空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

与えるものが受け取るもの

zeraniumのブログより



「バシャール14」自分が受け取りたいものを送り出す

   あなたが自分のまわりに創りだしているものは、「あなたが持っている観念を完璧に表わしている」と言う意味で完全なのです。もし、自分が作りだしている世界が望んでいるものでないとしたら、それはあなたが無意識のうちに「その選択をしていた」ということです。自分で実現化したい観念を、無意識のうちに実現していたということです。

   望んでいない観念は、あなたの一番強い感情を通して実現化されます。
   否定的な視点を含んでいる観念は、通常、それらの観念を実現化するために否定的な感情を生み出します。そして、これを繰り返します。つまり否定的な観念は否定的な感情を生み出し、否定的なものを実現化するのです。

    一方、肯定的な観念は肯定的な感情を創りだし、それが自然に肯定的な現実を作り出すことになり、それは繰り返されます。ですから、「自分は望むものを自由に実現化できる」という肯定的な観念を持つと、それがよろこびに満ちた感情をもたらし、それによって肯定的な結果を実現させます。 

   自分に対する無価値感と罪悪感の観念は、疑いと怖れの感情を生み出します。
 そして、無価値感と罪悪感と「努力」の苦しい感情を実現化することになります。 これが「創造の物理学」なのです。


   これはあなたが応用できるたった一つの法則を表わしています。
   この一つの法則とは、次のようなものです。「自分の与えるものが自分に戻ってくる」、これだけなのです。この法則以外にあなたを縛るものは、この宇宙にはないということです。あなた方がこの宇宙に存在していると考えている複雑さは、この一つの法則がいろいろに絡み合っているだけなのです。

自分の与えるものが自分に戻ってきます

   あなたの波動が、どのような現実を体験するかを決定します。
   あなた方がエネルギーで造られていることはすでに知っていると思いますが、物理的な物質も、単なるエネルギーが織りなすパターン、模様なのです。そしてそれらは固有の振動数を持っています。この固有の振動数が、ある瞬間のあなたの性格を決定します。そして、その瞬間のあなたの性格が、体験する現実を決めます。あなたはこの現実の中にいるのではなくて、あなたがこの現実そのものなのです。

   ですからあなたが「道をはずれる」ということはあり得ないことです。
   なぜならあなた自身が、「道そのもの」」であるからです。つまり、自分自身から外れるということはあり得ません。よって、あなたのまわりで起きることはすべて、あなたの中で起きていることです。あなたの周りの現実が自分の望むものでなければ、そのことから学ぶべきものを学び、いかに自分の望むものに変えていけるかを学んでください。

   自分の望まないことが人生に起きたとき、別に「あなたはここで停滞して先に行けない」ということを示しているのではありません。また、「あなたは創造する者として失格だ」ということを教えようとしているのでもありません。そうした状況は、あなたの中に、自分で望まない観念があるということを見せるために起きています。もし、それが望むものでなければ、望む方向に自分で変えていくことができます。しかし、自分自身のものでないものは変えることはできません。

   望むものであれ、望まないものであれ、自分にふりかかる現実を「自分のものとして」見てください。それはその嫌いな現実を好きになることではないし、それに自分を合わせていくことではありません。「自分がこの現実を創りだしている創造主だから、そのゆえに自分が望む方向にも変えることができる」ということを認めるだけのことなのです。

   それでは、望む現実を創り出すための道具となる三つのステップについて話します。
   「想像」あるいは「視覚化」、「感情」または「願望」、「行動」あるいは「物理的表現」、この三つが一つになって「演じる」ことができます。先ほど、自分の波動が自分の現実を創り出すと言ったのを思い出してください。自分の望む状態を視覚化したり、イメージで見始めたりするにしたがって、あなたにとても大切なことが起き始めます。それは、イメージしているとき、あなたはその現実の波動になるのです。自分の中から湧き出る願望は、その波動が活性化していることを教えてくれます。

   そこまで行くと、今まで持っていた多くの古い観念がパチッとショートしてしまうのですが、でも多くの人のほとんどは、ここでやめてしまいます。想像から感情、そして行動へと行く代わりに、想像から疑いを感じるほうへ行ってしまいます。
「こんな風になりたい自分が見えてきた。そうなったら何て素晴らしいんだろう! でも、とてもできない。なぜなら・・・」といくらでも理由が出てきます。ほとんどの人は、それらの理由を考えたくないと思っているにもかかわらず、すでに持っている観念による「想像」で自分にプレッシャーを与えてしまいます。

   自分を最初にショートさせてしまう観念の一つは、「本当に望むものを行動に移すには、大変な努力とスタミナがいる」という観念です。どうすれば行動に移せるか、その方法をいろいろ考えるだけでくたびれてしまいます。ここで強調したいのは、「自分が強く望んでいることは、努力の必要なしに実現できる」ということなのです。なぜなら、それがあなたの本質に一番近いからです。スタミナが必要になるのは、「自分自身でないもの」になろうとしているときだけなのです。

   「しようとしている状態」は本当のあなたの状態ではありません。
   「しようとしている状態」とは、まわりの現実と自分の中にあるタイミングを信頼していないときに生じます。自然が自分に与えてくれた道具を信頼していない、ということです。「しようとしている状態」はまだ、「まわりの人が期待していること」をやろうとしているときの状態です。「しようとしている」ときは、まだ「努力を必要としない本当のあなた」以外のパターンに従おうとしています。

   しかし自分が一番ワクワクすることを、「自然にむこうからやってくる一番はっきりとした機会」に行動に移せば、努力はまったくいりません。




              book  「BASHAR 」 チャネル ダリル・アンカ
                       VOICE新書刊

                         から抜粋
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/59-8199db21