空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

子どもの頃にしか見えない聞こえない...体験談4選

不可解・不思議体験まとめサイト【エニグマ】』 『怖い話まとめブログ』より


 ●リカちゃんサイズの女性

665 :本当にあった怖い名無し:2010/12/30(木) 20:34:11 ID:/7HKv4E1Oまだ保育園に行っていた頃の事なんだけど、
物凄く内向的な性格で、いつも特定の子に叩かれたりして虐められていた。
辛くて親に言うんだけど、親も忙しくて構ってくれなかった。
で、ある日の夜中
目が覚めて窓辺に行って外をぼーっと見ていた。月を隠していた雲が風でさぁっと消えて
暫くして、蕾だった百合の花がぱぁって咲いて
中から、リカちゃん人形くらいの人が出てきた。私は人見知りが激しかったから、
いつも本ばかり読んでいたから、その時も
「なんか、親指姫みたいだな」と思った。
そのリカちゃんサイズの人は女性で、めちゃくちゃ綺麗だった。

666 :本当にあった怖い名無し:2010/12/30(木) 20:40:31 ID:/7HKv4E1O
で、ぼーっと見てると
その人が、ふわりと浮きながら、
私の居る窓まで来て
コツコツとノックしてきた。
そこで、初めてびっくりしたけど、
だって全裸。
更に驚いたことに喋った。
「寒いから、服貸してくれない?」
だって。
いつも一人遊びで使っていたリカちゃん人形の服をありったけ持ってきてみせると
サイズもぴったりだったみたいで、少し喜んでいた。
その日はそこまでで、気が付いたら、朝だった。窓に寄りかかるようにして寝ていた私の周りにはリカちゃん人形の服が散らかっていた。

667 :本当にあった怖い名無し:2010/12/30(木) 20:47:07 ID:/7HKv4E1O
その服を貸してあげたリカちゃんは
よく分からない存在ながらも人間の心理に詳しかったようで
虐められたことを話すと、とても効果的な対処法を教えてくれたり、
お守りをくれたりした。そのお守りがあると、あがり症の私だけど
お遊戯会で上手に歌えたし、
合唱コンクールでも平気だった。
色んな事をこれからも教えて貰えると思ったのに、
「いつまでも私が居たらダメよね。
いつだって助けてあげたいけど、いつもいつまでも一緒には居られないから」と言った日を最後に会えなくなった。
でも、今でも本当に困ったとき、
あの人の周りに漂っていた百合の匂いを嗅ぐことがある。
長文失礼しました。

680 :本当にあった怖い名無し:2010/12/31(金) 02:35:38 ID:WCAgHXxF0
>>667
>虐められたことを話すと、とても効果的な対処法を教えてくれたり
対処法を教えてください。

686 :665:2010/12/31(金) 12:17:07 ID:pIB2I1VQO
>>680
最初は、いじめっ子が私に接触しないように
先生の近くにいるよう言われました。
で、今まではオドオドしてすれ違うときとか目を逸らしたり不自然なくらいに見ないようにしていましたが、
「○○ちゃん(私です)は悪くない。
そういう子は野生動物のようなものだから、すれ違う時に目を逸らしたりしてはダメ」
と言われ
段階を設けて徐々に課題を与えてくれる感じでした。
因みに、貸した服は数年後きれいに畳んだ状態で出会った窓付近に置いてありました。
近くに金平糖のようなものもあり、食べたら凄く美味しかったです。




●喋る犬

301 :本当にあった怖い名無し :2008/06/28(土) 21:53:10 ID:RtnbWh1rO23:おさかなくわえた名無しさん :2008/06/28(土) 21:47:08 ID:ug9Tiq6a
こんなスレあったのか、ちょっと俺の誰も信じてくれない本当の話。

小さい頃に喋る犬みたいのと暮してた。見た目は大人の人が馬の真似した様な感じで質感は獣というより粘土で作った様な感じだった。
さらに暮してたというか常に身近に居てたまに姿を現すって感じだった。
でも俺が小学校に上がり次第にその犬もあまり現れなくなった。週に1回見るか見ないかってくらいに頻度が落ちてしかも目が合っても知らん振りされたり。
俺には弟が居て弟は俺がその犬になかなか会えなくなってる時でも頻繁にその犬と遊んでいる様でよく話しを聞かしてくれた。

そして小学3年生の時、隣の家が火事になった、俺は弟とベランダでその光景を眺めていた。
でもその光景に飽きて部屋に戻って遊んでたら、部屋が物凄く暑くなってきた。なんと俺の家に火が燃え移り部屋が燃えていたのだ。
それで、逃げようとしたんだけど階段の方は燃えてるしで逃げられなくなり、部屋も凄く熱くて弟もワンワン泣いてるし子供心に「これ確実に死ぬ」とか思っていたら
その喋る犬が出てきて悠長な日本語で「またいつもの暮らしに戻ります?」とか言ってきた。俺は意味も理解出来ないまま頷いた。
すると突然周りの風景が変わって弟と一緒に学校に登校してる風景になった。弟も自分と同じ様な状況になったらしく不思議がっていた。
成人した今でも弟とその時の話しをしたりする。俺のだれも信じてくれない本当の話しでした。

ちなみにその火事の後もその犬は居て、最終的に見なくなったのは高校入学直前くらいです。弟も大体それくらいだそうです。




●ワンタ

923 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 19:23:14 ID:t1/vQKlq0
幼稚園に入るちょっと前ぐらいか?
子供の頃に、毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。
大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらいだと思う。
がっしりとした体で足が太く、体は真っ白で毛が長く、目は濃い水色で透き通ってた。
今でもハッキリと覚えてるのは、尻尾が5本あった事と、両目の間から山吹色の短い角みたいなのが一本生えていた事。
俺はその動物を『ワンタ』と呼んでいた。
俺が好きだったグレープジュースを一緒に飲んだり、
白い柔らかなせんべいみたいなお菓子を、分け合って食べたりしてた。

よく俺がワンタと一緒に遊んでいると、おふくろは一度だけワンタを見た事があるからなのかな、
ジュースを2つ用意してくれたのを覚えてる。
ただ、親父にはワンタは見えないらしく、勝手にワンタのジュースを片づけてしまったりして、よく俺が泣いていた。

ワンタは中学校に入るちょっと前ぐらいに、
『もうお前と遊ぶことができなくなってしまうなぁ。でも、いつもここにいるからな』
みたいな事を言われて以来、ワンタと会えなくなった。
中学校1年の中頃まで毎日のように庭に出たけど、あの日以来ワンタの姿を見る事はできなかった。


924 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 19:26:34 ID:t1/vQKlq0
どうして突然こんな事を書こうと思ったかと言うと、実は俺、ちょっと前まで膵炎で入院してたんだ。
痛いし何も飲み食いできないしでえらい苦しかったんだけど、ある夜、夢にワンタが出てきたんだ。
俺がベッドで横になっていると、俺の足下にワンタが座ってた。
「ああ、久しぶりだなぁ……」と俺が言うと、
ワンタは心配そうな顔つきでじっと俺の顔を見つめると、突然ガウッと吠えて俺の胸に食らいついた。
痛みはなく、ワンタが何かをしてくれているという事を感じたので、しばらく胸元に食らいついている姿を見ていると、
やがて顔をあげたワンタの口に何かがぶら下がっていた。
黒いゲジゲジのような虫のようで、それは空気に解けるようにして消えてしまった。
『もう大丈夫だな』
ワンタがそう言った所で目が覚めた。
翌日、目が覚めると体が軽く、その夢を見た日を境に俺の体調は、医者も驚くほどの早さで一気に好転していった。

子供の頃に毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。
俺の子供の頃の記憶から飛び出したワンタは、俺を救ってくれた。
おそらく、何となくだけど、もう生きている間には二度とワンタと会えないような気がする。
庭に向かってお礼を言っても、それが伝わっているか、今の俺には分からない。
だから、このスレに書かせてほしいんだ。

ワンタ、助けてくれてありがとう。
たまに、庭にグレープジュースを置いておくから飲んでな。


925 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 19:35:35 ID:oPLkjy4h0
>>924
いい話じゃねーかつωT`)
文才あるな>924。
ワンタって、>924にとってどんな位置付けの存在なんだろう?
守り神や亡くなった親戚の変化とか、昔家族の誰かが飼っていた犬だとか
思い当たる節はないの?


929 :923:2005/07/06(水) 21:22:22 ID:t1/vQKlq0
>>925
それが思い当たる節と言えば、俺の家系が全員動物好きって事ぐらいなんだ。
あと、すでに他界してるじいちゃんが、庭に壊れかけた祠を持ってきて建て直した事ぐらい。
うちで飼う動物が全て長寿……は関係ないか。




●ツキとギン

722 :1/3:2008/10/21(火) 18:54:58 ID:SofZA5Rm0
10歳から12歳までの頃の話。

メンヘラって思われるかもしれないけど、私は常に多重人格の様な体験をしてた。
とはいっても、TVで観る様な別人格が現れるとかでは無く、頭の中で声が聞こえる事がしばしばあった。
声の主は男と女。声の感じは、若めの成人男女、といった感じだった。
確かにはっきりと(幻聴って言われるかもしれないけど)聞こえてた。

当時私は中学受験を控えてて、都内でもよくあるNのバッグの塾に通ってた。
初めて声を聞いたのは、その塾のテスト中だったと思う。
突然女性の声で、『何やってるの?』って声が聞こえた。
私は驚き周囲を確認するも、近くに大人の姿は無い。
すると今度は男の声で、『お前さー、ツキが聞いてるだろ?答えてやれよ』って。
月?何のことか分からなかった。頭がおかしくなったのかと思った。
それでもしつこく『おーい』とか聞いてくるのだが、
もちろん厳しい塾だし、私語なんかしてたら怒られる!って思っていたので、ずっと無視をしていた。

その帰り道、バスで帰る為に駅まで歩きながら、あの2人の事を考えていた。
周りの雑踏に掻き消されるぐらいの小さな声で、「ツキ・・・」って言ってみた。
すると、『あ、聞こえてたんだね。名前覚えてくれたんだ。えらいえらい』とツキ。
この時は冷や汗が出るほど驚いた。
男の方は、無視したことが気に入らなかったのか怒っていた。

本当に頭がおかしくなったんだと思った。
当時看護婦をしていた母に相談してみたところ、「また聞こえたら病院に行ってみる?」って言われた。
”頭がおかしくなった人の病院は怖い”っていうのが当時の私の印象で、
親にはもう相談出来ないって子供心にそう決めた。

日が経つにつれその現象(幻聴?)にもなれた私は、
気付かれないようにコソコソと、その2人と会話をする様になった。
何回か話すにつれ、男は『ギンだよ』って教えてくれた。


723 :2/3:2008/10/21(火) 18:56:02 ID:SofZA5Rm0
ギンの性格は短気で、口が悪いが頼れる存在。当時の私には、心強い兄の様に感じていた。
逆にツキは優しく、何でも知っていて穏やかな話し方をする女性だった。
私はこの2人が本当に好きだった。

例えばギンは、自分の声が周りに聞こえていないのをいい事に、
友人の話を『こいつおもしろいな~』って笑っていたり、
私が親に怒られている間は、『母ちゃん話長いね~』とか煽り、
こっちが笑いをこらえるのに必死だった時もあった。
また、テストの時間、小声で頭のいいツキ♀に答えを聞こうとし、ギン♂に怒鳴られるなんて事もあった。

ツキはテストの時間、『ココは前に○○先生が~』とか、ちょっとしたヒントをくれた。
なかでもツキの話は、こどもの私でも興味津々だった。
大半がうろ覚えなのだが、確実に覚えているものをひとつ。
ツキ『○○(←私)、地球は本当に丸いと思う?』
私 「うん。丸い」
ツキ『本当にそう思う?』
私 「何で?そう教わったし、テレビでも地球は丸いよ?」
ツキ『丸いって言われてるから、そう思うのかもしれないでしょ?』
私 「丸くないって思ってたのは昔の人でしょ?ツキは昔の人なの?」
ツキ『教えない。でも○○(←私)には教えてあげる。地球は丸でも平らでもないわ』
私 「??・・・全然分かんないよ」
ツキ『ごめんね。でもこれだけは憶えておいて。地球の壁の向こうに私達はいるから』
(ここが非常に印象的だった)
私 「壁?」
ツキ『いつか会いに来てね』
私 「うん。絶対行く。約束する」
ギン『おい、ツキ!もーいいだろ。そろそろ母ちゃんが飯呼びに来るぞ』
私 「分かった!ふたりとも『シーッ』」
んで即母親登場みたいな。


724 :3/3:2008/10/21(火) 18:58:00 ID:SofZA5Rm0
でも私は、妹にその話をしてしまい、妹から母親に伝わり、病院へ連れて行かれる事になる。
私は頭がおかしくなってもいいから、2人とは離れたくなかったので、嫌がって泣きじゃくった。
病院では軽いテスト?(クイズから絵を見せられたり、テレビを見て感想を述べたり)を行ったのだが、
驚くべき事に、その時だけは問題の答え方は、全てギンが教えてくれた。そのぐらいありえなかった。
結果問題はなく、2人はそれからも私と共にいた。

だが2年ぐらい経ったある日、
毎日会話をしていたのにもかかわらず、だんだんとギンの声が聞こえなくなってきた。
遠くから声が聞こえるように、小さくしか聞こえないのだ。
私は不安になってツキに聞いた。
ツキは言った。『あなたが大人になるにつれ私達の声は聞こえなくなるの』と。
私は大人になんてなりたくないから、離れないでって嘆願したが、
ツキは『ごめんなさい』としか言わなかった。

ギンの声が消え、そしてツキの声が消えた時、私は初めて学校を休み、1日中布団の中で泣いていた。

あれから10年以上経つが、あの2人の事をふと思い出す。
今でも誰か別のこどもと、楽しくお喋りをしているのだろうか。
地球の壁の向こうにいる友達へ、「ありがとう」とひとこと言いたかったな。


726 :本当にあった怖い名無し:2008/10/21(火) 19:35:54 ID:BQhkft4V0
すごく興味あるんだけど、ツキとギンの正体についてはまったく情報なしですか?
同じように聴こえる人もいる、とかいう話はありましたか?


727 :722:2008/10/21(火) 19:58:49 ID:SofZA5Rm0
>>726
2人の声が聞こえなくなってから、両親や祖父に聞いてみたものの、結局のところ分からずじまいでした。
先祖の可能性とか考えてみたんですけど・・・。

ただ、ギンに1度だけ「君たちはだれなの?」って聞いたことがあります。
でも『めんどくさい』だったか、『何でイチイチお前に説明しなきゃ・・・』みたいな事を言われて、
教えてもらえなかった事がありました。
会話なので、きちんと一字一句合ってるかどうかは分からないんですけど。

また、私の同じ様に声が聴こえる人は確認できませんでした。
それが余計に頭いっちゃったのかと思ってて、あまり人にはカミングアウトできませんでした。

せっかく興味を持って頂いたのに、満足な情報が無くてごめんなさい。


728 :(´・ω・`) ぼくは かわいいこだぬきだよ:2008/10/21(火) 20:04:53 ID:4Mi21K520
>>727
本当に不可解な体験でしたね。
ツキさんとギンさんからは、地球の形状以外で教えてもらった、
何か不思議な情報が他にあったら、出来るだけ教えてもらえませんか?
例えば、地球や日本の歴史の『本当はこうだった』みたいな、面白い情報はありませんでしたか?


730 :722:2008/10/21(火) 20:23:49 ID:SofZA5Rm0
>>728
地球の形状以外では覚えてないんですよね。
うろ覚えで。
あと覚えているのは何気ない会話で。
内容は大した事ないんですけどね。

私 「いつも一緒だけど、ご飯食べないの?」
ギン『食ってるよ!当たり前だろ!バカ!』
ツキ『ギン。そういう言い方はしないの』
ギン『・・・』

またある日。
ギン『お前って、絶対事故に合うと思うんだ。俺』
私 「えー。合わないよ」
ギン『いや、お前信号とか見ないだろ?』
私 「見てるよー」
ツキ『私達と話しているから、気が付かないのよね?』
私 「うーん。(見てるのに・・・)」
ギン『ほら信号ッ!!』
この時信号赤w

とかはありました。それぐらいですかね。
やっぱ頭おかしかったですよねw

妹にも聞いて、他にもあったら今日中にうpします。


733 :本当にあった怖い名無し:2008/10/21(火) 20:36:40 ID:WKl1kNce0
地球は丸でも平らでもない、か。じゃあなんなんだろう。壁って言い方をするってことは、部屋とか。
実はある上位生命体に生物観察のような感じで、箱の中で飼われてるのが俺たちだったりしてね。

ちょっと気になったんだけど、そのギンとツキには、心で思っただけでは聞こえないの?声に出さないとダメ?


739 :本当にあった怖い名無し:2008/10/21(火) 20:55:41 ID:x/yC0IwiO
>>731
おばけっていう可能性もあるかもね


745 :730:2008/10/21(火) 21:41:53 ID:SofZA5Rm0
妹に当時の話を聞いてみました。
が、聞こえていたのは私自身だけだったですし、妹が知っているのは私からの話だけ。
更に10年以上前の事なので、覚えていないとの事。
残念ながら、大した情報は得られませんでした。

これ以上新たな情報はないと思うのでROMります。
結構色んな意見があるので、見ててきついので。すみません。
気分を悪くされた方も、すみませんでした。

>>733
何なんでしょうね?生命体は考えもしませんでした。
子供の頃は海をずーっといったら会えるかな?程度で。

会話は思ってるだけじゃダメでした。小声でも伝わりましたけど。
前に書いた、親に怒られている時や授業中、2人は私が話せないの知ってて話しかけてきましたから。

>>739
かもしれませんね。
いずれにせよ楽しかった良い思い出です。


CFKlwHvUsAAuqby.jpg





Walking In The Air (from: The Snowman)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/428-f1c9ef26