空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

思い続ける動物たち

怖い話まとめブログ』より


『死んでしまった猫』

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/03/10(土) 19:13
小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら、痩せてガリガリの子猫が庭にいた。
両親にせがんで家に連れて帰った。思い切り可愛がった。
猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来てくれるようになった。
いつも一緒に帰っていたけれど、六年生の林間学校に泊りがけで行っているときに、車に轢かれて死んでしまった。
もう、猫は飼わないと思った。

年月が過ぎ、私は就職してバス通勤をするようになった。
仕事がうまくいかず、やめようかどうしようか迷っていた。
バスを降りるといつも我慢していた仕事の悩みが噴出して、泣きながら暗い夜道を歩いていた。

そんなある日、バスを降りて歩いていると、少し先に白い猫がいた。
その猫は振り返りながら、距離をとりながら私の前を歩く。
坂を上がり、いくつもの曲がり道を曲がって行く。私の家に向かって。
家の前に出る最後の曲がり角を曲がると、その猫の姿はなかった。
数日そうやって、猫に先導されるように家に帰る毎日が過ぎた。

ある日、いつものように待っていてくれる猫を見て気が付いた。
しっぽをぱたん、ぱたんとゆっくり上げて下ろす仕草。
小学生の時に飼っていた猫と同じ。思わず猫の名を呼んだ。
振り返った猫は一声鳴いて、また家に向かって歩いた。
涙が出てしかたがなかった。心配して出てきてくれたんだね、ありがとう、ごめんね。
大丈夫だから、もう、安心しているべき所に帰ってね……。
後ろ姿に向かってつぶやいた。

最後の曲がり角を曲がる前に猫は振り返った。
近づいて撫でたかったけど、近寄ったら消えてしまいそうで、もう一度つぶやいた。
ありがとうね、大丈夫だからね。

そして、猫は曲がり角をまがった。
なぜかふと後ろが気になって振り返ると、白い小さな塊がふっと消えて行く所だった。
そこは、林間学校に行って帰らない私を待ち続けて、猫が車に轢かれた場所だった。



『愛犬ヤギ』

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/09/04 07:51 ID:QR6TbJFo
私の姉は、中学3年のときに突然の病気で亡くなりました。
生まれつき心臓に欠陥を持っていたようで、それが突然悪化しての本当に急な死でした。
私は当時11歳だったんですが、死というものが実感できず、ただ姉に二度と会えなくなるという事だけしかわからず、
しばらくの間ウツ状態だったそうです。

さて、当時私の家では犬を飼っていて、
道端で車に轢かれたか、カラスに襲われたか、怪我をして動けなくなっていた所を姉が見つけ拾ってきて、
懸命に二人で看病しているうちに、何時の間にか「ヤギ」なんて変な名前もついて、
私たち家族の一員になっていました。
特に姉には恩を感じてか、やさしかった姉の性格のためか、ずいぶんのラブラブぶりで、
学校から帰ってくる時間になると、家の前の通りの曲がり角までいつも迎えに行って待っていたり、
といった感じでした。
私は動物は嫌いではなかったけど、特に好きでもなかったのと、姉に対するコンプレックスのようなものだったのか、
ヤギに対しては特にかわいがるような事もしませんでした。


869 :868:01/09/04 08:03 ID:QR6TbJFo
そんなある日の突然の姉の死。
家の中も日が落ちたように暗い毎日が続き、
母親が私に聞こえないように夜中に泣いているのを時々聞いてしまったりと、
本当に辛い、寂しい日が続いていました。
そんな中、ヤギだけはなぜか元気で、
いつもどおり学校から姉が帰ってくる時間になると、毎日家の前の通りまで迎えに行くそぶりをみせ、
私は「バカ犬!」と、気持ちを逆なでられるような気分で憎々しく思っていました。

ただ、不思議な事がひとつだけあって、
いつもは姉が帰ってくるまでずっと大人しくいつもの通りの角で待っていたヤギですが、
(姉がいつもどおりでないときは、私がつれて帰ったりしていました)
死んだ後には、当然姉が帰ってきていないのに、誰もヤギを迎えに行っていないのに、
嬉しそうに一人で(一匹で)戻ってくるです。

そんな日が2週間ほど続いて、気味が悪いのと、一匹で外に出て行くのは危ないとの事で、
うちの父が、いつも家の外にヤギが出て行けるようにしてあった小さい窓のようなものを塞いでしまいました。


870 :868:01/09/04 08:24 ID:QR6TbJFo
それからまたしばらくして、姉の49日の日、いろいろと法要のようなことをばたばたとしているうちに、
ヤギが何時の間にか家から出ていってしまったようで、でもいつか戻ってくるだろうと思っていたのですが、
夜になってもヤギは戻ってきませんでした。
私も、なんとなく冷たくしていた事への罪悪感か、その夜はいつもの散歩道等を一生懸命探したのですが、
見つかりません。

家にいったん戻ろうかと考えていたとき、向うからヤギがとぼとぼと私の方に近づいてきました。
とても寂しそうとしか言いようのない目つきで私を見上げたときに、
なぜだかふと『姉を見送っていったのだな』と感じて、
そう思ったとたん、私はヤギを抱いてわんわん泣いてしまいました。

それからはヤギに対して、姉の分もかわいがってやろうと、
実家を出た今でも大切にいっしょに暮らしています。



※関連過去記事『猫の気持ち
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/407-bcd55a75