空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

君たち地球人がどうあがいても止められないんだよ

デービッド・アイクによると、人間を影から支配している爬虫類人(レプティリアン)は、私たちがこの世(バーチャル・リアリティの世界)に誕生し、死に至るまでの間、政治、経済、教育、メディア、医療、法律などを使ってコントロールしているのだそうです。それが彼らのアジェンダなんだそうです。
洗脳から少しずつ脱しつつある今の私にとって、アイク説は決してトンデモなんかじゃなく、本当であると思えますね。すんなり自分の中に落ちてくるんですよ。以前の私ならまだグーグー眠っていたので、うわっ、この人ヤバッ!って思ったでしょうけど、今は以前の自分の方が断然ヤバかったと思いますね。



icke.jpg




デービッド・アイク著・『ムーン・マトリックス(覚醒編⑤)』(ヒカルランド)


爬虫類人と政府、銀行、企業、世界の出来事の結び付きに気付いたならば、我々の周囲には、企業広告、子どもの本、アニメ映画などありとあらゆる形態で竜と蛇のイメージがあり、爬虫類人のシンボルに取り囲まれていることが分かるだろう。
 フールー(Hulu)というメディアが宣伝されたときほど、これが露骨になされたことはない。この宣伝は、2009年の米国のスーパーボールの期間に、1億5000万人もの視聴者に放送された。それは、爬虫類の「エイリアン」人種が、人々の心(マインド)をコントロールすることで、地球を支配するという話だった。こんな内容だった。


     -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
     地球の皆さん、こんにちは。テレビ・スターのアレック・ボールドウィンです。
    テレビを見ると頭が腐るって言うよね?そんなバカなことはない。テレビを
    見ると熟れたバナナのように頭が柔らかくなるだけだよ。そこで、我々は、
    わざわざフールーを作ったんだ。フールーは、形態の端末に直接テレビ番組
    を送信する。脳をゼラチンにする知的な番組を、いつでもどこでも、無料で。
     グニャグニャ、ドロドロ、おいしそう。最高なのは、君たちがどうあがいても、
    止められないってこと。そう、どうしようもないんだよ。テレビとコンピュータを
    消す?君達の脳が、コテージ・チーズみたいにドロドロになったら、メロンの
    くりぬき器ですくい上げて、ペロリと食べてあげよう。おっと、少しよだれが
    出てきちゃった。僕たちはエイリアンだから、いつもこうなんだ。 
     フールー。世界を破壊する悪魔の計画。では、楽しんで!
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


 ボールドウィンは、「僕たちはエイリアンだから、いつもこうなんだ」と言いながら、上着の下から爬虫類人の画像を見せた。YouTubeで「Hulu Super Bowl commercial」で検索してみれば、見ることができる。私が最初に爬虫類人とハイブリッドのことを話題にした頃には、インターネットにもそんな話題はほとんど存在せず、いつもながら私は嘲笑され信用を失った。
 今では、「爬虫類人 ET」、「爬虫類人 エイリアン」などの複数キーワード、あるいは「爬虫類人」単独で検索すれば、何万ものページがヒットする。爬虫類人が人間の生活に影響を与えているのは現実であり、そろそろ最も猜疑心の強い人間でも、その固い頭を削り落として、新たな視点で見ざるをえない時期に来ている。実に、もうその時期を迎えているのだ。




Hulu's Superbowl Commercial - Proof of Reptilian Humanoids






ま、地球人はバカにされてるってことですね。
そしてこのアレック何とかいうおっさんも実際にもレプティリンアンなのでしょう。
て言うか、どこの国でも基本レプティリアンじゃなきゃ有名になんかなれないでしょうね。
ね、ベッキーさん
b.gif

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/174-cc6e2794