空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

六甲山の白狐さん

前回の『百鬼夜行体験談』の記事にコメントを下さったALOHAさんの大変興味深く、摩訶不思議な「白狐遭遇体験談」を勝手に(失礼!m(_ _)m)ご紹介したいと思います。
・・・そう言えば、3年前に99歳で亡くなった母方の祖母は秋田出身なのですが、昔は大人も子どももよく狐や狸に騙されたものだということを話していましたね。祖母のそんな話を私は「はいはい(笑)」って感じで聞いていたし、ボケてきちゃったかな~?なんて思ってたのですが、祖母は冗談を言う人ではなく(言えるような心の余裕を持っていない人だった)、本当に真剣な表情で狐や狸に騙された話をしていたので、段々本当なのかも知れないなと思うようになってきました。確か道に迷わされて同じところをグルグル回って家に帰れないとかって話でしたね。霊能者?お坊さん?みたいな人のところに相談に行ったとかなんとかそんなようなことも話してたかな?他にも何か話してたけど、忘れちゃいましたorz
今思えば、もっとちゃんと聞いておけば良かったなぁと後悔しています^_^;
狐、狸と言っていたけれど、正確には低層アストラルに住む狐霊、狸霊のことではないでしょうかね?あ、動物に憑依しているってこともあるでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------------




~ALOHAさんが遭遇した「六甲山の白狐さん」のお話~


こんにちは 
不思議なお話。楽しいですね〜。

私は昨年、神戸の六甲山で白昼、白狐さんに遭遇しました。
美しい女性で、真っ白のハイカーの服を着ていましたが、見た瞬間、なぜがすぐに白狐さんと分かりました。
その白狐さんに化けた女性は今まで見たことがないほど美しい女性で、光り輝いていました。
あえて気づかないふりをしてたのですが、あちらから話しかけられ、道を聞かれました。

「極楽茶屋に行きたいのですが・・、今は営業してないみたいで・・」
極楽?今は営業してない?なぜそんなところに行きたいのか?・・と思いながら何度も言うので
地図を見せて説明しました。すると
「やはり・・今日はやめておきます・・。」と少し微笑んで、飛び跳ねるように山に消えていってしまいました。

極楽に行きたいけれども、行けないということだったのでしょうか。単にからかわれただけなのでしょうか。
不思議なことがあるものだな、と思いながら家に帰って、六甲山の地図を眺めていました。
すると、白狐さんの消えていった先は「有馬稲荷神社」だということが分かりました。
六甲山は不思議な山だと聞きますが、本当のようです。



-----------------------------------------------------------------------------------


ALOHAさんのお話を機に、いつもお世話になっているエニグマまとめサイトさんで狐関連の体験談を探してみたのですが、結構ありましたね。気になったの7つほど、長文もありますが掲載します↓



不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】』より



『狐』

224 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/02/10(金) 19:45:23 ID:RES6ut/C0
母方の実家が四国で、夏と冬に必ず半月ほど帰省してた。
そこで幾つか不思議な体験をしたよ。
10歳くらいの時、今は亡き祖父と二人で家の裏に山に行った帰りのこと。
いつもは日が暮れる前に山を降りるんだけど、
その日は何かで時間を取られて、降りる頃にはだいぶ暗くなってた。
祖父に手をひかれて歩いていると、山の中腹に古い神社があって、
そこに続く長い石階段に赤い着物を着た女の人がいた。
周りは薄暗いのに、その人だけ白く浮き出てる感じだった。
なんやあの人?と思った瞬間、女の人が両足をそろえたままジャンプして
ポーンポーンと弾むように階段を上がっていった。
その動きが明らかに人間離れしてたので、怖くなって祖父に聞こうとしたら、
「見んな」と言われたので、目を瞑って祖父にしがみつきながら帰った。
家に着いて「何やったん?」と聞いたら「狐よ。時々出よる」と言ってた。それとは別に、幼稚園に入る前祖父の家で暮らしたことがあったんだけど
夜中によく「小さい鬼がいる」と泣いてたらしい。
祖父曰く、母も小さい頃に同じ事を言ってよく泣いたらしい。



『キツネ(2) 』

822 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/31(日) 12:54:44 ID:OmnuAJZk0
小学生の頃、キツネを見つけた。
キツネなんて身近にいると思わなかったから嬉しくて林の中までホイホイついていった。
林は鬱蒼としており、途中滑って靴片方無くした。すると開けたところに出てそこに神社みたいなカラフルな建物があり、
キツネが「お腹すいてない?」みたいなこと訊いていてきた。
俺が「お腹すいた!」と言ったら、キツネはおにぎりくれたから食べ、おかわりもした。

きつねが喋ってる時点でおかしいことに気付けって話だけどその時は気付かなかった。
おにぎり食べたら急に眠くなり、神社の畳の部屋で横になって昼寝した。

目覚めたら家の裏庭の地べたに寝ており、服が泥だらけで靴も片方しかなかった。
現実だったのか夢だったのかわからない状態で家に入ったら、
「アンタが昼ごはんに帰ってこなかったから警察に電話するところだった」と
母親に怒られてる最中にゲロ吐いてしまった。

吐瀉物には食った覚えのない変なきのこがいっぱいだった。




『狐様と山神様』

427 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/10/08(木) 10:43:30 ID:hi+KGTx5O
携帯から書き込みます
読みにくいと思いますが御了承下さい今から10年前の中学1年生の時の話です。秋田県に住む婆ちゃんに会いに
独りで東京から電車で向かいました
秋田県の駅名は覚えてないんですが
駅に着くと親戚の叔父が車で迎えに来てくれて
そこから2時間くらいかな?
山をいくつも越え婆ちゃんの住む家に到着
当時80歳の婆ちゃんにしては元気で腰も曲がっておらず
薪を斧のようなものでバシバシ割っていた記憶がハッキリとしています。

婆ちゃん久し振りですと挨拶すると
大きくなったな~と頭ナデナデされ
家に荷物を置き
婆ちゃんがオニギリを出してくれた
食べようと手を伸ばすと
待ちなさい、まだ狐様と山神様が来てないからね、と言われ
婆ちゃんボケたな~と思いつつしばらく正座で待たされた
ここから目を疑う光景が
玄関に狐と蛇が来たんだ
え?と思いつつ狐が卓袱台のオニギリを1つパクッと食べた
山神さんにオニギリ渡しなさいと言われて
オニギリを玄関にいる蛇の前に置いた
(滅茶苦茶ビビりながら)
蛇は食べずにオニギリの周りを一周して
いなくなった
な、なんなんだ?おっかね~と思いながら婆ちゃんは当たり前な顔して
おあが

428 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/10/08(木) 10:57:11 ID:hi+KGTx5O
すみません途中で文章切れてしまいましたおあがんなさいと言われて
腹一杯オニギリを食いました
食休みして遊びに行こうとしたら
婆ちゃんに言われた注意事項!山で暗くまで遊んで迷ったら
葉っぱを一枚食べて一番大きな木の下にいなさい!
川で遊ぶなら石を投げたりしないこと
深い所には行かないこと!
夕方過ぎに道狐様に会ったらきちんと頭下げること!

面倒だな~と思いながら近所の川に遊びに行った
水が綺麗で川の流れをぼけーっと眺めてたら
反対岸に狐が2匹いた!
面倒くさいけど婆ちゃんに言われた通りに頭を下げた
次の瞬間から記憶がない
次の記憶が何故か家の前にいて竹細工のバックを持っていて
そのバックには桑の実があり得ないくらい入っていた!

怖くなって婆ちゃんを呼ぶと
頭ナデナデしながら狐様が下さったと
次の日からお化けや妖怪を信じるようになった。

ちなみに竹細工のバックは婆ちゃんが亡くなるまで大切に婆ちゃんが使ってた




『かくれんぼ』

226 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:00:40.20 ID:l+s5rcaX0.net
十年くらい前、俺は田舎も田舎、家が山に囲まれてるようなところに住んでたんだ。
山の頂上付近に俺んちが所有してる畑があって、別に農家とかじゃなくて自分ちで食べる分だけ作るみたいなちっちゃい畑な。
盆地だったんだけど、ちょっと脇道に入ると林の中とか山道(もはや獣道)につながってたんだ。
もちろんコンビニなんてなかったし、遊び場といえば近所の寺の境内か近所の神社周辺の森?林?だった。
当時から幽霊の存在とかそういう非科学的なことは信じてたけど、一切見たこととか感じたことはなかった。
いわゆる零感だな。
家から100メートルも離れてないところに墓があったけど、小さい頃はそういうところで弟たちとかくれんぼとかして、
遊び場にしてた。
成仏されたやつなんだからどうせ出ないとか思ってたからな。
で、神社にもよく遊びに行ってたんだが、小学校から帰って来て、弟と一緒に神社周辺の森の中に遊びに行ったときだった。
森の中には俺たちが遊んでできた道とも呼べないような獣道ができてたんだが、ご神木がいくつかあって、主にそれを目印に森の中を歩いてた。
鬼ごっことかかくれんぼとかを弟2人と遊んでたんだけど、かくれんぼで俺が鬼になってゆっくり10数えたとき、
それまで聞こえてた、風で木葉が擦れる音とか、鳥の鳴き声とか虫の声がピタッと止まったんだ。
「何か変だ」と思いながらも、隠れた弟を見つけるために、弟の名前を叫んだ。
かくれんぼなんだから呼んでも返事なんてするわけないんだけど、そのときは音が止んだことが不安で不安でそうしたんだと思う。
で、弟がいつも隠れていそうなところを探すんだけど、いつもは結構簡単に見つかるのに、なかなか見つからない。
どっちも見つからないなんてことは今までなかった。

227 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:01:41.77 ID:l+s5rcaX0.net
ついに諦めて、「どこにいるか分かんない!ヒント!」と叫んだ。
これはいつもどちらかが見つからない時に、ヒントとして手を叩いてもらって大体の場所を把握するための兄弟の中での合図みたいな
ものだったのだが、それでもなんの反応も帰ってこない。
弟がからかっているんだと思った俺は、もう夕暮れ時であったこともあり、「出てこないとおうちに帰っちゃうから!」と叫んだ。
弟は俺にすごく懐いていて、弟が俺と一緒に帰らないなんてことはありえないことだったから、こうすれば何が何でも出てくるだろうと思ったんだ。
でも、やっぱりなんの音もない。
もしかして弟は俺を置いて2人で帰ってしまったんじゃないか?
普段は絶対ありえないことだったが、自分が立てる音以外なにも聞こえない空間で不安が募り、そう考えた俺は、それなら俺もとっとと帰ってやると帰り道を歩いた。
でも、異変にすぐに気が付いた。
目印にしているご神木があるって言ったよな。歩いても歩いてもおんなじご神木が目の前に現れるんだ。
ぐるぐる回ってる!?と思ってひろった石でご神木以外の木に目印として傷をつけながら歩いたけど、やっぱり同じご神木が見えてくる。。
しかも木に付けたはずの目印の傷が消えてる。
ここまで結構な時間が経ってて暗くなっててもおかしくないのに、ずっと夕暮れが見えてる。
怖くなって、なんとなくご神木の近くなら安全だと思って、それからはかなり長い時間ご神木の木の根元に立ったり座ったりしてた。
相変わらず自分がたてる音以外は何も聞こえないし、虫も一匹も見当たらない。蟻一匹いなかった。
恐怖で泣きだした時、自分が座ってご神木の反対側から、何かが落ちるようなトサッという音がした。
急な自分以外の音にかなり驚いて、喉がヒクッて鳴ったのを覚えてる。
大人が3人くらい手を広げてやっと囲めるくらい大きなご神木だったから、振り向いたところで何も見えなくて、恐る恐る反対側に回ってみたら、
黄色っぽい白っぽいクリーム色?の狐がいて、俺をじっと見つめるのな。
野生の狐なら何回か見てたから、その狐が普通の狐よりちょっと大きいなって分かった。

228 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:02:50.35 ID:l+s5rcaX0.net
まだ小さかったし、牙のある動物に森で出くわしたってことにかなりビビった俺は狐の目を見ながら後ずさった。
一応熊がよく出る地域だったし、家でも学校でも出くわした時の対処法として目を見ながら離れろってことは教わってたからな。
背を見せて逃げたらだめだって。幼いのによくできたとあのころの自分を褒めたいよ。
だけど、その狐は襲い掛かってくる様子もなく、軽やかな足取りでご神木をぐるぐる回り始めた。
意味が分からなくてそれを目で追ってると、何週目かで回るのをやめて俺が歩いてた獣道を歩きだした。
ホッとしていると、狐がある程度まで歩いたところで止まって、俺を振り返ってみていた。
尻尾をゆらゆらと揺らしてずっと見ていた。
それが、飼っている犬が俺が追いつくのを待っているときにそっくりだったから、衝動のままその狐に近づいた。
ある程度近づくと、狐はまた先へ進み、同じように俺を振り返った。
ついて来いと言われているような気がして、戸惑いつつもその狐についていくと、また見えてきたご神木に近づいたとき、急にあたりが真っ暗になった。
驚いたが、そこが神社の境内だと気付いて、すごく安心した。
同時に、俺がいなくなったことで弟が呼びに行っていたらしい母が「○○くん(俺の名前)!!」という言葉とともに俺を抱きしめてくれて、探してくれてたのかと分かったのと、恐怖から解放されたのとでわんわんないた。
先を行っていた狐はいつの間にかいなくなっていたが、次の日の朝、神社の神主の息子(友達)から、一つのご神木を囲むように、首を噛まれて死んでいた5匹の狐が見つかった。
と聞かされて、もしかして自分はその5匹に化かされていて、あの狐が助けてくれたんじゃないかと思った。

229 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:05:31.85 ID:l+s5rcaX0.net
つい先週、春休みで実家に帰ったときに家の近所にある林の中でその時の狐にそっくりな狐を見かけたから、
この体験を思い出したことを誰かに聞いてもらいたかったんだ。
当時母にだけ話したつもりだけど、文章力が拙かったこともあってなんかよく分かってもらえなかったから、記憶は鮮明に残ってるし、
今なら文章に起こせると思って、ここに書き遺した。
自分が体験したことをどこかに残したかった、俺の自己満足だ(-_-;)

スペースかなりつかってしまって悪いm(__)m
俺の駄文を読んでくれた人、どうもありがとう。




『狐の嫁入り』

68 :本当にあった怖い名無し :2009/05/20(水) 02:53:58 ID:fIcRU6gNO
俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にあるんだけど、
小学校六年の時の夏休み、7月28日にツレ二人と湖に流れ込む川を溯って、イワナ釣りに行く事になった。
雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の水がやけに気持ちよかった事を覚えてる。
俺らにとっては何度も通いつめた谷。ポイントも殆ど分かっていて、
イワナ止めの滝に着く頃にはビクも一杯になっていた。
知らない人の為に一応書いておくが、イワナ釣りってのは川を溯りながら釣りをし、
これ以上は魚が登れないような落差の大きい滝(イワナ止めの滝)まで釣り上がり、
そこで釣りは終了、川を下って帰るんだけど、
その日の俺らは魚も十分釣れたので、邪魔くさい帰り道も、足取りは軽かった。
冗談を言ったり、川に入って泳いだりもしながら、大きな淵まで下ってきた時、いきなり小雨が降って来た。
天気予報では降水確率0%だったので不思議に思ったんだけど、
それより驚いたのは、太陽は依然としてギラギラ輝いていて、どこにも雨雲なんて無かったこと。
おかしなこともあるもんだとかツレと話していると、突然、谷にこだまするほど大きな音で
「ケーーーーン」と動物の鳴き声の様なものが辺りに響いた。
で、次の瞬間。
川の対岸の薄暗い杉林の中に、川上に向かってゆっくり歩いてく、10人ほどの人の行列が現れた。
黒い紋付き袴を着た男達だったんだけど、行列の中程に一人だけ、白無垢を着た女がいた。
俺らはもう完全に凍り付いていたんだけど、なんか本能的に「逃げるべき」と思ったわけ。
ツレの一人が走りだすと、もうみんな一目散。川にそって全力疾走した。
湖面が見えてくる頃には、不思議な雨もいつの間にか上がっていて、漸く生きた心地がしたんだけど、
出てきた場所はなんと湖の対岸。溯った川とは全く別の川の河口だった。続きます。

69 :68 :2009/05/20(水) 02:57:02 ID:fIcRU6gNO
小さい湖だから、家に帰るにはそれほど大変ではないんだけど、
恐怖のあまりどうやって帰ったのか全く記憶が無い。なんとか家に辿り着くと、俺の顔を見るなり、祖母が血相変えて飛んできて、
「そんな死人みたいな顔して!山で何を見てきた!」
と、怒鳴ると、いきなり念仏を唱え始めた。一緒にいた祖父にことのあらましを話すと、
「狐の嫁入りか。多分心配は無いと思うけど、魚は返しに行け」
と言うので、祖父に連れられて湖まで行き、ビクの中の魚をぶちまけた。
魚はもうとっくに死んでいて、白い腹を見せてプカプカと浮いていた。で、まだこの話は終わらない。

70 :68 :2009/05/20(水) 02:58:04 ID:fIcRU6gNO
高校を出て大学に入った年の夏休み、帰省中にあの時の二人と海釣りに行く事になった。
しかし、出発直前になって俺は寒気と吐き気と高熱に冒されて、行く事が出来なくなった。
一晩寝ると症状は嘘のように回復したが、人生最大の悲しい知らせが待っていた。
友人二人が道中の車の事故で亡くなっていた。二人が他界してから10年以上が経った先週、いつもの通勤電車の中、
目の前に座っていたサラリーマンが読んでいた渓流釣りの雑誌をぼんやり見ていると、突然、
もしかすると二人はあの時、魚を返さなかったのかも知れないという考えがふつふつと沸き上がってきた。
二人は祖父母を早くに亡くし核家族で、誰も魚を返さなければいけない事を教えてくれなかったのではないか。
だからあの時魚を返した俺だけが、事故の日、高熱を発して難を逃れたのではないか。
なぜ俺は魚を返さなければいけない事を二人に伝えてやれなかったのだろう。
もうどうしようも無い事だとは分かっていながら、そう考えるといてもたってもいられなくなった。
で、その日のうちに会社に休暇願いを出して、ようやく仕事が片付き、やっと今日から休み。今、帰省中。
あの二人とよく一緒にファミコンしたりして遊んだ部屋でこれ書いてる。
明日は二人の墓参りに行って、伝えられなかった事を謝るつもり。
あと、あの時俺を助けてくれた祖父母の墓にも参ってこよう。
窓の外から湖の波の音がやけに聞こえてくる。
二人の時も祖父母の時も、葬式で死ぬほど泣いたはずなんだけど、なんかまた泣けてきた。

76 :68 :2009/05/20(水) 05:40:54 ID:fIcRU6gNO
今、起きた。まだ五時半かよ。
二時間くらいしか眠れなかった。
なんか変な夢見るし、寝覚めは最悪。>>71
もちろん。川と二人が行くはずだった海釣りの場所は別のところです。
川は湖に流れ込む川で、海まで流れてるわけじゃないです。

>>75
創作だと思われても、仕方ないですね。大学時代の友人も会社の同僚も、嫁ですら全く信じてくれません。
また、魚を返したので俺だけ難を逃れたってのは、単なる偶然だと思います。
あの日の俺の突然の症状も、軽度の食中毒のものによく似てます。とても暑い日だったので、いかにもですね。
ただイワナ釣りに行った日、不思議な雨に遭い、杉林の暗やみで不気味な行列を見たのは紛れもない事実です。
ただ一緒にそれを見た二人も、何か知ってるようだった祖父母も他界してるので、証明出来ないのが残念です。
82 :本当にあった怖い名無し :2009/05/20(水) 08:56:23 ID:fIcRU6gNO>>77
俺が他人にこの話聞かされても多分信じ無いので、まぁ仕方ないです。
幽霊だったらまだしも、狐の嫁入りなんてね。>>78
中学・高校と何も変わった事は無かったですね。あの出来事の後も、
ツレ二人と「あれは一体なんだったのか」みたいな話はしましたけどね。
ガキの頭じゃわかるはずもなく…。
他人に言っても全く信じてくれなかったので、三人ともその話をあまり人にしなくなりましたね。
ただ、二度とあの谷にイワナ釣りに行くことはなくなりました。

>>80
ああ、そういう考え方も出来るんですよね。そう言ってもらえると少し気が楽になります。
でもあの鳴き声は雉子じゃなかったですね。子供の頃からよく山へは行っていたので、
何度も雉子の声は聞きましたが、文字にすると確かに同じになっちゃうんですが、あれは明らかに異質なものでした。
それと、あの時の祖父母の様子が引っ掛かるんですよ。
俺の顔を見るなり「何を見た!」って怒鳴った祖母。
祖父の言った「狐の嫁入りか。心配ないと思う…」と言う言葉も、狐の嫁入り以外の何なら心配だったのか…とかね。
考えすぎですかね?

やっぱり気になるんで、これからお墓に行って、帰りに町の図書館に寄って、似た昔話でも無いか調べてみます。
何か面白い話が見つかればまたここに書いてみます。

107 :68[sage] :2009/05/20(水) 14:35:11 ID:fIcRU6gNO
みなさんに気にするなと言ってもらえて、マジで嬉しいです。
そういえば、亀を捕まえたときも返しにいけと言われた気がするし、
祖母も俺があまりにまっ青な顔してたんで、ビックリしただけに思えてきた。
図書館に○○町の昔話って本があって、一通り流し読みしてきたんだけど、
その谷に関する話は一つだけ。それも谷の名前の謂われになった、
俗に言う貴種流浪譚みたいなやつで、俺の見たものとは無関係そう。
地域の年寄にでも聞けば、何か知ってるかも知れないけど、
親戚の年寄もあらかた他界してるし、高校出てすぐ町出たから、集落の年寄とも付き合いがない。
まぁ、とにかく、ここでみなさんに気にするなって言ってもらって、墓に参って来たら、なんかスッキリした。
今日は実家で晩飯食ってから、嫁の待ってる家に帰り、明日から仕事に行く事にするよ。




『山の神さん』

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/30 15:21
俺がまだガキの頃、家の近所には深い森があった。
森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、
畦道の脇にクヌギやクリの木に混じって
卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。
その墓石の行列が途切れると、木々の間に森への入り口が
まるで洞窟の様にしてポッカリと口を開けているのである。小学校4年の夏休みも終わりに近付いた頃の話である。

その夏休みの間、俺は友人三人と毎日の様に
墓場を通りぬけ、森に分け入っては
カブトムシ採捕りと探検に明け暮れていた。
危険な場所であるから入ってはイケナイと
学校からも家族からも注意されてはいたが、
そんなものは溢れる好奇心に対する
何の抑止力にもなりはしなかったのである。

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/30 15:22
その日。八月にしては異様に涼しい日だった事を覚えている。森の手近な所を探検し尽くした俺達は、
誰が言い出したのか、今まで入った事のない、
山端へと続く森の最深部へ行こうという事になった。
生い茂る草を薙ぎ倒しながら、道無き道を突進した俺達は
やがて不思議な感じのする場所に出た。

そこは25Mプール程の広場で、
周りには巨木が何本も聳えていた。
巨木は競うように枝葉を伸ばし、
辺りは八月の昼間にもかかわらずやけに薄暗い。
天を覆い尽くすかの如く広がった葉の隙間の
僅かに覗いた青い空から、木漏れ日が落ちていた。
その木漏れ日が落ちる広場の地面は、
道も無い様な森の中だと言うのに、
まるで掃き清められた様に綺麗で、
雑草一本生えてはいない。

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/30 15:24
俺達は言い知れぬ恐怖を感じ、
誰からともなく帰ろうと言い出した。その時である。

今まで狂った様に鳴いていた蝉の声が突然止み、
世界から全ての音が消えた。
続いて視界から色彩が完全に失われ、
まるでモノクロームの映画を見ている様な状態になったのである。
慌てて友人の方を向くと、
彼らも呆然と立ち尽くしている。
後で聞いた話だが、彼らも俺と同じ様に音と色とが
完全に失われた状態であったらしい。

俺は焦りに焦った。
不安と恐怖でオカシクなりそうだった。
逃げよう。
そう考えたのは、暫く呆けた後だったと思うが、
いざそう考えると、今度は体が全く動かないのである。
足が二本の杭になって地面に突き刺さったかの様だった。

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/30 15:24
絶望に打ちのめされながらも、
なんとか体を動かそうともがいていると、
ふと、何かキラッ光るものが視界に入った。
金色に光る雪のような物が辺りを舞っていたのである。
色彩の失われた世界の中で、
その雪だけがキラキラと光っている。そしてその雪の中をライオン程の大きさをした金色の狐が、
木々の間から姿を現し、こちらに向かって来たのである。
狐は悠然とした足取りで広場を横切り、
俺達に気を留める様子もなく、また巨木の間の闇へと消えた。
その間僅か一分程の出来事だったと思うが、
俺には異様に長く感じられる一分だった。

狐が消えてしまうと、まるで何事も無かったかの様に
蝉が再び鳴き始め、視界にも鮮やかな晩夏の色が蘇った。
俺達はわけのわからない叫び声を揚げながら走り出した。

ススキや棘で体中傷だらけになりながら森を抜け出した時、
漸く俺達は助かったと思った。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/30 15:25
に辿りついた後、体験した出来事を祖父に話すと、
祖父は
「それは山の神さんや」
と言い。そのあと少し怖い顔で、
「もう二度と行くな」
と続けた。祖父のイイツケを頑なに守った訳でもないが、
この話に後日談は何も無い。
後で行ってみたがそんな場所は無かったとか、
恐ろしい言い伝えが有った等の
胸のときめく様な話は一切無いのである。
俺達は会うたびにその話をしたし、
もう一度行ってみたい気持ちも無くは無かったのだが、
不思議ともうあの場所へ行く事は無かった。

やがて時は流れ。

ある年、森は突然消えた。
宅地造成で森は切り開かれ、貫くように大きな道が通った。
畑は潰されて、畦道はアスファルトに変わり、
墓場は纏めて別の場所に移されて、その上には
ペンション風の家が建っている。
狐狸だけが通った道を、自動車が行き交い、
俺達が狐を見たあの場所も
多分今はもう無い。

長文スマソ。



『電話に出る何か』

233 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/03/12(木) 11:12:10 ID:jJuJBpzV0
私の実家には電話に出る「何か」がいる
家に誰も居ないとき限定で、家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出るそれが無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に「はい(苗字)です」と、若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。で、「何か」に用事を頼むとしっかりこなしていてくれる。
・お風呂沸かしておいて
・○○の電源切り忘れたから切っておいて
・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて
などなど、敷地内限定かつ人に出会わないもの(宅配受け取って、などはNG)

私が生まれたころからはじまったのでかれこれ数十年になるんだけど、いまだに「何か」は家にいるらしい。
この間ためしに「母に○○と伝言お願い」と頼んだら、母が帰宅したらテーブルの上にメモ書きとして置かれていたそうな。

236 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/03/12(木) 11:58:20 ID:jJuJBpzV0
>>235
炊飯器のスイッチ入れておいて、と
冷凍庫から物を出しておいて、までならやってくれたことがある。
あんまり難しいことはできないようで。はじめは「誰かの幽霊では?」となったんだが、該当するような若くして死んだ親戚なんかも全く居ない。ある日を境に稲荷さんではないかということで落ち着いた。

245 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/03/12(木) 17:23:32 ID:jJuJBpzV0
>>240
一度、家族全員わざと留守にしてカメラ回してみたことがあったけど、そのときは電話にも出ないし何もうつらなかった。
気づいてるのかも>>244
祖母が生きてたころに「いつもありがとうね、お土産かっていくけど何がいい?」と電話越しに聞いたら「油揚げがいいな」と言ったことがあって、それからうちでは稲荷さんということで解釈した。
近くに稲荷さんが実際にあるし、多少思い当たることもあったし電話は2~3コールで出る。
普通に、ほんと知らない人が聞いたら留守番してる奴がいるでしょ?と思うくらい普通に「はい○○です。…ああ、わかった。じゃあ気をつけて」とか。
電話するときに、自画像描いてとか名前教えてとか言ってみようかな、と思うと電話に出ないんだよね。かなり鋭い相手。

250 :1/2[sage] :2009/03/12(木) 18:09:33 ID:6VwPuanu0
>>246
出会いのきっかけの前からになるけど、うちの実家の裏手には山があって、細いのぼり道を少しあがったところ(大人の足で5分もない程度)に小さな稲荷さんがある。(小さい祠)私がまだ生まれて間もないころに風邪を引いたのか、高熱が何日か続いて、母親が寝ずの看病をしてくれていた。
疲れた母がほんの少しうとうとした1、2分の隙に私が消えた。
家内を探しても居ない。母と私以外で家に居たのは祖母のみ、でも祖母も見ていないと言う。
半狂乱で探すうち、家の裏手に回った母がかすかに子供の声を聞きつけて山へ行くと、稲荷さんの祠の前に私が寝ていた。そして熱がすっかり下がっていた。
まだハイハイどころか寝返りも打てない幼児がどうやってそこまで移動したのか、誰かが連れて行ったのか、結局分からずじまいだった。

251 :2/2[sage] :2009/03/12(木) 18:10:07 ID:6VwPuanu0
時がたち私が幼稚園の頃、用事で家族全員が留守にしたことがあった。
私は幼稚園へ、そして家には近くに住む高校生の従兄弟が留守番に来てくれる手はず。
幼稚園が終わり、家へ電話すると男性の声が応答したので従兄弟だと思い、今から帰宅すると伝えると「おやつをテーブルに出しておくから気をつけて帰ってこい」と返事。
帰宅してみるとおやつの用意はしてあり、まだ熱いお茶まではいっている。だが、従兄弟どころか誰も居ない。
従兄弟は留守番の約束をすっかり忘れて遊びにいっていた。実家には誰も居なかったはず。
では、あの電話の声は誰なのか?これが初めての出会い体験。最初は私が電話したとき限定だったので家族も半信半疑だったが、そのうち一人、また一人と同じ経験をした。
しばらくするうちに「悪さをするわけじゃなし、あまり追求してもかわいそう」と判断して誰も気にせず、見えない家族が増えたという認識でおちついた。で、
・ある日祖母がお土産いるかと聞いたら油揚げと答えた
・はじめのうちは私限定だった、私を助けてくれたといえば裏山の稲荷さん
という二つから、もしかしたら稲荷さんじゃないかということになって今に至る。

————————————————————
あれID
252 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/03/12(木) 18:13:17 ID:6VwPuanu0
最後ミス
ID変わっちゃった。>>248
次に留守にするときに煮付けてテーブルの上に用意して、電話で「テーブルの上に油揚げ置いておいたからね、食べてね」と言っておいたら帰宅する頃には完食して食器も洗っておいてあった>>249
どうかなー

266 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/03/12(木) 22:10:55 ID:1HLa2Y490
度々ID変わってて申し訳ない
>>233(ID:jJuJBpzV0)=>>250(ID:6VwPuanu0)=ID:1HLa2Y490です明日になったらただの名無しに戻ります、長々続けてすいません>>255
私は小さかったんであまり恐怖感はなかったと思うけど、家族は最初のうちはちょっと気味悪かったみたい。

>>256
ちょっと照れくさそうに「ありがとう、いただきます」と言ってたらしいです。

>>262
自分ではどういう縁があるのか全く分からないけど、やはり私に何かしら関係があるようで…
ちなみにどうやら私の子供も助けてくれてるようです。
今は実家暮らしではないんだけど、それでも見守ってくれてるのかなとちょっと嬉しく思ってます。

>>264
元は小さい質素な祠だけだったんですが、私の幼児期の熱が下がった一件の感謝で鳥居をたてて、私が結婚する少し前に小さいけれど石屋さんに頼んで狐さんの置物(狛犬みたいなやつ)を置かせてもらいました。
周りも少しだけ整地したんで、今じゃミニ神社みたいになってます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんばんは
六甲山の白狐さん、記事にしていただいて、ありがとうございました。
yu-miさんの言われるとおり、他次元に存在する霊だろうなと、私も思いました。

狐は山の神がとても可愛がっていた動物、だと聞いたことがあります。
山の神に感謝しながら、六甲山を歩いていたことも何か関係していたのかもしれません。

そして、皆さんの不思議なキツネの体験談、とても興味深く読ませていただきました。
こんなにたくさんの体験談があるなんて、なんだか嬉しいです。
教えていだだいて、ありがとうございました。
2016.09.05 19:23 | URL | ALOHA #- [edit]
Re: タイトルなし
ALOHAさん、大変興味深い白狐さんらのお話、ありがとうございました!
やはり思うのは、昔ばなしで語り継がれてきたものは、本当にあった出来事なんだということ。
狐が美女に化けて男たちを騙す話も昔ばなしにはたくさんあったと思いますが、今回のALOHAさんのお話を受けて、これも本当にあるのだと思いました。
きっと現代でも化かされてる男性は結構いるのでしょうね(・・;)
極楽茶屋って本当にそういう名前の休憩所があるのですか?それとも霊界の話かな?
いづれにしても、面白い体験談でしたね!
2016.09.06 06:35 | URL | yu-mi #- [edit]
返信ありがとうございます。
たしかに、昔ばなしは本当にあった出来事、の言い伝えなのでしょうね。
見たこともない美女、男性はあっさり騙されるでしょうね〜。

説明不足でごめんなさい、極楽茶屋は実在する休憩所です。
人は住んでいるようでしたが、自販機のみ、営業はしていないようです。
白狐さんに遭遇したのは、六甲山の最高峰付近、極楽茶屋はそこから30分ほど歩いたところにあります。
それにしても、私たちは不思議な世界に住んでいるのだと、思わせられる出来事でした。
2016.09.06 07:36 | URL | ALOHA #- [edit]
Re: タイトルなし
ALOHAさん、お返事ありがとうございます。
極楽茶屋は実在するのですね(゜ロ゜)
名前がいかにもって感じだったので、もしかしたら異次元に存在するお茶屋さんかな?と思った次第です(^^ゞ
恐らく六甲山のその近辺は時空の歪み、裂け目が生じているのでしょうね~。

2016.09.06 08:38 | URL | yu-mi #- [edit]
なるほど〜。
ほんとうは、極楽茶屋は異次元の入り口の名前、なのかもしれません。

六甲山はUFOや妖怪(牛女)の目撃談もありますから、時空の歪みや裂け目が
あってもおかしくないと思います。

色々と教えていただいて、ありがとうございました。
2016.09.07 13:39 | URL | ALOHA #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/415-441f76f4