空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

これはワクワクっていうよりホッ・・・かな

アメブロの方に以前書きましたが、昨年の10月だったか11月にひょんなことがきっかけで出合ったアニメ、『夏目友人帳』。
以来、すっかり夏目ファンになってしまった私です
んーでも、ファンっていうより、一生の“友人”に出あえたっていう方がしっくりくるかな。
夏目を観てると私のインナーチャイルドが喜ぶのがすごくよく分かる。
ハートの辺りがあったか~くなるのがよく分かる。


一応公式サイトよりストーリーをおさらいしておきましょう。



小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。
彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継ぎ、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返す日々。
ようやく手に入れた大切な場所で、友人達との深まる絆を感じながら、夏目は妖怪達との出会いや別れを繰り返していく…。



でも夏目はストーリーだけじゃなくて、音楽もとってもとってもいいんです!
OP曲、ED曲、そしてBGMも素敵すぎ。
お風呂に入ると体があったまるように、夏目の音楽を聴くとハートがあったまる感じがするんです。
昨日の記事で紹介したバシャールの「ワクワクを選択する」っていう話があったけど、夏目の曲を聴くことは私にとって、簡単ですぐにできるワクワク・・・というかホッな選択です。
こういうことでいいんだよね、バシャール?
いいこと教えてくれてありがとう

夏目のBGM、目を閉じて聴いてみて欲しい
※色文字のところは動画に寄せられたコメントです。




春を知らせるもの ~ 続 夏目友人帳のテーマ

●このBGMは涙を誘う。最終話のカイが涙を流すシーンは本当やばかった
●はぁぁぁぁぁぁ落ち着く
●3月11日になりましたね。なんだか寒いので少しでも春が来ますように。
●やばい。。。聞くだけで感動シーンが思い出され泣ける
● 自分も同じです。ブルーレイBOX買い夏目友人帳の良さを共感したいと思ったのですが何度見ても自分泣いてしまうので親に薦めて見せました。影に隠れて見てると泣いてる親の姿。なぜかその光景に涙する自分がいました。親の世代なんて特に急激な時代の変化の中生きてきて私より懐かしさを思い返したことだろうと思うとどうしてもね。
●@8010hori 自分もそう思います。私たちが忘れかけている人の本当の温かさを目で耳で心で感じさせてくれるものだと思います。ぜひ一度は見て感じ入ってもらいたい作品ですね。
●@8010hori さんその通りですね。どの年齢層がみても一緒に感動できて、心があったまって、優しい気持ちになれて、こんなに人気があるから今も第4期までつつ゛いているんだとおもいます。確かにゴールデンタイムに放送してもいいアニメですししてほしいアニメですよね!長文失礼しました。
●感動--ING!
●失われゆく日本の美意識
●このBGM聴いてると切なくなります・・・。夏目友人帳のお話に凄いぴったりで泣かされます・・・(p_;)ノ
●夏目友人帳見ると涙とまらないんだよな…本当にまたやらないかなーアニメ





続 夏目友人帳 音楽集 「桜の咲く頃に」

●夏目見てる人なら分かるだろうけどこの曲聞いてると色んな場面思い出して泣ける( ;ω;)
●これはただの塩水、決して涙じゃない。
●久々に好きな音楽に出会った気がする
●夏目の中でも愛してやまない一曲です。
●桜やべー
●夏目はストーリーも素晴らしいけど それを盛り上げる音楽も素晴らしいと思う
●ほっこりする・・・




夏目友人帳BGM ~君が呼ぶ名前~

●夏目のBGMはどうしてこうも素敵なのか・・・
●BGMまで感動しますよー...(T^T)
●この曲を、聞くとなぜか田舎を思い出します。 いま、俺の親が亡くなってしまいました。
もうすこし、仲良くしとけばよかったな・・・・
●夏目友人帳のあの独特の雰囲気、世界感にぴったりですね。すごく綺麗な曲です^^
●分からないけど何故か涙が出てくる・・・悲しくもない分からないけど嬉しいような気がするありがとう
●このアニメには救われたなあ。癒された。
●アニメの中でこの曲が流れてくると、ついつい涙が流れてしまいます
●いつ五期やるのかなぁー。アニメなのに心にくるなぁー。すきだなぁー
●この曲をきくと、優しい気持ちになります。良い曲だ!! 五期やって欲しい(*^-^*)
●この曲は「夏目友人帳」そのものですね。物語もBGMも本当に素晴らしい作品です
●いいですね。なんか、ゆったりと時間が流れる感じです。





balucymove.gif
ハッピールーシーのセッションの目的は、あなたの
内奥にある本当の思い、望みを思い出し、あなた
がそれと共に生きていくことができるよう、お手伝い
をすることです。
自分の本当の思いを知りたい方、いつでも歓迎いた
します!




関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/4-6b4e03e1