空色ノート

有名人=ただの広告塔

私たちが憧れや尊敬の念を抱く有名人と言われる人たち(芸能人、文化人、芸術家、アスリート等)。
彼らは私たちに「夢や希望を与えてくれる人たち」ってことに表向きはなっているけれど、実際は支配層の広告塔、宣伝マンに過ぎない。
偉人などと言われる歴史上の有名人なんかもそう。あれは、支配層に貢献した人物、つまり支配層にとって偉人だったってだけのことで、私たち庶民にはむしろ不幸をもたらした者と言ってもいいくらい。偉人ではなく、駄人w

518DM0QD5SL.jpg510JTZFS94L.jpg350_Ehon_100897.jpg

私たちは有名人てだけで「スゴイ!」って思ってしまいがちだけど、それは、支配層がテレビや本や賞などのツールを使って、そう思うように操作しているから。賞やコンクール----ノーベル賞だのアカデミー賞だの芥川賞だの国民栄誉賞だの紫綬褒章だの----なんてものは、私たちをだますために支配層が作り出したもので、価値などないんだから!(`へ´*)/
ピース又吉直樹『火花』だけじゃない! 「芥川賞」の“単なる話題作り”ぶりを振り返る
201705070851374dd.jpg
あと、アイドルって呼ばれる有名人がいるけど、wikiによると、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語に由来し・・・だそう。人々を催眠にかけ、心をコントロールするのが宗教だけど、アイドルに入れ込んでキャーキャーやるのも、教祖様や仏像に向かって手を合わせたりひれ伏したりする行為も同じことじゃないかな。原理は一緒。

b0ae6a9b.jpg

ed4f6_242_6dc58451_5ae6e617.jpg


↑完全一致w↓
MUSLIM-QUIAPO-3.jpg

それから、プロスポーツ選手を崇める人も多いけど、勝ち負け競うスポーツ競技を夢中になって観ていると、戦い、対立、勝ち組・負け組思想が潜在意識に強く植え付けられてしまう。弱肉強食の競争社会を維持したい支配者側からしたら、人々がスポーツ観戦に熱狂してくれればくれるほど嬉しいだろうけどね。

支配層の操り人形である有名人を崇めるということは、お金、時間、感情などのエネルギーを吸い取られるということ。
その有名人が宣伝する(ほとんどが有害無益な)物を好んで買ったり、彼らの発するメッセージ(支配層の意向)を盲目的に信じ、言われた通りの行動を取るようになってしまう。
別に誰かのファンになるなって言ってるわけじゃない。中には素晴らしい人もいるから。でも・・・少ない( ω-、)
こちらが捧げた分だけの(もしくはそれ以上の)エネルギーを返してもらってるなら良いんだけど、大抵は一方通行。でも、催眠にかかってる信者、ファン、支持者たちは、「夢を希望をありがとう!」って、涙流しながら憧れのあの人に今日も一方的にエネルギーを捧げてる。

ここからはオカルトチックな話になるけれど、有名人、特に大物と言われる者たちは、悪魔に忠誠を誓う儀式----人間の生け贄を悪魔に捧げ、その血肉を喰らう----に参加している者が多いと聞く。そうでなければその地位に登り詰めることは難しいとさえ言われている。
憧れのあの人は、自身の内から溢れる輝きによってその地位を手にしたわけではないかも知れないということ。そのバックには恐ろしい存在が控えているかも知れないということ。
20170506145921936.jpg


・・・それにしてもイグアナだのトカゲだの好きな人多いな~(-_-;)
これも何かのメッセージなの?(-""-;)
iguana.gif
20170508182514e94.gif
iguana2.gif
REXkyouryuu.jpg


でも何より言いたいことはね、今の私たちにはもう、他人に無駄なエネルギーを捧げてる暇なんてないんだってこと。今この時期、私たちにはもっとやらなくてはならない大事なことがあるってこと。・・・5次元世界への移行を希望の人にはね。

ダイジナコト,ヒソヒソ…(/-.-(°0°)ハッ! ジョウカシテ エネルギーヲ カルクスルコトカ!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/637-4759ceb9