空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

地球は一人ひとりに問いかけている

公式サイトより

shingeki1.jpg

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は
高さ50メートルの巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。

まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。
エレンは、仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。
彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。

だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も
突如として崩れ去ってしまう・・・。
 




私たちが生きてるこの世界は、まんま進撃の巨人の世界。
o0394037613401396457.jpg



地球は意地悪モンスターによって、ずっと「外の世界」から隔離されてきた。
そのため、「外の友だち」とも交流出来ないどころか、その存在すら知ることなく今まできてしまった。
本当は楽しい友だち、いっぱいいっぱいいるっていうのに・・・

reptilianblock.gif


地球を丸ごと封鎖すると、意地悪モンスターたちはここで好き勝手ができるわけ。自分たちの良いように世界を作ることがね。
地球の中でしか通用しない制度や決まりごとを作って人間たちを自在にコントロールすることができるの。
政治とか法律とか宗教とか、学校、病院、会社、役所とか、そういうのは人間のためにあるんじゃないの。すべて意地悪モンスターがこの地球で「支配ゲーム」をするために作ったものなの。
でも・・・こんなこと言ったらみんな笑うよね大笑いするよね
でもね、それでもやっぱりこれは本当のことなんだ。
私たちは意地悪モンスターによって作られた「マトリックスの世界」に生きてるんだ。

shingeki10.gif

a2762679-s.jpg


『進撃の巨人』では、超大型巨人の出現によって状況が一変する。超大型巨人によって壁が破壊され、次々と巨人たちが人間の領域に侵入してきて、人類は存亡の危機に立たされる。
でもこれは、「地球をずっと覆ってきたエネルギーの壁が崩れ始めてるよー!」っていうメッセージなんじゃないかなって思うの。具体的に言うと、地震、台風、津波、洪水、ハリケーン、火山の噴火・・・地球は今、そういう形で意地悪モンスターによって作られた壁を自ら破壊すべく活動を開始したってこと。でも、多くの人はそのことに気付いていない。天災の意味が分かっていない。何か悪いことが起こってると思ってる。確かに天災によって様々な被害、命を落とした人がいることも事実。だから、地球規模で見ないと解釈を誤ってしまうの。多くの人が自分や自分の家族の身を守ることばかり考えて、更に壁の内側内側へと逃げてしまってるの。意地悪モンスターが作ったマトリックスの奥へ奥へと・・・。それじゃ彼らの思うツボだっていうのに。。。
意地悪モンスターたちは、地球が自浄活動を開始したことをもちろん知っている。でも、人間たちをこの壁の中=マトリックスに閉じ込めておくことを決してあきらめてないの。だって彼らにとって人間は大事な食糧なんだから。エネルギー源なんだから。せっかく作り上げたこの「人間牧場」をそう簡単に手放すわけがないよね。
だから、人間たちがこの地球の大変化に気付くことがないように、今工作活動に余念がないの。「皆さん、危険だから奥に逃げなさい!奥に行けば行くほど安全ですよ!」「政治、法律、学校、病院、警察、宗教はあなたを守ってくれますよ!」って、ニュースや有名人なんかを使って呼びかけてるね。
実際は、こういうのに頼れば頼るほど、自由から遠ざかるというのに。エネルギーを吸い取られるというのに。。。



映画『マトリックス』より
20161217093045538.jpg
モーフィアス:マトリックスの中に安全な場所はどこにもない。
エージェントは(マトリックスの世界の)門番だ。彼らはすべての門の鍵を持ち、常に見張っている。
今までエージェントに立ち向かった者は男も女もすべて命を落とした。
でも、君が本当の自分を知れば、(エージェントからの弾を)交わすまでもない」



進撃の巨人1話 超大型巨人登場シーン

アルミン:「人類はいずれ、外の世界に行くべきだって言ったら、殴られた。異端だって」
エレン:「クッソ!外に出たいってだけで、何で白い目で見られるんだ!」
アルミン:「そりゃ、壁の中にいるだけで100年ずっと平和だったからだ。
下手に外に出ようとして、奴らを壁の中に招くことがないように、王政府の方針として外の世界に興味を持つこと自体をタブーにしたんだ
アルミン:「確かに、この壁の中は未来永劫安全だと信じ切ってる人はどうかと思うよ。100年壁が壊されなかったからといって、今日壊されない保証なんかどこにもないのに」




壁(マトリックス)の外へ出ようとする人間たちは巨人(エージェント)に命を狙われる。意地悪モンスターたちは食糧、エネルギー源である私たちを壁の中から出したくないんだからね。
そんなわけで多くの人は、「壁外への自由と引き換えに」、「仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦め」てしまう。
でもエレンは違う!マトリックスから自由になるために、どんな状況に陥ろうと決してあきらめないんだ!
201612170930528ad.jpg


巨人の胃袋の中に入ったってあきらめないんだ!
だからエレンには奇跡が起きるんだ!決してあきらめないから。外の世界に出たい!って強く強く思ってるから。
mig_20161218105138a91.jpg

20161219114611236.jpg
エレン・イェーガーは、「道を切り開く者=インディゴチルドレン」に違いない。


「外のお友だち」みんな言うね。
マトリックスから出たい!って強い気持ちをまず持つことが大事だって。「出たい!」って本人の強い意図がない限り、願いは叶えられないって。意図を軽視する者は意図に泣く、ってことかな?
「外の世界ってどんなだろう? 」とか想像することもとっても大事なんだって。
つまり、何か具体的な行動を起こすとかじゃないのね。それが必要になるときもあると思うけど、一番大事なことじゃないの。「意識をマトリックスの外に向けること」、「宇宙エネルギーと同調すること」なの。それにはまず、この世界がマトリックスであることを知らないといけないの。ほとんどの人は、自分が意地悪モンスターの作った世界にいることが分かっていないから。ここがすべてだと思ってるから。これに気付かないと何も始まらないってことなのね。

今いるこの世界、楽しい?生きるために9時から5時まで奴隷労働をしなければならない世界(+サービス残業)。最低限の衣食住も保証されない弱肉強食の格差世界。それ、楽しい?ワクワクする?私は全然楽しくない。苦しい。辛い。。。
このマトリックスの世界では、毎日毎日がルーティーンワークの繰り返し。与えられたことをただただこなすだけの人生・・・虚しいよ。
私はこのマトリックスから「意識を解放」して、「外のお友だち」と会いたい!それ考えるとすごくワクワクする!
もう一度言うけど、「外に出る」というのは、「意識」をマトリックスの外に向けるってことであって、タクシーを呼ぶみたいに、UFOを呼んでここから出してもらうってことじゃないからね。UFOを呼ぶ能力を身に付けなさいってことじゃないからね(確かにそれも面白そうだけど)。スピリチュアルセミナーに行きなさいなんて言ってないからね。て言うか、スピリチュアルってのもなかなかのクセ者で、「ワンネス」とか「ラブ&ライト」、「運がいい!ツイてる!」なんて言ってても、結局は私たちをマトリックス内に留めるのが目的っていうのたっくさんあるから、注意してね!(アタシが費やしたお金と時間、返せ~!・・・なんちってネw)。
まあとにかく、すべては意識、エネルギーの世界から始まって、物質的な変化は後からついてくる・・・それが宇宙の法則らしいです。
201611081539217de.jpg
20161108153924426.jpg


マトリックス(人間牧場)に留まるか、「外の世界」に意識を解放するか・・・地球は今、「壁の破壊活動」をしながら私たち一人ひとりに問いかけているんだ


『マトリックス』より
matrix1.gif
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/523-a2d5a192