空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

一致??(゚Д゚;)

この間の記事で木内鶴彦さんの死亡体験のことを掲載しましたが、その時、木内さんが見た未来の光景が二重写しになっていたとありました。
で、その後読んだバシャールの話とこの部分が妙に一致して、これ、本当なんじゃない?って思えて仕方ないのですが。。。

↓これが木内さんの体験談

しかし病室で待っていてもまだお迎えは来ない。
そこで木内さんは、過去にも行けたのだから、ひょっとすると未来にも行けるのではないかと思い試してみた。すると行くには行けたのだけれど、藤田さんが私に語ったところでは、その未来は二重写しのようになっていたのです。それは2つの状況が重なり合っており、一方は生き物がまったくいない荒涼とした悲惨な世界。片や緑に溢れた場所で子どもたちがキャッ、キャッと楽しそうに遊んでいる。その2つの場面が二重写しになっている。





で、こっちがバシャールの話↓

今までの私達の地球はポジティブエネルギーとネガティブエネルギーの両極が一緒に存在していました。しかしこれからの私達の地球は、両極のエネルギーが一緒に存在する事がなくなります。バシャール曰く2025年から2033年の間に、この2つのエネルギーが完全に別れ、お互いに違う空間に存在するようになります。そうすると、今まで貴方と波長の合わなかった人は、例えば、死んでしまったり、行方がわからなくなったりと、貴方の目の前から姿を消すようになります。

一旦両極のエネルギーが分かれてしまうと、貴方はもう一方のエネルギーに移行する事は困難になります(最終的には行けなくなります)。詰まり、貴方がネガティブエネルギー側に存在していた場合、ポジティブ側への移行が極めて困難になるという事です。 
私達の周りで極端に多くなってきている”戦争”や”衝突”は、貴方に”どちら側のエネルギーの地球に住みたいのか”という問いかけを貴方に投げかけてくれているのです。

バシャールは、もう一つのパラレルワールドの地球はもうすでに核爆弾で自らを吹き飛ばし、人類が死滅して存在していないと、言っています。そしてバシャールがテレパシーで皆に話かけても、誰も返事をする人が無く、とても静寂な世界になっていると言っています。私達はすでに”核爆弾で自滅”する道を選ばず、”平和な地球”に住む事を選んでいます。だからこそ、素敵な未来を待ち望んでいる私達にこうしてバシャーは大切なメッセージを送り続けてくれているのです。

バシャールの知っている宇宙生命体の中でも私達地球人は極めて珍しい文明を築き上げてきました。そして何千年と続いた究極の闇の”ネガティブエネルギー”から光の”ポジティブエネルギー”へと初めて移行して行きます。宇宙規模で大事なこの時期に貴方がここに存在する事は貴方にとって極めて重要な体験をする為です。貴方は”新しい地球”の移行を助ける為にこの時代を選んで産まれてきました。決して偶然ではない事に気づいて下さいとバシャールは続けています。

「the PLANET from NEBULA」より




皆さん、どう思います?

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/48-bdb18b09