空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

小林麻央さん死去に思う3つのこと

BBD56Ed.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000089-spnannex-ent
小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

BBD5y7V.jpg
 海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。 

 海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」などとつづった。

 麻央さんは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで海老蔵と出会い、10年3月に結婚。11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)を出産。幸せな生活を送っていると思われた中、16年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がん闘病中であることを発表していた。麻央さんは同9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづり、多くの人々の共感を呼んでいた。





小林麻央さんのご冥福をお祈りします。
しかし、先日関連記事を書いたばかりということもあり、このニュースには驚きましたね。
最近は思ってること、考えてること、やったことの答えみたいなのがすぐ返ってくることがあまりに多い(-_-;)
・・・で、このニュースを受けて思ったことが3つほどありましたので、これから述べてみたいと思いますm(__)m

まず、何より言いたいのは、彼女は癌で死んだのではないということ。「癌治療」によって死んだ、というか殺されたということです。不必要な手術に毒薬入りの抗がん剤治療、そして石油成分のたっぷり入った薬漬けにされて殺されたのです。
「まだ若いのに・・・」「小さなお子さん二人も残して・・・」「あんなに綺麗な人が・・・」と、今日本中の人々は彼女を憐れみ、同情し、悲しんでいる。それはもちろん分かるのだけど、医療悪魔たちからすると、人々の潜在意識に癌への恐怖心をしっかりと根付かせるためには、人々の感情に大きく訴えるようなインパクトのある人物である必要があったのです。「若く美しく、小さな子を育てる母親であり、歌舞伎界のプリンスとも言われる夫を陰からしっかりと支える健気な妻」だからこそ、医療悪魔にターゲットにされ、殺されたのです。「自分は若いから、健康だからと思っていても油断はできない。癌はいつ誰がなってもおかしくない病気」と人々にしっかり認識させるために。
でももしかすると、当初の計画では死という結末までは考えられてなかった可能性もある?「癌は恐ろしい病気。病院で治療しないと治らない病気。早期発見早期治療が一番!キャンペーン」が思いの外うまくいっていなくて、やむなくプランB、つまり、今回のような衝撃的な結末へと変更されたなんてこともあるかも知れない。
医療悪魔たちは、そうまでしても私たち人間家畜を病院送りにさせたいのです。癌ビジネスは儲かるからです。そのためには有名人が何人死のうとどうでも良いのです。まあ、癌だと言ってる有名人の中には仮病を使ってる者もいると思いますけどね。
医療というものをカッコ良く扱ったドラマ、映画、小説、漫画が多いのも、その目的はほぼすべて、病院に対しての私たちのイメージを良くするためです。お医者さんてカッコいい!頼りになる!何かあったらとにかく病院に行けばいいんだって思考にもっていくためにああいう作品が作られるのです。
でも、現代医療の目的は、「金儲け・人体実験・人口削減」に他なりません。

今後、小林麻央さんの死を利用して(美化して)私たちを騙す活動がますます活発になることでしょう。
余命一か月の花嫁のときのように、「乳ガン検診受けましょう!キャンペーン」があの時よりもっと派手に張られたり、ピンクリボン運動ならぬ、麻央運動とか麻央基金みたいなものが設立されたりする可能性も大。そういう場所に彼女の子どもたちを参加させたりして人々の情に訴えるようなこともするかもしれない。彼女の命日を「麻央の日」なんて銘打って、イベントを開いたりなんてこともあるかも知れない。
世のため人のために活動しているつもりが、実は悪魔に手を貸していたなんてシャレにならない。とにかく悪魔は何でもやりますからね。
これからも、インパクトのある有名人が次々と癌公表をすることでしょう。人々の潜在意識に癌への恐怖心を植え付けるために。

17081_20170624141409cc3.jpg

city_marathon2_20170624141410ece.jpg



----------------------------------------------------------------


アシュタールの言葉・・・

「アシュタール:身体の不調に名前がついたらエネルギーが固着して病気になる」

名前を付けると それが具体化するからですね。

あなた達は エネルギーを感じることが なかなか出来ません。

ですから 名前と言うものが 大切になって来るのです。

名前をつけることによって エネルギーを特定することが出来るのです。

エネルギーで 判別することが出来ないあなた達でも 名前を付けると そのエネルギーを固定し 読み取ることが出来るようになるからです。

ボヤ~~っと見えている、感じているだけでは その存在を特定することが出来ませんね。

たとえば 蒸気に向かって 何かをしようとしても 蒸気がどこにあるのか分からないし それにどうやって触れていいのかもわからない・・だから 何も出来ない・・ですね。

でも 蒸気を氷のように固めたらどうでしょうか?

どこにあるのかわかるし そして 触れることも 壊すことも出来ますね。

なにかのエネルギーに名前を付けるということは 氷のようにするということなのです。

ですから あなた達を支配 コントロールしたいと思っている存在たちは 常にあなた達にとって 蒸気のような存在でいたいのです。

存在を知られることなく 触れられることなく・・・あなた達が どこに向かって 不満や恐怖などを吐き出せばいいのか分からないように固体化しないように 名前を明かさないのです。

存在がはっきり分かって 見えてしまえば 怖さ 恐ろしさ 恐怖 などは 半減してしまいますから。

お化けは 見えないから怖いのです。

正体が ばれてしまったら 誰も怖がらなくなります。

そのために 名前を付けられること、名前が分かることを嫌がるのです。

あなた達の 不満、怖れ などを吐き出す対象がはっきりとしてしまうからですね(笑)

あなた達を支配 コントロールしようとしている人たちの話だけではなく、

反対に名前を付けないほうがいいことがたくさんあります。

病名もそうです・・

名前が付くと それにエネルギーが与えられ 具現化します。

そうすると 何もないところよりも 対象がはっきりしますので もっとそこにエネルギーを注ぐことが出来るのです。

ただ なんとなく不調だと思っていた 身体の不調が 名前がついたとたんに病気に変わります。

それは あなたのエネルギーが 病名に固着するからです。

病名に添えられた(教えられた)症状に あなたのエネルギーが向かい そのエネルギーで あなたは自分の身体を その方向へデザインしはじめるからです。

思考はエネルギーです・・あなたの身体もエネルギーで出来ています。

身体を病気にするのは あなたの思考エネルギーです。

ですから しっかりと対象?的(マト)(病名)を 見てしまうと そこにエネルギーが注ぎ込まれ 注ぎ込まれたところに現実が出来るということになります。

この件に関しては とても長くなりますので 別の機会にお話ししたいと思います。

”名前”に関して 理解していただけましたでしょうか?





人は癌によって死ぬのではなく、癌治療によって死ぬのです。いや、殺されるのです。
医者による「あなたは癌です」「余命何年です」という宣告は、患者に術をかけるということ。
術は、それを受け入れ信じることで発動する。

3つのこと、一つの記事にまとめようと思いましたが、すみませんがやっぱり続きは次回にしますm(__)m


クエン酸で医者ガクブル!?((((;゜Д゜)))
熱めのお風呂は、ガン治癒に想像を絶する凄い効果がある
 『A LIFE~愛しき人~』の陰謀
感動詐欺にご用心!
100歳なのに5~60歳にしか見えない人たちがいっぱいいる地・フンザ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

yu-mi様

全くもって仰る通りです。今回のyu-miさんの記事を印刷して各家庭に配布したいくらいです!
人間の情に訴えてくるところが本当にタチが悪いですよね、反論する者を封じ込めやすいですから。
でも逆に、より多くの人が今回の記事のような事に気付いた時こそが、闇の支配が終わる時なのだと思います。それは決して遠い先の話ではありません!

あと、yu-miさんが2つめ、3つめの記事で書かれる予定の事ではあると思いますが、悪魔崇拝の犠牲になった可能性ですよね。
これがまたより根深い、理解を得られにくい概念ですが、今回分かる人はすぐに気付いたはずです。

>最近は思ってること、考えてること、やったことの答えみたいなのがすぐ返ってくることがあまりに多い(-_-;)

私もそうです。日常の物事の展開が本当に速くなっていると感じます。
少なくともyu-miさんやこのブログの読者の方々のように意識が開けている人は、バシャールなどが言う「どんどん加速していっている世界」を身をもって体感している最中なのでしょう。
2017.06.24 15:18 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

記事読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
医療での覚醒は食と同じで一番身近と言ってもいいので、ここから責めることが多いかな。


>あと、yu-miさんが2つめ、3つめの記事で書かれる予定の事ではあると思いますが、悪魔崇拝の犠牲になった可能性ですよね。
これがまたより根深い、理解を得られにくい概念ですが、今回分かる人はすぐに気付いたはずです。

次の記事は確かにオカルト視点ですね。
やはり日付とか意味はあったのでしょうかね?
666に何かが繋がるとか?


そうですか、瓜坊さんも展開早いですか。
私もそうですが、周りの友人、知人で同じこと言う人もいますね。
うーん、やっぱりそうなんだな!
2017.06.24 18:48 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-miさんの記事はいつもそうですが、今回の記事は本当によくまとまってらして素晴らしかったです。
良質な記事をいつもありがとうございます!第2第3弾にも期待しております。

>やはり日付とか意味はあったのでしょうかね?

亡くなった年齢や日付自体ではないですが、発表されたのが23日ですよね。
数字の23は「23エニグマ」と呼ばれ、666や13と同じく悪魔崇拝に関わる数字とされ、「大事件・大災害・事象、あらゆる出来事の中で、「23」という数字が重要な役割を果たしている」そうです。

https://matome.naver.jp/odai/2140484723192683201
2017.06.24 20:40 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

記事の件、ありがとうございます(///∇///)


666、13、33、11という数字は良く聞きますが、23という数字は知りませんでした。
23について言及している人やサイト見たことない気がします。気がつかなかっただけかも知れないけど。。。

ご紹介くださったNAVER見てみたら、確かにかなり重要視されてる数字ですね。
悪魔崇拝者のアレイスタークロウリーの名前も出てましたね。

亡くなった日ではなく、発表する日が大事だったのかな?
23日で、月は6。足すと11。
うーん、この辺は良く分からないなf(^^;

あ、そう言えば、東京って23区だ!
2017.06.25 16:04 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-mi様

まあ根拠としてはちょっと弱いかもしれないですね。
亡くなった日付や年齢を見ても6月であること以外は特に目立ったものはないようですし。
なので可能性程度の話なんですが、最初に彼女の病気が発表されたとき、癌ビジネスだなと思ったのと同時に生贄では?とも感じました。

それからは予後が良かったようなので仮病では?と疑っていました。今回こういう形になったのはyu-miさんが記事で書かれたようにプランを変更した可能性もありますよね。
個人的には闇側の策略がどんどん上手くいかなくなってグダグダになってきている表れのように思えなくもないです。
2017.06.25 16:37 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

私は彼女は最初から癌など患っていなかったと思います。
「あんな健康な人が…」と多くの人が思っている通りです。最初から健康だったのですよ。癌にさせられただけです。
医療に関わらなければこんなことにはなりませんでしたが、最初から計画されてたのかも知れません。

最終的な目的はやはり生け贄だと思います。
瓜坊さんおっしゃる通り、ここのところは一番理解し難いところですね。
病院で死ぬということも、知らぬ間に生け贄にされている可能性があるのでは?と私は思っています。
というのも、闇の者たちにとって生け贄を立てるというのは、私たちが思っている以上に非常に重要で意味のある儀式のようなので。
2017.06.25 17:25 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-mi様

全くおっしゃる通りです。殺されたのでしょう。癌治療の広告塔にされた時点で生贄なんですよね。
やはり人は死に際が一番強力にネガティブエネルギーを出す時ですし、苦しめられながらであれば尚の事ですから、生贄の儀式こそが最も効率よく闇の存在にエネルギーを捧げられる方法なのでしょう。
で、yu-miさんの記事にもあるようにそれを公表する事で大衆の悲しみや不安のエネルギーも集められ、無知な大衆を病院に呼び寄せてさらなる殺戮もできる。
おっしゃるように病院は生贄の為の祭壇の役割を果たしているのでしょうね。全くとんでもない事です。

ただ、そういう事に意識を向け過ぎるのも良くないんですよね。
こういった事実があると認識しつつも、一方でこんな時代はじきに終わると確信できる事、ネガティブとポジティブ両方を経験した上でポジティブを選択するという事を、今の私たちは学んでいるのでしょう。
2017.06.25 17:55 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
↑付け加えることがない!(笑)
その通りです!
2017.06.25 18:49 | URL | yu-mi #- [edit]
追伸

今ウィキペディアを見ていて気づきました。
麻央さんの癌が発表された日、2016年6月9日だそうです。
2017.06.25 20:14 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

本当だ。こちらの方は分かりやすいですね。
でも、亡くなった日の公表日の6.23も意味があるかも知れません。
どちらも大衆に公表する日付にこだわったのかな。
2017.06.26 08:08 | URL | yu-mi #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/676-ccc1645e