空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

現実創造の達人に学ぶ

『バーソロミュー2 大いなる叡智が語る神への覚醒』(マホロバアート)


現実創造の達人・カッコウ

 メアリーマーガレットは最近、カッコウという鳥に関して書かれた興味深い記事を読みました。
この鳥の持っている能力は、あなた方の人生に何か関連があるようですから、それについて話したいと思います。カッコウは卵を産むと決めると、周囲の環境を詳しく調べ、自分とは種類の異なる鳥の巣を選びます。そして、その鳥の産む卵の色や模様や大きさをそっくり真似た卵をその巣に産み落とします。カッコウの卵は、巣の主である鳥の卵におどろくほど似ているのです。
 もちろん、カッコウは卵に色をつける道具などは持ち合わせていませんから、何かがここで起こっているわけです。この「何か」というのは、意識というものが創造する力に関して、じつに多くのことを教えてくれています。カッコウの意識は、自分が望む卵の色や形や大きさを「あらかじめ」選び、そうして、選んだものを実際に創り出す能力を持っています。ほかの鳥がそれを自分の卵と思い込むのですから、この脳力は驚くべきものでしょう。

kakko2.gif

 この鳥の行動が興味深いのは、このことが、私がこれまで何年ものあいだあなた方に教えてきた真理を具体的に示しているからです。-----つまり、人間は自分でできると思っている以上に、物質界で現実を創造する能力がある、ということです。鳥であるカッコウが、さまざまな色や形の卵を創り出すことができるとしたら、人間も、卵以上のものを創り出す能力を持っているのではないかと思いませんか。もちろん、カッコウの動機はあまりほめられたものではないことは認めます。カッコウは、自分の子が先にかえって、ほかの鳥の卵を食べてしまうようにと、そんなことをするのですから。けれどもこの点も、これまであなた方に教えてきたこと-----何かを創造したからといって、すべてがそれ自体で素晴らしいわけではない、ということを証明しているにすぎません。

kakko3.gif

kakko4.gif

kakko5.gif

kakko6.gif

 では、なぜ私はこの話をしているのでしょうか。それはこの小さな存在が、あることを決心し、その決心を現実のものとするために、それ以後の時間を費やすということに、私とともに感動してほしいからです。ここで大事なのは、「それ以後の時間」という言葉です。なぜなら、あなた方もよく知っているとおり、地球界においては、創造が瞬間的に実現されることはめったにないからです。時間と空間というものに対する信念体系から解放されてしまうと、物事は一瞬にして現実化します。けれども、あなた方は制約の多い物質界に生きており、そこでの制約の一つは、この時間と空間という観念を絶対的に信じるということです。この鳥も同じ法則にしたがって生きています。まず意識の中で想念が生まれ、次に、その欲求を少しずつ実現していくことにわき目もすらず専念し、やがて物質界上の未来においてそれをついに実現のものとする、という直線的動きがあります。
 どうかこのことを心の奥に深く刻み、ここで起こっていることの意味を真剣に考えてみてください。あなたはいまこの瞬間、自分の人生の未来に生み出したいものを選択し、それが実現するまでそのことを考え続ける能力を持っています。自分の望みをしっかりと意識の中に抱き続けることで、それを実現させるのです。人間の意識が持つ難しさや素晴らしさは、人間生活が非常にさまざまな物事に関わっているということに起因しています。その結果、自分が実現させたいと願うことの中の、ただ一つのことに専念することが難しくなります。生み出したいと願うことがたくさんあるので、心はあれを望んだり、これを望んだりと駆けずり回るのです。そこで必要になるのは、自分と自分の心を、ただ一つの目標に向かうように訓練することです。したがって当然のことながら、この目標の選択には、細心の注意が払われねばなりません。
-----略----
カッコウは、自分が創造したいものを観察し、そして、一時も休まずにその想いを確認しつづけます。その想いを心に抱きつづけることによって、それとまったく同じものが現実化します。この言葉に誰も驚かないのですね。ここで集中してきた想念の結果が、あなたの人生を現在のようなものにしているのだということです。あなたは自分の想念で自分の人生を形作ってきました。肉体が反逆して病気を創ったのではなく、あなたの心が反逆したのです。あなたは、制約に満ちた自分の信念体系にもとづいて、人生を創造しています。
 私のところに相談に来る人々に対して、自分の想念を使って生み出しているものに責任を持ちなさい、と私は言います。すると人々は、「いえ、とんでもありません。自分で創造なんてしたくありません。神が私のために創造してくださることを望みます」と言います。「では、どうやるのですか」と聞くと、「あのう、私は何もしないで、神がご自分で望まれるものを何でも創造なさるにまかせます。私はそれでいいんです」という返事が返ってきます。ところが、明確な意識を持たずに創造すると、その人の無意識が創造することになるわけです。そしてもちろん、エゴにもとづいた無意識は神ではありません。注意していないと、無意識が創造することになります。
 精神世界の師は誰でも、瞬間に生きよと言いますが、なぜでしょうか。それは、今のこの瞬間にこそ、あなたは創造の手綱を手にしているのであり、反逆する無意識を優しく手なずけ、おとなしくさせることができるからです。あなたの意識がこの瞬間にないときには、反逆者は勝ってに暴れまわり、過去の思い出に生きたり、未来に空想を働かせたりして、あなたの望まないものを創り上げます。
 何度も言いますが、あなた方の持つ素晴らしい精神のパワーについて、真剣に考えてください。あなたは自分の精神やそれが生み出したものを怖れています。というのも、あなた方は神との繋がりを失った世界を作り出してしまった、と思い込んでいるからです。この強力な精神の力を使って、自分たちは紙が関心を持たないような世界、永久に神から分離した世界を創ってしまったと、あなた方は信じています。自分たちが生み出したものの恐ろしさを見て、そのようなものをもっと生み出すのではないかと思ったら、もちろん絶望感に襲われることでしょう。けれども、神が人間の意識の自由な創造を許すのは、「一定の範囲内」だけです。人間のなかにある“神なるもの”が、ここから先に進んではいけないという制限を設けています。
 あなたは自分の心が創造するものに責任を持つのがこわくて、自分の思考に注意を払わないようにしています。ところが注意を払わないでいると、無意識の暗闇の部分を使って創造することになります。以上のことを心から理解すると、瞬間に生きることを選んで、自分が本当に創造したいものは何なのかを、忘れないでおくことができます。こうして意識的に選択することによって、パワーを得ることができます。その結果、あなたは自分が選んだとおりに創造することになります。
----略----
カッコウが、自分が現実化したいものを意識の中心に据えるように、あなたも自分や自分の人生の中に生み出したいものを、意識の中心に据えるです。自分が罪なき存在であること、自分も他人も傷つけることなく、調和の中に生きてきたこと、安心が常に存在すること------あなた方はこれらを実感したいと願っているのだということを忘れないでください。このことを何度も何度も思い出すようにすると、あなたは自分の人生を変えていくことになります。
 あなた方は眠っているのです。眠っているので、自分の本質が分からないのです。けれども、目を覚ますこともできます。物事の焦点がボケているにすぎないのですから、レンズをちょっと調整するだけで、奇跡的に瞬間的にすべてのことがらの焦点がピッタリと合います。すると、あらゆるものがはっきりと見えるようになります。いずれにしろあなたは、いつかは夢から目覚めるのです。だとしたら、いま、目覚めてはどうですか。



alaje5_201605251215532e7.gif

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/354-6e8cedd3