空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

信じることが体験すること

pp.gif


earth.gif



地球の二極化が日々スピードを上げて進行しているようです。“スピードを上げて”です。
確かに今、極端にプラス・マイナス、ネガティブ・ポジティブなことが世界でも身近でも起こっている気がしますね。今はまだ、どちらも混在している中で私たちは生きているわけですが、いづれは自分に合った波動のみが存在する世界にいくことになるようです。
大まかに言って、正の地球と負の地球ということですから、その中でも色々な種類の世界に分かれていくみたいですね。
まず、負の地球を希望ということなら、特別何もやる必要はないと思います。これまでのように日々のやることを淡々とこなす人生を送っていればいいのですから。爬虫類組織の作ったシステムに沿った生き方をしていればいいということです。

しかし、正の地球を希望という人は、努力が必要になります。私たちが今いるこの世界は、気付いていようとなかろうと、闇のエネルギーに覆われています。だから、正の地球とは真反対の波動なので、「ポジティブな方に行きたい!」という意思表示をすることがまず必要になってきます。そして、具体的にそこがどんな世界なのかを自分で考え、イメージします。“自分で意識的に”それをやることがとても大事です。
パラレルワールドは無数にあると言いますよね?自分が想像できる世界は既に存在すると言いますよね?だから、それを信じてワクワクしながら既に存在するその世界のエネルギーを今この世界にいる自分が感じてみるのです。
ただ、言ったように、ここはネガティブエネルギーの強い世界です。だから、それをやっていると、恐らくネガティブな感情が出てくることと思います。「そんなの無理に決まってる」「そんな理想的な世界あるはずない」「どうやったそんな世界に行けるのか想像もつかない」みたいに。私自身もそうです。私たちが今いる世界はレプティリアンワールドなんですからそれは仕方のないことです。物欲、食欲、性欲、金銭欲、名誉欲、権力欲といった欲にまみれた世界に生きているんですから。常に勝者と敗者が存在し、みんな自分が負け組みにならないように必死で生きなければならないサバイバル世界に生きているんですから。表面は笑顔で相手を褒めたり励ましたりするけれど(「そうだよね~。○○ちゃんの気持ち分かるよ~」とか、「お客様、そのお洋服とってもお似合いですぅ~」とかね)、裏では何を思っているか分からず、常に腹の探り合いをしなければならないような人間関係で溢れている世界に生きているんですから。

私たちは、生まれたときからこんなことが当たり前の世界で生きてきて、それを疑うことなくここまできてしまいました。だから、理想の世界なんて絵空事のように感じてしまうのも無理はありません。そういう世界に行きたくても、目の前に広がる世界はネガティブなことばかりですもんね。
でも!これはただのトリックです!爬虫類人によって仕組まれた罠なんです!
“信じることが体験すること”、これが真理です。私たちは、ネガティブな世界を“信じる”ように洗脳されてきたってだけの話なんです。何千年に渡り、人類は闇のエネルギーを信じるように操作されてきたのです。集合意識的にそれを信じるように洗脳されてきたので、必然的に人類が経験する内容の殆どがネガティブなものだったのです。ネガティブなことが当たり前、世の中そんなもん、人生そんなもんと信じ続けてきたのです。でも、そんなもんなんてないんです。そう信じてるからそれが当たり前のことになってしまうってだけの話です。信じる人間が多ければ多いほど、それが現実化し易くなるってだけのことです。人間はこんな風にずっと騙されてきたってだけの話なんですよ。
そこが理解できれば、やることは決まってくると思います。そう、集合意識から抜け出すことです。周りがみんな同じような体験をしているからそれが真実なんだっていう考えをやめて、自分が体験したいことを信じる努力をすることです。弱肉強食世界が当たり前なのではなく、信じることが体験することなのだから、自分が信じたいことは何なのかを自分のハートに(頭じゃなくて)聞いてみることです。どんな世界(パラレルワールド)に行きたいのか?どういう人間関係を結びたいのか?どういうライフスタイルを送りたいのか?など聞いてみることです。そして、それが明確になってきたらその世界を具体的にイメージしてみます。人間の持つイメージ(想像)の力は、爬虫類人によってずっと隠蔽されてきました。ばかばかしいもの、非現実的なものと思うように洗脳されてきました。でも、実は想像力って行動の力などとは比べものにならない程のエネルギーを持っています。これを使って自分の行きたい地球を明確にしてみるのです。
「いつかそういう気持ちになったらね」なんてもうそんな悠長なこと言ってられない、というのが今の私の実感です。自分が今一番何を優先すべきなのか、真剣に考えてみる必要があります。






バシャール-自分が1番ワクワクするもの見つける


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/233-0086fbe6