空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

過去、現在、未来がループする

以下の動画のアップ主による説明↓↓↓



「おそらく2006年の8月30日の午後の出来事と思われます。
スウェーデン在住のホー­カン・ノークヴィストさんの体験です。
ホーカン氏はあることから2042年に迷い込み­72歳の自分に逢ったと主張します。
自分しか知らないことも全て一致したことから、未­来の自分だと確信したそうです。
驚くべきは、携帯電話で映像を残したことです。
言葉だけでは無い迫力がある事件ではないでしょうか。
TV等で紹介されたかどうかはわかりませんが、日本ではあまり知られていない事件かと­思い翻訳してみました。」





字幕機能オンにされたしm(_ _)m
本邦初翻訳!!ホーカン氏の奇妙な体験【携帯動画付き】




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

んでここから↓↓↓は恒例の2ちゃん体験談!



不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】


≪ロン毛のお兄さん≫

527 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/11/29(日) 04:46:37 ID:wb1GiIvrO
長くなります。今から20年くらい前の出来事。一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。
最初どんな出会いだったかは覚えてないのだが、公園で遊ぶ時にはいつからか俺の遊び相手になってくれるお兄さんがいた。
お兄さんといっても当時の俺からしたら「おっさん」であったが。実際の年齢は27、8くらいだったと思う。
外見は少し変わっていて、女の子みたいなロン毛で服装もあまり見かけない感じ。顔もなんだか不思議な感じがした。
お兄さんはいつでも優しくて、ボール遊びをして遊んだり、ゲームの裏技とかも色々教えてくれた。
あと「お母さんを大事にするんだよ」とか「赤ちゃんが生まれたら、しっかり守ってあげるんだよ」とか。そんなような事をよく言われたのを覚えている。
小学校へとあがり、遊ぶ友達も沢山できた頃にはお兄さんの姿を見かける事はなくなった。

続きます。




528 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/11/29(日) 04:49:28 ID:wb1GiIvrO
小学5年の夏休み。その日は友達と遊ぶ約束があったのだが、当時3才の妹の世話があったので出かけたくても出かけられない状況だった。
困ったなぁ~と思っていると、妹はそのまま昼寝を始めたので、早めに帰ってくればいいか、と俺はそのまま出かける事にした。
家を出て正面の公園に目をやると、昔よく遊んでくれたお兄さんがこっちを見て手を振っていた。
特長のある外見のお兄さんだったし、昔と全然変わっていなかったからすぐにわかった。「久しぶりだね!」とか「どこに行ってたの?」とか、他愛のない会話をした後、お兄さんは
「赤ちゃんが生まれたら守ってあげるんだよってお兄さん言ったよね?今日は遊ぶの我慢して、お母さんが家にいる日に遊ぼうな。」
と少し強い口調で言った。
俺はまだ子供だったし、お兄さんの言う事に不信感を抱く事もせずに素直に家に帰り、妹のおもりをする事にした。

続きます。

529 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/11/29(日) 04:53:43 ID:wb1GiIvrO
家に帰り妹の寝ているソファーをのぞくと、妹は先程までは元気だったのにすごい汗をかいていて、明らかに熱が高かった。
俺はオロオロしながらも母が働くパート先へと電話をし、母に事情を説明した。
母の職場はわりとすぐ近くだった。母は早引け、10分程で帰宅するとそのまま三人で病院へ。
妹はあのまま放置していれば肺炎になってヤバいところだったそうだ。お兄さんに会ったのはそれが最後。
お兄さんの事については考えても考えてもわからないのだが、最近一つだけ気になっている事がある。
それは、今の自分の外見があの時のお兄さんにかなり似ているという事だ。
かといって俺はデロリアン作る頭脳もってないし(笑)。
なんにせよ、不思議な体験でした。






≪電車の中の女の子≫

713 :本当にあった怖い名無し[sage] :2010/01/27(水) 12:11:56 ID:hm/A1+zh0
今から20年ほど前の高校1年の頃、ある日学校から帰る途中にあった出来事です。
当時僕には同級生の彼女がいました。
いつもは彼女と一緒に電車で帰るんですが、その日は彼女が風邪で学校を休んでいて
僕はひとりで電車に乗っていました。僕がドアの近くに立っていると、そばに小学3年ぐらいの
女の子1人と男の子3人がいました。その女の子が僕の彼女に瓜二つだったんです。
彼女は全体的に体の色素が薄い感じで、色白で髪も少し茶色、瞳も深緑だったんですが
その女の子はそこも同じで、まるで彼女をそのまま数年若返らせたような感じでした。
彼女には妹もいてないので、ひょっとしたら親戚かなとも思いました。
その女の子は男の子たちに軽くいじめられてるというかイジられてる感じで
何も言い返さずにじっと耐えてる姿が、また彼女の雰囲気にすごく似ていました。
僕は不思議な気持ちでずっとその子に見とれていました。
それを不審に思ったのか、その子もちらちらとこちらを気にしてるようでした。
僕は地元の駅に着いたので、仕方なく電車を降りました。
その子たちはそのまま降りずに行ってしまいました。
もちろんどこで降りたかわかりませんが、彼女の家と同じ方向でした。つづきます


714 :本当にあった怖い名無し[sage] :2010/01/27(水) 12:13:26 ID:hm/A1+zh0
数日後、元気になった彼女が学校に来たので、そのことを話しました。
そんな年頃の親戚はいないということでした。
やっぱり他人の空似なんだなと思っていると、彼女があっと言いました。
そういえば昔、電車で同級生の男の子3人に何かイヤなことを言われたことがあったと。
そしてその時近くに学生服のお兄さんが立っていて、じっとこっちを見つめていたので
男の子たちをやっつけてくれないかなぁと期待していたと。
お兄さんの顔は覚えてないけど、何回か目が合ったことと
片手に白い筒のようなものを持っていたのを覚えていると言うのです。
彼女に似た女の子に会った日、僕はたまたま画用紙を丸めて手に持っていました。
カバンに入らなかったので、手で持っていたんです。
僕も彼女もわけがわからなくて、偶然にしては出来すぎてるねと話をしていました。
ひょっとしたらもう一度出会う運命だったのかもねなんて言ってました。その彼女は今では僕の嫁です。子供は今、小学3年です。女の子です。
僕にはまったく似ずに色素の薄さまで嫁にそっくりです。
あのとき会った女の子にもそっくりです。

おわります






≪願いを叶えるおまじない≫

195 :1[sage] :2010/07/03(土) 20:02:54 ID:4pDgh/4×0
4年くらい前の事・・・。
あまり面白い話では無い上に長ったらしいのですが、良ければお読みください。
私は失業してやっと事で雇ってもらったデパートの玩具屋でアルバイトをしていました。
そこで出会った女の子の話。私より少し後に入った子で、まだ10代だけど真面目で良く働く娘でした。
何故か私に矢鱈良く懐いており、何かの切欠で年が離れていたのにとても仲良くしていました。
そんな日の事休憩中にその娘が、「Aさんの事嫌い?」と急に私に尋ねて来ました。
Aさんと言うのはバイトの先輩のおばさんで、私に嫌味を良く言ってくる人でした。
「失業した無能な男」「こんな無価値な男なら嫁にも逃げられるわw」(※私はバツイチでした。)
…等と、他人の事をいろいろ聞き出しては嫌味だけで無く他人にも言いふらす様な人で、
私だけで無く他の人からもあまり評判は良くありません。

まぁ私だけで無く皆思ってる事は同じだと思うとその娘に言ったら、ニッと笑い、

「じゃあ任せてくださいよ。何とかしますから!」

等と突然言って来て首をひねりましたが休憩時間も終わると同時その話もすぐに切りました。
しかし、奇妙な話はここから。それから数週間してから唐突にAさんがバイトを急に辞めたのです。
理由は良く解らないのですが、息子さんが大怪我を負い面倒を見なくてはいけなくなったそうです。
まさかとは思ったのですが、それとなく彼女にこの事を言ってみました。
彼女も察した様でにこっと笑い、

「だって、嫌いだったんでしょ?
まぁ手を下すまでも無くあの人は地獄に落ちる運命だったんだけどさ。」


196 :2[sage] :2010/07/03(土) 20:03:52 ID:4pDgh/4×0
もしやこの娘ヤバイ子なんじゃ…、と思ったのですが彼女は仲間内からは今思えば異常なほど好かれていました。 (※Aさんからは妬みからか苛められていた様で、もしかするとその仕返しだったのかも・・・。)
かと言ってプライベートで付き合いがある等、親密な仲になっている人もおらず素情を良く知っている人も少なかった様ですが・・・。
でも私には特に愛想よくしてくれて、何だか私も不思議と愛しさを(※恋愛では無いです。)抱いていたので、
避ける気にもなれず付き合っていましたが・・・、ある日彼女がバイトを辞めると私に言って来たのです。
そして寂しくなるね、等と話している時でした。
彼女が私にピンク色のラッピング袋を渡し、「これプレゼント!」と言って渡して来ました。…中身は、可愛らしいキャラクターの便箋とガラスの瓶に入った香水でした。
香水は渋みの利いたレモンの様な香りで、何と彼女のお手製だそうです!
彼女によればこの香水は、仕事等の大事な時や恋愛に効果を齎す香水だとか。
そして、便箋の内容は何やらおまじないの手順でした。
これは願いを叶えるためのおまじないだそうですが、彼女から三つの約束を破ってはいけないそう。
その三つとは、

・必ず1日一回、それ以上はやってはいけない
・サボってはいけない訳では無いが長期間続ける事
・絶対にこの内容を誰にも教えてはいけない

私はあまり非科学的なものを信じなかったので、半信半疑でしたが彼女のプレゼントでしたので素直に受け取りました。
が、彼女は私のその気持ちを察したのか、「信じてないでしょ?」とまた屈託の無い笑みで問います。
すると彼女は突然携帯をいじり出して、
「これこのおまじないで叶えたんだよ!一等ゲット!」と言って、宝くじの数字に移った画像を見せて来たのです。
その場で携帯で宝くじの結果を調べたら、確かに一等当たっていました・・・・。
私が驚いていても気にせず彼女はにこにこ微笑んだまま、


197 :3[sage] :2010/07/03(土) 20:05:09 ID:4pDgh/4×0
「実は私は魔法使いなんだ。だから他の人よりちょっぴり世界を思うままに動かせるってワケ。
このおまじないは誰かに教えると効力を失うけど、私はもうヤバイくらい乱用したからねwww
〇〇(私の名前)さん。〇〇さんももう直バイト辞めて新しい会社に就職出来るよ。
あと、失ったものは全部戻ってくるからね。その香水とおまじないをしっかり活用するんだよ!」…そう言って私の手を握って来た彼女の表情は今思えば少し必死だった様に思います。
それから彼女はバイトを辞め、それから会う事も無かったのですが私は彼女の好意を受け止めたくて、
彼女の言う通りおまじないを試して面接に軽く香水をつけて挑んだら・・・・、希望の会社に難なく就職出来たのです!
しかもそれだけで無く、何度か娘や用事を通じて前妻と会う内にトントン拍子で復縁が叶いました・・・。
それだけで無く、借金を返済したり疎遠になっていた友人と再会する等彼女の予言?通り失ったものが戻って来たのです。

これはもう一度会って彼女にお礼を言わなければ!
そう思い、バイト先の店長に久々に顔を出し彼女の事について無理を承知で教えてもらおうと思ったのですが・・・。
「は?ウチは20歳以上しか雇ってないぞ。そもそも名前は?」
何故か店長があの娘の事を覚えていない上に、元から雇っていないと言うのです。
・・・・しかし、今思えば彼女の名前を思い出せない。その上顔も、どんな顔だったか上手く説明できない。
大体良く考えたらよくも四十路のオッサンが若い娘と仲良くなれたと言うのも不自然と言うか・・・・。
何か、面白い切欠があって仲良くなったはずなんですがそれも思いだせない・・・・。
一体彼女は何だったんでしょうか。ただ、最近気になる事に気付きました。


198 :4[sage] :2010/07/03(土) 20:07:11 ID:4pDgh/4×0
娘があの時の女の子と心なしか似て来た気がするんです。
現在娘は高校一年生ですが、ボーイッシュな服装や柔らかい口調。
そしてかろうじて、かろうじて覚えているあの屈託の無い笑みが似ている気がする。
それだけで無く、娘はオカルトにハマってる様で何処で買って来たか解らない魔法の本や道具で何か怪しげな事をしている様で、
「楽してお金を儲ける!」「思うままに人生を楽しむ!」等と馬鹿な事を言っています。
それは父親としては注意するべきなのですがあの女の子の影響もあり多少は興味もあるので、
まだ魔力でも籠っているかもしれない空になった香水瓶をあげたり娘とはそれなりに上手くやっています。
まぁ娘と彼女の接点は解りませんが、(※私の気のせいかもしれないしね。)今となってはそんな事どうでも良い話です。
私は彼女のおかげで今幸せな人生を送れています。
彼女もここを見ていそうな気がするので、ここでお礼をさせて頂きます。
素敵なプレゼントを有難う。貴女に心からの感謝を。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/33-daf961aa