空色ノート

≪再掲≫爬虫類人との戦いに勝った平行世界

≪再掲≫

デイビッド・アイクの本を読んでいて、非常に興味深いことが書かれている箇所がありました。
何でも、アフリカのある秘密技術によって平行世界にいる存在と数年に渡りコンタクトを取っていた時期があるらしいのですが、その平行世界でもイルミナティ--爬虫類組織の支配を受けていたとのこと。でもその後、その平行世界では人類が組織との戦いに勝利したと言います。
バシャールが「イルミナティのいない現実世界もある」というようなことを言っていましたが、やはり本当にそういうパラレル・リアリティがあるんだなと、今更ながらに納得した次第です。

-----------------------------------------------------------------------

『ハイジャックされた地球を99%の人が知らない・上』より転載

私は、これを書いている日に「チャニ・プロジェクト」に関する記事を見せられた。これはアフリカのある秘密技術で1994年に並行宇宙の存在と交信し約5年も続いたということだ。この存在は2万件以上の質問を受けたらしい。「チャニ(chani)はChannelled Holographic Access Network Interface の頭文字を並べたもので、あるときの通信で、月の目的はなにかと尋ねたところ、返ってきた答えは「生命は月がなければもっと良くなった」というものだった。さらには、月は自然の天体ではないとも言っていた。月は、地球の「気分」をコントロールするためにそこにある。月がなければ「大いなる平穏」が人びとに訪れるし「大きな嵐」もなくなる(あとは「小さな嵐だけになる)。月がなければ人びとは平和になる。奇妙なことに、この「月のない」世界は、私が思い描いている「ハック」の前の<本当の黄金時代>そのものだ。このときのやりとりは、ある「古い種族」が月を「宇宙空間から」補捉して地球のそばに置いたことを示唆していた。これはズールー族の伝承とも一致しているし、私の研究もこれを裏づけている。チャニ・コミュニケーションが示しているのは、この「月の力」が時間をコントロールするタイムマシンのように機能したこと、それによって「この惑星に住む人間のこの時系列での」の気分が操作されたということだ。
 最古の物語は時間についてなにも語っていない。それは「時間」がマトリックスの幻想であり、私たちを永遠の<今>から切り離すことによって人間を奴隷化するために作られたコードだからだ。
---略---
興味深いことに、チャニの「存在」は、爬虫類が人間の背中を押さえつけて「成長」しないようにしていること、彼らが自分たちの現実の中で爬虫類との「戦争」に勝ったことについても語っている。「私たちは多くの時系列(のなか)で多くの竜を殺す」。さらに、人間は問題の爬虫類よりも「霊的」に進化しているが、鱗のある奴らは「自分たちのすぐれた科学技術に執着している・・・・彼らの神はその科学技術だ」と語ったという。これも、私がいろいろな本の中で言ってきたことだ。彼らは知能が高く技術的な精神(マインド)を持っているが「霊的」な意識は低い。彼らは「自分たちの精神(マインド)を私たちに与える」ことによって私たちを彼らと同化させようとしてきた。





上の私が書いた文章、主語とかが抜けててちょっと変な文章になってた(-_-;)

で、この過去記事を改めて読んでたら、爬虫類世界が崩壊しつつある世界と相変わらず支配が続いている世界の境目に自分が立っているビジョンが見えた。
モーセの出エジプトの、海が真っ二つに別れていくあのシーンを彷彿とさせる光景だった。
2017022816062365d.jpg
今まさに私たちはその岐路に立っていて、それはとてつもなく重要な時期にいるということで、絶対気は抜けないって思った。
何とも言えないそわそわざわざわした気持ちになった。

※過去記事「月は人工的に作られたもの。それは私たちの“気分”を操っている
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/576-011da420