空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

明けましておめでとうございます!

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

・・・とは言ってみたものの、最近の私は、時間という概念が自分の中で希薄なものになってきて、年末とか年始とかいう感覚も、何だかホワ~ンとした曖昧なものに思えてしまうのです。
それは時間に限ったことではなく、今までは確固として存在していた3次元世界の枠が、自分の中で崩壊し始めたという感じなんですよね。
それというのも、この1年ほど自分の中で、何が現実で何が現実でないか、何が常識で何が常識でないか、何が信じられることで何が信じられないことか、何が起こりえることで何が起こりえないことか、という問いかけをずっとしてきたからだと思います。
結果、真実とか現実と言われてるものに実態などなく、自分個人や集団での思い込みがそういう現実(ホログラム)を作っているんだという感覚がどんどん強くなってきました。
何が現実かの枠をグ~ンと広げる、またはぶっ壊しちゃうことで、私たちが体験することも変わってくるんですね。今の私たちにとってはぶっ飛んだことに思えることも、起こりえることだと本気で思えるようになると、それは起こるってことです。そう、奇跡と言われるようなことって、“常識”っていう枠の外に意識を広げた結果なんですよね。
私たちは、現実とは何か、信じられることは何か、起こりえることは何かという可能性の枠を潜在意識に埋め込まれてしまっています(アレにね、ア・レ)。だから、あっちでもこっちでも同じような体験、生き方をしている人が多いんですよね。しかもその枠に沿った生き方が幸せ、勝ち組っていう洗脳されちゃって~orz...
「人はみんなそれぞれ!70億人いたら70億通りの生きかたがある。みんなやりたいことやっちゃいなヨ!」って世界線に私は移動したい!もう絶対そっちに行きたいの!絶対絶対!!だから今、“何があり得ることで何があり得ないことか、何が常識で何が常識でないか、何が標準で何が標準じゃないか”って問いかけをして、枠を壊す作業をしてるってわけです。
別にお正月だからって帰省ラッシュの波に乗らなくたって良いし、おせち食べなくたって良いし、凧あげて駒まわして遊ばなくたって良いし、親族で宴会して嫁としての役割を果たさなくたって良いし、でもお正月の雰囲気が好きならやったら良いしってのが当たり前なパラレルワールドに行きたいで~す♪



uploaded.jpg


でも最後に!時間の感覚が希薄になってきたとはいえ、言っておきましょう(笑)・・・この2016年も、皆さまにとって良い一年でありますように!

ニコニコ日和






John Lennon - Imagine HD



Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one


想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

<管理人(デイオフィス)の音楽室 >
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/300-5967c387