空色ノート
ニコニコ日和改め、そらいろノートです。気まぐれ更新ですが、よろしくお願いします。 転載などご自由に!(ノ゚∀゚)ノドゥゾ

過去5千年来の男性支配に女性は同意した

zeraniumのブログより


  男性エネルギーによる支配は女性エネルギーを踏みつけ生命を踏みにじってきた  

   現在進行している争いは、実際には、あなた自身のなかにある男と女の争いです。
   あなた方は自分の中にある男としての部分と、女としての部分をどうやって融合させるべきかについてまだ理解することができていません。このような悩みを抱えた人々が世界中に何百万人もいることを知っています。

   まず、自分自身に対して優しく、寛大であってください。
   
又、すべてがあなた自身に他ならない宇宙からやってくる存在たちに対しても、協力することができるようになるでしょう。

   あなた方は、それぞれが自主独立した存在にならなければなりません。
   変化をとげていくなかで、「誰か他人のために」、という義務を感ずることなく行動できるスペースを、自分の生活に持つ必要があります。と同時に、他人に対しても同じことを許し、認めるようにしなければならないわけで、人にはこの権利を認めないで、自分だけがいろんな要求だけをすることはできないのです。

   さまざまな形ちをとりながら、人間関係とは、協力とはどのようなものであるべきかを再定義することになるでしょう。人間関係とは協力することです。人間関係とは周波数の同意による協力、あるいは周波数の融合です。それに対し、あなた方がこれまで続けてきた他人との関係のもち方の多くは、非常にイライラさせるものになりつつあります。なぜならそれは、あなた方が本来の人との関係である「自由の周波数」を発見しつつあるからです。


   不幸なことに、この惑星においては、人間関係は所有権という意味を内に抱えています。男と女が結婚するとき、その女性の父親は伝統的に、彼女を「あげる」という役割をします。別の言葉でいうと、男が彼女を手渡して与えるのです。人間関係には相手に対して信じられないほどの期待があります。
人間関係というものについて、あなたがどう考えているのかについてはっきり認識しなければなりません。

   長い目で見ると、これがいろいろなことで役に立ってくるでしょう。
   親であることに、子供に対していかなる所有権も伴うことがないのと同じように、人間関係にも所有権というものはありません。お互いの人間関係というものの本質は、エネルギーのやりとりです。
理想的には、このようなエネルギーのやりとりやかかわり合いにおいて、コミュニケーションがともなうのが望ましいことではあります。


   男性の周波数も、女性の周波数がこれまでしてきたように力を譲り渡します。
   政府が、「あなたの生命を差し出しなさい。前線の守備位置について我々のために発砲しなさい。怪我で体が使えなくなったら病院で面倒を見るし、報償金も少しはあげよう。さあ、元気を出して行きなさい」 といえば、力を譲り渡して彼ら男性は素直に従います。命令に従い、それぞれ個人の持つ力を譲渡するという連鎖はこれで完結します。


   あなた方はいずれ、感情のセンターを開くことになるでしょう。
   男性は女性に比べて、感情のセンターが詰まっています。その結果、男性のエネルギーは停滞しており、そのエネルギーは、一番目のチャクラから二番目のチャクラに移動して、そこで止まったままになっています。

   男性の周波数の感情センターは、まだ活性化されておらず、これが、過去4000年から5000年にわたって行われてきた実験なのです。生命を地球にもたらし、創造性を代表する女性エネルギーは、男性の周波数が、感情抜きで世界を動かす機会を与えるために、従属的な立場に身をおいてきました。全体のより大きな構図を見てほしいのです。

   魔術と直感を司っていた女性が、これを手放すことに同意したのです。
   女性という意味は、単に女性の体をもった存在であるということだけではなく、女性である意識体も含めてのものです。地球とともに生き、生命の本質を理解していた原住民文化の多くは、きわめて女性的なものでした。思い出してください。女性が文字通り生命を地球にもたらすのです。なぜなら、生命は女性の体から生まれるからです。


   過去5000年にわたる男性中心の運動は、出生のプロセスに目をつぶってきました。
   それは戦争も含めて、人間を殺し続ける実験を行うためでした。生命誕生のエネルギーを感じることは、男性においては意図的に妨害されてきました。
私たちはあら捜しをしているのではありませんが、一般的に言って、この惑星における男性のエネルギーは二番目のチャクラ、つまり男性器のところで詰まっています。

   女性のエネルギーは「のど」で詰まっています。
   それは5000年前に、あなた方女性が代表している、二つの炎の一つとして自覚していた魔術と直感について、女性は沈黙することに同意したことが原因なのです。その二つの炎とは、あなたの体のなかに存在する男性性と女性性のことです。


        「プレアデス+かく語りき」 バーバラ・マーシニアック著 太陽出版

                           抜粋
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lucymay.blog.fc2.com/tb.php/97-38704eb3