空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

神社とか・・・②

昨日の記事に関連して、先程さくやさんの動画でグッドタイミングなのめっけたので載せときます(^_-)-☆


さくやさん:神社と宇宙人。宇宙人が、尊敬される素晴らしい存在”神さま”として支配・コントロールするために君臨した


あなた達が言っている”神さま”は ”宇宙人”なんだって

宇宙人が あなた達を支配するために ”神さま”として君臨したわけ。

西洋の方(アトランティス)では レプティリアン系(爬虫類人)の宇宙人たちが暴力?武力?力であなた達を支配・コントロールしてた。

わかるでしょ?・・西洋文明の”神様”たちは すごく短気で怖いよね(笑)

いうこと聞かなかったら 罰?として稲光に撃ち抜かれる・・みたいな。

怖い目、痛い目に合いたくなければ 神様のいうことを聞きなさい・・ってね。

で、日本では縄文時代に私たちドラコニアン(水棲龍族)が あなた達に波動のことから、宇宙人のことから 全部教えてたからから西洋的な支配・コントロールは出来なかったの。

でも 日本を支配したい・・どうすればいいか?って考えた これはナーガ系(半身蛇族)の宇宙人なんだけどね 

それならば尊敬される立場として君臨すればいい・・って思ったわけね。

そこで 今まで交流していた私たちドラコニアンの名前を使って ”神さま”として振る舞いはじめたの。

その頃の縄文の子たちは 大陸から来た弥生系の子たちとのハーフが増えて来ていたから、純粋な縄文の子たちより超感覚を忘れてしまっていたのね。

だから 個性のエネルギーを エネルギーで認識できなくなってしまってたの。

縄文の頃の子たちは 私たちに名前は付けてたけど、でも まだ個性のエネルギーでいろいろな存在のエネルギー体を認識してたのね。

言っている意味わかるかしら??

私たち 宇宙ファミリーには名前は必要ないの。

お互い 名前ではなくてエネルギー体で認識しているから・・

このエネルギーは この人、このエネルギーは この人・・って感じ。

縄文の頃の子たちは それが出来たんだけど でもなかなか細かなところになると難しかったらしくて 名前を補佐的につけて私たちを認識してた。

でも 弥生に近くなってくると さっきも言ったけど個性のエネルギーで認識することがどんどん出来なくなってきて、名前に頼るようになっていったのね。

それをうまく使って 私たちドラコニアンと 彼らナーガが入れ替わったってわけ。

わかる? 私もさくやって名前だけど、それは 日本書紀や古事記に出て来る このはなさくや姫と呼ばれている存在とは違う。

私(さくや)の名前を使っていれば 昔から知っている存在だし安心できるから・・

そして 少しづつすこしづつ 友達から尊敬される”神さま”としていったの。

そして ”神さま”になったナーガのさくや姫たちは 尊敬される立場だから そんなにヒョイヒョイ庶民たちと話をすると 価値がなくなるじゃない(笑)

尊敬されて 敬われる立場の存在は 庶民たちにとって手の届かない存在じゃなくてはいけない。

だから 庶民と”神さま”の間を取り持つ 特別な存在が必要になった・・というか作り上げたの。

そして ”神さま”は 姿が見えないように幕の中にいて その幕の中だけで 神さまと直接会えて話が出来る特別な人間とだけ話をした。

で、その特別な人間が 幕からでて来て庶民たちに”神さま”の言葉を伝えた。

その特別な人間が ”神官”と呼ばれる人で 幕の中にいたのはナーガ系の宇宙人。

神社っていうのは そういうところ。

ナーガ系の宇宙人が、尊敬される素晴らしい存在”神さま”として あなた達を支配・コントロールするために君臨したってこと。

そして その宇宙人と直接会って話が出来る特別な立場の人間が神官と呼ばれる人たち。

そして その神さまと神官が会って話をしたところが 神社。

だから 今 あなた達が考えている”神さま”は 神社にはいないってこと。

もう神社には 誰もいないわ。

ましてや 私(さくや)は そんなところにはいない。

なんか いろんなところに私の名前を使った神社があるみたいだけど 私は居ないからね。

今は もうナーガ系のさくや姫もいないから。

だから 神社に行って何かお願いごとをするのもナンセンスだってこと。

神社は、お願いごとをするところじゃないの。

まず ずっと言ってるけど あなた達が教えられているような 全能で慈悲深い”神さま”と言うものは居ない・・って事を分かってちょうだい。

今まで”神さま”と教えられてきた存在たちは、あなた達を支配・コントロールしている宇宙人。

あなた達とそんなに精神性も波動の軽さも変わらない存在だってこと。

ただ あなた達より高度な科学的テクノロジーを持っているだけ。

だって、古事記や日本書紀を見ても ”神さま”達はどう?何してる?

ケンカしたり 女性を取り合ったり、兄弟姉妹で罵り合ったりしてない?

そんなことをしている存在たちが 何でもできて愛に満ち溢れた慈悲深い存在とは思えないよね。

重く粗い波動領域でよく繰り広げられている景色じゃない?

とても 高次元の波動領域には思えないでしょ?

ちょっと そう言う視点からいろいろ見直してみて・・真実が見えて来るわ。

転載元:ミナミのライト らいと ライフ~light, right, http://ameblo.jp/20110311hikari/entry...

バシャール:宗教の始まりは古代宇宙人を神として祀ったところから始まっている http://dreamgo.sakura.ne.jp/god/

制作:地球の愛と光・本来の姿へ http://ameblo.jp/20110311hikari/

「現実は想念を見ている 2016 重要な事」全再生リスト(アシュタール、バシャール、津留晃一、デービッド・アイク):
https://www.youtube.com/playlist?list...
転載自由です。メッセージ紹介いただけると幸いです。

ありがとうございます。





さくやさん:人を祀っている神社。神社は、重いエネルギーの念を封じ込めたところ。もともと神という存在はいない。


人を祀っている神社はね、良い波動じゃないの・・わかるでしょ。

他の神社に関してはいつも言ってるからよくわかってると思うけど、特に人を祀っている神社は重いわ。

だって、ちょっと考えればわかることだと思うけど。

学問の神さま・・と言われて祭られている人は、どうして神社に祀られているのかしら?

彼は、政争にまけた人なのよね。

政治の世界で負けて都から追い出されて遠くに流された人。

すごく悔しくて悔しくて、都にいる政敵に念を送り続けた人。

その人が流されてから、都にいろんな事件が起きるようになった。

政敵たちが死んじゃったり、病気になったり、建物に落雷があって焼けちゃったり・・実際に念を飛ばしてそのようなことを起こしてたのよね。

念というより怨念(イヤな言葉よね・・すごく波動の重い言葉)よね。

その念が怖くて、当時のエネルギーを読めて使える人の手を借りて、その念を封じ込めた。

それが、いまあなた達が学問の神様が祀られているとする神社の成り立ち。

その神社は、人間の強いネガティブな念を封じ込めたところ。

ネガティブな重いエネルギー(念)を、もっと重いエネルギー(念)で無理やり封じ込めているところ。

このことがわかれば、その神社がわかるでしょ?

どうして、そこに行って学業などのお願いをするのかしら?

とても怒っている重いエネルギーのところに行って、何をしてもらおうとしてるのかしら?

とてもナンセンスなことだってわかると思うんだけど。

ただ、その人が小さいころに学問が好きで、秀才と言われていた・・と言う話だけで、学問の神さまというブランドを創った・・そういうことよね。

それだけの場所だって事を知って欲しいと思う。

そんな重いエネルギーのところで、自分の願いことをすることの怖さを知って欲しいと思う。

怒りのエネルギーがすごくて、人を傷つけ、物を壊しすほどの重いエネルギーの人が、願いを叶えてくれるかしら?

愛のエネルギーを放射するかしら?

ずっと封じ込められているから、まだそこにはそのエネルギーが残っているのよ。

だから、決して軽いエネルギーのところではない・・ということはわかるでしょ?

神社は、波動が軽い・・神社に奉られている存在はすべて神のように素晴らしい愛の存在だ・・と思うのは、思考停止状態だってこと。

他の神社も同じ。

神社についてはいつも伝えてるから知ってると思うけど、神社には神はいない。

もともと神という存在はいないんだから、神社に神という存在はいるわけないのよね。

あなた達が神と呼んでいるのは、宇宙人だってこと。

この話しははじめるとまた長くなるから今日はここでやめとくけど、

人間を神として祀っている神社って、ほとんどがその人の念を封じ込めたところだってことを忘れないでね。

それがわかれば、そこに行って自分の願いを叶えてくださいってお願いすることがどういうことかわかると思う。

神社でお願いことをすることの怖さを知って欲しいと思うのよね。

そして、神社には神はいないけど、波動の重い存在たちがたくさんいるということも忘れないでね。

転載元:ミナミのライト らいと ライフ~light, right, http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-1222...

神社と宇宙人。宇宙人が、尊敬される素晴らしい存在”神さま”として支配・コントロールするために君臨した https://youtu.be/ZPU2VQUC7tc


制作:地球の愛と光・本来の姿へ(全文) http://ameblo.jp/20110311hikari/

「現実は想念を見ている 2016 重要な事」全再生リスト(アシュタール、バシャール、津留晃一、デービッド・アイク):
https://www.youtube.com/playlist?list...


-----------------------------------------------------------------------

ドラコニアンの話については正直疑問符だけど、要するに、神様=宇宙人=主に爬虫類人てことを知ってもらえたらと思いました。
スピリチュアル系の有名人(ヒーラーさんやカウンセラーさんや作家さん)の中には、神社崇拝してる人、結構多いと思うんだけど、彼らはこういうこと知ってるのかなぁ?(・_・?)
レプティリアン系のヒーラーさん、カウンセラーさん、作家さん、かなぁ?(’-’*)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

神社のことよく分かりました。ありがとうございます^-^

伊勢神宮と周辺にある宮は、倭の国(今の丹波あたり)の人が眠っていると
以前、ご紹介した「地球の謎解き」に書いてありました。
今の支配層(ドラコニアン)たちが、平和に暮らしていた日本の人たちに祟られるのを恐れて、
神社で祭っている(封じこめてる)、というところでしょう。

伊勢神宮と周辺の神社には、ムウラという倭の国の主要な男性が埋められたと書かれていました。
この話が本当だとしたら、ひどい話です。
伊勢神宮は「争い好きの龍神」が裏で祭られているところも危惧するとことだそうです。
これからは宗教にだまされないようにしたいですね。
2016.12.12 08:09 | URL | ALOHA #- [edit]
Re: タイトルなし
ALOHAさん、返信遅くなり申し訳ありません。

神社というところは、私たちが思っているような「聖地」ではないのかも知れませんね。
神社に良い氣を感じるとしたら、それは神社が建っているその土地の磁場が良いということかも知れません。
つまり、神社があるない別として、その場所自体が元々地球のパワースポットであるということです。

ALOHAさんのお話が本当なら、伊勢神宮は爬虫類人にとっての聖地であり、私たち人間にとっては恐ろしい場所ということになりますね。
主要な男性が埋められたというのは、祟られるのを恐れた+爬虫類神の生贄にされたのかも知れませんね。
今でも犠牲になった彼らのエネルギーが渦巻いていることでしょう。

「地球の謎解き」というサイト、ALOHAさんが教えてくださったとき、ちょっと見てみたら、JAL123便の犠牲者たちが供養目的のお経によって逆に成仏できないでいる、というようなことが書いてあったと思います。
何となくそれ読んで、やっぱりお経というのも「何か」あるんだろうなって思いましたね。魂の浄化が目的ではなく、逆に魂いを縛ることが目的なのではないか?と。

人間は、伝統的なものに無条件に従ってしまうところがありますが、そこにはレプティリアンが深く関わっている可能性が高いということを考えないといけないと思いました。
2016.12.15 01:52 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-miさん、こんばんは
お忙しい中、返信ありがとうございます😊

「地球の謎解き」、日航機の事故のところで、宗教の弊害のこと書かれていましたね。
見ていただいてて、ありがとうございます。
お経は魂を縛る、おっしゃるとおりだと思います。

神社がパワースポットだと言われてたので、よく行ってたころがありました。
私も、土地の地場は地球のエネルギパワーがあるところなのだと思います。
しかし、行くと、いつも、獣(けもの)のような危ない気配を感じていましたね。
この気配が気になって、神社は危ないところなんじゃないかと思うようになりました。
今思うと、獣はレプだったのかもしれませんね・・・

色々調べていくと、「京都の祇園祭り」も子どもを生け贄にしていた祭り、と分かってきたので、やっぱり・・という感じでした。祇園祭りはお稚児さんが気になったので、昼も夜も何度も足を運んで様子を見てました。
よく見ると、うす気味悪さ満載のお祭りでした。

鉾や山車の順番は毎年「くじ」で決めますが、先頭のお稚児さんの乗った「長刀鉾」だけは毎年変わらず一番前だと決まっているとか・・
八坂神社に連れて行かれる子どもと刀・・これだけで何をするか想像できますよね

これからは、地球から宗教も獣もなくなることを祈ります・・。
本当の神(愛)は人間の心の中に存在してるのですから、自分に感謝してあげないと・・
そして、(宇宙)愛で進化して、新しい地球で、優しい人たちだけで安心して暮らしていきたいですね😊
2016.12.16 22:51 | URL | ALOHA #- [edit]
Re: タイトルなし
ALOHAさん

獣のエネルギーとは、やはりレプティリアンではないでしょうか?
10年くらい前に一度伊勢神宮に行ったことがあるのですが、確かに良い氣を感じました。
そのときは私も、神社=神聖な場所という発想しかなかったので、やっぱり日本一の神社は違うな~とか思いましたね。


>「京都の祇園祭り」も子どもを生け贄にしていた祭り

そうなんですか?知りませんでした。
でも、今となっては「やっぱりそうか~」ですね。
祇園祭ってすごく有名ですが、私自身はそんなに良く内容を知らないので見てみました。
お稚児さん・・・正直こわかったです。真っ白におしろい塗りたくって、何故?って。
祭り、子供ときたら、やはり生贄なんでしょうね。
子どもの純粋なエネルギーを摂取しているのでしょう。
レプティリアン側で「今年はあの子」とか決めるのでしょうか?

動画でも祇園祭の様子、ちょっと見てみましたが、もう普通の見方はできないですねー。
あの神輿に乗ってるの、爬虫類ハイブリッドたちではないですか?
爬虫類ハイブリッドたちが、彼らのご主人様である龍神や蛇神たちを称えるのがお祭りなのかも知れません。

仰る通り、この地球からすべての宗教がなくなることを祈ります。
でも、それにはみんなが気づかないといけません。
2016.12.18 13:05 | URL | yu-mi #- [edit]
「白羽の矢」という慣用句は
もともと人身御供に選ばれた人の家の上に「白羽の矢」が立てられたから、だそうです。
本来の意味は犠牲者になる、というとんでもない由来です。

人身御供とは昔、嵐や災害が神の怒りと考えられていたころ
その怒りを鎮めるために神に捧げられる人間のことです。

祇園祭りに選ばれたお稚児さんもその昔は「白羽の矢」がたてられた家の子が生け贄にされたのではないでしょうか。あの白い顔の意味は分かりませんが・・気になりますね。

昔の人は、人が犠牲になることで、災害や疫病から村が助かると信じさせられていたのですね。
神社仏閣、レプたちに、、
祭りを仕切ってるのは、ハイブリッドレプたちでしょうね。人間とは見た目が違いすぎます。

これからは、多くの人に気づいてもらって、地球から宗教が浄化されるように祈ります。
yu-miさん、ありがとうございました。
2016.12.18 22:07 | URL | ALOHA #- [edit]
Re: タイトルなし
ALOHAさん

「白羽の矢」にそんな意味があったとは知りませんでした。
今でも良く聞く言葉だし、私自身使うことありますが、今後はちょっと使うの躊躇しちゃいますね。
私たちの日常で使われている言葉や習慣には、思っている以上にレプティリアンが関わっているのでしょうね。
それは日本だけでなく、世界規模でそうなのでしょう。
こちらこそありがとうございました。

2016.12.19 01:05 | URL | yu-mi #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/520-055259f7