空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

不良品の人

先日の記事でも書いたように、地球は遠い星からやって来たある宇宙人種族によって長いこと支配されてきました。・・・これは、マジなのです。
何度も言っているけれど、政治、経済、法律、宗教、メディア、学校、病院、会社、役所etc...というものは、私たち人間が生活し易くなるために作られたものではないのです。そう思わせといて実際は、私たちを支配するために作られたものなのです。私たちのエネルギーを効率よく吸引するために作られたシステムなのです。
「1に搾取、2に搾取、3,4がなくて5に搾取」・・・この世界はすべてこれなんです。だから、こういったシステムに関われば関わるほどエネルギーを吸い取られちゃうんです。無力にさせられちゃうんです。こういうものに関わって幸せになれることなんてないんですよ。
気付いて!みんな、気付いてー!!(>0<)

映画『マトリックス』では、「人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。覚醒してしまったトーマスは不良品として廃棄される(wikiより)」とある。
つまり、支配者の動力源(エネルギー源)にならない(この世の真実に気付いてしまった)人間は不良品扱いされちゃうんですね役立たずとして廃棄処分にされちゃうんです
支配者は、何かあるとすぐ病院に駆け込むような人間、国や政治家が何とかしてくれると思ってる人間、流行りの物をすぐ取り入れる人間、優等生タイプの人間、社員の鏡とか言われるような人間・・・そういう人間が大好きなんですよ。だって自分から「御主人様、どうぞ私のパワーを使ってください。吸い取ってください」って言ってるようなものだもの。支配者は、こういうタイプを称えるの。「みなさん、見習いましょう!」って。賞やご褒美をあげたりして。


支配者が一番嫌いなタイプって、ムーミンに出てくるスナフキンみたいな人間じゃないかなぁ。
20130207041216fdd.jpg
だってシステムに頼ってくれないから、エネルギー源にならないもの。
だからスナフキンはこの社会にとっては役立たずの不良品なの。でも彼はそんなのちっとも気にしない。どこ吹く風。システムから自由になった人間は、宇宙エネルギーと同調できるから。
ニートでホームレスなスナフキン・・・でも全然不幸そうに見えない。穏やかで幸せそう
ニートさんやホームレスさんがこの社会で叩きの対象にされるのは、“支配者にとって”役立たずの不良品だからなんじゃないかな。“支配者にとって”ネ

政治、経済、法律、宗教、メディア、学校、病院、会社、役所・・・こういったものにできるだけ関わらないようにすれば、私たち民衆にパワーが戻って来る。関わってしまっているとしても、意識はそこに同調させないようにすること。それが大事。
私たち人間は、こんなものに頼らなければいけないほど「やわ」じゃないんだ!
42712095 (600x359)




【ムーミン】スナフキン 名言集【人生訓】

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/526-c4473046