空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

『A LIFE~愛しき人~』の陰謀

ショージ・サエキのブログ』より
※赤字強調は空色ノート管理人による

o0678038113850505679.jpg

キムタクが外科医役を演じているドラマが放送されている。

「とうとう来たか!」と思った。

木村拓哉の主演ドラマは視聴率が高い。

国民的アイドルであり、90年代以降は彼がテレビの顔となっている。

ところで、日本では病院が舞台となるドラマがやたらと多いと思いませんか?

その理由は国民に対する病院洗脳の為なのであります。

医療系のテレビドラマでは主人公は医者が圧倒的に多く、看護士が主役となっているドラマは『ナースのお仕事』、『ナースマン』とかぐらいしか見当たりません。

主人公である医者は大体次の二通りに描かれております。

ひとつは、凄腕でかっこよく、金持ちの医者。ふたつ目は人情味があって患者思いの医者。

いずれにしても、ドラマを見た視聴者は「医者はかっこいいな!」と思うか、あるいは「人の命の為に尽くす医者になりたいな!」と思うのです。

または、患者側の視点に立って見れば「病院に行けば病気を治して貰える」と思わされてしまうのです。

日本の社会では、このような洗脳により医者という職業が人気があり、そして病院に対して何も疑いもしない盲信者を作っているのが現状なのです。

o0640054313850532354.jpg

そして、世の中を裏から牛耳っているのはロックフェラーです。

石油・銀行・マスコミ、そして医療を支配している頂点がこの人なのです。

ロックフェラーが中心となって進められている『人口削減計画』があります。

世界中で溢れかえっている人口を削減するという計画です。

現在、世界の人口は73億人おり、これを10億人まで削減するという計画です。

ですから、現代医療というものは、医療を通して病気を治す振りをして人間を抹殺するのが本来の目的なのです。

抹殺する優先順位がありますが、大雑把にいうと有色人種が先でその後に白人となります。

それがゆえに、過去にはエイズやエボラ熱、鳥インフルエンザ等はアフリカやアジアに大流行しました。

日本人も例外では無く、絶滅させられる運命にあります。

o0424029313850591172.jpg

2・3年前に子宮頸がんワクチンの予防接種が日本で行われました。

アジュバンドという動物の避妊剤に使われていた成分を全国の女子小・中・高校生に注射しようとしていました。

ところが、しびれや歩行障害等の副作用が全国各地で発生した為にこの予防接種は以後下火になりました。

日本人が一挙に絶滅するのではないかと当時の私は考えておりましたが、日本民族の存亡は少しだけ長引き一安心です。

また、日本においては過去にも病院が舞台となるテレビドラマが放送されております。

o0500027513850505882.jpg
白い巨塔


o1000056413850603530.jpg
医龍


o0391022713850505983.jpg
救命病棟24時


o0720048113850930220.jpg
ドクターX


o0300019813850506355.jpg
Dr.コトー診療所


o0640041713850610922.jpg
振り向けば奴がいる


このように医者が主人公となるテレビドラマはまだまだたくさんあるのですが、キリがないので、この辺で割愛させて頂きます。

何が言いたいかというと、今までに私達はテレビドラマを通して医療というものに洗脳されてきたわけであります。

もし、こうような類のドラマが無かったとしたならば、私達はもっと健康な暮らしを営むことができたはずです。

本来、人間には自然治癒能力が備わっておりますのでヘルシーな食生活と十分な睡眠、そしてお風呂に浸かって温まり、ストレスを避ける生活を実行していれば病気にはならないのです。


とこらが、現実問題としては国民全体がこのように自己管理して健康な体を維持してしまうと、医者はおまんまの食い上げになってしまいます。

本当に必要な医療とは交通事故等の救急医療や出産等のときだけなのです。
しかし、そうなると9割以上の医者が食い扶持を失ってしまいます。

それなので、わざわざこのようなテレビドラマを頻繁に放送して『医療』を宣伝しているのであります。

o0400030013850639189.jpg

例えば、『ごきぶりホイホイ』というごきぶり駆除の製品があります。

この製品は香料を使ってごきぶりをおびき寄せ、おびき寄せたごきぶりを粘着剤で動けなくして殺すという仕組みです。

私達もこれと同じで、テレビで洗脳されて病院へおびき寄せられて、薬だ何だと色々飲まされてぼったくられているのです。

「あなたはガンです!このままでは死にます!」と言われ、ごきぶりホイホイのように粘着剤に手足を捕られて抗ガン剤で殺されるのであります。

このように考えると、いかに日本人が愚民化政策の結果、自分で物事を考えられない民族であるかを伺うことができます。

最近ではニュースで住宅リフォーム会社の詐欺が報じられております。

「このままにしておくと、次の台風で屋根の瓦が吹き飛んでしまう!」とか「このままでは家が倒壊してしまいますよ!」とか言って高額なリフォーム代金を取られてしまうのです。

リフォーム業者の詐欺はテレビや新聞で報道されますが、病院が人の財産と命を奪っていることに対しては報道がされることはありません。

これは、先にも話しましたがロックフェラーが医療を支配しており、人口削減計画を実行しているという理由で問題となることはありません。

この理由から、アメリカからの圧力により日本政府はまともな医療を国民に提供することが出来ないのであります。

週刊誌やネットを見ていると、やたらと新しいガン治療の特集が組まれたりしているのを見かけます。

これは何かというと、単純にごきぶりホイホイのデザインが変わっただけなので期待は何も出来ません。

また同じようにごきぶりと同様の運命を辿ります。


今回、キムタクが病院を舞台とするテレビドラマに起用されているのは、視聴率が期待されるからなのです。

それによって日本国民の病院洗脳を高めることが出来るからなのです。

また、診療報酬詐欺で女医が逮捕された事件が過去にありました。

新宿のホストクラブで一晩何百万もばら撒いて豪遊していたとのことです。

これは氷山の一角ですが、あの時にこの女医はウサンクサイと思うことが出来れば騙されることはないのですが、何も考えないと被害を被ってしまいます。

結論を言えば、日本という国に産まれて生活している以上は、自分の健康と命は自分で自衛しなければ守れないのであります。





一見、与えてもらっているようで、実は奪われてる、吸い取られてる


これが私たちが住んでるマトリックスの世界の現実。
人気芸能人を使って感動や癒しの医療ドラマを作って、病院のイメージアップを図る。ドラマを見た視聴者は、涙を流しながら「良い作品をありがとう」って思うわけ。結果、出演者の好感度もアップし、事務所はウハウハ。医療マフィアはもっとウハウハ。ドラマによる洗脳によって病院を信じた私たち一般ピープルは、何かあるとすぐ病院、医者を頼るようになるわけだから。愛する人が医療によって殺されても、「先生たちはよくやってくださいました。ありがとうございます」なんて感謝すらしてしまうのだから。
このキムタクのドラマは、「金儲け、人口削減、人体実験」をやる施設の宣伝に過ぎない。こんなこと許しておいていいの?立派な犯罪でしょう。
医療ものに限らず、人気芸能人のドラマは気を付けて見るように(見ないのが一番だけど)。
爬虫類組織の洗脳は、「感動とセット」で仕掛けてくるからね。
キムタクさん、カルマを作るようなことはやめなさい!

あ、それから、ロックフェラーが悪の頂点ていうのは違うでしょ。彼も所詮は操り人形。

●関連過去記事
有名人の役割』 
内なるお医者さん』 市が破綻して病院がなくなったら死亡率が低下!病院に行くほど病気になって死亡率は上がる!
クエン酸で医者ガクブル!?((((;゜Д゜)))
熱めのお風呂は、ガン治癒に想像を絶する凄い効果がある
やっぱり熱めのお風呂です!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/553-f6e65194