空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

バラエティー番組

地球は、低く重い周波数によってコントロールされている。

たとえばお笑いバラエティー番組。
私も以前は好んで見てたし良く笑ってた。でも今はもう見ない。見たいと思わない。見ても真顔だと思う。
ああいった番組は、人間を愚かにするため、周波数を低くしておくために作られたものだっていうことを親切な宇宙人さんたちに教えてもらって、自分でもよく分かったから。
多くの人が一番テレビを見る時間帯にお笑い番組を放送するのも、そういう意図あってのことなんだね。お笑い芸人があちこちでチヤホヤされ、好感度が高いのも、全部意図的にやっているんだね(周波数を低くするお仕事で大活躍する人はご褒美いっぱいもらえるみたいだよ!豪邸や別荘も持てたりするらしいよ!)。つまりこれが周波数コントロール(の一つ)だね。

後輩芸人を“いじる”って言葉あるけど、常識的に考えたらあれ、ただのいじめだよね。言葉で誤魔化してるだけだよね。でも自分も以前はそれを面白がって見てんだと思うとゾッとするよ~(゜m゜;)
顕在意識ではそれが演技、“いじめショー”だと分かって見ていたとしても、潜在意識にはそれが分からない。「いじめ、笑う、楽しい、人気者」といった感じで伝わってしまう可能性がある。潜在意識は子供や動物のように素直で純粋だから。
そうすると、実生活においていじめに対して抵抗がなくなる、弱くなる恐れが出てくるということ。たとえ直接自分が学校で、会社で、ママ友間でいじめに加わらなくても、それに対して抵抗が薄かったり、無関心になる恐れが出てくるということ。
もちろん、いじめなんてバラエティー番組だけが原因じゃないし、大昔からあるものだけど、こういった番組を見ることで、より一層いじめに対する抵抗が薄くなる可能性が出てくるということだね。

誰かを傷付けたり物や食べ物を粗末にしないと笑いが取れないなんて悲しいね。それを見ても抵抗がなくなるって怖いね。ゾッとするね。
でも最近はそこに気づく人増えてきてるね。こういう番組見ない人増えてきてるね。また、下品な番組内容にクレームつける人もたくさん出てくるようになったね。でも、愚かなお笑い芸人や番組製作者は、「昔みたいにのびのびと芸ができなくなった。面白いものが作れなくなった」なんて言ってるね。
地球がどんどん変化してきてることに気づいてないか焦ってるかのどちらかだね。

みんなで周波数コントロールに気づいて、これ以上勝手なことさせないようにしようね!(`・⊝・´)/


※「ピンポーン♪

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/402-d7a636bd