空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

『サザエさん』の視聴率

「フジテレビ完全終了のお知らせ」フジのエース『サザエさん』の視聴率が壊滅的に…!

20160821175216517.jpg


どんどん変わっていってる。
今までは当たり前とされてきたものが、どんどん当たり前じゃなくなってきてる。
このニュース読んだとき、「あ、これも宇宙からのお知らせだ」ってピンときたのね。
サザエさんて、古き良き日本の家族の象徴ですね。ホッとしますね。私も以前は好きでよく見ていたな(^.^)今も別に嫌いではない。でも、“古き良き”なのね。もうちょっと言うと、型、枠にはまってるのね。こうあるべきっていう。一家の大黒柱がいて、それを支える女性がいてっていうね(カツオとワカメがタラちゃんのおじさんおばさんっていうのは斬新だけど)。で、今まではそれが多くの人に指示されてきたわけだけど、ここにきて、“古き良き離れ”が加速化してきてるっていうことなのね。生き方の多様化がどんどん進んできてるっていうことなのね。だからこれ、フジテレビが嫌われてるってだけの問題じゃないと思うんですよ。
イギリスEU離脱とか天皇生前退位とか国民的アイドルグループの解散とか色んな“点”……一見関係ないようだけど、線で繋いでみると、地球さんからのメッセージが伝わってくる。
地球さん、「オールドアースでいいですか?それともニューアースがいいですか?」ってみんなに問いかけてる。鍵はね、世の中で起こってる“点”、自分の人生で起こってる“点”をほったらかしにしないで、いくつか集まったら線で繋いでみるの。小さい点、中くらいの点、おっきな点、自分の気になった点を繋いでみるの。そうすると、地球さんが何を言いたいのか分かってくるよ(ლ˘╰╯˘).。.:*♡





「フジテレビ完全終了のお知らせ」フジのエース『サザエさん』の視聴率が壊滅的に…!

日本が誇る国民的アニメ『サザエさん』、『ちびまる子ちゃん』(ともにフジテレビ系)が瀕死状態にあると話題になっている。なんと今月14日の放送の視聴率が『サザエさん』8.2%、『ちびまる子ちゃん』4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、数年前を考えると想像できないような数字を記録したのだ。これには「サザエさんも二桁行かなくなったな」「20%いってた頃が懐かしいなあ」「普通に悲しい、時代の移り変わりを感じる」「フジテレビ完全終了のお知らせ」と驚きの声が多く上がっている。

『サザエさん』と言えば、不振が続くフジテレビの中でも安定して二桁をとるエース級の番組として有名で、数年前は視聴率が20%台にのることもざら。また『ちびまる子ちゃん』も二桁を切ることは珍しく、この二番組が放送されている日曜の18時から19時はフジテレビの独断場であったのだ。

 しかし、2014年頃から裏番組の『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系/以下『バンキシャ』)に押されはじめ、2015年度は(2015年4月~2016年3月)『バンキシャ』が年間平均視聴率13.6%を記録し、ついに民放同時間帯単独トップを獲得、『サザエさん』と『ちびまる子ちゃん』は敗れ去った。

 その後、覇権を取り戻すことはなかなか難しく、2016年度も毎週のように『バンキシャ』に敗北、さらに5月22日には裏で『笑点』(日本テレビ系)の歌丸卒業回が放送された影響で『サザエさん』の視聴率は7.7%とかつてなく悲惨な数字を記録した。だが、この出来事はかなりイレギュラーで、翌週には『サザエさん』14.0%、『ちびまる子ちゃん』10.0%と回復。まだ根強い人気があるかに思えたが……。

 7月3日の放送は、18時30分より放送開始した『SASUKE2016』(TBS系)の影響を受けてか、『サザエさん』は9.9%とまたもや二桁割れ。そしてその後も7月10日は11.1%、17日は10.7%、31日は12.7%、8月7日は10.1%、ともはや二桁にのせるのがやっとという状態になってきて、14日にはついに、これといった強い裏番組が放送されていないにもかかわらず二桁を切る8.2%となったのだ。

 時期的に「お盆が関係してるだろ」「みんな出かけてるんじゃない?」という擁護の声も上がったが、このあたりの時間帯に放送されている他の番組を見ると、『バンキシャ』(午後6:00~6:55放送)は7日が11.2%、14日が11.9%、『笑点』(午後5:30~6:00放送)は7日が14.6%、14日が16.9%と、むしろ数字が上がっている。また『サザエさん』自体も、2015年8月16日放送回は13.1%、2014年8月17日放送回は14.3%と、お盆シーズンにも関わらず、昨年一昨年は高視聴率を記録していた。

 フジテレビと言えば、SMAP解散発表直後の15日放送の『SMAP×SMAP』の視聴率が前週から4.3%も上昇したのだが、それでも12.1%。極楽とんぼの山本圭壱が10年ぶりに地上波に復帰した7月30日放送の『めちゃ×2イケてるッ!SP』が、今年最高を記録するもたった11.9%と、超ドーピングを使ったわりには数字が伸び悩んでいる。孤軍奮闘の『サザエさん』がついに瀕死、劇薬を使っても数字は並みと、本格的に壊滅状態にあるフジテレビ。果たして全盛期の勢いが戻ることはあるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/398-8620ca63