空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

とらばーゆは拷問です。

普門軒の禅問答』より

「仕事」のもともとの意味…西洋

縁あって、半年ほどフランス人が普門軒に居候としておりました。もうお帰りになりましたが、語源に詳しいこともあって、いろいろと西洋の言葉の概念を学ばせてもらいました。

「とらばーゆ」という就職雑誌がありますね。あの「とらばーゆ」ですが、知っている方もおられるかもしれませんが、フランス語の「仕事」という意味に当たる「travail」からきております。スペイン語では「trabajo」、ポルトガル語では「trabalho」といいます。この「travail」はラテン語の「trepalium」が語源だそうです。その意味大変驚いてしまうのですが、「拷問の道具」という意味だそうです。

アルバイトという言葉は、みなさんよくご存じの通りドイツ語の「Arbeit」ですが、ノルウェー語で「arbeid」、デンマーク語で「arbejde」、スウェーデン語で「arbetet」。この「Arbeit」の語源はゲルマン語の「arba」だそうです。その意味も大変興味深いのですが、「下男、奴隷、家来」という意味だそうです。

仕事という言葉に、「拷問の道具」、「下男、奴隷、家来」、「苦痛」という側面をもつ。これはキリスト教世界ではもともと仕事は罰であるという側面があります。アダムとイブは神様の約束を破ったがために、地上の楽園を追い出されます。つまり食べていくために自分で働かないといけなくなったわけです。

神様は罰として男性には「travail」つまり「仕事」という罰を与えたます。そして女性には「陣痛の痛み」を罰として与えたそうです。おもしろいことにフランス語で「陣痛」のことを「travail」といいます。

最後にもういっちょ。英語の仕事は「labor」ですね。この語源はラテン語で苦役、苦痛の意の「toil」だそうです。ちなみに英語でも「陣痛」のことを「labor」といいます。

それでは、日本語の「仕事」という意味はなんでしょう。これは次回に回しましょう。





学校行かずにフランス語!』より

LE TRAVAIL は「拷問」だった?

さて・・・今日は le travail「仕事」ということばについて。

このことばはきっと誰でもしってるよね。
日本にもずっとまえから『とらばーゆ』っていうお仕事探しの情報誌があるもんね。


このことば、もともと la torture「拷問」からきてるんだって!
まあ・・・分からなくもない。


中世では、travailler quelqu'un とは
「誰々を働かせる」なんて意味じゃなくって、
誰々に苦痛を与える」ことだったんだって・・・
でも、なんのために?

なにかを avouer「白状する」よう仕向けるために
mettre à la torture「拷問にかける」の。

Torture とは動詞 tordre「ねじる、よじる」からきてます。
なにを TORDRE ?? こわ〜い!!


Travail とは、3つの杭で構成された古代ローマの拷問器具
trepalium(ラテン語)から来ているそう。

この「痛み」の意味から、le travail d'enfant という、
出産のときの女性の苦痛・痛みなどをさすことばがのこったんだって。



それでもすこしずつ、だいたい15世紀あたりになると
activité「活動・仕事 etc.」の類語になりました。
まだその頃は「つらく苦しい」activité をさしていたみたい。

それからは、今わたしたちがつかっているように、
「なにかを生産する」方向の activité を意味することばに変わっていったそう。

だから、いま le travail といえば喜びすら感じることもできるけれど、
それにしても人生最初の le travail といえば「学校でのお勉強」・・・。

やっぱり la torture のなごりがある思わない?

だって!


ちなみに「なごり」としたけど、原文では arrière-goût 「後味」となってました♪





>神様は罰として男性には「travail」つまり「仕事」という罰を与えたます。そして女性には「陣痛の痛み」を罰として与えたそうです。おもしろいことにフランス語で「陣痛」のことを「travail」といいます。

・・・罰?罰じゃなくって「遺伝子操作」なんじゃないの~?(- -)シラー…
その昔、金採掘をさせるため、人間の遺伝子いじくって労働奴隷仕様にし、ついでに出産を苦痛なものにした神様って・・・それ本当に神様なの~?神様がそんな残酷なことする~?┐( ̄ヘ ̄)┌?スルワケナイジャン!
何のため、誰のための「仕事」「労働」なんだろうね~?(。-_-。)?


※関連過去記事「ヨイトマケの唄
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/511-170e3693