空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

やっぱり熱めのお風呂です!

紙幣の不思議2」さんの記事からの抜粋ですが、やっぱりお風呂は熱めの温度で首までしっかり浸かることが大事なんですね。
意識高い系の女性中心に流行った「半身浴」は、私たちを“冷え体質”にさせて、癌患者を増やそうとしてたんですね!確信犯だよ!ヽ(`Д´)ノ
・・・かく言う私も数年前、知り合いに勧められて一度だけやってみたことがあるんですが、ぬるめのお湯でしばらく浸かっているとそのうち汗がダラダラ出てくるとか聞いたのですが、その前にもう体が冷えちゃってブルブルし出して(季節は忘れたけど、冬ではなかったと思う)、「こんなのとてもやってらんない!」って思いましたね。
みなさん、半身浴&温めのお風呂は絶対にやめましょうね!

------------------------------------------------------------------------------

NEWS ポストセブン 11/22(火) 16:00配信

★ 癌は、最近の日本では、お風呂の温度を低くするようにと言いますが、これは癌を育てるための嘘だと思います。半身浴もよくありません(癌患者は特に)。


熱めのお風呂が好きな人は癌に罹り難く、お風呂の温度が高く44度になると、p53遺伝子の活動性が高まります。この反応が、癌を撃退するのに大きく必要なのです。



簡単に言えば、温泉の源泉で熱いお湯に入ることです。それが無理な時は、熱めの入浴を心がけて入ることで、p53遺伝子が働くということですね。

このp53というのは
アポトーシスを起こすタンパク質を作る
細胞の分裂をストップさせるタンパク質を作る
DNAの傷を修復するタンパク質(p53R2)を作る

ですので、積極的に活性化させたい物質です。


また癌患者さんは、体質が(体内が)酸化しており、遺伝子が傷付いているのが、癌の発病作用(の)一歩目ですので、それらをきちんと治すことです。


★ 毎日、太陽をよく浴びて、日光浴をすることです。昼間の太陽は発癌性が高いので、癌患者は「朝日を充分に浴びる」と良いでしょう。




●「熱めのお風呂は、ガン治癒に想像を絶する凄い効果がある
●「半身浴は意味がない?
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/521-aaa7d59c