FC2ブログ

空色ノート

お前、運盗られたよ!!

怖い話まとめブログ」より

●お参り

683 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 22:54:32 ID:rhWwnWle0
帰省先で暇だったので、なんとなく近くの神社に行った時の事。
まあ、場所は変わってもやる事は変わらず、
いつものように小銭を賽銭箱に入れてお参りして、ガラガラ鈴?を鳴らしていると、
ちっちゃいおばあさんがトコトコと近づいてきた。
白っぽい和服に赤い帯、腰は90度近く曲がっていて、深い皺に覆われたカエルのような顔をしている。
なんだなんだと目で追っていると、私の直ぐ隣に並んで拝みはじめた。
おいおい、なんでわざわざ私の居る隣で始めるんだよ!
ウザイばあさんだなと思いつつも見ていると、
いきなりこちらをギロッと睨んで、「もうおしまいだね」と一言言うと、物凄い早足で去って行った。
なんで!?


684 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 22:55:11 ID:rhWwnWle0
実家でそのことを話すと、親に凄い剣幕で怒られた・・・
「お前、運盗られたよ!!」
なんでも、お参りは『参る』に通じて、全ての面で無防備になるらしい。
で、そこを狙って他人の運を吸いとる輩がいるらしい。
なので、『お参り』は余程の事がなければしないほうがいいものなのだそうだ・・・
でもそんな話聞いた事無いし、つっこみどころ満載だったがどうせ田舎の迷信だろうと、
「ああ、そう、これから気をつけるよ」と適当に返事しての帰り際、父親が倒れた・・・
すぐ救急車に乗せて病院に連れていったら、「肝臓ガンで長くても後3ヶ月」と診断された。



この投稿への興味深かったコメント↓

●でも初詣とか、四列に並ばされたりしない?

●ただ単に、隣りで同時に拝むだけではなんともないだろうけど、
その四列の中に、他人の運を吸う術を会得してる輩が交じっていたとしたら怖いな。

●なるほどー神社を横目にいつもお参りしよっかなーでも今日はもう面倒だから真っ直ぐ帰るかーとなんだかんだ全然お参りしないのは私がものぐさだからじゃなく、
無意識のうちにこういった事態を避けてたわけなんだなあ。やったね。

運を盗まれる、ってのは、その本人だけじゃない
本人の不幸=近親者や友人、恋人の身に何かあったり
会社が潰れたり、電車が脱線事故とか、大勢を巻き込む事も含まれる
怖いね

●この話とは異なるが、運を吸い取るで思い出したけど、新興宗教の中には、生まれた赤子の運を吸い取る御札を信者経由で妊婦に安産のお守りと称して渡し、その運をその新興宗教の幹部に集めるらしい。

エネルギーは高いところから低いところには流れるけど逆には流れないから低い方に奪われるとか、エネルギーバンパイアとかスピ系ではきくな。あと人のエネルギー奪っておいて~と書かれていて思ったが、悪いことしたら必ず天罰なり制裁受けるほど世の中って甘いんだろうか?いや、死語は分からないけど。たまに悪い行いをして幸せになれるほど人生甘くないとかいう人がいるけど。そうあってほしいけど、現実ってそうでもないよね。ただこういうおばあさんのような人間にはなりたくないな…(本当に他人の運を奪おうとしてたならが前提として)


-----------------------------------------------------------


>深い皺に覆われたカエルのような顔をしている・・・
あ、やっぱりそっちの血統ね(-ω-;)

>エネルギーは高いところから低いところには流れるけど逆には流れないから低い方に奪われるとか・・・
エネルギーの強い人っていうのはお金をたくさん持ってる人と同じで、狙われやすく奪われやすいのかも知れない。
奪われてしまったから弱くなってしまったのかも知れないε-(‐ω‐;)


children-praying.jpg

祈りや願いをすると、そのエネルギーがオーラから放出される。それは霧や煙のように消えてなくなってしまうような曖昧なものではなく、実際にこの現実世界で「利用可能」なものだという。
そしてそれは、「祈った本人以外の者でも利用可能」なのだという。
「血統の者たち」は、それをずっとずっと昔から知っていて、その力を利用してきた。
あなたが何かを強く願っているそのそばで、「夢、叶うといいね♪応援してるよ!」と励ますような態度や行動さえ取って、あなたの願望実現のエネルギーを自分の方に引き寄せている者がいるかも知れない。
夢は公言した方が叶いやすいとよく言うけれど、黙っていた方がいい相手というのもいるのかも知れない。いや、そもそも関わらない方がいいのかも知れない。

バーバラ・マーシニアック著『プレアデス+かく語りき』(太陽出版)

 地球の所有者たちは、感情や気持ちというものは、小麦のように収穫することができる作物であるということを人間に知られたくなかったのです。もしも、あなた方が、あなた自身の作物に関して責任をとるならば、他人があなたに付け入ったり、利用したりすることはできません。


関連記事
スポンサーサイト