空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

切っても切れない間柄

※昨日に引き続き、『悟って<<今ここで>>アセンション』(A・ジョルジェ・C・R/高木友子著・ヒカルランド)の転載をしようと思ったのですが、ちょっと文章書いてたら流れが変わってきてしまったので、転載は次回にします。




地球と人類とその歴史を語るとき、地球外生命体、宇宙人、ETという言葉を抜きにして語ることなどできません。そんなのまったく無意味です。全く!彼らの存在なくして今の地球などありえないのですから。科学や建築を始め、人間に様々な技術提供をしてきたのも彼らです。
また、古今東西あらゆる宗教の中に出てくる神々の正体・・・それもやはり宇宙人です。何千年に渡り、人類は神という名の宇宙人を崇め、祀り、祈りを捧げてきたのです(ポジティブ系、ネガティブ系どちらもいます。ネガティブ系は常にギブ&テイクの関係を人間に要求してきます。願いを叶えてやるから何かよこせって。人間、特に子どもの生贄が大好きです。昔話にもよく出てくるでしょ)。


suhai.gif

このように、この地球のありとあらゆるところで私たちは彼らと関わりをもってきたのです。人間と宇宙人は切っても切れない間柄なのです。にも関わらず、公式の歴史文献や学校の教科書などに地球外生命体、宇宙人、ETという言葉はどこにも出てきません。それどころか、宇宙人について誰かが(特に権威ある立場の人が)真面目に語ったりしようものなら、周囲からバカにされ、笑われ、爪弾きにされ、人間関係を断たれたり、社会的に抹殺されてしまうことさえあります。本当に異常ですよ。正気の沙汰ではありません。狂ってます。
「宇宙人はいるかいないか」なんて議論をいまだにしているんです。どれだけ眠らされてるかってことですよ。

alien3.gif

子ども達にとって歴史の時間が退屈でつまらないものに感じるのも(他の授業もだけど)、こういう真実をちゃんと教えてもらえないからなんでしょうね。子どもって感覚的にそういうのに敏感だから。何年に何とかの改新が起こって、何年に総理大臣の誰それが死んで・・・ってそんなのどうでもよくない?こんなんだから教科書に載ってる写真の人に落書きの一つもしたくなるんですよ!
坂本龍馬が英雄扱いとか勘弁して~!(>0<)

ryoma.jpg


こういうのホントやめてよね!
落書きしちゃうゾ!
ryoma1.gif


バーバラ・マーシニアック著『プレアデス+かく語りき』(太陽出版)

 教育体制は、あなた方がコントロールされているもう一つの領域です。あなた方が教えられていることのほとんどは、たわごとにすぎません。あなた方は一生懸命働いて、ローンを借り、教室に足を踏み入れる前からすでに古くなってしまった事柄を学ぶためにお金を払います。とくに、科学、数学、心理学、医学の分野の遅れは顕著なものがあります。
 学位をとればそれに報いてくれる社会に住んでいるあなた方としては、どうすればよいのでしょうか?まず、初めにこういってみてください。「私は私自身が世界を形成するのだと信じます。私の存在を規定するためにこのような卒業証書はいりません。私は私だけのユニークな存在であり、独立した存在です」。学位なしでこの世界を探求する方法を考えてみてください。教育とは知識の探求であり、知識は砂漠を歩くことによってでも得ることができるものです。知識は本のページを捲ることによってだけ得られるものではありません。学校教育を少し探求してみることは害にはなりませんが、学校で教えていることを正しいことだとは思わないでください。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




dogu1.gif



choto.gif



rep1.gif



oparts.gif


ufo3.gif


ufo1.gif


ufo2.gif


ufo7.gif


ufo4.gif

ufo5.gif


ufo6.gif


「アラーエさん動画part1」より

この宇宙は本来、いくつもの異なる次元にいる生命体で満ちています。でも、このことはあなたの惑星では秘密にされています。
あなたがたの暗黒の政府たちは、異星人や意識の開発についての話題をばかにします。
そうすればあなた方は、そういったことに興味を持たず、そういった話題を笑いものにするようになるからです。
権力の座にある人たちは、何千年も前から、異星人や宇宙の法則について嘘をついてきました。彼らはあなたがたに知って欲しくないのです。
なぜなら、彼らはあなたがたに対する権力を失うことを恐れているからです。
もしこれを信じないなら、真実を知る努力をしてください。
証拠は存在します。でも、それは自分で発見する必要があります。
そうして初めてあなたはそれを信じ、知るでしょう。
彼らはあなたがたが否定的なエネルギーを生みだし、彼らのために奴隷として働くことを望んでいるのです。
それはあなた方が自分たちの税金で彼らの戦争の費用をまかない、精神性や異星人に関係することをことごとく笑いものにすることによって行われるのです。
彼らは宇宙からの偽の写真を見せているのです。
そうすれば、あなた方は宇宙には何もないと考えるからです。
自分で真相を調べてみてください。
彼らがいつもあなたがたに嘘をついてきたことに対し、あなたは非常に憤りを感じるでしょう。
他の星々からきているもっと進化した人々は、あなたをこのシステムから解放したいと願っています。
真実は、宇宙にはすべて住人がいるのです。
これは自然なことで、サイエンスフィクションではないのです。
過去に地球を訪れた大勢の異星人たちは、原始的な地球の人々によって天使または神々として崇拝されました。
これが、地球上に今でも宗教や信念システムがあることの理由です。
あなたは何千年も前にここに住んでいた異星人に向かって祈っているのです。
肯定的な異星人と否定的な異星人です。
あなたが信じようと信じまいと、真実にはかわりなく、それはいつも現実だったのです。調べる努力をしてください。
地球の数千の人々はすでにこのことを知っています。
でも、これから数年のうちに、あなた方が宇宙で唯一の生命であったことは一度もなかったことを、みんなが知るでしょう。
空にたくさんの宇宙船を見たときに、ショックを受けないでください。
どの宇宙船が愛を送っているか見抜いてください。
それらは精神性を持った宇宙船です。
否定的な異星人のうちのある者たちは私たちプレアデス人のふりをしています。
一部の人たちは彼らと接触をして、誤った情報を広めています。
本物のUFOの光景に惑わされないでください。もっと大事なことは、その宇宙船の中には誰が乗っているのかということです。
あなた方の背後で、光と闇の戦争が行われています。
それは、あなた方が12000年前から生きてきた精神的奴隷状態からあなた方を開放するための戦争です。
あなたがたは地球上では自由ではありません。
あなたがたは自由とはなんだったか忘れてしまっているのです。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/319-d86a529a