空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

頭がおかしくなった方がいい?

さて、今回もバシャさんの動画紹介です。
あ、バシャさんてバシャールのことね。
今回は、仕事がうまくいっていなくてお金がないという女性との対話。
大体の内容、書き起こしてみました。



------------------------------------------------------------------------------


この状況(仕事もお金もない)は、あなたにとって本当にワクワクする方向に行動できるチャンスです。
必要なものがないという幻想を作り出しているのはあなた自身であり、必要なものが何なのかを自分で決め付けてしまっています。

---バシャールは、ある人に実際に起こった出来事を話す---

ある女性がいて、その人にとって一番ワクワクすることは、世界中の聖地を撮影するというものでした。でも、彼女にはそれを実行するためのお金は全くありませんでした。
大抵の人は何かをするにはお金が必要だと思い込んでいるが、彼女にはそういう決め付けはありませんでした。
彼女はただ、自分がこうありたいと望む波動状態をキープするようにして、恐れの波動に負けませんでした。
多くの人は、この女性がお金もないのに夢みたいなことを話すのを聞いたらこう言うでしょう。「頭がおかしい」「正気じゃない」「不可能だ」「できるわけない」と。でも、彼女はそれらの声に注意を払いませんでした。
“頭がおかしい”というのは悪いことではありません。むしろ人々はもう少し頭がおかしくなる必要があるでしょう。
そして女性はその後、望む波動をキープし続け、その結果、ついにインスピレーションを受け取ることになりました。
それは、航空会社に行って「美しい聖地の写真を撮るのが私の情熱なので、世界中へ無料で連れて行ってください」と頼むというもの。そして、「無料で行かせてくれたら、自分がそこで撮影した素晴らしく美しい写真を旅行のパンフレットに載せてもいいですよ。多くの旅行客がそこに行きたくなるように」という公平なエネルギーのやりとりを申し出ました。航空会社は、「もちろん!素晴らしい考えですね」と言って、無料で彼女を聖地へと連れて行く約束をしてくれました。その上、彼女のために最高級のホテルまで用意してくれたのでした。
結局彼女は、1円のお金も使わず夢を叶えてしまいました。
ひらめきは、彼女のように自分が望む波動をキープしないと得ることはできません。心配はひらめきを受け取れなくするだけです。




夢を叶える方法!無料で世界の聖地巡りを実現させた人の話-バシャール




-----------------------------------------------------------------------------------



彼女は恐れの波動に負けなかった ・・・私も含め、多くの人がつまづくのはここだと思います。
「どうせ無理に決まってる」「いつも失敗に終わるのが自分のパターンだから」・・・そんな恐れの波動=過去(から学び得た思考、感情)に負けてしまうのです。この強固な信念に縛られて、うまくいっていない現状ばかりに焦点を当て、そこから抜け出せなくなってしまうのです。起こっている望まない現状(外側)に意識を向け続けても、虚しく現状維持が続くだけです。
そこにストップをかけるには、やはり常日頃、自分の思考・感情を観察する(エゴに好き勝手させない)ことが大事なのです。同時に、自分のハートからくる声に耳を傾ける習慣を持つことが大事なのです。
つまり、内面に意識を向けるということです。
その結果、望む波動をキープできるようになるのです。

そんなわけで、「心地良い(自分らしい)波動でいるために、できること(インスピレーションで感じたこと)は待ったなしで何でもやってみよう!」と思っている最近の私です。






自分の中に寄生する“カコオバケ”から逃げ続けるか?
sasha.gif



どんなタイプの“カコオバケ”に囚われているかを見る勇気を持つか?
巨人エレン

選択するのはあなたです。




ハートの声に耳を傾けることも忘れずに!
今私がやっている習慣の一つが、「好きなものリスト」・・・別名「ハートにキターッ!リスト」の作成です。
自分が安らかな気持ちになるもの、優しい気持ちになるもの、ワクワク、ときめきを感じるものをメモしていくというもの。
memo.gif
nyanko.gif





balucymove.gif
ハッピールーシーのセッションの目的は、あなたの
内奥にある本当の思い、望みを思い出し、あなた
がそれと共に生きていくことができるよう、お手伝い
をすることです。
自分の本当の思いを知りたい方、いつでも歓迎いた
します!


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/16-e46807f3