空色ノート

ちょっと閑話…

芸能界というところは主に、人々が芸能人に向ける憧れや崇拝のエネルギーを集めているところなんじゃないかと思う。

キャーッ!ヾ(*>∀<*)ノ゙
ス・ステキ(´。✪ω✪。`)
可愛いー!\(♡∇♡)
・・・っていうね。

wikiより

アイドルとは、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語に由来し[1]、文化に応じて様々に定義される語である。


偶像、つまりお人形さん。
んじゃ、芸能界のお偉いさんたちが求めるお人形さんとはどんなタイプなのか?
・・・それはやはり(; ・`д・´)ゴクリ…


吸引力の強さと器の大きさ!


キャーッ!ヾ(*>∀<*)ノ゙
ス・ステキ(´。✪ω✪。`)
可愛いー!\(♡∇♡)


のエネルギーをダイソン級の吸引力で引き寄せられて、且つそのエネルギーをよりたくさん自分の中に収めることができる人、こんなタイプのお人形さんがお偉いさんに最も好まれる、求められるんじゃないかな。
エネルギーという名の「収穫物」をたくさん持ち帰ってきてくれるのだから (シ_ _)シ ゴシュジンサマ,ドウゾ
しかし、憧れや羨望のエネルギーをたくさん集められるだけではまだまだ上級者とは言えないのかも知れない。結局そういうエネルギーを取り込める時期って、若さと美貌を保っていられる間だけで、それが衰えてくるとエネルギー吸収率もどんどん下がってくるからお払い箱になってしまうことが殆ど。まあ、言い方悪いけど、使い捨てってやつですね。
では上級者とはどういう人なのかというと、それは・・・


あのタレント大っ嫌い!(♯▼皿▼)
早く堕ちればいいのに(◣_◢)
年取って劣化してきたよね~w2ちゃんに悪口書いたろ!(m`∀´)m


みたいな批判、攻撃、いわゆるバッシングというネガティブなエネルギーさえ自分の中に取り込むことができるタイプ。
そこで私がパッと思い浮かぶのが松田聖子ちゃん。
2017063008293866b.jpg
私は彼女のファンでもないし興味も特にないけれど、ポジティブ・ネガティブ両方のエネルギーを取り込むことのできる希少な芸能人だと思っている。
デビューしてトップアイドルとして走り続けてきてもう30年以上経っていると思うけど、その間彼女はたくさんのバッシング、いじめに遭ってきた。普通なら絶対潰れていておかしくない状況。いや、潰されてる。潰そうとした存在もいたはず。でも彼女はそれに負けなかった。むしろそれをバネにして更に高みへと昇っていった。そんな印象がある。
並みの吸引力、器ではない。

でも、その聖子ちゃんをも凌ぐ、より各上魔女と私が勝手に思っている人がいる。
それが小泉キョンキョン。
20170630082939a31.jpg
生き馬の目を抜くと言われる芸能界で51歳になる今に至るまで活躍し続けるキョンキョン。彼女は超悪名高きバー○ングプロダクションにデビュー時から所属し、芸能界のドンと言われる事務所社長にも特別扱いをされているという。
下の記事によると、「他の大手プロダクションもこの社長には頭が上がらないという権力を誇り、芸能界を裏から牛耳ってきた"芸能界のラスボス"といっていい存在」だそう。そんなスゴイ社長がキョンキョンには頭が上がらないというのだから驚いてしまう(;・∀・)



「芸能界のドン」バーニングの周防郁雄社長が初めてインタビューに登場! やっぱりドンは小泉今日子にメロメロだった

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 SMAP解散騒動に清原和博の逮捕と大ネタつづきの芸能マスコミ。だが裏側では、そんなビッグニュースを差し置いて芸能マスコミ人たちが「え、これ本当!?」とにわかに騒ぐ"事件"が起こっている。

 それは、先日発売されたばかりのオシャレカルチャー雑誌「MEKURU」(Gambit)VOL.7に掲載された、あるインタビュー記事の存在。同誌では小泉今日子の50歳を記念して90ページ以上にわたる彼女の大特集を組み、松田聖子や秋元康、宮藤官九郎、糸井重里といった彼女と縁の深い人々が小泉との思い出話などを語っているのだが、そのなかでとんでもない人物が登場しているのだ。

sim.jpg
 その人物とは、小泉の所属事務所であるバーニングプロダクションの社長で、「芸能界のドン」と呼ばれる周防郁雄氏。これまでメディアに決して登場することのなかった彼が、なんと6ページにおよぶロングインタビューに応じているのだ。

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏が"芸能界の帝王"であるならば、周防氏はまさに"芸能界の黒幕"。バーニング自体の所属芸能人は郷ひろみや小池徹平、ウエンツ瑛士、内田有紀など10数名で事務所規模は小さいが、いわゆる"B系"と呼ばれるバーニング系列の事務所や「業務提携」といったかたちでバーニングの庇護下にある芸能人の数は多数にのぼり、芸能プロダクションの7割はバーニング系だと言われているほど。スターダストプロモーションやアミューズ、研音、オスカープロモーション、ホリプロといった大手プロダクションも周防氏には頭が上がらないという権力を誇り、芸能界を裏から牛耳ってきた"芸能界のラスボス"といっていい存在だ。

 また、周防氏は政財界や警察にも強いパイプを持ち、さらに2001年には事務所への銃撃事件も起こっているように暴力団がらみの噂もささやかれた。このような圧倒的なバックの"力"を背後にちらつかせながら、一方でバーニングはマスコミを懐柔。テレビ局の編成やプロデューサー、スポーツ紙や週刊誌の記者、広告代理店などには手厚い接待を行い、ときに便宜をはかることでキャスティング権を握り、逆にB系タレントのスキャンダル記事を潰してきた。つまり、マスコミに恩を売ることでメディアを掌握し、「バーニングには逆らえない」という絶大な権力を得てきたのだ。

 このように、コワモテで裏のフィクサーと恐れられてきた周防氏だが、昔からなぜか"小泉今日子に甘い"と言われつづけてきた。たとえば周防氏が同じように目をかけてきた藤原紀香や内田有紀にしても、恋愛スキャンダルが起こったり結婚しようとすると、相手の男性だけでなくタレント本人にも厳しい対応を行ってきたというが、なぜかキョンキョンだけは扱いが違った。

 しかし、今回の「MEKURU」インタビューを読むと、その謎が解けた。というのも、周防氏がいかに小泉今日子を可愛がっているかがよくわかるからだ。

 インタビューのなかで、周防氏はまず小泉今日子と初めて会ったときの印象をこう語る。

〈会った瞬間に『ああ、すごいな』って思ったんですよ。アゴがとがってるところがすごく良いし、目力と言うのかな......目が違ったの。僕はいつもね、タレントさんを自分の事務所でマネージメントするかどうかって、初めて会った瞬間にポーンと決めちゃうんだよ。僕にとっては、今日子は本当に言うことなかったです。『やった〜』っていう気持ちだったね〉

 会った瞬間に小泉今日子に惚れ込んだ周防氏は、彼女を『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』『ムー一族』(すべてTBS)といった人気ドラマを手がけた演出家の久世光彦と引き合わせる。小泉にとって久世は〈演技もお行儀も文章を書くことも全部私に教えてくれた人だった〉(『小泉今日子書評集』中央公論新社)と語るほどの存在で、1983年に久世演出作品『あとは寝るだけ』(テレビ朝日系)に出演して以降、本人が〈恩師と言える唯一の存在〉と評するほどの関係となる。

<<略>>
 このように小泉が事務所を通さずに勝手に物事を進めるのは、実は久世との一件だけではない。もともと聖子ちゃんカットでデビューした彼女が、事務所に無断で髪を切ってショートカットにしたエピソードは有名だが、事務所スタッフから大目玉を食らっても不思議ではないこの一件に関しても、周防氏はあっけらかんと語る。

〈そういうのは全部、本人がやりたくてやったことなんだよ。刈り上げにするときも、僕にはなんの相談もなかったしさ(笑)。でもねぇ、それがピッタリ似合うんだよね。(中略)もともと彼女に才能があったんでしょうね。事務所は何もしてないの。彼女に関しては、僕は何も能書きを言えないんだよね(笑)〉

 彼女がやりたいと言ったものはやらせる。その一例が、91年にリリースされた小泉今日子作詞のシングル「あなたに会えてよかった」だ。発売前、この曲を聴いた周防氏は「こんなの売れるわけねぇだろう」「(売れたら)なんでも言うこと聞いてやるよ」と一顧だにしなかったのだが、結果は小泉の読みが当たり、105万枚以上売り上げる大ヒット曲に。小泉の自己プロデュース能力の高さが数字として証明された格好だが、だからこそ周防氏は目を細めるかのようにこう語るのだ。

〈ほとんど今日子本人がやりたいようにやってるけど、彼女がやることなすこと、なんか納得しちゃうんだよね〉

 あの「芸能界のドン」に、「なんか納得しちゃうんだよね」と言わせてしまう......。すべてを黙らせてしまうキョンキョンの実力には思わず震えてしまうが、当然ながら久世氏の一件で問題になったはずの事務所を通さない仕事も、その後、小泉今日子は継続して受けていく。しかしなぜ、彼女だけは"特別"なのか──その理由は、周防氏が重要視する"義理"を小泉が守っているからだろう。

〈彼女の素晴らしいところはね、デビューして人気が出始めた頃に彼女を認めてくれたアシスタント・プロデューサーとかディレクターからの、『私が、僕が、一本立ちしたときは、小泉さん協力してね』なんていう約束を、今でもちゃ〜んと守ってるところ。だから、事務所も知らないところで1シーンだけ出てる作品がいっぱいあるんだよ(笑)。その義理堅さは半端じゃないよね〉

 さすがは元厚木のヤンキー、キョンキョン。目ざといだけでなく、スターになってもレディース魂を忘れない小泉だからこそ、周防氏も一目を置いているというわけだ。事実、コワモテで鳴らす周防氏が、小泉のことを語るとまるで"好々爺"状態。いまなお小泉に"メロメロ"であるようだ。

〈自分のとこのタレントを褒めるのも気持ち悪いんだけど、天才に近いと思う。センスもいいしね〉
〈彼女が僕のことを認めてるとは思わないけどね(笑)。でも、僕も長いことこの業界にいるからねぇ......もう50年とか、半世紀にわたっているわけですから、良いにつけ悪いにつけ、長年つきあってきたからこその"何か"はあるのかもしれない。きっとね、そんな子には、これからもう二度と出会えないんだと思う

「『芸能界のドン』も小泉今日子には甘い」、その噂を見事に裏付けるようなインタビューである。これまで決して表に出ることのなかった周防氏が、なぜ今回これまでの禁を破りインタビューを受けたのか? それは、75歳となった周防氏が、置き土産として小泉に何かを残したかったからではないだろうか。インタビューではこんなことを語っている。

〈僕ももう75歳になるから、あと何年生きられるかわかんないけど......〉
〈頑張ってほしいね。前から、いろんな分野でプロデュースをしてみたいって言ってるから、そっちの方向に進むのかもしれないけど......すべてのことに頑張ってほしいと思う〉

 このインタビューは、これまで悪名高かった「芸能界のドン」が初めてメディア上に現れ、人間らしさを見せた瞬間であり、同時に「あの周防氏をも懐柔してしまうキョンキョンはやっぱりすごい」ということを印象付けた。昨年には小泉がバーニングから独立を画策しているとも報じられたが、頭のいい小泉がドンの逆鱗にふれるような真似はしないだろう。逆に、周防氏に万が一のことがあったとき、二代目芸能界のドンを襲名するのは小泉ではないのか......そんな気さえしてしまうのだった。
(新田 樹) 


----------------------------------------------------

キョンキョンが日本最大手の一つである芸能事務所のヤクザ社長さんをメロメロにしてしまう本当の理由はやはり、「並外れた吸引力とそれをしっかり取り込める器」なんじゃないかと思う。
ポジティブ・ネガティブどちらのエネルギーも強力に吸収できてしまうことが芸能界で長く活躍する秘訣なのかも知れない。


キャーッ!ヾ(*>∀<*)ノ゙
ス・ステキ(´。✪ω✪。`)
可愛いー!\(♡∇♡)


なエネエルギーを取り込むことはある意味簡単。でもそのほとんどは若く綺麗な時期に限られている。
そんな中、キョンキョンや聖子ちゃんは、


あのタレント大っ嫌い!(♯▼皿▼)
早く堕ちればいいのに(◣_◢)
年取って劣化してきたよね~w2ちゃんに悪口書いたろ!(m`∀´)m


のエネルギーも取り込み、それを糧にさえしてしまう上級魔女だからこそ、若さを超えて尚、活躍し続けているのだと思う。




【上等じゃん】小泉今日子が「劣化ジャッジ」を批判!ヤンキー丸出し「アンチエイジング」「美魔女」にもNOと言う訳は?【芸能うわさch】

小泉は「あ、私もけっこうやりますよ」とエゴサーチを行っていることをケロッと認めている。
「だって探してもネガティブな情報しか出てこないでしょう」と問うと、小泉はこう答えるのだ。
「あ、でも、そういうことを言われたときに、やる気が出るタイプなんです。はあ?って」
「ヤンキー心に火をつけられるというか」 

※エゴサーチ(英語: egosearching)とは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名を検索エンジンを使って、自分自身の評価を確認する行為のことである。




キョンキョンて、昔読んだ雑誌かなんかで、若い頃の私服は黒ばっかりでクリーニング屋さんに驚かれたみたいなこと言ってたんだけど、黒ってエネルギーを吸収する色なんだよね。そして彼女はかつて、「魔女」って歌も歌ってました(・・;)
スクリーンショット (258)
指で666ちゃんとやってるし(-_-;)


小泉今日子 魔女


やっぱり並の魔女じゃありません(-_-;)
でも、ポジティブ・ネガティブどちらのエネルギーも取り込める器のデカさ、彼女のこういうところ、見習いたいと思います。すごいと思います。
いや、実は昔、ちょっとファンでした(///∇///)
(ヤバイ!この記事書いてたらまたキョンキョン熱発症してしまったかも知れない(;><))
でも、キョンキョンや聖子ちゃんタイプの女性って、男性の運気を吸い取っちゃう系かも知れないから、そっちの方は色々大変そう…(^^;


≪追加≫
彼女の代表曲「なんてったってアイドル」を忘れてた(><)
「私はみんなのエネルギーを強力に吸い取るアイドル(=お人形)よ!」って堂々と宣言してるみたいで、ある意味「魔女」より怖い歌(゚Д゚;)

なんてったってアイドル



ただね、今はもう芸能界自体から気持ちが離れていってる人も増えてるから、昨今の主流って、若くて綺麗な短い間だけしか吸引できない系の人が入れ代わり立ち代わりでエネルギーを集めてるって印象がある。もうそういう形でしかエネルギーが集まらないのだと思う。
芸能界の衰退も、もう避けられないんだろうな。

\(^o^)/マトリックス ホウカイノ アカシ!
history-akb48-03.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

小泉今日子は音楽的にも80年代後半~90年代にかけて当時最先端だったハウスミュージックや渋谷系の要素を取り入れたりして、他のアイドルとは一線を画していましたね。

私としては気になっているのが、小泉純一郎との関係です(笑)小泉元首相の話題が頻発して申し訳ありませんが(笑)名前が一緒なだけのくだらない冗談と思われがちなこの話、実は遠い親戚関係にあるのではと結構本気で思っています。
松田聖子が藤原家の子孫であるのと同様、エネルギーの扱いに長けた血筋であると考えると、ありえそうな話に思えるのですが…
2017.07.01 20:10 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

実は昨日私も「小泉さん(元総理)と関係あったりして~?」なんてボーっと考えてたんですよ。
キョンキョンのお母さんは元芸者さんだそうで、芸者と言えば小泉純一郎!じゃないですか?(笑)
まあ、大した根拠はありませんが、私もちょっとそんなこと思ってました。

松田聖子が藤原家っていうの、どこかで聞いたことあります。
陰謀とか関係なくその話出回ってるのかな?
術使いの家系なんですねー(-_-;)
藤原紀香などモロに藤原姓の芸能人もいますが、藤だけが付く名字の芸能人もそっち系かもしれませんね。
平とか源なんてつくのもそうかな~?

○○家vs●●家って感じで、それぞれの血筋の芸能人を送り込んだりしてるんですかね。
まあどちらにせよ、出るべくして出てきた人たちって感じですね。
2017.07.02 13:06 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-mi様

>キョンキョンのお母さんは元芸者さんだそうで

え~~マジですか!色々とリンクしまくってますね、小泉今日子と小泉純一郎、yu-miさんの意識と私の意識、まさに全体意識的というか(笑)

松田聖子の家系である蒲池家が、藤原家と源家の血を受け継いでいる旧家である事はウィキペディアにも載っていました。
日本を代表する武家2家のハイブリッドな訳ですから、芸能界を制覇できるだけのアグレッシブな波動を受け継いでいるのだと思います。

有名人は、例えば一見、素人の寄せ集めのように見えるAKBなどでさえも、実際はそういった血筋の者が集結しているのでしょうから、おっしゃる通りまさに出るべくして出てきた人達なのでしょう。
しかし、もう時代的に段々とエビルパワーは通じなくなってきていますね。
これからは今まで吸われていた人達が気付き始めて、自分や身近な人達の為にエネルギーを使うようになっていくと思います。
2017.07.02 16:11 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

これは!もしかして!?
キョンキョンと孝太郎、似てなくも・・ない??(笑)

AKBもみんな血筋ですか~(>_<)
でもまあ、そうかも知れないですね。


>芸能界を制覇できるだけのアグレッシブな波動を受け継いでいる・・・

まあ、最終的には「ゼイリブ」でしょうね(^_-)-☆


>これからは今まで吸われていた人達が気付き始めて、自分や身近な人達の為にエネルギーを使うようになっていくと思います。

はい、絶対そうです!
2017.07.02 21:00 | URL | yu-mi #- [edit]
小泉幸太郎とキョンキョン、似てますね(笑)
こういった芸能やエンターテイメントネタと、スピリチュアル、陰謀論ネタの硬軟織り交ざったバランスの良さもこちらのブログの魅力ですね!
2017.07.02 23:11 | URL | 瓜坊 #- [edit]
Re: タイトルなし
瓜坊さん

いつも大変ためになる情報やアドバイスありがとうございます。
魔女っ子○ちゃんに関してもホワイトドラコ族のことを知って、また色々納得できたこともありました。
そのうち記事にしたいと思いますm(__)m
2017.07.03 11:50 | URL | yu-mi #- [edit]
最近、政治家の豊田真由子の秘書に対する暴行などの悪行が話題となっていますが、
彼女も爬虫類人のレプティリアンでしょうか?
人に暴言、暴力を奮って負のエネルギーを吸収しているんでしょうかね
2017.07.06 19:46 | URL | #- [edit]
Re: タイトルなし
豊田真由子の暴言、すごいですね!e-351
まあ、国会議員になれるくらいだから爬虫類人でしょうね。

でも、どっかの記事で読みましたが、彼女の父親も暴言暴力がひどかったとか書いてありましたけど。
だとすると、彼女は子供の頃父親からかなり吸われてた可能性がありますね。
親から吸われ続けて心がカラカラ状態で、どっかから摂取しないといられなかったのかも知れない。
だって彼女のあの怒りのエネルギーって、尋常じゃないですからね。
2017.07.07 09:29 | URL | yu-mi #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/680-450f041c