空色ノート

有名人=ただの広告塔②

日本や世界や宇宙の動向」より

ロビン・ウィリアムズはコメディで成功するために悪霊とチャネリングをしていました。
※赤字強調は空色ノート管理人による

大抵は、アメリカも日本もどこの国も、芸能界はろくでもない連中に支配されているのは確かです。欧米の芸能界を支配しているのはユダヤ人ですが、日本の芸能界を支配しているのはユダヤ組織の配下の在日半島人です。
アメリカでは有名なハリウッドスターは、必ず悪魔崇拝集団のイルミナティのメンバーになっています。
ガガやビヨンセのように、世界的に有名なミュージッシャンもイルミナティのメンバーであり、世界中に悪魔の影響力を拡大しています。そして、アメリカの有名なコメディアンであり俳優(私はこの人のことを知りませんでしたが)である、ロビン・ウィリアムズも同様に悪魔に支配されてしまった人物だったようです。その結果、自己破壊しか道が残されなくなってしまいました。
多くの場合、特にアメリカでは、一般人が芸能界に入り世界的な富と名声を獲得するには、(女性なら)芸能界のボスの愛人になるか、奴隷になるか、悪魔の支配下になるか、なのでしょうね。有名な人たちは必ずイルミナティのメンバーにならなければなりませんから、富と名声を得る代わりに、魂を悪魔に売ってしまったということです。彼らは麻薬常習、酒浸り、気が狂った末に自殺するか、イルミナティの悪魔の生贄儀式の犠牲になってしまうのでしょうね。芸能界とは恐ろしい場所です。日本の芸能人も麻薬常習者が多いと思いますし。。。

http://beforeitsnews.com/home/featuredlist/featured.html
(概要)

8月14日付け:
他人を笑わすコメディーアクターのロビン・ウィリアムズがなぜ自殺しなけらばならなかったのかについて誰もが疑問に思っています。
しかし彼を苦しませ自殺に追い込んだ影の支配者を知る人はあまりいません。
ロビン・ウィリアムズは、生前、姿を変えることができる悪霊を呼び込み、ステージの演技に助力してもらっていたことを認めました。
ウィリアムズは、他の有名なセレブと同様に、悪霊の助力なしには、これほど有名にはなれなかったでしょう。
robin-williams-demon-possession-hollywood-medium-channelling-spirits-beyonce-illuminati.jpg
(ロビン・ウィリアムズ)

さらに悪魔勢力は彼の演技にかなりの悪影響を与え、その結果、彼は悪魔に高い代償を払う結果となりました。1999年に行われたUSウィークリーのインタビューに答えたウィリアムズは:
「まさに、私は悪魔に憑依された。突然、ステージで悪魔が私に憑依した。そして、演技中にとてつもないエネルギーを得た。私は悪魔に支配されてしまった。昔は悪魔を呼び込みたくて仕方がなかった。悪魔は自分に力を与えてくれる。憑依されると人格がガラッと変わる。まるでジキルとハイドのようだ。以下省略」と語っています。

なぜこのように悪魔は芸能人を使いたがるのか。。。悪魔の最終目的は。。。神に反逆する人間を増やすことです。そのために、芸能人を介して悪魔の力や闇の世界を世界に拡大しようとしているのです。
ウィリアムズが敬服したジョナサン・ウィンターズも死去しています。彼が払わなけらばならない代償は大き過ぎました。ウィリアムズのアイドルだったウィンターズが死去したように、ウィリアムズも同じような原因で死去してしまいました。ウィンターズも富と名声を得るために悪魔の力を活用しました。その結果、彼は常に悪魔に支配され苦しむことになったのです。
ウィンターズは耳元で常に消えうせろと叫ぶ悪魔の金切り声を聞き、悪魔に24時間付きまとわれていたそうです。ウィンターズは、人気絶頂期に、自らの意志で8ヶ月間精神病院に入院しました。彼は重度の鬱病を患い、酒浸りになりました。
ロビン・ウィリアムズはホームドラマの俳優として有名でしたが、下品な舞台コメディアンとして最も有名な存在でした。悪魔に憑依された彼が舞台に立つと、ジキルとハイドの状態になり、コメディーという名を借り、観客を闇の世界に招き入れました。
彼は、舞台に立つと躁病になり、ひわいな言葉を使って暴言を吐き続けました。また、道理に反する性行為、違法麻薬、アルコール依存を賞賛していました。
ウィリアムズの演技が悪魔に支配された結果だということを知らない多くの観客は、彼の演技を観た後に大変なショックを受けました。
多くの有名なミュージッシャンと同じように、多くのコメディアンも名声を得た後に、彼らを苦しめ続ける悪魔の奴隷となり、高い代償を払わなければならなくまります。
1960年代にアメリカでもっとも有名になったバンド(ドアーズ)のリーダーでありボーカリストのジム・モリソンは、四六時中、頭の中で叫び続ける悪魔、幽霊、悪霊の声を遮るために酒浸りになった、と語っていました。
beyonce-sasha-fierce-demon-possession-super-bowl-2013.jpg

ビヨンセも、ステージに立つともう一人の自分(本当の私)が出現し私を守ってくれる、と言っています。写真内のビヨンセは悪魔崇拝のシンボルであるヤギの頭を描いた衣装を着ています。


音楽の天才と称賛されたビーチボーイズのブライアン・ウィルソンも、複数の悪魔の生命体から嫌がらせを受け苦しみ続けた後に何年間も寝たきりの状態となってしまいました。
ウィルソンの状態は、映画、エクソシストのリンダ・ブレアのシーンを連想させるものでした。
ワーナーブラザーレコードの元社長のラリー・ワロンカーは:
「ブライアン・ウィルソンは悪魔たちの声が聞こえた。悪魔たちは彼に話しか、彼を怖がらせ、心をかき乱させ、混乱させた。悪魔たちの声は彼を呼んでいた。彼はうつろな目で天井を見ていた。彼は額に皺を寄せてしかめっ面をし、静かに意識を失った。彼は上を向きながら、数秒間、頭を前後に振り、悪魔の声を振り払っているかのようだった。」と語っていました。
スーパースターのビヨンセも、サーシャ・フィアスと呼ばれる悪霊とチャネリングをしていることを認めています。悪霊のサーシャはビヨンセが舞台に上がると彼女に憑依します。
(その他、オジー・オズモンド、ヒース・レジャーなども同様の体験をしています。)
中略
ロビン・ウィリアムズも、モリソン、ウィンターズ、レジャーなど、他の多くの有名人と同様に、彼を苦しめている悪魔の声を遮るために、麻薬にのめり込んだり酒に溺れてしまいました。しかしそれがいかに危険かということに気が付いた時には既に手遅れなのです。麻薬を使用するということは悪魔の陰湿な罠により深く嵌ってしまうからです。
ロビン・ウィリアムズは敗北を感じたことでしょう。彼は悪魔の声を遮るために酒浸りになり自分の身体を痛めつけ、ついには断末魔の苦しみを味わいました。そして、何回も専門家の助けを求めましたが、誰も彼を悪魔の世界から助け出すことができませんでした。


-------------------------------------------------------------------


2017042112182300b.jpg
201704251150189a9.jpg


×売れている=実力
○売れている=悪魔に魂を売った
・・・が真実なのでしょう。
この間の記事にも書いたように、有名人とはレプティリアン組織の広告塔です。
名声、地位、富を求め、悪魔崇拝儀式に参加し、そういった存在に憑依されている者がたくさんいると思います。それ故の活躍、ということなのでしょう。
不審死を遂げる芸能人が多いのも、悪魔との契約の関係で命を持っていかれた、なんてこともあるかも知れません。
華やかな世界に憧れる気持ちも分からなくもないですが、それは表面だけのことで、内情はまさに「魑魅魍魎が跋扈する」恐ろしい世界なのでしょう。


みなさんちゃんと悪魔に忠誠誓ってますねー。
これ、ふざけてるんじゃないんですよー。
72a97a7c.png
851.jpg
無題


※外部リンク
芸能界が「イルミナティ」と「フリーメイソン」に汚染されてる件 悪魔崇拝組織に魂を売った芸能人
イルミナティ ハンドサインを出す国会議員。撮影する時のピースサインは、原爆2つ投下したという意味
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/644-b057ccfd