空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

行動に力はない

アイクによると、爬虫類組織は人間の思考や感情に現実創造の力があることをずっと隠蔽してきたらしいです。
爬虫類組織は「行動あるのみ」「行動して努力して初めて望みのものが手に入る」といった観念を集合意識として人間の潜在意識の中に埋め込み、この世界を「1に行動2に行動、3,4がなくて5に行動」というものに変えてしまったのです。
でも本当は行動には大した力などない。行動する前から既に結果は決まってしまっているのだから。
つまり、まだ勝負していなくても、「負けるかも・・・」「失敗したらどうしよう・・・」と恐れを抱いている時点で、その思考や感情によって勝負はついてしまっているということ。
「行動あるのみ」「働かざるもの食うべからず」系の集合意識は、『ゼイリブ』の↓こういった広告作戦などにより私たちの中に埋め込まれてしまっているのです。



「8時間働き、8時間眠り、8時間遊べ」「考えるな」「眠っていろ」「不必要な買い物をたくさんしろ」「金は神だ」etc...
人間はずっと「人生とはこういうもの」という爬虫類組織が意図的に作った観念という檻の中で飼われてきた家畜だったというわけです。

tl16.gif


tl7.gif



tl6.gif


 

 
行動で人生を変えようとするのは無意味。感情という波動が人生経験を決めている。



★エスター・ヒックス+ジェリー・ヒックス著・『引き寄せの法則の本質』より

人間は普通、創造を一時停止できると信じている。行動を通して創造すると信じているからだ。よって、一日何もせずに過ごし、深く考え込んでいると、創造が前に進んでいないと思い込む。そんなことはない。行動よりも思考とそれに対応する感情のほうが、創造行為のはるかに大きな部分を占めているのだ。
 私たちは「行動」を、物質的な動きないし運動と定義する。私たちが行動に大きな価値を置くのは、それがより大きな目的に仕えるか、より大きな目的をかき立てる場合に限られる。行動は意図的に定められたより大きな目的のために行うとき、最も実り多いものになる。ほとんどの場合、物質的な人間はそれを理解していない。それゆえ、より大きな意図を考えることも、明らかにすることも、認識することもせず、次々と行動に走る。
 「より大きな意図」とは、あなたの存在状態から生まれる意図を意味する。自由、成長、喜びといった意図だ。行動を起こす前に立ち止まって、「この行動は私が目指す存在状態を実現する助けになるだろうか?」と自問すれば、それが適当なものかどうかが必ずわかるだろう。
 人生に大きな違いをもたらすのは行動ではなく、自分が主として感じている感情である。そのことを理解すれば、行動を適切な観点から眺めることができる。行動があなたの存在状態に影響を及ぼし得るというのは事実だし、あなたの存在状態もしくは感情の状態がいろいろなものを引き寄せる磁力の源であるのは確かだが、最初に行動を考えるのは適切ではない。最初にあなたが目指す存在状態を特定し、次に自分が何を「持ちたい」かを明らかにし、最後にあなたが求める行動を突き止めるのが、あなたの全般的な創造にとってはるかに有益である。
---略---
 物質世界の友人のほとんどは最初に行動し、その行動が自分の感じ方に影響を及ぼすのを許容・可能にする。どう感じるかが引き寄せの作用点になるので、自分の行動が人生で最も重要なものだと彼らは結論する。だが、行動ではなく、自分がどう感じたいか、つまり自分の存在状態に注目していれば、あなたが目指す喜ばしい成功に向かってもっと素早く効果的に進んでいけるだろう。自分が求める存在状態が明らかになれば、適切な行動がひらめくからだ。
 存在のために行動することは、行動のために存在することほど効果的ではない。
 否定的な存在状態にあるときになされる行動はすべて、望みの方向に向かうのを邪魔する働きをする。
 ひらめきによってなされる行動はすべて-----あなたが自由、成長、喜びといった肯定的な目標に重点を置くなら、-----あなたの目標と完全に調和する。
---略---
例えば、働かなければお金がもらえないという思い込みから、嫌々仕事に行くとき、「嫌」という否定的な感情が主要な作用点となり、「嫌」な状態をもっと引き寄せることになる。だが、最初に行動する代わりに自分が自由(あなたの稼ぐお金は自由と同義である)、成長(他人との交流は常に新しい理解をもたらす)、喜び(探せば、いつどこでも見つけることができる)を追求していることを確認すれば、それらの核になる目的と調和する行動が思い浮かぶだろう。
 あなたは、今の自分と同じものを引き寄せる。だから、感じたいことを感じるようにしてもらいたい。そして、その地点から行動を導くのだ。感情を変えるために行動すると、順番が逆でうまくいかないからだ。
---略---
 一人の若者が、母親の死の知らせを受け取って悲嘆にくれ、最近電話してきた。「エイブラハム、母は死ぬような人じゃなかったんです。とても健康な女性でした。週に三度、エアロビクスに行っていたし、あらゆる種類のサプリメントとビタミンをとり、健康食品だけを食べていたんです。どうしてこんなことが起こったのでしょう?」私たちはこう説明した。「彼女は健康を損なっていると密かに感じていて、それを補うためにエクササイズをし、健康食品を食べていたんだよ」「欠落」しているという感情から行動を起こすと、その状態に力を与えることになるのだ。


「行動あるのみ」は、「働けど働けど我が暮らし楽にならざり」の結果に“自動的に”繋がっているということですね。


しかしまあ、催眠状態から目覚めつつある今改めて思うのは、よくこんな世界で生きてきたもんだということ。本当にそう思いますよ。まるで、立派な宿に泊まっていたはずの旅人が翌朝目覚めると、冷たい土の上に横たわっていて、風呂と思って入っていたのは肥溜めで、綺麗な芸者さんと思って遊んでいたのは恐らく狐か狸だったという話をそのまま体験しているような感じ。「騙された~!!!」って。


・・・あ、因みに、仕事ができてもできなくても、爬虫類人たちは最初から昇進が約束されていて、給料もたくさんもらえる仕組みになっているみたいです(あと、生活保護もらいながら高級車乗り回したりしててもお咎めなし。税金と書いて「爬虫類人のお小遣い」と読む)。
これで「何故あの人が?」の謎も解けるというもの。
政治家や芸能人を見てみて。「何故あんなのが?」ってのばっかり笑
見た目や雰囲気やイメージに騙されちゃだめですよ。爬虫類人は中身がペラッペラでもイメージ作り(自然体、癒し系、インテリ風、カリスマ風、格好良いetc...)に関してはプロ中のプロですから。
tl18.gif







おまけ・・・
トカゲやらイグアナやら良くお似合いで。

tokage.gif


iguana.gif


iguana2.gif
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/177-090bda7a