空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

≪再掲≫あなたが世界を変えるのではなく、あなたが住む世界を変える

get_image.jpg


74491464_624.jpg


pararel_01.gif




バーバラ・マーシニアック著『プレアデス+かく語りき』(太陽出版)


あなたが世界を変えるのではなく、あなたが住む世界を変える


 可能性の概念によれば、現実が一つであることはなく、あなた方自身も思いを通して絶え間なくさまざまな現実に入っていく体験をしています。あなたが世界を変えるというのではなく、あなたが住む世界を変えるということです。これは、世界は固定したものではないという考えに繋がります。世界はエネルギーによって構成されています。そして、エネルギーは、その世界に参加している者が抱く考えによって形作られます。
 可能性としての様々な地球、可能性としての体験がつねに存在しているし、これまでもつねに存在していました。いまの“あなた”が知っているものとはまったく異なった人生を生きている、可能性としての様々な“あなた”がいます。あなたは周波数であり、エネルギーです。あなたのために音楽を奏でて、あなたという存在を造りあげているエネルギーの和音の響きに合わせてあなたは脈打っています。それはあなたにとって非常に馴染みの深いものであるために、あなたがしている体験の一つの側面に絶えず焦点を合わせていることができます。体験は様々な観点から獲得されています。いま、あなた方は、普通は気付かないことに気付くことができるように、どうすれば周波数を変えることができるか、どのようにしてビートを変えるかを学んでいるところです。
 あなた方の肉体の内部で起きている神経組織の変化がおよぼす影響に関して、あなた方はつねにモニターされています。あなた方の身体の構造改革は、神経組織が片側一車線のハイウェイから、片側6車線のハイウェイに変わるようなものです。これが実現すると、あなたが自分で体験した出来事と同時に体験した他の出来事を思い出すことになるでしょう。最初はこれをどう理解すべきなのか、対処のしようがなくあっけにとられることになるでしょう。
 たとえば、これから2年が経過して、1989年または1990年の感謝祭のディナーのことを思い出すとします。すると突然、これまで全然覚えのない出来事についての記憶が蘇ってくるのです。しかもそれは感謝祭のディナーとまったくときを同じくした出来事なのです。感謝祭のディナーについては確かに“覚えがあった”。
このとき、あなたは2つの感謝祭に同時にいたのだということを悟るのです。神経組織が新しい鼓動を開始し、身体が本来の図書館の機能を発揮し出すと、こういうことが起きます。光がコード化されたフィラメントが自己改造を開始し、もっている情報を放送すると、神経組織はそれを運び翻訳しなければなりません。


pararel.gif


 現在、エネルギーの巨大な二極化が起きつつあり、これには数多くの参加者と観察者がいます。観察するために地球にやってきた者の多くは破壊する目的ももっています。彼らはこのときにあって、自分の“問題”を学ぶためにやってきました。同時に、素晴らしい世界を創造することに100パーセントの意図をもって参加している存在もいます。私たちが見るところでは、可能性の諸世界が形成されるにつれて、地球上の人類に大きな転換が起きるでしょう。大きな混沌と混乱が生じ、国々はお互いに戦い、これまでなかったほどの数の地震が次々に起きるように思われることでしょう。まるですべてのものがばらばらになり、元に戻すことは不可能のように見えることでしょう。それは、あなたがこれまでの古いパターンを捨てて、新しいエネルギーのなかに入っていくとき、あなたの人生がガタガタと音をたてて揺れ動くのと同じように、地球は、いま、身体を揺すって自由になろうとしているのです。したがって、一定の調整期間が必要になるでしょう。また、様々な動物や魚たちが地球を離れていくように思われるでしょう。彼らは、いま形成されつつある新しい世界に移動しています。彼らはその存在を停止しているわけではなく、ただ新しい世界に抜け出ていき、あなた方がくるのをそこで待っているだけです。
 これを説明するのはなかなか難しいことです。というのは、それは3次元の体験を超えた世界の出来事だからです。基本的には、あなた方は4次元に移動しつつあります。この移動が完了したとき、あなた方は文字通り新しい地球を作ることになるでしょう。それはまるで目を覚ますと、そこには生まれたばかりの美しい世界があったというような感じでしょう。地球の上空では、たくさんの観察者たちがあなた方がこれをどのようにして実現するかを見守っています。彼らは、また、あなた方に援助の手を差し延べています。多くの人々にとって、この転換はまったく不可能であるように見えています。しかし、錬金術師として、また古代アトランティスの寺院でこの種のエネルギーの研究をしたあなた方にとっては不可能ではありません。様々な時代の中であなた方が受けた訓練はあなた方の身体の中にコード化されて入っていて、いま迎えつつある局面への準備をしてくれています。地球が変化を遂げる時期に地球を離れていく人々は、もはやここには適さない人々です。彼らは地球の調和を乱している人々です。一度に2千万人の人々が地球を去るときがくると、地球にとどまる人々の意識に非常に大きな転換が起きるでしょう。多くの人々が亡くなると、それは残された人々の意識に衝撃を与えます。
 自分自身を拡大してください。仕事、睡眠、食事といった現実だけでなく、他の様々な現実にも居住することを開始しなさい。目が覚めているときには、あなたの頭脳を様々な可能性に向けて拡大し、アイデアをあなたに向わせなさい。アイデアはただです。いたるところにあります。地球に向って様々な考えが絶えず放送されています。
 地球がシフトするとき、全ての人が同じ体験をするということはありません。破壊を体験する必要のある人たちは、地球のシフト、ないしは地軸の転換を破壊によって体験するでしょう。それは、彼らが新しい周波数に適合しないからです。より高い周波数を保持する用意のできている人たちは、周波数のシフトを体験するでしょう。したがって、ある人たちにとってはそれは生命の終わり(彼らの理解しているところでは)であり、破壊そのものの体験であるでしょうが、ある人たちにとっては素晴らしい喜びに満ちた体験となるでしょう。すべての可能性があります。思い出してください。あなた方は、思考の結果として現われる象徴的な世界に住んでいるのです。外に現われる世界は、あなたの内部で進行していることをあなたに現してみせてくれているのです。ですから、世界が破滅するとするならば、それは何を表しているのでしょうか。新しいシステムとエネルギーを勃興させるために、内部にあるものを崩壊させているという意味にほかなりません。


pararel2.gif


 何が起きるかについて恐れたり心配せずに、社会のなかで起きる様々な変化を愛し、祝福することがきわめて重要なことです。たとえわけが分からなくても、すべての出来事には、神の手が働いてあなた方の魂を高める機会が隠されていることを理解しているという周波数の中に常にいることがあなた方の仕事です。あなた方は類い希なほど怠け者の種です。あなた方はそれが誰であっても、仕事上の上司であれ、妻であれ、夫であれ、あなたのために何かをやってくれる人であればその人にあなたの力を与えてしまいます。何度も何度もあなた方は力を他人に与えてきました。あなた方を自分自身に向かわせるために、自分の人生に責任を持たざるをえなくするような出来事が必要なのです。地球に訪れる変化を祝福しなさい。そして、これらの出来事の中で、あなた方が明確に欲するものが現実化するということを信じなさい。あなたは試練に会うことでしょう。あなたはこう言うかも知れません。「私は被害者だろうか。私の周りの世界は崩壊してしまうのだろうか。それとも、すべてが崩壊しつつあるように見えながら、実は、世界そのものが高まりつつあるのだろうか」。
 あなたがまず第一に信じなければならないことは、あなたは正しい場所で、正しいときに、正しいことをしているだろうということです。正しいときに正しい場所にいるように意図すること、意図するよりもさらに明確にそれを“知っている”ことが、あなたをガイダンスに対して開かれた存在にするでしょう。自分で探さなくても、土地であるとか、誰かと会う機会があなたの前に現われてくるでしょう。そのとき、あなたはそれを見て、「これは私のためのものだ。いただこう」と言えばよいのです。



パラレル4

パラレル3
関連記事
スポンサーサイト

Comment

拍手喝采www
まさに、その通りですね♪
自分で自分の運命をつくる・・・ですね。
Re: 拍手喝采www
マリアさん

パラレルワールドの話って、結局は引き寄せの法則ですよね。
自分の今の周波数によってどの世界に行くかが決まるっていう。
これまでの私たちは思考と感情についてしっかり教わってなかったので、無意識にパラレルワールドをさまよってる感じだったのだと思います。
高次元宇宙人さんたちがパラレルワールドについて地球人たちに話をするのは、やはり、「あなたの考えてること、感じてることがあなたの現実をつくってるんだよ」っていうことを伝えたいからなのでしょうね。
この記事に書かれてることはとても大切なことを教えてくれています。保存版にしたいくらいです。
2017.10.16 10:25 | URL | yu-mi #- [edit]
心のままに
確か、バシャールもエック・ハルトトール氏も御釈迦様のお言葉を引用してましたよね♪

あと、私事で何なのですが・・・。
諸説にあるような、パラレルワールドの経験はありません(←って、普通ですよね。笑)

約10年前、肉体感覚と精神的な感受能力が二分化した経験があります。
ある朝、ゴミだしに家を出た時の事です。
目の前にある光景は、いつもの家々や通りなのですが、意識だけが外国のあるところなのです。

実は、その数週間前、インドの聖者のアシュラムに行くという旅行から帰ってきました。
そしてその朝は、瞑想をしてインド流のチャイを飲み、ゴミだしに出てきたら、
「周りの雰囲気がまさにアシュラムの空気なのに景色は日本!」という妙な経験をしました。

自分では、魂だけがインドに飛び(生霊?)、肉体は日本かな?と勝手に解釈してます。
何かが分離してしまったのでしょうか?

yu-miさんは、幽体離脱とかもされるのですか?
Re: 心のままに
マリアさん

>目の前にある光景は、いつもの家々や通りなのですが、意識だけが外国のあるところなのです。

私はそれほど強烈な体験ではありませんが、似た感じの体験ははあります。でも、がっつり幽体離脱というものはないと思います。

修行僧なんかの話を聞くと、やはりマリアさんと同じような体験をするみたいですね。
肉体はいつもの場所にいるのだけど、意識は別のところに行っているという。
リモートビューイングというのもそれに近いものでしょうか?

インドの聖人、ラマナ・マハルシは、10代で覚醒して以来、聖なる山アルナーチャラに住むようになったらしいですが、生涯そこから離れたことはなかったらしいです。
にも関わらず、インドのまったく遠く離れた場所で彼に会ったとか、話をしたという目撃談もあったそうです。
覚醒すると、私たちからすると奇跡としか思えないことも出来るようになるのですね。
それでもマハルシは奇跡や超能力にはほとんど関心を持っていなかったらしいですが。
悟りを開いた者にとっては、そういったことには最早関心がないのでしょうね。

プレアデス星人のアラーエさんは、この地球とプレアデス星に意識を別けて生活していると言っていますね。
2017.10.16 20:53 | URL | yu-mi #- [edit]
やはり、そうなんですね。
私は、「あ~あ、インドの誰かが私の幽霊を見てるかも。見えたらごめんね」なんて事も思いました。

yu-mi さんは、宇宙人との縁が深いですか?
色々教えてもらったり、エネルギーチャージしたり。

プレアデス星人がでてくるので、そうかなと思いましたが。

私は、生まれてきてから家族の人に縁を感じません。愛情も持てないというか・・・。
大自然が好きで、夜空を見上げると誰かが見守ってくれてると確信してました。
怖かった事は宇宙人に誘拐されることで、幽霊よりも怖かったです。
そして、この汚い世界で大人になりたくないと思ってました。
小学2年生の頃、「心は幼稚園児くらいでいいかな?」と設定したくらいです。
こんな世界で生きられる人は、私には理解が出来なかったのです。

話逸れましたね、すみません。
本体が別の星にあって、意識を分けて地球で暮らしている人、いるんですよね?
Re: やはり、そうなんですね。
マリアさん

マリアさんの魂はこの地球ではない可能性が高いですね。
発想自体が地球人という感じではないですね。

>私は、生まれてきてから家族の人に縁を感じません。
>大自然が好きで、夜空を見上げると誰かが見守ってくれてると確信してました。
>この汚い世界で大人になりたくないと思ってました。

この辺り、スターピープルの特徴をよく表してますね。
私も子どものころからずーーっとこの世界に疎外感を感じてきました。
また、子どもの頃は特に家族とか親兄弟、血の繋がりという考えというか概念にもなかなか馴染めずにいましたね。
血の繋がりなんてどうでもいいじゃない!みたいなね(^^;
2017.10.17 18:00 | URL | yu-mi #- [edit]
スターピープル、嬉しいです♪
あと、こんな事、あからさまに言う人、いないのですが。

私は、歯磨きしたり、トイレに行ったり、お風呂に入ったり・・・といった行動が、不思議でたまりませんでした。
ウォークインした宇宙人の話(オムニク・オムネイ?)で、「地球人は身体を清潔にすることを、事前に教えられ、大変だなと思った」等の感想を読んで、正直、安心しました。
本当、地球人って、人間って・・・メンテナンスが大変でしんどいと子供の頃から考えました。

血の繋がりなんてどうでもいいじゃない!みたいなね(^^;>
本当にそう思います。
この言葉に救われますね~、深いですね~。
どうせ、根底では繋がってるのに・・・・・ですね。
Re: スターピープル、嬉しいです♪
マリアさん

> 私は、歯磨きしたり、トイレに行ったり、お風呂に入ったり・・・といった行動が、不思議でたまりませんでした。
> ウォークインした宇宙人の話(オムニク・オムネイ?)で、「地球人は身体を清潔にすることを、事前に教えられ、大変だなと思った」等の感想を読んで、正直、安心しました。
> 本当、地球人って、人間って・・・メンテナンスが大変でしんどいと子供の頃から考えました。

分かります。あまりにも面倒なこと多いですよ、この地球って。
どうでもいいことばかりに時間を取られ、本当にやりたいことができないというのが悲しいですね。
子どもに関しても、動物の赤ちゃんは生まれて数時間で歩くことができて自立も早いです。まあ、寿命の問題もあるでしょうが。
でも人間の赤ちゃん、子どもは何年も親が付きっきりで面倒を見なくてはならなくて、特に女性は自分のことに時間を使うことができない人が殆どではないでしょうか?
もちろん、子どもの成長や親子のスキンシップ自体はとても素晴らしいものだとは思うんですけどね。
人間がもっと波動を上げて成長していったら、こういった子育て、他メンテナンスの大変さからも解放されるのではないかと思っています。
やっぱり鍵は「波動」ですね(*´ω`*)
2017.10.18 10:05 | URL | yu-mi #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/242-0b47ce08