FC2ブログ

空色ノート

可愛い♪

inu.gif




inu5.gif




inu3.gif




neko2.gif




kaba.gif




inu2.gif




inu4.gif




neko.gif

不思議.NETより

あなたはどっち?

さて、以下の写真を見て、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?
「かわいい。癒される。見に行きたい!」ですか?それとも「かわいい。けど胸が痛む。解放してあげて欲しい」ですか?
もしあなたが後者の感想を持つ人なら、あなたはハートの地球にシフトする準備が出来ているということでしょう。
もし前者なら・・・・・えっと~・・・・・今日も暑くなりそうですね!ハハ・・・・




dobutu.gif




suizokukan.gif




saru.gif






zeraniumのブログより


動物たちの膨大な苦しみ

マシュー・ワード

   動物園の檻に閉じ込められている動物たちの精神は痛めつけられている。
   家族同士で自由に歩き回って生活している多くの動物たちが、ある時から強制的に檻に閉じ込められることが彼らにとって拷問であると、どうして誰も気がつかないのであろうか。幼い子どもたちを観客としていることが無邪気なのは分るが、子どもたちのもたらすエネルギーは、閉じ込められた動物たちの苦しみから造られる大きな否定的エネルギーを相殺することはない。

   展示用に動物を捕捉することの明るい面は、動物たちに自然の広い環境を与えているところがあり、また絶滅しそうな種の保存のために繁殖計画を始めていることである。「ショー」をするイルカとクジラの場合は、それが著しく害を及ぼすことを霊的に感じた人たちが、彼らにもっとふさわしい住処を与えようという活動をしている。


   しかし、捕らえられた動物の中で、そのような方法で自由になっているのはわずかな数であり、大多数は今でも、閉じ込められてひどく苦しんでいるのである。サーカスの動物たちも同様に残酷な存在である。それらは多くの場合、単に肉体的に虐待されているだけではなく、人間の娯楽のために閉じ込められ、異常な使われ方をされて精神的におかしくなっている。

   これらの状況ではいずれも、引き起こされる膨大な否定的エネルギーを相殺するものは、ない。それらのすべての動物たちの虐待された精神は、トラウマを抱えた人間たちのように、ここで癒される時間が必要である。それらいろいろな運命に苦しんでいる何百万という動物たちのために、今必要とされる広い範囲の取り組みが、どうしても必要なことなのである。そのためには、今私たちが言ったことを、人々が知ることが「特」に重要である。


   起こり得ることは、自然が得ていたバランスを人類が崩すことから来る「ドミノ効果」である。昆虫の駆除を考えてみよう。その数は、絶滅させられた動物の最大数を遥かに超えるが、嘆くことなどほとんどない。作物が昆虫によって被害に遭うと、それによって突然の飢えや、少なくとも金銭的問題に直面する人々の中に不安定なエネルギーをもたらす。

   そして化学的な駆除は害虫の被害を防止し、作物をよく育てることができる。
   そうすれば食べ物の心配もないし、その心配からくる否定性もなくなる。しかしその解決法がもたらす「ドミノ効果」は、異なった状況を生み出す。すなわち、生き残った昆虫はその化学物質に対してより強い耐性を持つようになる。そしてその化学物質が人間の健康に与える影響が問題となってくる。


   自然が確立したバランスに人間の要素が入ってくると、それがたとえよい意図であったとしても、それを取り除くよりもかえって多くの否定性を造ってしまうことがある。地球の動物の生命を破壊することによって、地球とあなた方が受ける被害の大きさには計り知れないものがある。あなた方の惑星にこれほど悪影響を与えている夥しい(おびただしい)破壊的エネルギーは、人類の止むことのない動物生命への軽視が直接の原因であるといっても、間違いではないのである。


             「新しい時代への啓示」スザンヌ・ワード著
             (株)ナチュラルスピリット  から抜粋



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



the PLANET from NEBULAより

バシャール:願い

イルカやクジラは人類と違って地球上に元々存在していた生命体でした。彼等はそして長い年月をかけて”意識”ある生命体へと進化を遂げたのです。彼等は海に住む”人間”であり思考し考える生命体です。彼等の営む生活は私達が”よし”と考える方向をもたない彼等独特の考え方を持っています。

イルカやクジラは人間のように遺伝子組み替えされていない、自然に発生した高次元生命体です。彼等の脳はある時期を境に高度な意識と心が持てる脳へと進化をとげ、やがて輪廻転生が可能となったのだと、バシャールは説明しています。これらはすべて人間が形成されるずっと前の出来事なのです。

彼等は人間と同じように、もしくはそれ以上にコミュニケーションをお互いに取り合い意識の交換をします。彼等の心と意識は人間と同じかそれ以上の”密度”を持ち心の痛みや喜びを分かち合う事が出来る海に生きる人間です。彼等の考えは率直で分り易く殆どの場合は質問形式を取らない交流方法を取るのだと、バシャールは話します。

水族館に閉じ込められたイルカ達は肉体的な痛みは無いものの精神的な痛みで心が病んでしまっていると、バシャールは言います。彼等が訴える心は私達人間の”愛”であり一緒に進化を共にする共同体でいたいと願う心なのだと、バシャールは話しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

水族館に閉じ込められたイルカ達の発する”音”が水族館の水槽の壁に音が反射してしまう為に満足なコミュニケーションをとる事が出来ずやがて精神を病んで死んでしまう個体が殆どなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クジラ一頭を殺す事は5-6人分の魂をいっぺんに奪い去ってしまう事と同じ事です。クジラとイルカは遺伝子的に見ても私達人間と非常に良く似た生命体であり、海に住む”人間”なのだと、バシャールは言います。この遺伝子の類似点を発見すると、今後とてもじゃないけれど漁をして肉を食らったり、水族館の狭い水槽に閉じ込めるような事は出来なくなるでしょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



バシャール:動物達
2015-08-04 04:55:10

悪く思わないで下さいと、バシャールは最初に断ってこう話します。動物達は人間達よりも遥かに賢い、と話します。動物達は、その一瞬を100%のフォーカスで生きている生命体です。また、彼等は様々な分野で活躍する”スペシャリスト”であり、彼等が活躍する環境において発揮される彼等の能力は、私達の理解を越えた驚異的な”パワー”を秘めていると、話します。

一方、我々人間は一般的な能力を幅広く持つ生命体であると、バシャールは説明しています。例えば、私達が一般医としたら、動物達は各分野にまたがる”専門医”という事が言えるのです。

最新のテクノロジーを駆使して考案される新しい技術は、この動物界(植物や昆虫も)が大きなヒントとなっている事が多いのはこのためであると、バシャールは話します。私達はもっと動物界、自然界から学んでゆく事が沢山あります。私達の身近に存在するペットの猫や犬からも、非常に沢山の”学び”と愛を受け取るのです。

意識が高まるにつれて、自然界に住む動物や植物達を”ありのまま”受け入れる事が出来るようになるだけでなく、彼等の意識とシンクロし、大きな学びを得る事が出来るようになります。さぁ、地球と一緒に鼓動をし、母なる大地と一緒に歩んでゆきましょう!


大型犬の群れのボス


カラパイアより


リードなしで完全制御。ジャーマンシェパードの群れのリーダーとなった男

3589b904.gif


 犬は社会性のある動物である。その社会では上下関係がきっちりしていて群れには必ずリーダーが存在する。それは家庭で飼っている犬も同様だ。飼い主がリーダーとなり犬を導いていくのが理想だが、中には飼い犬の方が人間より上に立っている場合もある。犬をしつけて順位を理解させるの大変だが、犬たちは順位が決まっていないと逆にストレスになるという。

 そんな犬の習性を熟知し、思うように犬を操つることができるの男がいる。アガスト・デオリビエラは、ジャーマンシェパードの群れのリーダーで、リードなしでシェパードの犬を散歩させることができるのだ。犬たちは驚くほど従順に彼の後をついて行く。

 そう。アガストは、前にも一度カラパイアに登場してもらっている。いったいどんな人なのだろうと気になっていたところ、その詳細を最近になって得ることができた。

fab2849b (1)

 アガストは現在23歳。ジャーマンシェパードの群れのリーダーとしてネット上で話題となっている。彼が犬たちと散歩をしていると皆が驚き振り返るという。

 アガストは現在アメリカ、マサチューセッツ州のハイアニスに暮らしている。アメリカに来る前は、ブラジルの農場でたくさんの犬に囲まれ育った。幼い頃から犬とともに育った彼は自然と犬の集団を率いることができるようになったという。

64721286.jpg

 アガストは、寝る時も食べる時も何をするにも犬と一緒で、グリフィン・シェパード・ケンネルを経営している。彼は最大で15匹の犬を同時に散歩させることができる。

 アガストは、ジャーマンシェパードは種を超えて彼の仲間だという。寝食を共にし、遊ぶ時もエクササイズをする時も一緒。アガストは彼等にエサを与えているだけだというが、いつのまにかアガストが犬の群れのリーダーと認定されたようだ。

bd8c8fe4.jpg

 アガストをリーダーとして認めたジャーマンシェパードたちは、例えリードがなくてもアガストの言うことを聞く。今回ボストンの街中を一緒に散歩したのは、ハナ、ジェナ、ハーモニー、グリフィン、プレシル、セバナだ。 まずはリードをつけて各自のポジションを覚えさせアガストの横を歩くように訓練する。

85f7c80c.jpg

 そして、一匹づつ犬のリードを外していく。人混みの激しい街中で犬達を完全にコントロールしている。「僕が位置を変われと指示しない限り、彼らは同じ位置を保たないといけないんだ」。っとアガスト。

f4ad48be.jpg

 そしてついに全ての犬がリードなしでアガストの後をついていくようになった。アガストとジャーマンシェパードの群れを目にするボストンの人たちは驚きを隠せない。

79519c27.gif

 「犬と一緒に過ごすのは大好きだ。彼らは何でもできる気がするんだ。訓練したり、いろんな場所に連れて行ったり、遊んだり、どんなに一緒にいても飽きることはないよ。」っとアガスト。散歩が終わると犬たちはゆっくりとアガストと一緒にくつろぐ。そして寝る時も一緒だ。

aa1202e8.jpg

 アガストが寝る支度をすると、犬たちもベッドについていく。本当に何をするのも犬たちと一緒のようだ。ここまで犬たちの信頼が厚いということは、犬たちもアガストの愛情を感じ取っているからなのだろう。

454735db.gif






Dog Whisperer: Trainer Walks Pack Of Dogs Without A Leash




↑これ、すごく大事なことを教えてくれてると思います。
「エネルギーは自分の思いに忠実に働く」ということですね。
何頭もの大型犬を自分に従わせるなんて、一見無理なような気がしてしまうけれど、アガスタさんは「それは無理」という思いを持っていなかった。むしろできると思っていただろうし、それを楽しんでいたのでしょう(表情を見れば分かりますよね)。
逆に、無理と思っていたり、彼の心が荒れていたりしたら、犬たちも荒れて人に迷惑をかけることもあったでしょう。
自分がそのとき出している波動によって外の状況(犬)が同じように反映されるということです。
一見難攻不落に思えることも、自分の波動がその難攻不落なことよりも高い状態(「できる」という確信)であれば、それは難攻不落なことではなくなり、自分に従うようになるということですね。
これを見ていると、エネルギーの仕組みがすごくよく分かります。

動物は友達

zraniumのブログ より



動物たちは食べるためではなく、友として与えられた存在


   あなた方は自分自身のより大きな能力を発揮して自らの主権者となり、他のさまざまな神や誰かを崇拝したりすることのないようにすることです。あなた方が何よりも尊重しなければならない原則とは、あなた方の生きている場であり乗り物である地球を尊重し、そこに住むすべての生命体を尊重することです。動物たちの生命は人間の生命よりも価値が低いとする価値感は、あなた方の生命に対する考え方を分離させるための罠にほかなりません。

   二、三百年前に宗教的な観点から見て適切に思われたことも、今ではもはや意味を持ちません。時代はすでに大きく変わりつつあり、これからは前にもましてそうなります。人類がいま向かいつつある場所とは、何千年も前に人間が「神」と呼んでいた存在たちと、人間が同等になり得ると理解した時に到達可能となるところです。5千年、あるいは1万年前には、あなた方は彼らと同等な存在になることは不可能でした。それはあなた方にはこれらの神々の能力を理解することができなかったからです。

   彼らはテクノロジー的にはるかに進歩した乗り物に乗って地球にやって来ました。
   しかし当時の地球の文化には、こうしたものを描写する技術も言葉もなかったのです。とはいえ2万年から3万年前には、地球にも非常に興味深いテクノロジーが存在していましたが、これらの技術は誤解されたり隠されてしまったのです。

   あなた方の惑星のいくつかの場所において、少数の文明により、地球に愛を注ぎ込むことによって地球という生きた図書館の一部が開館されています。こうした生きた図書館が地上に100パーセント機能するようになると、あなた方はどのようなものでも望むままに現実化し、構築し、発見するようになるでしょう。

   しかし人間の神経組織とDNAは、現時点では充分な進化をしていないために、生きた図書館の情報である周波数の交換をすることができません。それができるためには、これまでのあなた方の自然に対する見方や価値観とは、非常に異なった視点が必要なのです。すべての生命形態はそれぞれが同時に進化し、花開き、独自の波動と意識を作り出していくでしょう。思い出してください。すべてのものは生きているのです。

動物たちは人間の友として与えられた

   動物たちはきわめて聡明で、人間よりもずっと賢い存在です。
   しかし多くの動物たちが今、光の世界に移動を始めています。いわゆる種の絶滅が地球上で起きているのは、これが理由なのです。動物とあなた方人間には多くの違いがあります。もっとも大きな違いの一つは、動物たちは死んでもそれで命が終わることはないと知っていることです。動物たちは死後も生き続けることを知っています。彼らは墓地を買ったり、自分がどこに埋められることになるかなど悩むこともありません。死後もちゃんと面倒を見てもらえると信頼しているのです。

   彼らには内在的な叡智と信頼の心があります。
   彼らは生命保険に入ることもなければ、テレビも見ません。動物たちの多くは生命の本質とぴったり波長が合っており、あなた方の惑星ではもはや、彼らが望む生命の本質を見出すことはできないと知っています。それで彼らは地球を離れているのです。

   動物は、この惑星での友人としてあなた方に与えられました。
   あなた方が彼らを殺して食べるか食べないかは、あなた方人間にまかされました。動物たちは自分が殺されて食べられることに反対はしません。ただしそれが、あなた方の生命の本質を知ることに貢献すればの話です。しかし現在の地球では、あなた方は動物の持つ生命の本質のゆえに尊敬したり、尊重することをしません。動物たちはまるで、生き物ではないかのように残酷に扱われ、何も感じることがないかのように、人間の奴隷であるかのように扱われています。

   動物たちは人間の友としてあなた方に教え、示し、分かち合うように計画されてつくられたのです。動物たちはさまざまな他の太陽系や惑星から収集された遺伝子にもとづいてつくられた存在です。彼らによってこれらの太陽系や惑星システムは、地球と遺伝的なつながりを持つことが可能となり、それによって互いの世界を覗き込むことが可能となり、情報を伝えることが可能になったのです。しかし残念ながらこれまで、存在についてのこの局面があなた方の世界で理解されることはありませんでした。

   彼らはさまざまな地球外の社会から来ており、彼らの祖先とまったく同じような外見をしています。彼らの祖先とは、他の惑星に住む意識を持った存在なのです。この宇宙には、何百万から何百億という惑星が存在していることを理解するならば、こうしたことはそれほど驚くことではありません。あなた方の惑星を創造した存在たちは、さまざまな場所からさまざまな種を求めたのです。そしてこれらの種があなた方人類にとっての友となり、地球に種として蒔かれるように遺伝子的にデザインされたのです。

   動物の中には、伝達者として利用されているものもいます。
   猫はあなた方人間をモニターしている種へ、直接的に情報を伝えています。多くの文明の支配者たちが、ライオンあるいは大型の猫族を飼いました。猫族の人々あるいはライオン族の人々は、代わる代わる地球を訪れており、かつては南アメリカやメキシコ、エジプト、その他いくつかの島において仕事をしていきました。そのために、彼らに敬意を表すために像が建てられたのです。

   彼らが人類に教えを施していたとき、別な言い方をすれば、種を混合して地上における支配者をつくったとき、それはエジプトにおいて顕著でしたが、彼らは猫を置いていきました。それは支配者が猫を通して他の星座の種と直接的な接触をして、情報を得ることができるようにするためでした。このようにして統治者の多くは決断をくだし、このようにしてガイダンスを得ていたのです。そして猫が、テレパシーを使って情報を与えました。猫は伝達者であり、宇宙のラジオのようなものだったのです。

   そしてしばらくすると、猫は超能力者の女性によって用いられるようになり、それをあなた方は魔女と呼びました。つまり猫は、他の世界との接点だったのです。あなた方に害を為すような低いエネルギーが入って来ると、猫はそれをさえぎってその波動を変えることができます。あなた方は家に小さな猫を飼っている人がいますが、これらの猫はあなた方にたくさんの情報を提供しています。しかし一般的に、あなた方はこの種の情報とかかわることはありません。猫はあなた方の守護者であり、助手であり、慰めをもたらしてくれる素晴らしい友なのです。

   もしあなたが猫に対してアレルギーを持っているとすれば、それはいろいろなことを意味しています。私たちは、アレルギーを持っているたくさんの人たちを治療してきました。猫に対してアレルギーがあるということは、まず第一に、あなたは自分の人生に親密な愛が入ってくることを許せないでいることを意味しています。つまり、愛があなたの人生に入れないのです。

   子猫はある程度の忠誠と愛をあなたに捧げてくれます。
   あなたは誰かと親密な関係になってくると、その深いつながりを受け入れることができないかもしれません。このようにある種の動物に対してアレルギーであるという、象徴的な意味の一つはこういうことです。

   またそれぞれの種が、人間のために一つの役割を果たしています。
   あなたの生活をゴキブリが荒らしまわっているとすれば、それは表面に出ようとしている隠れた問題があるのに、あなたがそれを無視し続けていることと関係があるかもしれません。あなた方はゴキブリを見て、「なんて美しいゴキブリだ。今、流しで君に会えて本当にうれしいよ」とは言いません。多くの場合、あなた方はゴキブリを叩き潰すか、駆除剤を吹き付けます。しかし彼らはますます強くなっていきます。彼らはきわめて頑健な種であり、これまでの幾多のエネルギーの転換の際にも生き残り、繰り返し毒素を転換する方法を学んできたのです。

   彼らが地球に来ているのは、あなた方に必ずしも美しくはないものを見つめるようにと促すためなのです。それはあなた方の内側に埋もれていて、外に出して顕わに意識される必要のあるものを見るようにと促しているのです。あなたの中にある隠れた悩み、恐れとはどんなことでしょうか? そして人間はどうすれば種としてもっと強い存在になることができるのでしょうか?

   あなた方はヴェールを被り、ふたをし、自分をイライラさせるものを遮り、自分が何者であるかに直面する必要からいつも逃げてしまいます。もしあなたが本来の自分に直面するならば、変化しなければなりません。そしてその変化は、多くのことに関係せずにはいません。しかし多くの場合、あなた方はそうした未知に1人で直面するのを避け、たとえいやなことであっても目前の現状にしがみつく傾向があります。ぜひわかってほしいのですが、たとえそうした時であってもあなたは決して1人ではないのです。

引き寄せの法則とは、自分の波動と同じものを引き寄せること

   さまざまな生き物はあなた方の友達なのです。
   あなたを襲おうと思っているものなどいません。しかしあなた方は(外は危険がいっぱいで)、さまざまなものが襲って来ると信じ込まされています。その結果、敵対し防御するそうした波動を外へ送り出します。そして、「あなたが自分の現実を作り出す」という宇宙の法則があるので、あなたは最善を尽くして現実を捻じ曲げて解釈し、その結果、あなたは傷つけられるという方向へ物事を変えてしまうことになります。ですから自分を傷つけるというのは、そんなに簡単なことではありません。病気になったり傷ついたりするためには、そのようにエネルギー的にもあなたは相当な努力を払っているのです。

   あなた方の社会では一般的に、よいものとされているもののほとんどはあなた方のためにならない、ということを一部の科学者たちは知っています。しかもそこには必ず経済と利益がからんでおり、あなた方の恐怖心という種(たね)を利用した金儲けが行なわれています。このようなプロセスを止めるにはどうすればよいでしょうか?

   動物たちは、あなた方人間の心理的、霊的な体験の苦痛を鏡に映し出してくれています。動物たちはそうした苦痛を自分のものとして引き受けて病気になったりします。動物たちが人間の食べ物になるために、どのような育てられ方をしているか知っているでしょうか? いま現在、地球上の動物家族の多くは非常に大きな不快感を体験しています。そして不快感は病気につながります。こうして多くの動物たちは病気になっており、その大きな苦しみをあなた方は肉とともに取り込んでいるのです。

   あなたが動物たちに近づくと、その動物にはあなたが穏やかなのか、それとも攻撃心があるかがわかります。あなた方人間が動物の生命形態をした存在を、人間と同等のものとして扱えるように成長すると、その時初めてあなた方は、宇宙におけるより高次の存在局面において、同等の会議の席に着くことができるでしょう。そして神の力は存在のさまざまな局面において、ありとあらゆる形をとって現れていることを理解するでしょう。

   すべての生命体には知性があります。
   つまり人間だけが、もっとも進化した種であると考えたり見なしたりするのは大きな間違いなのです。それは完全に誤った考えです。そしてすべての存在には生命力と意識があるので、本来比較することは不可能です。石や山のほうが、人類がこれまで達成してきたよりもずっと高い理解を、自らの目的について持っていることもあるのです。


『プレアデス+地球を開く鍵』 バーバラ・マーシニアック著 太陽出版






オマケ・・・


このシベリアンハスキーのミックス犬タリーちゃんは、ネコに育てられたのだそうです。
で、このネコ座り↓

dog.gif


大型犬で猫気取りってのがたまらないッ!!
dog2.gif


飼い主さん(外国の方)がタリーちゃんの様子をネットにアップしたところ、数万を超える「いいね」をゲットしたそうです。
dog3.gif

ビビちゃんと白馬さん

一円融合 心田開発より


a8c0454a.gif


 南フランスの馬の牧場で飼われているドワーフヤギのビビは、馬が好き。特にこの白い馬が大好きなんだそうで、馬小屋に近づいては白馬さんに鼻をこすり合わせてくる。

 白馬さんの方もビビさんに対し深い愛情をもっているようで、優しいまなざしで見つめながら、時に頭を思いっきり押し付けてくるビビに応じてくれるんだ。白馬さんの目線に合わせたかったのか、もっといっぱい鼻と鼻をこすり合わせたかったのか、ビビは、いつのまにか二足立ちを覚えて、こんなポーズで白馬さんに接近するようになったという。

 この牧場の経営者、ヴィルジニーさんの話によると、ビビはこの牧場のマスコット的存在で、馬たちからも非常に可愛がられているそうだ。特にこの白馬さんは、やんちゃなビビにやさしく接してくれる。ビビと白馬は、顔と顔を近づけてお互いの愛情を確かめ合っているそうだ。

 見てみて!あたしを見て!
 馬の前で怪しい踊りを踊りながら近づいてくるビビ
 馬はずっとそれを見守っていてくれる

 いつの間にか二足立ちを覚えていたというビビ。もうちょっと大きければもっと馬さんとキスできると思ってがんばったのかな?




Bibi la chèvre







これもカワイイよぉ モフモフしたいよぉ
白熊


DNA鑑定の必要ナシ!
neko.jpg