空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

本音・本心

学校、就職、結婚、出産、友人・恋人関係、洋服、持ち物・・・・小さなことから大きなことまで、人が日常の中で選択しているもので、本音・本心というハートで選んでいるものってどのくらいあるんだろう?と最近よく思います。正直、殆どの人が頭で選んでいるのではないでしょうか。もっと言うなら、自分で選んでいるどころか、「選ばされている」のではないか、あたかも自分の意思で選んでいるかのように思わせて、実はそれを選ぶように巧みに誘導されているのではないかと思うのです。
このピラミッド型社会を維持し、支配する者たちのアジェンダとして、“自分たちがマインドコントロールされていることに人間が気付かないようにコントロールする”というのがあるそうです。自分たちが好きで選んでいるという自由を感じさせながら、実はコントロールされているというホラーみたいな話・・・いえ、完全ホラーです。
やり方としては、テレビやラジオ、ネットや街に溢れる広告などを通し、私たちの潜在意識に彼らが伝えたいメッセージを吹き込むのだそうです。「“標準的な”男性、女性はこういう生き方をする」「“標準的な”人は○○歳になると、こういうことに興味を持つ」「“標準的な”子どもはみんなこのアニメが好き」「“標準的な”人は、年を取ると体が弱くなり、最後は介護が必要となる」etc....。つまり、催眠ですね。
こんな風に潜在意識に送り込まれたものというのは、通常意識ではなかなか知覚できない分厄介です。そして更に厄介なことに、潜在意識というのは顕在意識とは比べ物にならないほどめっちゃパワフルなんだとか。やりたいわけでもないのに何故かやってしまう(買ってしまう)、どうしても欲しいと思って手に入れたはいいけれど、実際手にしてしまうと別に何とも思わない。むしろ虚しい気持ちになる.....こういう症状は、潜在意識に組み込まれたメッセージの言いなりになったという証拠なのかも知れません(「コレを使えばあなたはこのモデルみたいに綺麗になれる!」「この学校に行けばあなたはみんなから羨望のまなざしで見られて優越感に浸れる!」「このライフスタイルを手に入れればあなたは勝ち組になれる!」等々)。
そして、街や店で聞こえてくる人々の会話なんていうのも、実は潜在意識に埋め込まれたプログラミングを基にされているのではないかと思えて仕方ありません。自分が話しているつもりでも、実は自分ではない何者かが自分の口を使って話しているという感じ(やっぱりホラーだな)。

・・・で、こういった状態から開放されるには、やはりハートを使うことです。これしかないと思います。
それはつまり、自分の本音・本心を大事にするということです。周囲との偽りの会話、付き合い、関係に気付き、そこから抜ける努力をし、今度は自分のハート、本心、本音の方に意識をシフトするということです。自分の本当の思いを大事にし始めると、偽りのものが自分から徐々に遠ざかっていき、本心を反映するものが引き寄せられてくるようになります。つまり、そちらのパラレルワールドに移行し始めるということですね。
鍵は自分の本音・本心、つまりハートです!





zeraniumのブログより


シリウスの超叡智③ 「あなたはいまスターシードとして目覚める」 パトリシア・コーリ著 徳間書店


広告、映像に隠されたメッセージ

   大企業にとって大手メディアとは、商品を販売し市場を拡大する目的で、人々の意識の中にメッセージを送り込む輸送手段を提供するためだけに存在している、ということをあなた方はよくわかっています。メディアを通して流されるものに人々が恐怖心にさいなまれてテレビや新聞に釘付けになり、その結果、企業スポンサーの格好のターゲットになるように、メディアがどれほど悲惨で、矛盾した、不快で、誇張した話をわざわざ意図的に引き伸ばして放送しているのかわかるでしょうか。

   ある基本原理を認識することが必要不可欠ですが、あなた方はそれを大したことではないと考えていることを私たちは知っています。つまりあなた方がさまざまな形式で、さまざまな場所で見たり、聞いたりする広告こそがメディアの資金源であり、広告はあなた方が何を欲してその欲求をどのような形で表現し、また何を買ってどれほど消費するのかに影響を及ぼし、さらには自分にとって正しいのは何かを決める考え方や決断力まで奪ってしまうのです。それだけでなく大規模な全体という視点から見ると、社会は「闇の権力者」たちが望む方向に、つまり世界をコントロールする権力者たちの特定の利益の方向に、向かわされているのです。

   こうした支配構造は統一主義国家に見られるもので、自分たちはそうではないと思うかもしれませんが、あなた自身自分が意図的に操作されていたり、非人間化に向けられているなどということを、これまで一度でも考えたことがあったでしょうか。政府が国民を支配するはずがなく、政府は国民の「代弁者」であると、未だに信じているのではありませんか? 今では多くの人が、広告は世界中で起きているコントロール不可能な大量消費に一役買っている、という事実に気づき始めています。

   とはいえ、まだあなた方は大手企業の経営陣が、いかにして人々の意識下のレベルに働きかけるような広告を利用しているかについて、また意識下のレベルで、人の心に欲望や不満の感情を抱かせようとしていることなどについてほとんど理解していません。実は現代の広告界において最重要視されていることは、人々の欲望を攻撃し、修正することで、動物的本能を活性化させて知性を働かせないようにすることなのです。

   ではあなた方の現実は、広告によってどのように歪められているのでしょうか。私たちはこの現象を、全人類に対して仕掛けられた本物の戦争であると捉えています。消費する「使い捨て」社会を創造するために根本的に必要なことは、人々の欲求を増幅させ、自己の価値を消失させることで、人々を「欠如」の感覚を味わう状態に持ち込むことです。自分はまったく駄目で「満足」な人間ではない、と信じるように仕向けられ、その結果あなた方は決して自分を「満足」できないと信じるようになるのです。その欠如感や劣等感、恐怖心や不安感はそれに対する穴埋め的な解決策として、あなた方はステイタス(優越感)を求め、さまざまな物を買い続け、物を信じ続けているのです。

   市場の仕組みとは、これほど単純でシンプルなのです。
   このような意図的な宣伝活動は、単に商品に対してだけではなく、この非常に基本的な市場原理を使い、彼らの政治哲学や概念までも人々受け入れさせ、大衆に欠乏感を抱かせて、彼らの心理操作によって作り出された虚無感を埋めたいという欲求を刺激しているのです。至極もっともな意見の意識下への埋め込みやサブリミナル・メッセージなどの手段が、演説や選挙活動、広告のデザインなどに使われ、愛国心の名のもとに押し付けられているのです。これが新世界秩序を目指す彼らの方法で、この地球上の世界制覇という計画のためにメディアを立ち上げ、それを操作していることに気づくはずです。

   もしあなたが自分の国が「敵」に脅かされていると信じ込んでいるとすれば、それは「宇宙型対弾道弾ミサイルシステムが国を守ってくれる」、という考えを受け入れていることと同じです。また世界のエネルギー資源は底をつこうとしていると信じているとすれば、あなたは地球に残された最後の聖域、つまり絶滅危惧種の生息地域や保護森林、また海洋環境において燃料目的の不必要な掘削作業に賛成しているのと同じことなのです。

   自然界においては任意の国境などは存在せず、自然な「分断」も存在しません。
   なぜならすべては相互に依存しており、互いに繋がっているからです。そして動物も、植物も、鉱物さえそれを知っています。ところが地球上で「もっとも高い知能を持つ」はずの人類だけが、そのことを忘れてしまっているのです。それは、地球ガイアがあらゆる方法でその子供たちに、「優れた」精神を持つ者たちに教えようとしてきたことなのです。そして、闇の権力者たちはそのことを知り尽くしています。
   

   彼らは化石燃料を求めて、理不尽でかつ不必要な掘削作業という環境破壊行為を続けています。闇の権力者たちが、人々の集合意識的恐怖心に働きかけた結果生み出す人々の欠乏感は余りにも大きく、彼らのやり方は見事なほど強烈かつ雄弁であるので、石油資産家たちによって大衆は極限状態へと陥れられるのです。生態学者や環境保護活動家たちの必死の訴えにもかかわらず、もし人々が彼らのやり方に屈してしまうなら、地平線を覆う広大な原生林や、アラスカの野生動物保護区に広がるサファイア色の海などの場所は、鉄のドリルや立ち昇る石油の猛火によって蹂躙(じゅうりん)され、不気味な漆黒(しっこく)の闇によって滅ぼされてしまうしかないのです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


見た目を超える

   広告とは、幻覚を見せて人を説得しようとするビジネスです。
   それは狡猾で見ていて楽しいけれど、しかしあなた方人間の自由意志を無視して、潜在意識に刺激を促すイメージを頭の中に送り込むのです。あなた方の意識の中枢に働きかけてくるこの一見無意味な操作は、実は想像以上に、今この瞬間にも害をもたらしています。あなた方が支配構造から自分を解放して、心と精神の完全なる自由という光の中を歩くと決めたならば、今がその時なのです。

   あなた方の欲求を活性化させるために設計されたこの操作は、精神と肉体、そして感情の非常に深い根底の部分を片時も休まず刺激し続けているのです。あなた方自らの空想の産物であるこれらの継続的な攻撃は、心と感情の不調和を生み出す原因となり、人々はその不調和を解決しようとして物を買うようになるのです。彼らは人々の潜在意識の中に潜む欲求を修正し、経済や文化的なことだけではなく、社会の性的概念さえもが操作できることを知っています。

   広告の中には、本来あるべき形態のわかりやすい広告もあるので、それらも含めすべての広告がマインドコントロールであると定義しているわけではありません。私たちが言いたいのはそれがどのようなものであれ、あなた方がそれらから強く影響を受けるとすれば、それを受け入れるか、拒絶するか、つまり自分の心にそれを入れるかどうかを許すのはあなた自身であり、責任はあなたにあるということです。あなた自身がスクリーン機能そのものであり、自分の見るものに価値を認め、あるいはそれを経験するにふさわしいと自分で判断しているのです。

   広告には潜在意識に作用するようなサブリミナル効果音や埋め込み画像があるのは確かですが、それに対して自分はどう考えるか、というのは別の問題なのです。無意識のうちに埋め込まれるこのような技術は、あなた方が見たり聞いたりするものを通して日常的にあなたの意識に侵入しており、それは人間の自由意志能力を否定する技術なのです。広告や放送の業界を牛耳(ぎゅうじ)る彼らのやり方は、地球という社会の重要な一個人である「あなたという独立国家」を否定することなのです。

   また私たちは、あなた方裕福な国民のファッションに対する認識も観察しています。見た目重視のあなた方の「おしゃれ」とは、極端に痩せた体系を維持することが必要不可欠になっています。食糧が飽和している豊かな国では、「細い」ことが美しさや優雅さの基準になっていて、あたかも意図的に肉体を消滅させることが、肉体を制した証しであるかのように捉えられています。しかし皮肉なことにこうした豊かな社会では、実は、人々はかつてないほどの肥満状態に陥っているのです。「見た目の美」を率いる広告界のアイコンたちは、非現実的な「美しさの基準」を示し、指図してきます。しかしそれを達成できるのは、ごくわずかな人数しかいないのですが、あなた方にとってこのことは、「矛盾」として認識されることはないのでしょうか?

   ファッション業界を率いる者たちは、非現実的な美や理想を人々に抱かせるためにあらゆる手を尽くしています。思春期の若者たちの容姿を完全な美の姿であると誇張し、そうして人々に肌や髪のケア製品や薬、健康器具、化学薬品や「ファット・フリー」(無脂肪)食品を買わせています。しかしそれに並行する現実においては、何の栄養分もなく化学物質で調整された脂肪や、糖質を加えた食品を、食品業界はあなたや子供たちの口に、無理やり押し込んでいるのです。一般大衆の一人であるあなた方は、恐るべき添加物を使用した食品で家族のお腹を満たし、また個人的にも社会的にも凄まじい「不健康」を生み出す「ファスト・フード」産業を受け入れてきました。

   あなた方が目にする広告の中に描かれているのは、あなた方が「こうあるべきだ」と思い込むはずの姿であり、サブリミナル効果を持つ画像イメージが広告デザインに埋め込まれているということを、しっかり頭に入れておいてください。それらのメッセージは無意識のうちに取り込まれ、人々の無防備な潜在意識において強力な起爆剤となり、あなた方の内側に影響を与えるのです。

   ではその辺にある雑誌を開いて、中の広告をじっくり観察してみてください。視線を楽にして、自分が画像の中に見ていると頭で思うものでなく、そこに隠されたメッセージが自分の潜在意識のどの部分を活性化しているのかを感じてください。

   人間の目は形で識別するので形に捉われず、広告の端や輪郭の向こうに視線を移し、その広告イメージの影や投影した姿を見るようにしてください。見た目全体のもっと奥へ、見た目を超えて見るようにしてください。そして自分にこう問いかけてください。この広告は何を売ろうとしているのか? 「この商品を買わなければ」、とどうやって心理的に思い込ませられるんだろうか? 隠されたメッセージとは一体何だろうか?

   それからその商品があなたに対してどのように提示され、いかにしてあなたの感情に訴え、悪用されているかをじっくり考えてみてください。あなたが本当の意味で目の前に提示されたものを見ることができるなら、その背後の隠されたものが見えるはずです。そうやってそこに利用されている起爆剤を見極めるのです。心の目を養うことで、埋め込まれたイメージやデザイン、そして文字などが少しづつ見えてくるはずです。これらの隠されたものは、あなた方の意識が表面的なものを見ている隙に、あなたの潜在意識が受け入れ取り込むように、意図的に埋め込まれているのです。

   このように、外見や見た目に対する囚われから自分を解放する術(すべ)を学べば、おそらくほとんどの広告、映像に潜むサブリミナル・イメージに、自然と気がつくようになるでしょう。もっとも一般的なサブリミナルな手段は言葉で、たとえば「セックス」などの言葉の挿入で、人がそれを認識していなくても潜在意識レベルで受容するように、挑発的な仮面や象徴物の背後に潜ませてあります。それらは人間の持つ自然本能で、性的本能や生物の根源を活性化させるために刻まれています。その意図していることは、人間の動物的欲求の持つ得体の知れない不安感、恐怖感、そして終わることなく決して満たされることのない、抑え切れない欲望を刺激することなのです。こうしたメッセージは、あなた方をコントロールしやすい消費者集団や、自発的で無知な奴隷集団として留めておくために仕組まれているのです。
 
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/146-3385daf7