空色ノート

天罰体験談

怖い話まとめブログ』より

●天罰

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 22:55
昔、俺はかなりのDQNだった。
幼児ゆえの残虐性というか、昆虫を見るたび片っ端から殺していた。
団子虫を半分に引き裂いて内臓を観察したり、蛙の口に爆竹放り込んで爆発させたり等など…
しかし、やはり天罰というものはあるわけで。

ある時、真っ白な蛇が現れたのよ。目の前に。
しかも、思いっきりこちらを威嚇している。
んで、DQNの俺は「色白蛇の癖に生意気な!!」と踏みつけに逝ったわけ(藁)
地元岩国の天然記念物なのになんて事を…
それに、今にして思えば雰囲気が明らかに違っていた。
でも、踏みつける瞬間、なにやら周りの時間の流れがおかしいことに気付いた。
踏みつけようとしている自分も凄く遅い。周りも凄く遅い。
落とした木の枝が凄くゆっくり落ちていくのが確認できた。
で、瞬きした瞬間、いきなり時間の流れが元に戻った(ように感じた)。
おまけにさっきまで見据えてた筈の白蛇が消えうせ、さらに白蛇が居た場所には錆びた鎌の刃先が…
足の甲まで貫通しました。
靴は血染め、病院に行ったら既に傷口から多量の膿が。
歩けるくらいまでは回復したものの、俺はある日まで走れなかった。


179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 23:02
で、俺はそれ以来、動物を恐れるようになった。
小さな子犬や子猫にさえ怯える始末。
蛾やゴキブリなんて発狂するかのよな逃げ回りっぷり。
足に負った怪我の後遺症で、校内持久走大会も運動会も毎年欠場、
なんつーか、ズタボロにされて『一寸の虫にも五分の魂』を痛感させられていた。

小学5年に成長したある夏、白蛇に遭遇した場所と同じ場所で、またあの白蛇に会った。
今度は殺されるかな。いいや、楽にしてくれ。虫に怯えて生きるのはもう沢山だ。
およそ小学生らしくない悟りを開き掛けていたその時、白蛇はかつて怪我をした足に巻きついてきた。
でも、その白蛇からはかつての威圧的なオーラのようなものは感じられず、
どこか『やれやれ、仕方ないなぁ』というような雰囲気なのが、巻きついた足から伝わってきた。

白蛇が足から離れて、違和感を感じた俺は大慌てで靴と靴下を脱ぎ捨て、かつての患部を確認した。
…傷と痛みは殆ど消えていた。まだ痕は残っていたけど。
そして、白蛇がこちらを一瞥したとき、こんな声が聞こえた…ような気がした。
『少しは懲りたろう。とりあえず時効としておこう。ただ、あえて痕は残しておいた。戒めと思え』


180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 23:10
それからというもの、俺の脚は怪我をする以前よりずっとたくましくなった。
自転車で岩国~宮島間往復(電車で片道20分程度の距離)なんてのを、
一ヶ月に2,3回行ったりなんておおよそ無茶と思える事もやってのけたし、
剣道の踏み込みをやると床板が割れるといったトンデモな状況まで、
持久力はともかく、脚力は目に見える程上昇していた。

ああ、でも生き物虐殺したりしたらこれも失われるよな。これからは動物大事にしよ。
…なんて考えがずっと頭にあった。
それから、高校に上がる時には、犬猫に寧ろ積極的に接して撫で回す自分が居た。
それまでは自分の膝程も無い子犬に怯えていたのに。

…で、現在猫を飼ってます。
野良だったのが棲みついてしまった。
何が奇妙ってその猫、白猫なのね。
いつもじっと人の顔を覗き込んでる。…監視されてるなぁ…
でもコイツを撫でてやると、仕事等で溜まったストレスは一気に吹き飛ぶ。
明らかに癒されてるよ。まぁ普通の猫でもテラピー効果はある訳だし、当然っちゃ当然か。
これからは大事にするから、もう錆びた鎌は勘弁な。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/479-0e19d4f1