空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

目医者に行く前に

201702241058005f4.jpg

強健ラボ~視力回復、レーシックの前に画期的な方法とは?」より抜粋

●効果抜群!塩目薬の作り方

鼻うがいの時にお勧めした、0,9%程度の自然海塩水を作るだけです。

1リットルの水に、9gの自然塩を入れる割合です。

間違っても、精製塩や化学塩では、なさらないで下さい。



簡単な見分け方として、塩の袋の裏側に製造法が書いてあるはずですが、「イオン交換膜」、と書いていれば、自然塩ぽい塩の名前であろうが、精製したダメダメな塩です。


●白内障で視力〝ゼロ″が二週間で……

「正食と人体」 著者 一倉定  の本の抜粋です~

M社のM会長は八十歳に間もないご老齢だった。

M杜にお伺いしてしばらくして、M会長の左眼が白内障で視力ゼロになっていることを知った。

二の上右眼が視力を失ったら大変だ。右眼を守って差し上げたいと思い、M会長に自然海塩のホウジ茶溶液で朝晩両眼洗浄することをお勧めした。

ホウジ茶は海塩の働きを強めるからだ。


三か月ほどたってからM社にお伺いした際に、M会長に両眼の状態をお伺いしたと二ろ、二週間で左眠が視力を回復し、視力は0.3であるという。

いまは自ら自動車を運転しているというお返事であった。


●瞬間的に視力が上がる

宮崎の実習ゼミの時である。 Y社長からの健康相談である。

「最近非常に疲れる。そして物忘れが多くなったりその上視力が落ちて困っている」という。

それでは社長の激務は務まらない。体調を整える二とが先決である。

「では……」というわけで、まず視力テストである。

ご自分の名刺を取り出していただき、住所が明瞭に読み取れる目からの距離を計ってみた。

二五センチだった。



そこで、私はいつも持ち歩いている目薬(自然海塩を水で溶いたもの)を左右の目に2~3滴ずつ点眼していただいた。ものすごくシミるという。

シミかおさまったところで、先程と同様に名刺で視力テストをしていただいた。



なんと33センチに伸びていた・点眼から一分足らずである。

一分足らずどころか、実は点眼の瞬間にぱっと視界が明るなる。

テレビを妃ながら点眼すると、視力が弱くテレビの画像がチラつく人は

点眼の瞬間にチラつきがピタりと止まってしまう。



人体の反応の驚異的なスピードは、かくのごとしである。

話を元に戻して、Y社長はびっくり仰大してしまった。



次に卯醤を一個飲んでいただいた。

だいぶひどく体調を損ねておられるので、醤油は基準の五割増しであった。

五割増しどころか、二倍でも、こうした強度の塩不足の人には差し支えない。



ただし、この場合は食事中とすること。

または四~五時間たって二個目を飲む。

さもないと吐いてしまう恐れがあるからである。

あとは例によって食事の注意である。



水は極力控える、果物、生野菜、叶いものは厳禁。

ミソ汁とゴマシオ十二分である。

塩分は奥様がどうしてもとらせてくれないとのことであった。

良妻ほどだんなさま大事で塩分をとらせてくれないのである。

「良妻、夫の健康を害す」は冗談ではないのである。



二十分ほどたったころ、Y社長は、「体かポカポカと温かくなって実に気持ちがいいですよ」

この時を境にして、Y社長はまったく変わってしまった。

実習ゼミを終わって帰る時には、別人のように元気であった。



Y社長は毎月の社長ゼミに出席されるのだが、ある時「一倉さん、目ヤニが出て困るのですが」とおっしゃる。

例の目薬を借りてなめてみたら、猛烈なカラさである。



「これは濃すぎますよ。涙のカラさより若干濃い程度と申しあげたでしょう」と。

濃ければ濃いほどよく効クと思い込まれていたのである。

濃度をなおしたら、目やには出なくなった。


●ドライ・アイ

H社の副社長S氏に久しぶりにお目にかかったら、右眼に眼帯をされている。

数か月前からドライ・アイとなり、医者に通っているがナカナカ治らない、ということである。



医者は、細い金属棒を涙腺の中に差し込むが痛くてかなわない、というのである。

私が、「これをつけて見てください」と差し出したのは例の目薬と称する自然海塩液である。



H氏は、二滴ほど点眼した。その瞬間に「ケツ、治った」と。それでおしまい。

その目薬を容器ごと差し上げた。

翌朝お目にかかった時には「一倉さん、スッヵリ治りましたよ」と。

S氏は一遍に自然海塩党になってしまった。



S氏は、この自然海塩を家では使っておられるのだが、

まさか、これがドライ・アイに効くとは思っていなかったのである。

ミソ汁をしっかりとっておれば、ドライ・アイなど無縁のものなのである。



以上


------------------------------------------------------

病気は病院、医者が治してくれるという奴隷思想から抜け出さないとニューアースにシフトできないヨ(*・∀-)
病院は最後の最後の最後の手段。基本、自然療法、自己治癒力で治すって気持ちが大事(*^∀゜)
因みに私は今、ヒマシ油の目薬を時々しています。ヒマシ油が余ってしまって使い途に困っていたところ、ヒマシ油も目に良いとネットに載っていたので。よろしければ「ヒマシ油」「目薬」とかで検索してみてくださいm(_ _)m
でもわざわざ目のためにヒマシ油買うなら、塩目薬の方が断然良いですよね。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/571-2abb3b91