
ここの皆さんなら信じてくれるかもしれないので投下してみる。
姪の話。

普通の子なんだけど、たまにあれ……?って思うことがよくあった。
いい子なんだけど、その歳の子供にしては大人びてるって感じ。
話すのもびっくりするくらい上手だけど、小さい子にありがちな「喋りすぎ」ってやつでもない。

姪が3歳のとき、妹の旦那さんが入院するとかで、姪は家に泊まることになった。
物凄く聞き分けが良くて、あらゆることを言われなくても自分でやる。
食事の支度のとき、お手伝いができない(身長的に色々なものに手が届かない)ことで、ばつが悪そうにしてた。

お風呂の時間、「一人で入れる」って言ったけど、さすがに危ないと思ったので、私も一緒に入ることにしたんだが、
風呂場で姪が妙なことを言った。
その時の会話をうろ覚えながらに補完して書いてみます。


751 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 21:12:06.93 ID:5wIWNO1h0
「おばちゃん、私本当は18歳なんだよ」
「そうなの?」(なんかのアニメの影響かな?)
「信じてないでしょ(笑)別にいいんだけどね、私、18歳になったら死んじゃうよ」
「そんなこと言っちゃだめだよ、長生きしようよ」
「なんかね、悪魔みたいなのと契約したんだ。
 進路が決まらなくて、このままニートになるなら死ぬしかないと思ってたときに、
 過去に戻りたい?って聞かれたから、うんって言った。
 でも、18歳で死ぬんだって。気楽な学生時代で終われるならいいかと思うけど」
もう本当に驚いた。
学生時代が気楽とか、ニートになるなら……とか、進路が云々とか、3歳児が言うことじゃないと思う。
アニメや漫画の台詞の丸暗記にしては口調が自然すぎたような気がする。
なんて言っていいかわからなくなった私に、姪は、
「ごめんね。おばちゃんホラーが好きだから、不思議な話好きかと思ったの。 
 でもみんなになにかしたり、変な力を持ってるわけじゃないから大丈夫」
というようなことを言った。

その日を除いて、姪が妙なことを口にしたことはない。
いい子すぎるだろ……と思うことはあったけど。

で、18歳の誕生日を迎えた翌日に、姪は心臓発作で死んでしまいました。
妹いわく、姪の自室は綺麗に片付いていたらしい。
漫画や雑貨とかはひとまとめにしてあって、
『売ってもいいし欲しければ適当に置いといて』というメモが一緒になっていたと。



妙に大人びてる子ってタイムリープしてきた可能性も高そう。
芦○愛○さんとか。。。
関連記事

明けましておめでとうございます!

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

・・・とは言ってみたものの、最近の私は、時間という概念が自分の中で希薄なものになってきて、年末とか年始とかいう感覚も、何だかホワ~ンとした曖昧なものに思えてしまうのです。
それは時間に限ったことではなく、今までは確固として存在していた3次元世界の枠が、自分の中で崩壊し始めたという感じなんですよね。
それというのも、この1年ほど自分の中で、何が現実で何が現実でないか、何が常識で何が常識でないか、何が信じられることで何が信じられないことか、何が起こりえることで何が起こりえないことか、という問いかけをずっとしてきたからだと思います。
結果、真実とか現実と言われてるものに実態などなく、自分個人や集団での思い込みがそういう現実(ホログラム)を作っているんだという感覚がどんどん強くなってきました。
何が現実かの枠をグ~ンと広げる、またはぶっ壊しちゃうことで、私たちが体験することも変わってくるんですね。今の私たちにとってはぶっ飛んだことに思えることも、起こりえることだと本気で思えるようになると、それは起こるってことです。そう、奇跡と言われるようなことって、“常識”っていう枠の外に意識を広げた結果なんですよね。
私たちは、現実とは何か、信じられることは何か、起こりえることは何かという可能性の枠を潜在意識に埋め込まれてしまっています(アレにね、ア・レ)。だから、あっちでもこっちでも同じような体験、生き方をしている人が多いんですよね。しかもその枠に沿った生き方が幸せ、勝ち組っていう洗脳されちゃって~orz...
「人はみんなそれぞれ!70億人いたら70億通りの生きかたがある。みんなやりたいことやっちゃいなヨ!」って世界線に私は移動したい!もう絶対そっちに行きたいの!絶対絶対!!だから今、“何があり得ることで何があり得ないことか、何が常識で何が常識でないか、何が標準で何が標準じゃないか”って問いかけをして、枠を壊す作業をしてるってわけです。
別にお正月だからって帰省ラッシュの波に乗らなくたって良いし、おせち食べなくたって良いし、凧あげて駒まわして遊ばなくたって良いし、親族で宴会して嫁としての役割を果たさなくたって良いし、でもお正月の雰囲気が好きならやったら良いしってのが当たり前なパラレルワールドに行きたいで~す♪



uploaded.jpg


でも最後に!時間の感覚が希薄になってきたとはいえ、言っておきましょう(笑)・・・この2016年も、皆さまにとって良い一年でありますように!

ニコニコ日和






John Lennon - Imagine HD



Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one


想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

<管理人(デイオフィス)の音楽室 >
関連記事