空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

クエン酸で医者ガクブル!?((((;゜Д゜)))

クエン酸
20161016132327a29.jpg


「クエン酸+重曹」=ソーダ水=神薬!?
20161016132350c6d.jpg



炭酸水を"1杯3円"で作る方法(クエン酸+重曹)







るいネット』より


医者いらずになるクエン酸

虫歯、癌、放射能にも効いてしまう重曹に続き、今度はクエン酸が万能薬であるそうです。
以下、転載です。


--------------------------------------------------------

クエン酸は、神薬です。万能薬です。
しかし食品ですので、病気が治ると宣伝すると薬事法違反で逮捕されかねません。
しかしほとんどの病気はクエン酸を上手につかえばかなりの予防効果と治療効果があります。
殆どの病気の場合、体液は酸性になります。
これを弱アルカリ性にするものがあれば優れた治療薬になりますが、WHOに登録されている約1500の食品、薬品成分表の中で弱アルカリ性にできるのは、ただ一つクエン酸だけであります。

かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。
クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、
といったといいます。』

乳酸がたまって、細胞や血液・体液が酸化すると病気になります。
乳酸という毒素の蓄積が、現代病の正体です。
しかし乳酸は、水銀などの毒とは違います。
水銀などの重金属は、どうやっても毒です。
水銀は、身体の外へ排出するしかありません。
しかし現代人にとって毒である乳酸は、解毒ができます。
乳酸はミトコンドリアにとって毒であり、エネルギーの源でもあります。
乳酸を毒にしている人は、病気になります。
糖→ピルビン酸→乳酸を、エネルギーに変えている人は健康です。
乳酸をエネルギーに変えるには、条件があります。
クエン酸回路や電子伝達系で必要な栄養素や酸素を、充分に揃える必要があります。
クエン酸回路で主要な働きをする代表格が、ビタミンB1とクエン酸です。

クエン酸は酢・梅干し・トマト・レモン・グレープフルーツなどに含まれています。
昔から疲労時にはクエン酸、と言われています。
エネルギー不足や、身体が酸性に傾くと、人は疲労し、病気になります。
クエン酸は、クエン酸回路を回すのに役立つ最も重要な物質です。
クエン酸は酸性ですが、糖→乳酸の代謝を促進するので、血液・体液をアルカリ側に傾けます。
乳酸によって人体は酸化しているので、乳酸をエネルギーに変えて消去してくれる物質は、人体のアルカリ化に貢献するのです。
乳酸を消去すれば、身体は自然にアルカリ寄りになるのです。
その最右翼が、クエン酸なのです。

<中略>

ミトコンドリアのクエン酸回路や電子伝達系を、正常に動かせば病気は治ります。
それにはクエン酸・ビタミンB1・ビタミンC・コエンザイムQ10などが、重要な働きをします。
もちろん他のビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸なども重要です。
クエン酸は、最も重要なミトコンドリア賦活剤の1つです。
クエン酸回路の大エースであるクエン酸を、酢や梅干し、トマトなどで摂りましょう。
ニンニクなどに含まれるアリチアミン(活性持続型ビタミンB1)と一緒であれば、更に良いようです。
長田正松氏によれば、クエン酸に重曹を添加したクエン酸ソーダ注射で、様々な病気が治るようです。
秋谷七郎博士や今村昌一博士が発表しましたが、他の医者から徹底的に無視されたようです。

リンクより
_______________________

家の中の掃除にも大活躍のクエン酸ソーダ。病気まで治してくれる超有能な物質でした。
「疲れた時には酸っぱいものを」という昔からの教えは、やはり理にかなったものでした。







役立つ情報がいっぱい!』より


クエン酸水を飲む時の注意点とは?

実はクエン酸には大きなデメリットがあります。

それは・・
①歯のエナメル質が溶ける
②トイレが近い
・・と言うことです。

歯のエナメル質が溶けると、
俗に言う「知覚過敏」になってしまいます。

ですが、
普通に飲んでいる分には大丈夫なようです。

気をつけねばならないのは、
クエン酸水で口内をゆすいだり、
直接歯にクエン酸を浸けたりする行為です。

クエン酸は体内に吸収されるまでは酸なので、
カルシウムなどは溶けてしまうのです。


どうしても気になる場合は、
ストローを使ってクエン酸水を飲んで下さい。

ストローを使うことで歯に当たる心配はありません。

※空色ノート管理人は、クエン酸+重曹(どちらも食用)ソーダを毎日飲んでいますが、飲んだあと、口をゆすぐようにしていますが、忘れることも多々ありますし、そんなに神経質にはなっていません。
また、飲んだあとはすぐに歯を磨かない方が良いそうです。飲む前に磨くか飲んで大分経ってから磨くのが良いとのこと。
クエン酸ソーダを飲んで疲労回復というのは実感、体感しています。



また、トイレが近くなることも事実です。

ですが、これも考えようで、
腎臓の働きがよくなっているので
トイレが近いのです。

なので、心配する必要はありません。

解決策としては、
どうしてもトイレに行けない状況の場合は
クエン酸水を飲むことを控えればいいだけです。





健康ラボ』より


ガン、糖尿病~全ての病気改善にクエン酸 は強力です


重病の人は、一日15gを目安にして、数時間毎に数回飲むと良いです。
※2,5g=小さじ半分

ガンの人は、2時間毎に6回が良いようです。


クエン酸は約2時間で完全燃焼しますので、一度に摂るよりも何度かに分けて摂る方が効果的です。

症例別、一応の目安です。

◎疲労回復・・・3~5g/日
◎酸性体質の改善・・・2~3g/日
◎冷え性の改善・・・2~3g/日。
◎結石予防・・・2~3g/日
◎生理不順の改善・・・2~3g/日
◎ミネラルの吸収をよくする・・・カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル系サプリメントをとるときに溶かしていっしょに飲む(キレート作用)



ちなみに、朝はエネルギー生成に、夜は疲労回復に優先的に働きます。

酸っぱくて飲み難い方は、果糖やフラクトオリゴ糖などの血糖値を上げない糖質を入れて飲むと飲みやすいです。



-----------------------------------------------------------------------

●「重曹は癌や、被爆、虫歯、肝臓病などあらゆる病気を治す効果がある?!

●「内なるお医者さん

●外部リンク「末期胃ガンが湯治により消滅 ガン細胞は39.2℃以上の体温の中では生存できないらしい
※お風呂の温度を熱~くして、ちょっと我慢して入浴する習慣を身につけると、体内温度が上がってガン細胞が死滅するんだとか(昔気質の粋なお爺さんとか職人さんみたいな人が、銭湯で「ク~ッ!(〃>﹏<〃)」って唸りながらお湯に浸かってるイメージ)。
それから、風邪やインフルエンザにかかって、40℃近い熱が出てくれるのもグッド!(>ω・)b
熱が出たら、40℃近くまで上がってくれるように祈りながら、ただひたすら寝ていましょう(。´-д-)。o○間違っても熱冷ましの薬など飲まないように!

●外部リンク「ぬか漬けの栄養価と効果効能が凄すぎる! 健康ラボ

●外部リンク「病院の点滴と同じ成分!?麹甘酒のスゴい効能 Rassic
※(米麹で作られた)甘酒=飲む点滴!
病院で点滴を受けるくらいなら、甘酒を飲んだ方が絶対良いです。ぬか漬けや味噌もそうですが、やはり発酵食品は最強最高!ですね(^_-)*

びわにもすごい効能があるとか?
●外部リンク「痛み止め~ガン治療まで、枇杷(ビワ)のB17が凄い! 健康ラボ



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/448-d27b37d1