空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

ツイてる!運が良い!・・・(・_・;)

「ツイてる」「運が良い」という言葉について、ちょっとしたメッセージを受け取った気がするので、大雑把ですが翻訳してみました。

-------------------------------------------------------------

「ツイてる」「運が良い」という言葉は、決して波動の高い言葉ではない。
なぜならこの言葉には、「神は自分の外にいる」という意味が隠れているから。人生で起こることは、「運・ツキという名の神」が決めていて、自分には決定権がないという意味が隠れているから。この世には神に愛される人間とそうでない人間がいる、つまり、「神に選ばれし者」という差別意識にもつながっている。
「良い子にしてないと神様にご褒美がもらえないから、お母さんのお手伝いをしよう。お掃除をしよう。人の良いところを見て褒めよう」という感じで、いつも神(運・ツキ)のご機嫌を伺うようになる。それは本当にポジティブなことだろうか?
また、「ツイてる、運が良い信仰」をしている人は、神社仏閣やパワースポットがやたらと好きだ。彼らは「ご利益を求めて」あっちの神社、こっちのお寺、そっちのパワースポットなど足しげく通うが、ご利益を求める行為自体がネガティブであることに気付いて欲しい。
普通の人間がこの言葉を唱えても、運など大して良くはならない。本当に運の良い者たちにパワーを持っていかれるだけだ。強運の持ち主や成功者と言われる者たちが、自身の本やブログ、講演会などで語っていることを鵜呑みにするのはいかがなものか。彼らが本当に「成功の秘訣」を大っぴらに語るとでも思うのか。
自己実現法など他にも数限りなくあるというのに、ことさら一つの方法----それも効果の程も疑わしい-----を取り上げてそれに注目させるのは何故なのか、よく考えてみて欲しい。

翻訳ここまで
------------------------------------------------------------------------

運・ツキという名の神に好かれるため(願いを叶えてもらうため)、自分の中にあるネガティブなエネルギーを抑圧して、頑張って無理してプラス思考をすること・・・それ、良いこと?自分をいじめてるだけじゃない?
自分の中のネガティブなエネルギーを無視して無理にポジティブシンキングしたって、ネガティブなものはなくならない。はっきり言って、ネガティブが悪化するだけ。経験者ですm(__)m
いつも「自分はツイてる!運が良い!」と唱え続けたり、嫌なことがあっても「あ~この程度で済んで良かった~。やっぱり私は運が良いんだ~。感謝!」と発想転換することでどんどんツキまくりの人生になっていくということを本で読んで実践しまくりましたが、結果は・・・聞かないでください(*T^T)
・・・因みにその手の本100冊以上は読みました(汗)(恥)(黒歴史)
まあでも、それで良く分かったことは、自分の中の闇をちゃんと認め、受け入れ、浄化しない限り、ずーーーっとドロドロギトギトは残ったままってこと。そういうものが無いかのようにポジティブに振る舞ったって、幸せになんかなれないってこと。
そして、自分の中の闇をたとえ時間がかかってもしっかり見つめ、お掃除をしていくと、自分の中の神が姿を現すらしいことも分かりました。・・・らしいっていうのは、私自身が今「大掃除中(>_<)」だからです。でも絶対そうです。「外の神=運・ツキ」に媚びなくても良くなるのです\(^o^)/
外の神(運・ツキ)か内なる神か、あなたはどっちを選びますか?・・・という高次元さんからのメッセージでしたm(_ _)m

神様に好かれるために良い子、優等生になる必要なんて、な・い・ん・ダ・ヨ(ゝ∀・*)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/551-5a6cee69