空色ノート
人類が偽りの世界(マトリックス)から解放されるためにブログを綴っています。同じ目的意識を持った皆さま、どうぞご協力お願いいたします。

鉄の結界

スクリーンショット (276)

スクリーンショット (277)

スクリーンショット (278)

スクリーンショット (279)

スクリーンショット (280)


【都市伝説】 山手線が作られた本当の理由







高尾山、筑波山、成田山のエネルギーを鉄道で運んで東京の皇居に送る。
筑波エクスプレスの開通によって、筑波山のエネルギーが秋葉原に運ばれ、アキバブームが起こったとか。
スクリーンショット (301)


山手線と陰陽師の深い関係【やりすぎ都市伝説】








スクリーンショット (284)

スクリーンショット (283)


目が縦線。やはり爬虫類人だね。
スクリーンショット (285)


天皇vs将門
と言うより、爬虫類人同士の戦い。
スクリーンショット (286)


将門は天皇の送り込んだ兵に弓矢で撃たれ死んでしまう。
スクリーンショット (287)

スクリーンショット (288)

スクリーンショット (290)

スクリーンショット (291)

スクリーンショット (292)


悪い人ではなさそう・・・少なくとも朝廷側よりは。
スクリーンショット (293)

スクリーンショット (295)

スクリーンショット (294)

スクリーンショット (298)

スクリーンショット (296)

スクリーンショット (297)


鉄は呪術的に大きな力を持っている。
鉄は霊を宿すものであり、霊魂の通行を遮断するとも言われている(動画より)。
スクリーンショット (281)


将門の強い怨念・霊力を恐れた天皇家側がそれを封印するために鉄道を作らせた。
スクリーンショット (282)


スクリーンショット (300)



都市伝説「山手線がつくられた本当の理由」 (その2)



都市伝説「山手線がつくられた本当の理由」 (その2)


----------------------------------------------------------------------------

まあ、結界を作るとか張るとか陰陽師だとか風水だとかって、何か神秘的っていうかおどろおどろしくて近づいてはいけないような感じがするものだけれど、要するにエネルギー操作のことですよね?
天皇家を怨霊から守るために日本のエネルギーを「不自然にいじくって」、国作り、都市作り、街作りをしているということか・・・。
これって、天皇家が将門勢力に素直にごめんなさいすれば解決する話なんじゃないの?
鉄道という結界によって将門の怨霊から私たちが守られてるんじゃなくて、天皇さんたちがちゃんと将門さんたちに謝ってくれれば不自然なエネルギー操作なんてしないで済むんじゃないの?
高尾山やら成田山やら筑波山からエネルギーを鉄道で運んで皇居に持ってくるって、それ、エネルギー泥棒じゃない!
そんな風に結界だの何だのって不自然なエネルギー操作なんてするから東京っておかしなことがあちこちで起こるんじゃないの?
皇居を怨霊から守るために鉄道という結界を作り、そうとも知らず毎日それに乗せられる一般ピープルの私たち  
大昔の権力者(爬虫類人)同士の戦いが見えない世界で今尚続いていて、それに平成の時代を生きる私たちも知らぬ間に巻き込まれ、駒のように盾のように使われているという現実・・・

まあでも、今回も「エネルギーのお勉強」ができて良かったです
関連記事
スポンサーサイト

Comment

はじめまして。
こちらは以前のブログ名の時から拝見していました。
陰謀系、真実系などの考察は大変興味深く見ていました。

こちらのブログを長く見てきて最近思ったことが、
今の世界が仮想現実なのではと強く感じてきたことです。
この世はゲーム?って思うことが多々あります。

鉄の結界と似たようなことは、徳川家康も江戸の繁栄の為にやってるぽいですね。

多分日本で一番ガチでやっていたのは京都ですかね。







2017.08.18 03:29 | URL | メルヘン #- [edit]
Re: タイトルなし
メルヘンさんへ

お初コメント、ありがとうございますm(__)m
旧名の頃からブログ読んでいただいていて、嬉しいですi-185


>今の世界が仮想現実なのではと強く感じてきたことです。
>この世はゲーム?って思うことが多々あります。

ロールプレイングゲーム、RPGというのがありますが(私はゲームはまったくやりませんが)、この世界ってそういうものじゃないかって思えて仕方ないんですよね。
そしてゲーム制作者は自分たちの存在をゲーム内のキャラクター(私たち)に気付かれないようにどこかから操作して楽しんでいるという感じがするのです。

私は子どもの頃から「ここから出たい」という思いが強くありました。それは時に気が狂いそうなほどのものでした。「ここから出して!出して!!息が詰まりそう!!!」って。
でも、ここからの「ここ」が何処なのか分からない。家から?学校から?国から?色々考え、確かにそのどれも当てはまることは当てはまるのですが、決定的ではない。どれもそうだけど、どれも違う。。。そんな悶々とした人生をほとんど最近まで送ってきたように思います。

今思えばそれは、この操作されたバーチャルリアリティゲームの世界から出たいということだったのだと思うのです。
そう考えるとすごく納得がいくのです。腑に落ちるのです。パズルのピースがピタッと収まる感じがするのです。
まさにマトリックスの世界ですね。あの映画にもミスリードはあるようですが、「私たちが現実と思っている世界は幻想なんだ」というメッセージ自体は真実だと思います。
このことが分かってから、少しづつ自分の中で何かが変わってきたように思います。
パワーを取り戻し始めているということかも知れません。



>鉄の結界と似たようなことは、徳川家康も江戸の繁栄の為にやってるぽいですね。

多分日本で一番ガチでやっていたのは京都ですかね。


この記事に貼ってある動画にも德川のこと言ってましたが、呪術とか陰陽道とかって、昔の非科学的な時代の話なんかではなく、今でも政府要人や王族皇族などの者たちはこれらのことを重視して国や世界を動かしてますよね。
私たち一般ピープルにはこういう波動的なものには近づかせないように、そういうことをバカにするように仕向けて、自分たちだけでコソコソ魔術やら結界やら、何かやってるんでしょうね。
まあ、地球の波動上昇で呪術の力自体も衰えてきてるなんて聞きますけどね。朗報ですよね!

京都はエネルギー操作の本場なんじゃないですか?街の作り自体モロにそんな感じですよね。
異界への入口も京都にはたくさんあるとか聞きますけどね?
2017.08.19 12:24 | URL | yu-mi #- [edit]
返信ありがとうございます。
以下のことは、私なりの想像ですけど。

>今思えばそれは、この操作されたバーチャルリアリティゲームの世界から出たいということだったのだと思うのです。

なんか一年くらい前から、あちこちのメディアでやたらVR、VRと連呼してもてはやされ、
ゴーグルみたいな装置を身近でも目にするようになりましたね。
何か隠れた救いのメッセージがあるのかもと思っています(笑)

今、約束のネバーランドという漫画にハマっていますが、その世界感が今の現実とリンクしているように思えて、大変興味深く、まるで次元上昇を連想させられるようなお話です。

上記の作品以外にもVRを連想させられる漫画、アニメ、映画は色々あると思いますが、
その手の作品が増えてきたのは、次元上昇の影響かもしれませんね。
私達がマトリックスから解放される日も意外とすぐかもと期待が持てます。


>私たち一般ピープルにはこういう波動的なものには近づかせないように、そういうことをバカにするように仕向けて、自分たちだけでコソコソ魔術やら結界やら、何かやってるんでしょうね。
まあ、地球の波動上昇で呪術の力自体も衰えてきてるなんて聞きますけどね。朗報ですよね!

私が今の世界が仮想現実だと思わされるのは、まさにこのことです。
昨日、サマーウォーズという映画をTVで初めて見ましたが、仮想世界の乗っ取りに関しての
描写で、ん?、これってスノーデンさんのやったことと似てない?と思いました。

そう、この世界ではハッカーは絶大な権力を持っているんですよ。
呪術や魔術は、多分ハッキングの手段ではないかと思います。
確証はないですけど。

ただ、呪術や魔術は引き寄せの法則をベースにしているみたいで、潜在意識(PC)と
集合意識(サーバー)に働きかけ、それらの読み取り、書き換えをしていくイメージだとか。
この世界が仮想現実だと仮定すると、なんか現実操作ができそう?と思わされます。
まあ、あくまでも私の想像ですけど。
2017.08.19 17:02 | URL | メルヘン #Tq5Rhy3c [edit]
Re: タイトルなし
メルヘンさん

『約束のネバーランド』って知りませんでした。
wikiでちょっとあらすじ見てみましたが、うわ~!これ、分かる人が見たらまんまですね。
最近は『夏目友人帳』以外漫画ってあんまり読まないので、この漫画がアニメ化されたら見てみたいですね。

確かにバーチャルリアリティものって、国内外の映画や漫画やアニメで最近かなり取り上げられてますね。
VRもののアニメで『ソードアートオンライン』て有名なのがありますが、ちょっと見てみたんですが、私的にはストーリーがあんまりって感じで、3回くらいしか見てないのですが、第一回目の話は興味深く、退屈しないで見られました。
かなりメッセージ性を感じられ、いずれ記事の中で引用しようかな~と思いながらまだできてないんですけどね。


『サマーウォーズ』も見たことはないですが、VRっぽいシーンを見たことあります。
興味あるのでいずれ見たいと思ってる作品です。
スノーデンに関してはあまりよく知らないのですが、バーチャルリアリティについて言及してるのですか?
地底世界についても話しているとかちょっとネットで読んだことありますが。


結局呪術とかも引き寄せですね。ネガティブなね(笑)
まあ、結局ゲーム制作者である支配者たちがやってることは、私たち一般ピープルの思考と感情というエネルギーを操って、自分たちの思い通りの世界を作り上げてるのですよね。

情報ありがとうございましたm(__)m
2017.08.19 21:58 | URL | yu-mi #- [edit]
>スノーデンに関してはあまりよく知らないのですが、バーチャルリアリティについて言及してるのですか?

すみません、自分のコメント文を見直したら誤解を招く書き方でした。

ちょっと前にスノーデンという映画を見てて、その中でハッキングしている描写があり、
それがサマーウォーズと被って見えてしまっただけで、VRの言及はなかったです。

ちなみにスノーデンさんは、アメリカの諜報機関CIAやNSAにいた人で、
そこの内部告発者です。
それでアメリカの情報監視システム「プリズム」というのが公けになりました。

この「プリズム」というのはとんでもないもので、ただ情報を盗み取るだけではなく、
PCやスマホ、ネットに繋がってる情報端末機器なら何でも乗っ取り操作可能らしいです。

去年ASKAが語っていたギフハブって、もしかしたらこれかもです(笑)


2017.08.20 03:40 | URL | メルヘン #Tq5Rhy3c [edit]
VRについて分かりやすく言及しているサイトです、よかったら見てみて下さい。

↓簡単に説明されていて分かりやすいです。
http://revatron-hd.com/blog/2016/06/26/仮想現実は人工知能によって完成する/

↓これはヤバすぎるかもです。
http://www.voynich.com/matrix/index.html
2017.08.20 18:16 | URL | メルヘン #Tq5Rhy3c [edit]
メルヘンさん

二番目のサイトは私も前に見ました。
この世は本質的に仮想現実であるというのはその通りですが、他の部分で納得できる所と出来ない所がありますね。

このサイトで言われている、神、造物主、プログラマー、言い方はなんでもいいですが、無慈悲に気まぐれにやっているように書かれていますが、私としてはやはり愛に溢れた存在であると思っています。
彼は宇宙をどんどん拡張していった訳ですが、愛だけでは多様性に欠ける為、真逆である闇の存在を作った、という事だと思います。

闇の存在は愛とは真逆の方法で自らが支配する世界を作ることを目論んでおり、この地球もその一環としてコントロールされている状態ですが、高度なテクノロジーを有する彼らですら完全な仮想現実空間の構築には至っておらず、未だ神の手の平の上にあるというのが現状でしょう。

よって、VRやAIなどの技術も基本的に闇側によって推進されているものと思われます。
ただ、だからと言ってそれらがあってはならないものという訳ではなく、この世界を拡張する可能性を持ったものであると認識してはいます。そもそもインターネットだって闇側が作ったものですし。

ですから私としては、無条件に受け入れるのでもなく、かつ拒絶するのでもなく、危険性を認識した上で有用な部分は取り入れていくようにするべきだと思っています。
究極的には、この世界の向かう先は光と闇の調和という訳です。

スノーデンに関しては、彼は皇帝派のスパイ、もしくは皇帝派に寝返った人でしょうから、一連の暴露も世のため人のためではなく単なる派閥争いの結果だと思います。
アメリカ政府による盗聴、HAARPやケムトレイル、地底都市の存在など、いずれも以前から出回っていた情報ですし、教皇派に不利だったり重要性が低い真実を出しているだけに思えます。

ASKAの言うギフハブというのはおっしゃる通りプリズムやそれに類する組織なんでしょうね。
彼は薬漬けにされているようですが、パソナ事件などでもわかるように派閥争いに巻き込まれたのでしょう。
2017.08.21 01:07 | URL | 瓜坊 #- [edit]
瓜坊さん
コメントありがとうございます。

>二番目のサイトは私も前に見ました。
この世は本質的に仮想現実であるというのはその通りですが、他の部分で納得できる所と出来な い所がありますね。

最初ここを見たとき、何がなんだか分からない状態でした(笑)
何度か読み直して幾つか理解できた程度ですので、まだ納得できる部分は少ないです。
でも、ここは叡智にあふれる考察だと感じましたので何度も読み返したくなりますし、
ここには割と真実のピースが揃っているのではと思っています。

>ですから私としては、無条件に受け入れるのでもなく、かつ拒絶するのでもなく、危険性を認識した上で有用な部分は取り入れていくようにするべきだと思っています。

ここは同感です、私何度もこれでもかというほど騙されてきましたから(笑)
平常心、冷静さなどを保って情報に触れられるかどうかですよね、あと客観視を心掛けるとか。
でも、人間は感情の生き物を飼っているのでなかなか上手くいかないです(笑)

私は、VRやAIはインターネットのようにこれからどんどん進化するだろうと予測しています。
未来予想では今ある仕事が数十年で約半数はAIに置き換わるだろうと言われていますし、
このことに闇の勢力が関わってるなら尚更そうなるでしょうね。

スノーデンは映画も作られているので、母国で英雄扱いなのかと思っていましたが、
やっぱり何か裏があったんですね。
今までのアメリカの裏の行いからすると何かあると疑問を持つべきでした。

今後、表の情報に触れるときは何か裏がないかまで含め、いつも考えて行こうと思います。
今回は様々な情報の提供ありがとうございました。
2017.08.22 02:39 | URL | メルヘン #Tq5Rhy3c [edit]
Re: タイトルなし
>愛だけでは多様性に欠ける為、真逆である闇の存在を作った、という事だと思います。

どうやらそうみたいですね。
この地球では闇をもって光を知るというのが大きな課題みたいですから。
でも、「もうそろそろそれもいいかな~(^▽^;)」って感じになってきてるのが今の時代でしょう。


スノーデンにはこでまでそれほど関心を持って見てはいませんでしたが、皇帝派なんですか。
彼はロシアに匿われてましたね。
しかし寝返るとか裏切るとか、それぞれの闇勢力も敵だけでなく味方さえも信じられないのが現実なんでしょう。
Aチーム、Bチーム、Cチーム....色々あっても、実際内情はカオス状態で、自分たちも頭混乱してるんじゃないですかねw
で、そのうち自爆!みたいな(笑)
なんかそうなっていく気がします。
2017.08.24 10:38 | URL | yu-mi #- [edit]
yu-miさん

ええ、地球は過酷な闇を学ぶ段階を卒業しようとしていますね。
ネガティブから得られたエッセンスを、これからはポジティブに昇華していくことになるのでしょう。
上述のヴォイニッチ手稿のサイトでは、霊的な考察が殆どなされていないですね。霊的な要素抜きで既存の科学的な考察だけでこの世の真実を追究しようとしても、左脳だけ使うようなもので必ず行き詰まるはずです。

スノーデンの言動は、私たちとっては特に注目に値しないと思います。語誘導も多いですし。
ただ、真実を知らない人にとっての入口にはなるでしょう。まぁ騙されるところから始まる訳ですが、誰もが最初は通る道といったところでしょうか。
でもネット等で既にある程度地ならしがされている為、これから光の道に入ってくる人達は私たちよりもスムーズに進んでいけるはずです。うらやましいですね(笑)

人間たちにバレないようにしつつ派閥争いというのは実際大変だと思いますよ。ご苦労な事です(笑)もうグダグダでダダ漏れ状態になりつつありますが…
2017.08.24 18:38 | URL | 瓜坊 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/693-06432a29