空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

パラレル体験談2

祠へ向かった後

574 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:47:21.78 ID:MR3oP5XI0
小学校中学年の時の話なんだが、
友人Aは、クラスに一人は必ずいるような頭の回転も遅く成績も悪かったやつだった。
家も相当な貧乏で、よく汚い服を着ていたのを覚えている。
にぶいので、虐めまではいかないけど、よく構われていた弄られキャラみたいなもんだった。
不潔なうえにちょっと暴れる奴(今で言う適応障害みたいな感じか?)だったので女子からは嫌われていた。
でも、他の男子とは普通に仲がよく、俺も仲間の一人で、俺、A、B、他2~3人のメンツでよく遊びに行ってた。

ある日、そのメンバーで学校の裏にある神社に遊びに行ってた。この神社は普通なんだが、
その奥の森の中にある小さな祠みたいなのがいわゆる曰くつきで、学校ないでは何年の誰々がそこに近づいて消えたとか、幽霊やらUFOを見たとか言う噂が
まことしやかに囁かれており、オレたちの中では超有名心霊スポットとなっていた。
だいたい話の展開はわかると思うが、バカな俺たちは遊びのテンションも下がってきたんで、そこへ行ってみようと言い出した。
が、ここで、3~4人がびびりまくって離脱。「そこへ行くなら帰る」と、ちょうどスーファミが流行ってた頃なので
ビビるのを隠しつつ「俺もスーファミやろっと」などといつつ、家に帰っていった。
残された俺たち3人は、ここで引くわけにもいかなくなって、祠へ向かった。・・が、ここで俺の記憶は途ぎれているんだよね。
俺とA,Bの3人でむかって薄暗い森(小さい道はついている)に列になって行ったことまでは覚えているんだが、
祠まで行ったのか、そこで何をしてたか、さっぱり覚えていない。それだけなら、まだいいんだが、おそらくその日以来、他の皆との記憶の差が出てる。

575 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:48:08.39 ID:MR3oP5XI0
その日以来、そのメンツで遊びにいかなかったんだが、クラスではもちろんみんなと会っていた。で、ふと気づいたんだが、
Aの雰囲気ってか、存在ってのが今までとまったく違ってたんだな。いきなり「違う!」ってんじゃなく、なんと言葉で言い表していいか・・
「あれ?こいつってこんな奴だったんだっけ?」程度のおぼろげなんだわ。
それまでのAの印象ってのは前述したとおり。だが、それからのAは、頭はわりといいほうで、そんなに不潔でもなくなってた。
女の子とも普通に話していたし、何より家も貧乏でないようだ。「ようだ」ってのは、それ以来Aとの仲はあんまり良くなく、家に遊びもいったりしなくなったから、わからなかったってのもある。
他の奴に「Aって、あんなやつだっけ」的なことは聞いた覚えがあるんだが「そうだろ、何言ってんだ」という感じの答えだったので、
それっきりそんなもんなのかくらいにしか考えてなかった。まぁ今にして思えば、ちょっと怖くてAとは関わらないようにしたんだと思う。
で、学年が代わってクラスが代わってしまい、A,Bとはそれほど遊ばなくなり、中学も2人とは別になった。
そして、時は流れ、大学時代・・
オレは頭も悪いため、三流大に行ったわけだが、地元に帰ったときに、地元就職した奴らと出会って飲みにでかけた。く
そこには前述の俺、A、Bとよく一緒に遊びに行ってた連中もいたんだが、そこで寒気がする情報を聞いたんだ。
Aは、何かしらんが今は某有名大学に通うほどになってた。みんなの反応は「まぁあいつは当然だわな」みたいな感じ。
そこでオレは首をかしげた。
で、逆にBは、中学の時に荒れて一家は離散状態。高校時代は退学し、傷害だか恐喝だかで補導されたとか言っていた。
今は仲間うちでは消息不明。
俺の中ではBは、セレブってほどでもないけど、親が確か銀行員だったかなんかでそこそこ裕福だったはずなんだ。
B自身も性格が悪いわけじゃなく、なかなかのイケメンで女の子にも人気があった覚えがある。

576 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:48:36.78 ID:MR3oP5XI0
次で終わりね。

それを聞いて「嘘だろ~!?あのBが・・・。あいつ小学校のときはいい奴だったのになぁ」って言ったら
他の連中はポカンとして「そうか~?いかにもって感じだったけどな、
Bって小学校時代、ヤンチャだったろ、お前とよくAをいじめてたじゃねぇか」とか言い出す。
冗談かと思って「そんなワケねーだろ」と言うんだが、連中は本気らしく、どうやら俺の記憶喪失だと結論づけてた。。
Aに関しても小学校時代はそんな貧乏で不潔な奴じゃなく、頭がよくみんなの人気者だったって言うんだよな・・。
俺が、AとBの過去の記憶をごっちゃにしているってこともあるんだが・・・どうも腑に落ちないんだよ。
あの事件の前までは確かにAは貧乏でどん臭い奴で、それに関する思い出もいろいろあるし、Bにしてもそう。
オカルト的に考えれば、祠でAとBに何らかの事件があり、宇宙人だか霊的なものの関与があったんじゃないかと疑ってるんだが、
今更検証は不可能。俺の記憶違いってことで片付けられてもしかたないわけだ。
もしかして逆に俺だけ記憶をいじられてたりしてw







サークルの友達

112 :その1:2011/11/12(土) 12:44:37.82 ID:kt1gwABrI正月間近だったかな。
当時大学生だった俺はサークルで飲んだあと、仲が良かったサークルの友達Σと俺のアパートに向かってた。
Σはもじゃもじゃロン毛の男前でしかもかなり明るくて、飲むと良くちん毛ファイヤーとか裸音頭とかやって場を沸かしてた。
誰とでもすぐ仲良くなるタイプだったな。
俺はどっちかっていうと、そういうのに憧れてそれぶってはみるんだけど、絶対Σみたくはなれないタイプ。なんだけど、Σはなぜか俺を親友扱いしてくれてた。

113 :その2:2011/11/12(土) 12:46:02.00 ID:kt1gwABrIΣ
と俺はみんな寝静まった住宅街の間を二人で歩いてた。
Σは当時流行ってた「1/3の純情な感情」って歌口ずさんだりしてた。
で、急に「おーっ!」て叫んで行く手を指差した。

言われて見てみたけど、何をさしてんだかよくわからなかった。
「なに、なんだよΣ?」
俺は聞いたけど、
Σは酔ってんのか、ニヤニヤして答えない。
で、おー、とかマジかよ!とかいいながら指差した方向へ近づいてく。
「ここだよ、マジここ」
Σが立ち止まって、地面を指差した。
「だから何が?」
俺はちょっと気味悪くなった。
Σが見たら、水たまりがあった。人間みたいな形をした水たまりだった。
水たまりはちょうど街灯の真下にあって、表面は鏡みたいになってた。
Σは水たまりをじーっと見て、変な言葉を口走った。
その辺からΣの様子が変になった。
で、なんかよくわからない言葉をブツブツ呟いてる。
一部覚えてるのはこんなの。
「クソあの野郎おめーさえあの時隠れてりゃあよう、こんな2:22なんてくるわけなかったんだ。ちくしょうだけどこれも宿命ってやつなのか俺はやっぱ俺にしかなれないのかよなんだよこの世界!」
目つきが狂気走ってて、完全にこわれてた。

で、ふっと罵声が止まった。

Σはそれから妙に冷ややかな目で俺の方を見て、一言言った。
「や、や、やっぱ帰る」
声が小さくて、どもってた。

俺はぶっちゃけ恐くて、Σを引き止めなかった。
それにちょっとチビった。

114 :その3:2011/11/12(土) 12:48:40.97 ID:kt1gwABrI
それから、Σとの関係がおかしくなった。
会っても挨拶一つしない。
無視される。
Σは変わった。
急に暗くて内向的な奴になった。詩とか読み始めて、誰も近づかない。

ΩっていうΣの太鼓持ちがいて、俺はΩにΣ最近どうしたって聞いたんだ。
そしたらΩが「どうしたって、何が?」って。
いや最近すげー暗いじゃん。
「はぁ? 前からあんなんだろ」
どこがだよ。暗い奴がちん毛ファイヤーとか裸音頭やるか?
「ちん毛ファイヤー? お前何言ってる? バカか」
Ωは呆れ顔で去ってった。
他のΣの追従者だった奴らにもこの件聞いてみたんだけど、みんな呆れ顔するだけだった。

で、ある時、これも追従者の一人だったβってやつにこのこと聞いてたら、Σがたまたまそばを通りかかった。

俺とは目が合っただけなんだけど、Σの奴、底なしに寂しそうな目をしてた。

見えないガラスの壁の向こうに閉じ込められてるような感じ。

で、そのガラスの壁の印象が、俺の中であの水たまりの表面とカブる。

Σに、そしてΣを知ってたみんなや俺に何が起きたのかわからない。
でも一つ確実に言えるのは、ここはΣがチンゲファイヤーやらない側の世界ってことだ。







変な体験

844 :本当にあった怖い名無し:2013/02/04(月) 21:50:21.75 ID:TIeuNTlQ0
変な体験した。

俺と友人A、B、Cで、駅で待ち合わせることになった。
俺が待っているとAは約束の時間通りにきた。
しかし、BとCは来なかった。
電話しても「この電話は電波の届かない場所にあるか・・・」でつながらない。
仕方ないから、俺とAで買い物済ませた。

家に帰ると、Bから電話かかって来た。
Bは、Cは来たけど、俺とAが来ないと怒っていた。
そんなハズはないと、俺は事情説明。
Aにも電話入れてもらった。

Cに電話すると「今日は楽しかったねー」とご機嫌な様子。
Cは、俺とAとBの4人で、買い物をしたと言った。
そんなバカな話しがあるか、とさっきまで4人で集まってた。

俺とBが持っている記憶。
Bが持っている記憶。
Cが持っている記憶。
それぞれが違っている。
こんなこと、あるんだろうか。

というわけで、このスレッドの人なら説明してくれそうな気がしたんで書き込ませてもらいました。
なんか、キツネに化かされたみたいだ・・・
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/114-fb299036